近江敦賀作戦04

余呉湖まできて湖畔の東屋を探す。
あった!と思って入っていったら、あれ、なんか前回と違う気が…
後続のまつきちさんに聞くと、ここではないと、
まつきちホールの正確な場所をナビに記憶させている彼に死角なし(笑)
さらに先に進んで東屋「まつきちホール」に到着した。
IMG_0926.jpg
余呉湖の管理担当者さんのおかげでしょうが、非常にきれいな状態で保全してあって、
しかもゴミ箱まである。感謝しつつ使用させていただきましょう。
IMG_0925.jpg
湯沸し部隊の募集をおこなったらたくさんの方々が名乗り上げてくださり、
おかげですぐに全員分の湯が沸く。
あたたかいカップラーメンとおにぎりで昼食タイム。
うん、うまし。
湖を眺めながらの食事はサイコーだった。
IMG_0928.jpg
埼大さんから瓦せんべいのお土産もあり。
これだけでなく、たくさんの方々が水持参、湯沸し補助、お菓子提供などなどしていただき、
おかげで快適な昼食&お茶になりました。
CCJ旅は皆さんのやさしさでできておりますよホント。

ここで、
連絡掲示板に88さんからの情報で
柳ヶ瀬トンネルがチョイノリには危険かもしれないという書き込みがあったので、
隊員たちと相談する。
迂回するかどうするか?

くろちゃんが、「大丈夫だと思いますよ、まあ、僕はモトラだし。」
とかいう。
そういや自分もCD125だな。
行こうか。
チョイノリ隊員がどうなるかわからないが、行ってみましょう~(笑)

余呉湖 湖畔を走っていると
後続がついてこない。
まつきちさん機体が不調らしい
IMG_0929.jpg
急遽 駐車場で状態確認。
アイドリングは安定しているがアクセルを空けるとエンジンストールする感じ、
水たまりを走った後からの症状とのことで、チョイノリあるあるの水吸い症状のようだ。
フロアボードをあけてエアクリーナー内部を調べる。
しかし予想に反してフィルターに湿りはほとんどない。
あれ?

原因わからずアクセルを開け閉めしているとだんだん調子が戻ってきた。
やはり水吸いの症状のようだったが、エアクリーナーフィルタがビチョビチョってわけでもなく
不思議だ。
あとから考えたが、
もしかしたらエアクリーナーからではなくキャブレタートップとかインマニの隙間から吸ったのかもしれないと思った。

まつきちさん脱落が無事回避され、
柳ヶ瀬トンネルへ向かう。
IMG_0931.jpg
信号があって、交互通行になっているらしい。
ほうほう めずらしいなあ。
青になって、いざ入ってみると
IMG_0932.jpg
暗い!暗すぎる!!

なにが危険かという情報がなかったのでびっくりしたが、暗いのが危険ってことだったのか!
まったく照明のない暗黒のトンネルを、前の車のテールランプを頼りに走っていく。
しかも長い。
IMG_0933.jpg
無事走破完了。
チョイノリでも問題なく走れたが、ドキドキなトンネルだった。
冒険感あって楽しかったな。

ここから日本海側に出て西へ、鯖街道方面の道の駅 三方五湖にて休憩する
IMG_0934.jpg
だいぶ距離をはしったね。
ここからは南下するだけだ。

後続のまつきちさんから
IMG_0935.jpg
CD125K5のリアウインカーに水が溜まっているとの指摘あり。
あらあらめっちゃ入り込んでいる(左右とも)。
プラスネジを外したら、なかから水がダラダラでた。
予想に反してウインカーレンズパッキンのゴムに損傷がなかったので、
リアフェンダー内から配線の穴を通じて水が入り込んだのかもしれない。
帰ったら対策しよう。
IMG_0938.jpg
ここからは山間部に入っていく。
登攀坂道がおおく、非力なチョイノリが遅れがちになるが止まることなく全車走っていく。

最後の休憩地
道の駅 朽木新本陣に到着。
IMG_0939_20200714142601186.jpg
ここで本日初参加していただいた門前さんのCG125を拝見。
素晴らしくきれいに整備されている。
めちゃ古い車体、しかも日本では販売されていなかったモデルにもかかわらず、
いろんな工夫をして綺麗に、そしてちゃんと走れるように維持されていることに感心した。
CD125も同じようにパーツ供給に不安があるが、話していると工夫次第でなんとでもなる気がしてくる。

同じ125ccだが、こちらは125cc単気筒OHV、
車格もタイヤサイズも全然違うな。
珍しい車体を見させてもらった。

ラストランで琵琶湖米プラザまで走り切り、
IMG_0940.jpg
全車12両無事に帰りついた。
おそらく総走行距離220km?かなりの長距離だった。

まだ時間が早かったので米プラザでしばらく歓談したが、
遠方のはちまるは帰路が長いので、「お先に、」と早々とCD125自走で帰宅…
しようとしたら、なんとグーグルマップナビが125cc以下が走行不可能な161号線バイパスを案内してくる。回避ルートをこまめに設定するのだが、かってにリルートして頑なに161号線バイパスへ入らせようとする。いい加減にしろ~
なんども設定したりしていたので、
いつのまにやら皆さんに抜かれていたようで、
大津の信号待ちで、前に見たことがあるような富田林ナンバーのジョグZRが…
IMG_0941.jpg
信号待ちで入念に体をほぐすサンタ師(笑)

さらにポテさんのチョイノリにも遭遇し、
早くに出たはずなのになんでこのCD125はモタモタ後ろから走ってくるんだ!?
と不思議がられたに違いない。
原因はグーグルマップナビです。

そして夜遅くまで旅を楽しみ、姫路まで帰着した
総走行距離530km 燃費36.6km/L

久しぶりの作戦でみなさんに会えて楽しかったです。
今回の旅ではマスク装着・ソーシャルディスタンス確保・手指消毒を徹底し、
閉鎖空間にも入ることなく旅を完遂できました。
コロナ禍に対応できる旅の形態がしっかりイメージできましたので、
今後も少しづつ新しいことに挑戦しながら作戦企画をしていきたいと思っています。
また、楽しみましょう!!

近江敦賀作戦03

さらに琵琶湖東岸を北上する。
小雨が降ったりやんだりする微妙な天候でカッパを着るか着ないか
悩ましい。
晴れているのに雨が降ってきたり、もうむちゃくちゃやな。
IMG_0906.jpg
あいかわらず自転車が多いが、うち一台、尋常じゃない速さの自転車があり40km/h巡航している。
一度CD125で抜いたが、後続の原付部隊は抜かせず。
CD125の後方排気を自転車にかけ続けるのが悪いので、自転車に抜いてもらって
自転車に先導してもらう原付部隊という笑える状況になった。
IMG_0908.jpg
道の駅 近江母の郷まできた。

ここではプリちゃんのチョイノリSSを観察。
酸素ボンベを装着していて、酸素噴射で速度が上がるというのを体験させてもらった。
半信半疑だったが、乗ってみると確かに最高速度50km/hから噴射でグイグイと加速していく。
3秒以上は危険とのことで3-4km/hの上昇は見られるがそれ以上は危険。
確かに効果はある…しかし実用性は皆無(泣)という評価だな。

自分の車体だったらアルミシリンダー溶けるまで噴射してネタにするのだが、プリちゃんが琵琶湖から帰れなくなったらいかんので自粛しておく。(いや、それも面白いネタか!?)
IMG_0910.jpg
次はキタさんのPCX125。
前回のPCXは傷がついたから手放して、
またフルモデルチェンジした新車を購入とか、すごいPCXハードユーザーだ。
キーレスエントリーで燃費50をかるくこえるらしく、超便利な一台だね。
居眠りしてこけないように祈っておこう。
IMG_0913.jpg
さらに北上して琵琶湖北岸に到着。
IMG_0914.jpg
ガソリン補給する。
Cd125はガソリン満タンにするとタンクキャップのエア抜き穴から漏れるので、
サイドスタンドが使えない(車体を傾けられない)。不便だなあ。

ここで埼大さんのjazz50を拝見
IMG_0917.jpg
50ccアメリカンとかいう珍しい車体。
その存在をしってはいたが、実物を見るのは初めてだ。かなりきれいだ。
エンジンはモンキー系ですね。
IMG_0918.jpg
そしてこれが標準装備のあひるちゃん(ウソ)
タコメーターまでついていてすごい。
トランスポーター使用とはいえ、埼玉からわざわざ参加してくれてありがとうございます!

昼食は余呉湖湖畔でアウトドア会食の予定なので、準備をしていこう。
IMG_0920.jpg
つるやパンでサラダパンを買い、
IMG_0923.jpg
コンビニで食材を購入した。ここでちょうど昼時。素晴らしい時間配分な俺。
さあ余呉湖に向かおう。

近江敦賀作戦02

翌朝、
IMG_0892.jpg
雨はやんでいるが晴れてはおらず曇りだ。
昼食のおにぎりなどを買い出してから集結場所へ向かう。
琵琶湖米プラザの手前でポテさんのチョイノリと遭遇し、そのまま待ち合わせ場所へ
IMG_0897.jpg
一人、また一人と集まって来て全員12人が揃った。
ピノン君 バンバン200
キタさん PCX125
ポテさん チョイノリ
はちまる CD125K5
ぷりちゃん チョイノリSS
MAXさん チョイノリ
埼大さん Jazz50
クロちゃん モトラ
ウメさん チョイノリSS
門前さん CG125
まつきちさん チョイノリ
チョイサンタ師 ジョグZR

皆さん 懐かしい顔ぶれで、超久しぶりだ。
IMG_0894.jpg
今回は思い出の鯖街道を南下する計画だが、
サバ作戦の時のTシャツをチョイサンタさんとウメさんが着て来ていた。なつかしいねえ。
うちのはもうボロボロになってしまったが、まだ健在とはすごい。
IMG_0895_20200714123529e50.jpg
今回、原付じゃないピノン君。
聞くとチョイノリはバラバラのまま、ハスラーもバラバラのまま、ハンターカブは遠方にあり
これしかなかったらしい。まあしゃあない。
バンバン200ってこんなんだったっけ?
いろいろ改変されていて随分と印象がちがうが、
どのバイクもバシッとオシャレに極めてくるピノン君はさすがだと思った。

全員のバイクをかるく観察させてもらったところで出発となった。
まずは琵琶湖大橋を渡って東岸に出よう。
琵琶湖大橋料金所のオッサンに
12台中1台が軽二輪であることを見破られてから琵琶湖東側を北上していく。
(なかなかやるな!)
IMG_0898.jpg
道は快適でほとんど信号のない平地。
バイクだけでなく自転車にも快適な道のようで、たくさんの自転車が走っている。
道路には左端に自転車用のレーンであろうスペースが設けられているので、
原動機付自転車な我々もそこを走行させてもらう。
車に迷惑をかけないのはいいことだが、
一度、ものすごいデカい工具が落ちていたのにはビビった。何ちゅうもん落としとんねん。危ないってからに。

コンビニで休憩中にクロちゃんのモトラを観察させてもらう。
IMG_0903.jpg
このバイク。すごく面白い。
IMG_0901_202007141242549e6.jpgエンジンはモンキー系の4ストローク単気筒SOHCなのだが、何やら後方に出っ張ったものが…
これなに?と聞いたらピノン君がサブミッションだと教えてくれる。
サブミッション?関節技かよ。
とおもったら、通常の3段変速にさらに上下のギア比が準備してあって、
大量の荷物を積んだとき用のスーパーローギアまで変更が可能になっているらしい。
すごいな、50ccバイクでそこまでするか?
IMG_0902.jpg
さらに大量の荷物を積むためにリアサスペンションのかたさを調整するハンドルや、
左ハンドルにあるレバーはクラッチではなくセンタースタンドロックの解除レバーだったり。

荷物をいかに積むかということにあらん限りの装備を盛り込んでくる変態バイクだった。
クロちゃんから説明を聞きつつなんども爆笑。
なんども それいるんか? それ使うときあるんか? と突っ込む。
IMG_0904.jpg
今回は非チョイノリがたくさん参加してくれたのだが、
こんな珍しいバイクを間近で見れて、解説してもらって楽しかった。
珍しいねえ~とか言うてたら、
もう一台もっていると言い出すクロちゃんに一番笑った。

近江敦賀作戦01

コロナ禍で一切の活動を中止していたCCJだが、
緊急事態宣言も解除されて落ち着いてきたので、あらたに原付旅作戦を立案した。

結局、実際の作戦日には東京を中心にコロナ感染者が再び増えてきていて予断を許さない状況になっていたのだが、いつまでも自粛、自粛ではなく、
コロナ禍でも楽しめるような作戦形態を模索する意味でも決行すべきと判断し、
各種対策をして開催することにした。

はちまる は前日、土曜日から出発。
CD125K5は快調でデカンショ街道を東へ向かうIMG_0883.jpg
天候は雨。
そんなに強い雨ではないが、ずっと降り続いておりカッパを着て注意しつつ進行していく。
日本各地で川の氾濫などの災害が起こっているようだが、ここらへんは大した雨ではないな。
カッパに当たる雨音も心地よく、篠山まで進行。
IMG_0884_20200714121042492.jpg
このまま国道327で京都市までいくのも良いが、
今回は京都市の北側の山地を抜けて琵琶湖へ向かう計画とした。
亀岡の手前辺りで県道にそれて北東方向へ進む。

山地に入り、狭い山道を進んでいく。
車は少なく、渓流を脇に見るが、川が増水しているようだ。
IMG_0885.jpg
林の中を抜ける。
クネクネ道なので結果的に走行距離は伸びそうだが、
信号だらけの京都市内を走るよりも断然楽しい。
雨の山中。
普段見れない風景が目を楽しませる。
IMG_0886.jpg
長雨のせいで川が増水している。
この山も各地で土砂崩れがあったようだ。
通行止めが二箇所ほどあり、計画していた道を通れず、
結局、やや南下して京都市北部をかすめながら進行し、今日の宿に着いた。
IMG_0890.jpg
本日、お世話になるのは旅荘 茶谷さん。
始めて泊まる宿だが、食事なしの激安宿泊。
IMG_0887.jpg
ありがたいことにガレージを空けていただいていた。
ここに停めて部屋へ。
IMG_0891.jpg
部屋はたった4.5畳の小さなお部屋。
風呂 トイレ 流し台 冷蔵庫などはすべて共用スペースにあるので、
部屋には必要最小限の設備しかない。
それでもオッサン一人が寝るだけなら十分な広さだ。

濡れたカッパを拭いて干し、浴衣に着替えて酒を飲む。
ウマい。
コンビニで買ってきた弁当を食べ、窓の外の雨を眺めつつ快適に過ごす。
いいねえ。旅だな~
まわりは田んぼだらけの田舎で、ムシ、カエルの鳴き声を聞きながら就寝した。

近江敦賀作戦 連絡掲示板

本作戦予定日は
土曜日・日曜日ともに降水確率70%程度と雨が降る可能性が高くなっております。
防雨装備も万全にしてご参加ください。

最近、各地でコロナ新規感染者が急増しております。
○体調がすぐれない方、
○作戦参加自粛したい方、
○雨中の作戦が不安な方、
キャンセルは当日でも構いませんので
迷われる方はお気になさらず遠慮なくキャンセルしてください。

近江敦賀作戦
日時令和2年7月12日 日曜日 
琵琶湖米プラザ
0730  作戦行動開始
近江敦賀作戦195km
コロナ禍での作戦です。
以下の大原則を徹底してください。
1、マスク装着
2、ソーシャルディスタンス確保
3、ことあるごとに手を洗う
プロフィール

はちまる隊長

Author:はちまる隊長
バイクあそびの達人(自称)
CCJの大将してます
http://suzuki-choinori.com/index.html

訪問者カウンター
フリーエリア
バイク仲間を募集中!

チョイノリクラブジャパン→チョイノリで冒険をするチョイノリストの会

GRS林道部隊→原付で未舗装オフロードを走って野営する冒険部隊

GRS公道部隊→原付で長距離ツーリングを行う旅部隊

CCJオフロード部隊→エンデューロレースを楽しむレーサー部隊

CCJマラソン部隊→バイク仲間たちでマラソンを楽しむ部隊

参加希望ありましたら作戦告知記事にコメントください!
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

ムーミンの雑記帳&内緒のコメント用ブログ

埼玉の大ちゃん

santaの散歩

トモス・クラシック

フライングクロ

#88 新米感覚

イサチャンネル 13ch

ちょい乗り紀行

KSK@ばすのブログ

地平線

ちょいとチョイノリ(別館)

6畳間整備工場

さんちゃんとチョイノリ

セカンドライフを堪能
QRコード
QR