売れたよ。

まだ引取りには来ていないけど、オークションで売ったら売れた。
二輪を置いておくスペースに、ツマコたちの電動自転車がどかっと収納されて、
車両を減らさなくてはならなくなったので、売ったのだ。
 
こいつは今年3月に買ったので、9月で半年の所有。
12300km→13067km
約750kmの使用になった。

便利な車体だった、
整備性もよくて、消耗品も安いし燃費も良かった
さすがホンダのビジネスバイク

林道も、それなりに入っていけたし
道を選ばない万能機体
荷物もたくさん積めます。

買った時からちゃんと稼働していたので、補修らしい補修はしていない。
USB電源追加とリアタイヤパンク修理くらいかな。

維持費も安く済んだなあ。
この車体は娘2号が気管支炎で入院したときに、大量の生活用品を積んで病院まで往復した思い出がある
あの時は雨が多かったけど、カッパ着て乗っていったものだ。
(駐車場が有料だったので、バイクは重宝した。)
よく働いてくれたねえ。

次のオーナーは兵庫県北部の方らしい。
リアボックスと携帯電話台座は外して渡す。
しっかり頑張って、まだまだ走ってよ~
 
購入時の価格は忘れたのだが、76000円で売れた。
オクで買って オクで売ると、出費が少なくて助かるわ(^^)

後輪外すのって チェーン外さなくていいみたい

ネットでいろいろ検索していると、どうやらカブの後輪ってチェーン外さなくても外せるんだって

っていうかまたパンクしたウチのカブ。
出先で修理するのが億劫でそのまま帰ってきたらタイヤチューブが裂けてしまった。
後輪を外す。

アクスルシャフトを抜いて、ブレーキアッセイ固定棒を外して、
後輪が外れた

こうすればよかったのか、
なるほど整備性よいわー
さすがカブだね。
新しいチューブを挿入して終了。
次はパンクしないでね。

後輪パンク修理 ホイール外さずにする!

前回の記事に書いたが、車載工具のみでパンク修理をしないといけない状況になる為、
後輪パンク修理をもっと楽にできないか、考えてみた。
後輪ホイールを車体から外すためには19mmや24mmのメガネレンチがいる
しかしこんな大きなレンチを車載工具にして持ち運びするわけにもいかない、
そういえば、自転車屋さんはパンク修理時にホイールを外したりしないではないか、あの方法でパンク修理できないだろうか?

センタースタンドを立てると後輪が浮く。
リアに荷物が多いと後輪が沈むので注意。

ムシ外しでムシを外してタイヤの空気をごっそり抜く。
しっかり空気が抜けたら、全周のビートを落とす。

タイヤを外す位置の反対側のビートをホイールの中央部の凹みに入れ込んでタイヤをホイール方向に沈めこむ。
これはここだけではなく、タイヤ外し、タイヤ装着のすべての場面で注意する点だ

この状態でタイヤレバーでめくる。
カブはタイヤ外しが非常に楽なので、ホイールを外していなくても外せる。
他車種は難しいと思う。

最初にめくったところをマイナスドライバーで固定しておいて、ホイールに沿って順にめくっていく。
全種めくり外してしまってから、タイヤチューブの12mmナットを外して

チューブを抜いていく。

全周抜けた!
これで穴を確認してパッチするわけです。
作業スペースが広い方、ということで車体右側で行っていますが、こちらはマフラーがあるので
マフラーが熱いときには危険。冷えてからしましょう。
あとめくり外したタイヤがブレーキドラム固定棒に接触してホイールが回りづらくなるができないことはない
 
パンク修理が済んだら

チューブを入れてタイヤを装着します。
タイヤが細くて柔らかいカブだからできる方法ですが、これならホイールを外すことなくパンク修理できます。
必要工具は
 
ムシ外し
タイヤレバー
マイナスドライバー
12mmスパナ
ゴム糊
パッチ
空気入れ
 
これだけでオッケー
チューブ交換やタイヤ交換はさすがにこの方法ではできないのでホイール外さんといかんな~
 

前輪の外し方

パンクかなにかトラブルがあった時に外せばいいのだけれど、
ちょっと事情があり外してみた。
 
というのも。
このスーパーカブを仕事上、遊び上でよく行く駅の駐輪場に現地使用車両としておいておくことにしたのだ。
その駅には無料の駐輪スペースがあり、そこに放置して電車で行った際の現地移動に利用する。
となれば、たとえばパンクの時には自宅まで持って帰るのが大変なので車載工具で現地修理となる。
今のうちに必要工具を選定する意味も込めて外してみたのだ。

スーパーカブにはセンタースタンドがある、これは整備性から考えるとよい装備だ。
センタースタンドをかけると、通常は後輪が浮くのだが、リアボックスに荷物を置いていくと重心が後ろに後退して

前輪が浮く。
ジャッキなしで前輪フリーにできるのはありがたいね。
 
前輪を留めているアクスルシャフトは12mmボルトと17mmナットだ。
前輪を浮かす前、力がかけれる設置状態にて少し緩めておいて、
浮かしてから外す。

できたらメガネレンチがいいのだが…
現地整備は多分スパナになると思う。
荷物軽減上仕方がない。
フロントブレーキアッセイに装着されているワイヤーは上がメーターワイヤー、下がブレーキワイヤーだ

アクスルシャフトを抜くとブレーキアッセイ ホイール カラーが外れてくる

黄色がアクスルシャフト、
赤丸がカラーとナット
ホイールを挟んで車体右側からシャフト、左側にカラー&ナットだ

タイヤサイズは2.50-17

もう山があんまりないね、
交換時期に来ているが、タイヤを買っていなかったので、今日は取り替えせずにもうしばらく使う。
放置後の初整備は前輪タイヤ交換だろうなあ。
 
タイヤの取り外しは、後輪で記事にしたので割愛する
 
さて取り付けだが、注意点が何カ所かある。
まずは

ホイールの切欠きに

ブレーキアッセイ内部のメーターギアのでっぱりが合うようにしましょう。
ここをいい加減にするとメーターギアが破損しますので要注意。

あとブレーキアッセイの凹みにフロントフォークから続くリンクのでっぱりに合わせること。
これをしないとブレーキアッセイごと回ってしまってブレーキにならないのでね~
 
とりあえず工具としては
12mmスパナ
17mmスパナ
虫外し
タイヤレバー(マイナスドライバーで代用も可能)
ゴム糊
パッチ
空気入れ
 
最小最低限、これだけあれば前輪タイヤ交換、パンク修理は可能だと思う。
メガネレンチの方が良いとか、ラチェットがあれば便利とか、交換用チューブがあればとか…
欲を言えばきりがないが、車載工具のみの現地修理なので、必要最小限を突き詰めています。
 

砥峰周辺散策

カブで砥峰高原周囲の林道を散策することにした
ツーリングマップルでは何カ所か未舗装林道があるようだ。

国道312を北へ進む。
市川の河川敷で休憩。
河川敷までの坂道もノーマルタイヤだと滑る滑る。
未舗装を走る仕様ではないからねえ。

だんだん町から離れて山がちになってくる。
のどかだね。
昼から出発して、しかも原付二種、高速道路に乗れないので、現地に着くまでが遠い

植林の種類が違うのだね、色の境界がある。
脇道に登山道があったので侵入してみた

橋があった。
歩いて登る道だからバイクには大変
ゆっくり走っていく

細いブロック筋道を通ったり、スリルあり。
道が険しく先に進めなくなり引き返した

やっと目当ての林道に着いたところ、なんと工事中。
しかも舗装化だと…
まったく遊び場が減っていくばかりですね。
侵入しようとしたけど、まさに作業中で作業員がいたのでやめた。
林道探検は不発に終わった。

プロフィール

はちまる隊長

Author:はちまる隊長
バイクあそびの達人(自称)

訪問者カウンター
フリーエリア
バイク仲間を募集中!

チョイノリクラブジャパン→チョイノリで冒険をするチョイノリストの会

GRS林道部隊→原付で未舗装オフロードを走って野営する冒険部隊

GRS公道部隊→原付で長距離ツーリングを行う旅部隊

CCJオフロード部隊→エンデューロレースを楽しむレーサー部隊

CCJマラソン部隊→バイク仲間たちでマラソンを楽しむ部隊

参加希望ありましたら作戦告知記事にコメントください!
カテゴリ
TOP (1)
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

ムーミンの雑記帳&内緒のコメント用ブログ

埼玉の大ちゃん

フライングクロ

#88 新米感覚

イサチャンネル 13ch

ちょい乗り紀行

KSK@ばすのブログ

地平線

ちょいとチョイノリ(別館)

6畳間整備工場

さんちゃんとチョイノリ

セカンドライフを堪能
QRコード
QR