第7次剣山林道全走破作戦 発動

各将兵は可能な限り迅速に集結地点に集合せよ。
橋頭保を確保し戦線を有利に運べ。

この戦い!勝ちにいくぞ!

煉獄であろうと赴き、征服することこそ
ヘチョバイク帝国軍人の本務である
全林道を蹂躙せよ!!


第7次剣山林道全走破作戦 告知

わが部隊では今季も最重要作戦、剣山林道作戦を行う。
ヘチョバイク隊員は乗機を万全に整備して参加せよ

作戦日程
H30年5月3日~5月5日



参戦予定将兵

鉢丸中佐 (隊長)  トモス クラシック1
88少佐 (副官)    チョイノリ
まつきち中尉      チョイノリ
ぽんちゃん少尉     ロードパルS

5/3は林道内で前泊野営
5/4林道走行し林道内野営
5/5帰還
ヘチョバイクに一泊分の野営装備を積んでの作戦敢行となる
参戦希望者は参加表明を!
今年は成功するのだろうか!?

第6次剣山林道全走破作戦 08


満身創痍ながら最後まで走り切ったモトコンポ
未舗装路が主体の剣山林道の90km全線を一泊野営装備を積載してモトコンポで走り切る。
これまでそんなチャレンジを行ったものがいるだろうか、
いやいない!
これは歴史に残る偉業であると自負する。

そして、ここにモトコンポの整備を手助けしアドバイスをしてくれたクロちゃんや工場長、
また演習走行である数々の公道作戦をともにしてくれたヘチョバイク林道戦闘機隊の隊員たちに感謝したい。
剣山林道を共に走った5人の精鋭だけではなく、多数の仲間の力をもって達成できたのである。

モトコンポで林道なんて…
なんという者がいたらこの実績を伝えてほしい、
情熱と、仲間がいれば不可能などないのだ!!!

第6次 剣山林道全線走破作戦は成功した

以下の将兵に階級を授与する

鉢丸中佐
部隊をよく率い、自らの機体も限られた材料で路上補修して作戦成功したことに対し一階級昇進
さらに、歴史上初のモトコンポによる作戦成功に対しへチョ十字勲章を与える

88少佐
隊員のオフロード走行技術向上に尽力し、
安全に、楽しく林道を走る方法を伝授したことを賞し一階級昇進

まつきち中尉
Mガード板の仮説を証明し今後の林道機作成に一石を投じる研究成果を出したため一階級昇進
隊員の積載に関する補助も評価される。

koro中尉
鉢丸隊長のピンチにボックスレンチを貸してくれてありがとう。
うまいもつ鍋を作った功績により一階級昇進 
へちょ料理長の役職も授与する。

ムーミン中尉
ノーガードチョイノリでの全線走破は賞賛に価する。
GP110さえ装備すれば作戦参加できることを証明し
今後 チョイノリでのチャレンジを考える者のハードルを下げたことは疑いなく
その功績は大。一階級昇進
ゴミの引き受けありがとうございました。

マックス少尉
親子ほど年の離れたおっさん集団に飛び込んで、何事もお気楽に笑顔でこなしたムードメーカー。
バランス激悪車両での走破を称え少尉任官

第六次剣山林道作戦 成功
かけがえのない仲間たちに感謝!
ありがとう!!

第6次剣山林道全走破作戦 07

レストハウスの軒先での野営は快適だった。
夜間、闇の中からハオウ!!という妙な叫び声が聞こえた。
あれは何だったのだろう?夢かなあ
と思いながら朝、6時に目覚めた。
しばらくテント内でうとうとしながら、起きだすと、すでにみな起きていた。

片付けをしながら会話をしていると、どうやら昨夜のシャウトはマックス君の寝言だったらしい。
もしかしてムーミンさんにイタズラされて出た声ではないかという冗談が出て、
なるほど、それで二人なのにテントは一個なのか~ 謎が解けた!とか
まつきちさんの「今夜もマックス!」という名言で一同大笑いした。

さて、談笑はそのくらいにして、鉢丸は完走に向けて乗機の整備をしなくてはならない。
幸いにもこの日は晴れ、いままで針金で縛り付け、何度もボルトを締め付けながら走ってきた機体を
最後まで持たさなくてはならない

明るいところでよく見るとジェネレーターカバーが打撃でひん曲がってずれていた

いったん外して形成して取り付ける、
マフラーの縛り付けをやり直し、排気口ボルトも締め付けて、
これで大丈夫かな?
と整備を完了した。
実はこの写真の時点でさらなる不具合が写っているのだが、このときはまだ気づいていなかった。

koroさん機体もジェネレーターカバーが損傷していた

まつきち博士のMガード板の損傷は大したことはなかった。
この強度でも十分だな。

出発前に記念写真を撮り、
初日野営地に向けて出発する。

走り出してすぐに、モトコンポの調子が悪いことに気が付いた。
アクセルを開けていて、急に失火してエンジンが止まる。
スピードが落ちてくるとエンジンが復活して加速するが、しばらくしてまたエンジンが止まる。
加速と減速を繰り返しながら走るので、明らかにおかしい。
症状としては水吸い状態に思えたので、路上整備することにした。

エアクリーナーを外してキャブレターを見ると泡状に乳化したオイルが。
しかし、ここをふき取ってみても症状は同じ。
空ぶかししてみると、回転数が上がるとエンジンが止まる。
回転数が下がるとまたエンジン復活を繰り返す
ブイーーン ボボボボボ ブイーーン ボボボボ
だめだな~
手を離すと、リアの荷物が多いためにリア側が下がり、回転していたリアタイヤが接地、
ロケット発射!

どかーーん!
気を付けないといけないねえ

車体を引き起こす。
低回転では走れるので、アクセル開度は2/3くらいを意識して走ることにした

林道終点で記念撮影。
走り切った!
あとは始点まで帰って、初日泊地までの残存距離を走れば全線走破になる。
国道を始点に向けて走り出した。

モトコンポはアクセルを全開にしなければ順調に走る。
しばらくすると全開でも問題なく走れるようになり、絶好調になてきた。

林道と違い進行速度は速い。
初日と同じように まつきちさん機体が初盤調子が悪かったが、徐々に回復してきた。

マックス君のムリクリ積載、
林道でも国道でも何度も荷崩れする。
「大丈夫ですよ~はははー」
いやいや何度も崩れてるから、大丈夫じゃないから!

「もうここらへんで過積載職人に診てもらったら?」
ということで

まつきち過積載職人による伝統芸が炸裂する。
積んだ荷物の上面がフラットになるように、などありがたい言葉を受けながら
強固に縛り付けられていく荷物たち。
お気楽マックス君のテキトー積載から、ガッチリ固定へ。
この後、一度として積載が崩れることはなかった(感心)

そして帰路最大の難所坂へ向かう。
国道と言えども強烈な坂があるのだ。

しかし拍子抜けするほどに楽に上れた。
モトコンポは速度が落ちたら1速に減速して急に回転数が上がる。
それでぐいぐい登っていくのだ。

まさにロードパルSの二段変速が効いている感じ。
逆に言えば、二段変速を装着していなかったら登れていなかったということ。
自分の改造がこれほど功を奏しているのがうれしい
そして、今後するであろうロードパル初期型でのリベンジが困難なものになることが予想された。

後続のチョノリものぼれない機体はなかった。
昨年はこの道が通行止めになり、迂回路がかなりきつい坂だったので心配だったのだが、
今年は問題なく登れた、良かった。

山の上の景色がよい。
昨日の林道走行では霧と雨で景色なんて全然見れなかった。

公道をさらに進んでいくと、また排気音がうるさくなった。
あれ、明らかにおかしい
止まってみると

今度はこちら側のボルトが紛失していた。
あちゃー
予備ボルトがないので、フロントフェンダーを固定しているボルトを外して、ここに装着した。

そのあと、よく見ると気づいた

あ、排気管もげとる!
マフラー脱落を防ぐために排気管に括り付けた針金がよくなかったようだ。
ホイールがオイルで黒くなっているのがわかるだろうか、これは

もげて穴の開いたところから排気が吹いていたのだ。
多段膨張式のマフラーが役に立っていない
そりゃうるさいわね…
幸い走れないことはない、最後まで行こう!

始点まで走行し、ここから第一泊地までのウィニングラン!
最後の未舗装道路を楽しみ

全線走破作戦が成功した。
おめでとう!みんな!

第6次剣山林道全走破作戦 06

剣山トンネルをこえると、そこはガレた岩場が多い。
数々の困難を、隊員たちが一丸となって、
文字通りバイクを担ぎ、バイクを抱き、バイクを引き上げ、バイクを降ろし、
立ちはだかる障壁を乗り越えていく。

ここで脱落するわけにはいかない。
岩に乗り上げたりスタックしたり。

でも軽量ヘチョバイクだから持ち上げてクリアできる。
隊員たちは何故ヘチョバイクレギュレーションに車重55kg以下の規定があるのか、
身に染みて理解してもらえたに違いない。
しかし、まつきち機体の重いこと重いこと…

襲い掛かる困難を乗り越える喜び、これこそ剣山の楽しみなのだ

泊地のアテがなくなったので、このまま舗装路に出るまで走り切ろう、
暗くなる前に侵攻しなくてはならない
いけーーー!

ムーミンさんのナンバー取付ボルトがブットビ紛失した。
まあ、これくらいはインシュロックで対応可能。

マックス君のリアブレーキワイヤーがぶっちぎれた。
林道走行で後輪ブレーキ切れたら走りにくかろう、前輪ブレーキで滑ったらこけるしかないぞ
と言うが
「そうですか~? 大丈夫ですよーはははー」
と呑気に笑うマックス君。
初日の宴会で何かあだ名をつけてみたらと提案されていたが、
これは お気楽マックス・「おきちゃん」が第一候補かなと思った瞬間だった。

個別で走った林道初盤とはうって変わって後半は団体戦になる
困難には全員で対処する。
みんな降りろ、チョイノリかつげ!!

みんなで奴の機体を補助するぞ!
集合!

激しい林道戦闘を繰り返し、困難を乗り越え、
とうとう舗装路に入り、1720林道終点近くの「高の瀬レストハウス」まできた。
おつかれさまーー!ここで野営だ。

ここは紅葉の時期だけ開いているレストハウスで、5月は完全休業状態。
それでも屋根のある休憩所があり、雨の中でも、みんなで食事ができるのがありがたい。
レストハウスには入れないが、軒先でテントも張れるのでよい泊地が開拓できたと思う。
今後の林道作戦の助けになりそうだ。

ここで鉢丸の積載してきた食料を出して食う。
カップヌードル1個とヤキトリ缶詰3個。モトコンポの積載量ではこれが限界なのだ。
ひもじいこと限りなし。
今回、「ファガスの森」と「奥槍戸山の家」の二か所で食事ができたのは非常に幸運だったといわざるを得ない
持参食料はすぐに食べてしまった。

まつきちさんもムーミン・マックスペアも、次から次に食料や水や酒が出てくる。
見るからに大量の積載物だったが、これだけ充実した食糧事情はうらやましい。
皆さんでどうぞ、と提供してくれるくらいある。
お菓子などをありがたくもらった。

もう6度目の剣山作戦だが、今までで一番腹が減った作戦になった。
なぜだろう?雨による体温低下と、バランスの悪いモトコンポで走ったからだろうか
いつもはこんなに腹が減った記憶はないのだが…

食後、まつきちカフェをいただきながら談笑し、テントに潜り込んだ。
楽しい一日だった。

プロフィール

はちまる隊長

Author:はちまる隊長
バイクあそびの達人(自称)
CCJの大将してます
http://suzuki-choinori.com/index.html

訪問者カウンター
フリーエリア
バイク仲間を募集中!

チョイノリクラブジャパン→チョイノリで冒険をするチョイノリストの会

GRS林道部隊→原付で未舗装オフロードを走って野営する冒険部隊

GRS公道部隊→原付で長距離ツーリングを行う旅部隊

CCJオフロード部隊→エンデューロレースを楽しむレーサー部隊

CCJマラソン部隊→バイク仲間たちでマラソンを楽しむ部隊

参加希望ありましたら作戦告知記事にコメントください!
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

ムーミンの雑記帳&内緒のコメント用ブログ

埼玉の大ちゃん

santaの散歩

トモス・クラシック

フライングクロ

#88 新米感覚

イサチャンネル 13ch

ちょい乗り紀行

KSK@ばすのブログ

地平線

ちょいとチョイノリ(別館)

6畳間整備工場

さんちゃんとチョイノリ

セカンドライフを堪能
QRコード
QR