ジョルカブは良い

くろちゃんにジョルカブを見つけてもらった。
IMG_4084.jpg
津ぎょうざ作戦でクロちゃんが乗っていた車体。
タイヤはヒビだらけ、エンジンは普通にかかって走れるがアイドリングが不安定でスロットルを回していないとエンジンが止まる。
アイドルスクリュを締めると回転数は上がるが、一度上がるとグオーーっとさらに上がってしまい
調整が難しい。パイロットジェットが詰まってそうだ。
IMG_4091.jpg
バッテリーは外してあるので、このまま走って灯火類が切れたら面倒なので、
うちにある12V車からバッテリーを拝借する
IMG_4096.jpg
配線を作り変えて装着。
形状も純正と違うから蓋も閉まらないが、まあ使えればよろしい。
このバッテリーはビーノと共有して使おう。
IMG_4097.jpg
ほとんど整備らしい整備はしていないが、
ちょうどGH会の予定があったので、せっかくなら乗ってみたいし、
いきなり旅に使ってみることにした

姫路から会場の神戸市須磨区まで、
雨の中走る。
荷物を積むスペースがあまりなく、フロントキャリアに防水処置した荷物を括り付けての走行。
IMG_4098.jpg
今回も寿楼さんだが、
なんと屋根付きスペースを見つけたのでしれっと駐輪させてもらう。
雨の中で荷物おろしたりカッパ脱いだりせずに済んで助かった。
IMG_4100.jpg
久しぶりのゴルゴ先輩は仕事は退職していたがバイトをいろいろされているようで、
ほとんど収入に影響なく気楽にやっている様子。
今回もかなり飲んだ。
一人でビール チューハイ 4L以上飲んでた。

旅の最中、信号待ちでアイドリングが止まってしまうことが多く、
やはり整備が必要だなあと思う。
帰宅後、
IMG_4102.jpg
まずはひび割れて限界のタイヤを交換しよう。
チョイノリに使っていたGP110がまだ残っているので、これを再利用。
IMG_4103.jpg
フロントもリアもGP110にする。
IMG_4107.jpg
フロントフェンダーが割れていたので補修用鋼線を埋め込む。
これで強度が増し、これ以上の割れ進行はないだろう。
IMG_4108.jpg
リア周りを外してタイヤ交換。
IMG_4109.jpg
チェーン外してみたら、なんと何か所も亀裂が入っていた。
チェーン切れ寸前。危なかったな。
IMG_4111.jpg
オイル交換してからタペット調整し、
IMG_4112.jpg
気になるところを開けていってたらここまで分解してしまった。
IMG_4114.jpg
キャブレターを洗浄する。
ジェットをしっかり洗浄したらアイドリングが安定するようになった、よかった。
IMG_4119.jpg
負圧コックがひらっきっぱなしのようで、
エンジンがかかっていない状況でもガソリンが出てくる。
調べてみるとチョイノリのものとは形状が違っていて、ネット情報によると非分解みたい。
キャブレターのバルブがしっかり生きているので車両運用上では不都合はないのだが、
精神衛生上よくない。まあいいか。手に入る機会があったら交換しようかな。
IMG_4120.jpg
チェーンスライダーがぼろぼろで破損したゴム片が引っかかっていた。
パーツ調べてみたが出ないみたいなので、
ゴム板で自作して付けておく。
IMG_4122.jpg
チェーン新品交換。420だから安い。
IMG_4123.jpg
マフラーは錆とって耐熱塗装。
IMG_4124.jpg
最後に組んでいくとき、キャブレターのチョークの部分をミスった。
内部のバタフライ板を外してから外部へ抜かなくてはならないのに、
黒プラ部分を無理やり抜いたので、内部パーツが外れ、曲がってしまう。
気づかずに組んだらチョーク解除ができなくなりエンジン全然かからず、
しばらく悩んだが、
チョークが原因と気が付き、内部パーツをしっかり理解して再構築。直せた。
IMG_4126.jpg
フロントフォークのカバーはなんと新品が手に入った(社外品)
これはジョルカブはマイナー車なのでパーツはほとんどないが、
ジョルノとか他の車種パーツが流用できるため、こういう一般的なパーツは手に入る。
IMG_4127.jpg
シート表皮も手に入ったので
IMG_4128.jpg
交換!きれいになった。
IMG_4131.jpg
外装は劣化でくすみまくっているので、
耐水ペーパーで削って可能な範囲できれいにする。
IMG_4134.jpg
荷物積載に便利なように鉄丸棒をまげて切って溶接して、キャリアを作った。
これでGIVIケースが装着できる。
あと、サイドスタンドも購入して取り付け。便利車両の完成だ。

DSC_0258.jpg
試運転に近所めぐり。
312号線を北へ。
気になっていた近所のうどん屋
DSC_0257_2022062612145571c.jpg
すごい暑い日だったのでザルにした。580円安い。
DSC_0259_202206261214564d2.jpg
夢前方面に回り、ヤマサ蒲鉾まできたら、ちょうど蓮の花がよい時期らしくたくさんの観光客が来ていた。
DSC_0261_20220626121458189.jpg
2STビーノだと、発進時からグワッと押し出されるように出発し、
もっともっとアクセル回してエンジンにリズムつけよう!というような感覚になるのだが、
ジョルカブは4ストロークエンジン50ccなので発進時のパワーがない。
ゆっくり走り出してトコトコと安定して走る。
最高速度こそ60km/hほどでるのだが、そこまで出さずとも、
低速でも気にならないのんびり走りの車両だね。

BSA bantam 買った。

BSA Bantamがオークションに出ていた。
詳しくはないのだが、見るからに古そうなデザインに魅かれ、
こいつが走ってたらすごくないか?
と思ったらほしくなったので買った。
IMG_3848.jpg
到着した車体は、ボロい。
センタースタンド周辺が曲がってしまっていて、センタースタンドがかけられないから、
壁にもたれかからせている。
エンジンはかかるとのことだったので、かけてみたら、そこら中からオイルが噴く!
IMG_3846.jpg
フィッシュテールのマフラーからは煙だけではなく真っ黒なオイルが飛び散るので、
そこらじゅうが黒い点で汚染される。
IMG_3847.jpg
エンジンやキャブレターからも得体のしれない煙がモクモク。
タンクの内部をみたら錆だらけだったので、
エンジン始動確認はこれまでにして、エンジンを切る…

しかし、この車体にあるどのスイッチをいじろうとエンジンが切れない。
??
デコンプレバーもなさそうだし、キルスイッチもない。
どうやってエンジン切るんだ?
燃料コックをOFFにして燃料切れでエンジンをストップさせた。

あとで調べてみると、この車体にはエンジンを止めるスイッチないみたい。
吸気をふさいでストップさせるようだ。
こういう必要最小限だけの装備しかなく、エンジン切るスイッチさえないってのがおもしろい。
IMG_3853.jpg
エアクリーナーは金網のみで、
インテークにはシャッターがある。
これを閉じることでチョークになるようだ。
キャブレターはAMALキャブでタイプ361。
フロート部分とジェット部分が別体になったタイプ。

簡易構造の割には、
ジェット真下のガソリンだまりにすぐアクセスでき、
しかも車体につけたままジェットを取り外せる構造。
さらにガソリン給油口のバルブも、何か詰まったときに外からフロートを上下に揺すれるボタンまでついている。
もう詰まること前提で作られているぞ
整備性が良い!

IMG_3855.jpg
ロゴのシールが汚れていて古いが、それもまた良し。
1950年代のバイクだからもう70年以上まえか
オリジナルのタンクかどうかはわからないが
IMG_3854.jpg
リアサスペンション。

プランジャーサスペンション。初めて見た(笑)
後輪の軸がサスペンションの上下可動部から後ろにずれているから強度的にどうなんだろうなあ
IMG_3863.jpg
シートはシングルシートだが、
表皮がボロボロ。
たぶんこれ、オリジナルのシートじゃないかな。
ボロイのはいかんが、ここまでボロイと当時ものとして逆に希少感がでるから不思議なものだ。
交換や修理はせずにこのままで置いときたくなる。
エンジン右側のペダルは、キックスターターと、もう一つはギアだ。
そう、リアブレーキペダルが左側にあるので、
現行のバイクとは逆になっているんだね、運転しにくそう!

IMG_3858.jpg
走行距離は94621Km
速度計は57km/hまできってあるが、果たしてそこまで速度出るのだろうかな?
こいつは123cc 空冷2ストローク単気筒。
IMG_3856.jpg
ガソリンタンクキャップには1ガロンのガソリンに対して2メジャーオイル入れろって書いてある。
IMG_3857.jpg
キャップがメジャーになっているのだ。
なかなか良い発想だが、
実はガソリン満タンにすると、このメジャー内部の空気をタンクに押し込むことになるから
ガソリンが漏れてしまう。
正直、イラン装備だ。

ちなみにこのメジャー、100mlほどの容量があるので、
1ガロンで200mlのオイル…ということで計算してみると10%以上の濃度になる。
なに?!
すごく悩んだが、よく調べてみると1ガロンってアメリカとイギリスでは量が違うみたい。。。
しかも昔は はかる物によっても変わってたみたい、なんじゃそれ。
イギリスガロンで調べたら4%程度になった。まあこんなものか。
IMG_3860.jpg
ヘッドライトの上部にスイッチがついている。
ヘッドライトはつくが、テールはつかない。修理必要
IMG_3859.jpg
ハンドルについていた謎のボタンは、てっきりキルスイッチかと思っていて
ON と OFFを書いたが、OFFにしても切れなかった(笑)。
配線をたどって、結局ハイロー切り替えスイッチと判明。
IMG_3862.jpg
フロントの構造も単純で、
こちらはそれほど珍しい構造はなさそう。
スピードメーターケーブルはフロントに来ていない。
リアホイールがわにメーターギアがついていた。

眺めているだけで面白いバイク、
古すぎて、触れば触るほど壊れそう
もう飾りにして観賞用にするのが正解なんだろうけど、
整備をして走れるようにして…
作戦参加できちゃったらすごいだろうなあ

モーターサイクルショー大阪

一人の時間ができたが、その日にモーターサイクルショーが大阪であるという。
ネットでチケット購入し、行くことにした。
DSC_0079_20220323121708317.jpg
Vストロームで行った。
もう3月とはいえまだまだ寒い。
体は大丈夫だったが指先がすごく冷えてしまった。
やはりグリップヒーターはいるかなあ?

駐輪場にはバイクがたくさん。
興味深い車体もたくさんあり、ここだけでも来たかいがある。

会場に入る。
1-3会場が国産車
4会場が輸入車
と分けてあったようだ。
DSC_0080_20220323121709845.jpg
国産ブースでは、
HONDA YAMAHA SUZUKI KAWASAKIなどなど
さすがの4大メーカーはすごいお客さんでブースに入るために並ばなくてはならないほどだった。
スズキに入る。
DSC_0081_202203231217107b9.jpg
Vストローム

いろんなタイプのバイクがあるが、ちらちらと見ながら素通りすることが多い。
お客が多くて入るのに時間がかかるので、他ブースは入らず、
外からチラ見する程度にした。
ホンダにダックスの新しいやつとかおいてあったようだ。

会場を出て、4会場のほうに行く。
DSC_0082_20220323121712ff5.jpg
ロイヤルエンフィールド発見!
空冷単気筒
クラシカルなデザインが特徴だが、新型は洗練されていて
それほどクラシカルな感じがしなかった。

アプリリア
DSC_0083_20220323121714358.jpg
RX125
原付なのにでかい。
これなら維持費も安いしいいなあ。
DSC_0084_202203231217153cd.jpg
ほしい!
ナンバーもつけれるし、林道探索したら楽しそう。
DSC_0085_20220323121716a58.jpg
残念ながら跨らせてもらえないようで、
足つきなどのチェックはできず。
DSC_0086_2022032312171890f.jpg
製造国は中国なのか、しらなんだ。
FIだからバッテリー積んでいるだろうし、よく見るとキックないのでセルオンリーか。
そうなると長期放置が致命的だな。
DSC_0087_20220323121719002.jpg
同じブースにベスパあり。
こいつが150cc
DSC_0088_202203231217226c5.jpg
こっちが300cc

ベスパは以前は125&250ccという日本の事情に合わせてくれていたが、
現在は150&300という中途半端な排気量ラインアップ。
150だと安い原付の維持費にならないし、
300だと車検かかるじゃん!
ってことでGTS250ieが最強。
DSC_0089_20220323123020cd9.jpg
同じブースにモトグッチあり。
これがビビびときた。
かっちょいい!
DSC_0090_20220323123021879.jpg
エンジンがさあ、
横斜め方向に出ている!
DSC_0091_20220323123023d09.jpg
アルミキャストホイールタイプのV7stoneだ。
DSC_0092_202203231230243ef.jpg
V型エンジンを縦置きしてある。
エンジンが左右におもくそ出っ張るボクサーエンジンと違って
斜め上方向にでるので、左右幅もそれなり、
DSC_0093_20220323123026f56.jpg
シリンダーが効率的に風を受けれるので空冷でも熱的に問題ないのだろう。
OHVエンジン
いいなあ。

次はBMWへ行く。
DSC_0094_20220323123413d87.jpg
これ見てくれ、このエンジンの飛び出しぶりを。
水平対向エンジンって横に出っ張りすぎなんだよなあ。
こけたらヘッドからヒット!確実。
DSC_0095_20220323123414d5f.jpg
重心が低くできるというのはいいが、
これだけデカいといくら重心が低くても重いだろ!
ちなこいつは1800cc! もう車だわ。
こいつはボクサーエンジンながら空油冷らしく、これだけ飛び出しててエンジンに風当たっても
空冷だけでは熱的に厳しいのか。
ちな
R1250GSも空水冷らしい。
DSC_0096_20220323123416874.jpg
で、あちらに見えますのがトライアンフ。
DSC_0097_2022032312341746c.jpg
ずっと気になっているボンネビルT120だが、
DSC_0098_20220323123419169.jpg
とうとう水冷になっております。。
パラレルツインエンジンでクラシカルなデザインにしてある
ラジエータは黒く目立たないように、インジェクションはキャブのような形状になってるよ。
DSC_0099_2022032312382615a.jpg
今の時代、
なんでも便利になってしまって
手のかかる構造はどんどん淘汰されているようだ。
昔のバイクはエンジンをかけるまでの儀式が多くて、それがまた楽しかったんだけどねえ。
DSC_0100_2022032312382721e.jpg
と思っていると、この時代にキャブ車を製造している会社が!
エンジン見て笑ってしまった。
ガンナー
DSC_0101_2022032312382955f.jpg
懐中電灯にタイヤとエンジンを付けたような面白いデザイン。
エンジンは50 100 125
3種類あるようだ。
DSC_0102_202203231238305fa.jpg
エンジンはカブ・モンキー系の
空冷単気筒、でキャブレター!
整備しやすそう(^^)

国産ブースはさらりと流すだけだったが、
輸入車コーナーは興味深い車両が多く長く楽しめた。
帰宅して
DSC_0105_20220323123832604.jpg
自宅モーターサイクルショー。
この日はホテルどまりだったので、ベスパに乗り換えて近隣のホテルへ。
DSC_0106_20220323123833a80.jpg
ベスパGTS250ieをモトグッチV7stoneに乗り換えようかなどと思っていたが
DSC_0107_2022032312383536c.jpg
こうやってみると、手放すのが惜しくなるねえ。
250ccという日本にあった排気量、現行型には250ccないんだし貴重。
手間かからず 風防も完ぺき 荷物も積める。
そして売ると安い(笑)
まあ、このまま乗っておこう。


姫路城作戦 偵察 CD125K5

ベンリイで偵察に行くことにした
DSC_0496_20211206124325843.jpg
しかし寒いねえ。
姫路から北上してヤマサかまぼこまで走り、さらに北へ。
見通しの良い道でいきなり一時停止が出たから、びっくりして急ブレーキしたら、
物陰に白バイがいるという、超危険な目に合ったが、
停止できていたのでブルーチケットは回避した、あぶね あぶね。

徐々に山に入っていくが、
コーナーでガリガリガリ… !!
DSC_0497_20211206124326a15.jpg
サイドスタンドにつけた下駄が、左右に出っ張っているので、
それがカーブで車体を倒したときに路面に干渉して削れてた。
傾けるのに制約のあるような状況なんて、危なすぎるので、即外した。
かさ上げは、ほかの方法を考えないといけないな

山道を走る。
通行止めのお知らせ看板があり、
さらに進むと
DSC_0498_20211206124327c66.jpg
工事で通行止めだった。

姫路から雪彦山には登れないようなので進路を変えないといけないな
DSC_0501_20211206124329ed6.jpg
ということで、
経路を短縮して坂辻峠と砥峰高原は経路から省くことにした。経路は短くなり183kmへ。
寒くて日も短い冬ですからね、無理しないようにしよう。
その代わり、明治時代のめずらしいレンガトンネル 相坂隧道を案内するよ。
姫路城作戦02
時間がなくて青垣峠は偵察していないのだが、
雪降ってませんように~(笑)

いろいろな出来事

一個一個の記事にするのが面倒くさいので
ここしばらくのこまごましたこと、載せとく。
DSC_0419_20211008214447c75.jpg
vストロームでゴルゴ先輩との温泉旅に行ってきた。
今回は自分が予約担当なので、いつものごとく洲本温泉。
プラザ淡路島 にした。
DSC_0418.jpg
プラザ淡路島は窓から見える海がよい。
まるで動く絵画のように。
行きかう船を見つつ飲む。いいねえ。

しばらくしたらゴルゴ先輩が来た。
DSC_0416_20211008214443425.jpg
先輩の仕事場でのもめごとなどを聞きながら宴会開始(笑)
はちまるはもう10年以上、自営なので職場の不満とかからは解放されている。
自営は自営で大変なこともあるんだけど、10年以上やって慣れてきたら、
やっぱり雇われて言われるがまま仕事をやるより自営のほうがよかったなあと思える。

自分の性格は、自ら起業!なんてタイプじゃないので、
親から引き継いでもらったおかげでの この環境。幸運なのかもしれないね。
まあ、自分に何が合うかなんて、やってみないとわからんもんだ。

DSC_0417_20211008214444d58.jpg
先輩は職場が合っていないのか転職を繰り返している。
仕事以外に職場とのもめごとなどの手間がかかるのはさぞかし面倒くさいことだと思うが、
当の先輩はあまり気にしていないようで、
今の職場やめたらしばらく働くことなくゆっくりしようか、とか言ってる。
なんでももう一生分食べていけるだけの財産があるようだ。
すげー(笑) ウラヤマ
DSC_0423_20211008214451a74.jpg
また 別の日。
ベスパで昼から三田の明太子パークに行った。
DSC_0421_202110082144488da.jpg
何と新メニューの限定メニュー。鬼盛り明太子丼があると
DSC_0422.jpg
早速注文。
明太子おにぎりだとご飯の量に比べて明太子が少なめになってしまうのだが、
この明太子丼はすごい。
ご飯の量と同量くらいの明太子が鬼盛りされているので、もういらない~ってくらい明太子が食べられる。
腹いっぱいになった 満足満足。

また別の日にツマーと明太子パークに行き、
その時は明太肉まんを食べたが、やはり明太子にはご飯が一番合う。
明太子おにぎりか明太子丼がいいね。
DSC_0486.jpg
また別の日。
ハンターカブでふらふら走りに行った。
行くあてもなく思いついた方向にフラフラ走っていたら、
福崎から加西、福知山へ、
そこから朝来に行って
DSC_0487.jpg
南下して姫路へ
というコースになった。
思いのほか遠回りになって300km近く走り、家族との夕食の約束時間
(ココイチへ6時半に持ち帰りカレーを取りに行くこと という指令)
に間に合わず心配されてしまった。
まあ、事故なく走り切れてよかったぜ。
プロフィール

はちまる隊長

Author:はちまる隊長
バイクあそびの達人(自称)
CCJの大将してます
http://suzuki-choinori.com/index.html

訪問者カウンター
フリーエリア
バイク仲間を募集中!

チョイノリクラブジャパン→チョイノリで冒険をするチョイノリストの会

GRS林道部隊→原付で未舗装オフロードを走って野営する冒険部隊

GRS公道部隊→原付で長距離ツーリングを行う旅部隊

CCJオフロード部隊→エンデューロレースを楽しむレーサー部隊

CCJマラソン部隊→バイク仲間たちでマラソンを楽しむ部隊

参加希望ありましたら作戦告知記事にコメントください!
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

ムーミンの雑記帳&内緒のコメント用ブログ

埼玉の大ちゃん

santaの散歩

ダテ 暮らしの雑記帳

フライングクロ

#88 新米感覚

イサチャンネル 13ch

ちょい乗り紀行

KSK@ばすのブログ

地平線

ちょいとチョイノリ(別館)

6畳間整備工場

さんちゃんとチョイノリ

セカンドライフを堪能
QRコード
QR