リアフェンダー 装着

クロちゃんからフェンダーをもらった

割れかけていると聞いていたが、
末端部は割れ切っていた。
まあいいんよ、見てくれは全然気にしないので。
ありがとう!

こんなのポンつけだよね

とおもったら結構むずい
悪戦苦闘する。

どうやらマフラーステーが曲がっているようで、マフラーがフェンダーに干渉している。
ぬ?もしかしたらフレームも曲…
まあいいや

着きゃあいいんだよ。
ってことで、カラーやステーを挟み込んで むりやりつけた。
これで泥跳ねが軽減されるだろう

エアクリボックス タンクキャップ補修 フォーゲル


エンジンが快調で始動も走行も安定している。
最近は近場の走行を繰り返して問題個所を洗い出しているのだが、
まずエアクリーナーボックス。

しっかり閉まらず、隙間からエアを吸っている。
まあここからエアを吸っても二次空気になるわけじゃないのでいいのだが、
吸気音が大きくなり騒がしいので補修することにする。

ここの固定はなんと中央部のボルト一本のみ!?
しかも

ナット側は樹脂なので、簡単にバカになってしまう。
もしかしたら金属ナットが内蔵されていたのかな?
うちの機体は金属ナットはなかった。

もし、ここがしっかりとした固定になったとしても、
中央部の一個だけなので、エアクリボックスの樹脂が曲がって反ってくると完全閉鎖は無理。

そこで

縛り上げる。

これで隙間なくなったぞ。

次はタンクキャップ。
走行中にわきからガソリンが漏れてタンクを濡らす。
ニーグリップする足にガソリンが付くので改善しないといけない。

タンクパッキンのゴムを買うと金がかかるので、
同じ大きさを汎用ゴムから切り出し、これを重ねて二重にして厚みを稼ぐことにした

もれなくなったよ。

ここら辺は無料で補修できるので心置きなく直していくが…

リアフェンダーがないんだよなあ。
オクで2000円ほどで買えそうなんだけど、あんまり金かけてもな~
というのも、この車体色。茶色って純正じゃなく後から全塗なのだ

ってことは、
リアフェンダーを買ったら、茶色の塗料を買うか、
全体を塗りなおす塗料がいるってこと。
そこまでするのもったいないし。
このままフェンダーレスで行こうと思う。

ジェネレーター修理 フォーゲル復活!

さんざん時間がかかったけど、やっと原因判明したフォーゲルの不調。
ジェネレーターを直せばいいことが分かったのだ。

フォーゲルのジェネレーターは

裏から見るとこんな感じ。
なぜ裏?
って、それは配線が見えるから。

この写真で下にあるコイルだけど、線が二つ出ていて、一つはコイル中央部から出ているので二系統巻いてあるような気がしていた。
二系統?
なら、それは一次コイルと二次コイルってことで、だからこいつは点火コイルなんじゃね?
と、ポイント点火のソレックスをいじってきた鉢丸は思ったのだ。
で、

もう一個の白いコイル。
こいつは左右に一個ずつの端子があった。
一系統、じゃ、これが電装のコイルね、
と鉢丸は思ったのだ。

しかし、注文したパルスコイル(点火コイル)が来たら、

あら、2個の端子のほうだった。

あちゃー
注文間違えた!電装系のコイル買っちゃった!?って思ったら、実はこれが点火コイルだったのだ。
パーツリストの絵もそうなっていた。

間違いじゃなくてほっとしたぜ。


今回は点火に問題があるので、
点火用のパルスコイルと
ピックアップコイルを購入した。

さて、どちらから換えようか?
もし当たったら、片方を未開封で済ませられるのだ。
さあ、どっち。

点火はしているが、弱い。
という症状なので、ここは点火用パルスコイルを先に交換してみることにした。
白いのが古いほう、茶色いほうが新しいほうだ。

慣れないはんだ付けで装着したが、
なんと

機体は快調になった!
キック一発で始動して、いくら走っても止まらない!
平地最高速度 GPS計測55km/hで快走できた。
あたりだ~ ピックアップコイルは未開封のまま。オクで売れるぜ!(買う人いるか??)

この機体、譲り受けてから完全調子で走れるまでに1か月もかかった。
いやーー長かった、
悩みに悩んで大阪までもっていったり、高価な純正パーツを買ったり、みんなのアドバイスをもとにして、なんとか直すことができた。
最初から何の問題もない車体を買うことに比べたら、1か月間すごく楽しめたし、
点火系の異常という未知の整備を学べて、思い出深い車両になったぞ。



おまけ

車体の傾きがひどいのが気になっていたので

スタンドに下駄をはかせておいた。
「まつきち製材所の木材使用」

やはりジェネレーターだった!!!

フォーゲルの、
始動困難と500m走るとエンジンストップしてしまうという異常。
これを調べるべく、
クロちゃんからジェネレーターを借りた。

フライホイールマグネトを
ユニバーサルホルダーで回り止めして外していく。

プーラーあったかな?

15年ほど前にモンキーをいじった時のプーラーがまだあった。
たすかったぜ

硬いのなんの。
鉄パイプで把持点を伸ばしてやっと外れた

おまえか?
お前が原因なのか???

ココを外すときはプラスネジを舐めないように気をつけよう。
めっさ硬いよ。。
自分はインパクトドライバーでガツンと外せた

左がフォーゲルのジェネレーター容疑者

右がクロちゃんから借りたポッケ(YSR50?)ジェネレーター助っ人さん。

交換しようとしたら、…
素直に行かないでやんの。
配線がカプラーじゃない!
そこで

テキパキとジョイント配線を作成してしまうテキパキ男。

配線図なんて持っていない上に、線の色にも違いがあるという困難な状況だったが、
線をたどって同じものを同定して付けていく。

さすれば!!!!!!!!!!!!!!!!!!

エンジンは一発で始動!
アイドリングは全く安定!
500mどころか~いくら走っても止まらない~!!!!!!!!!!!!!

おおおおおおおおおお

お前かこの野郎!!!
こいつのせいでどれだけ時間食ったか~

しかしまあいい勉強になったぜ。
火花が飛んでいてもジェネレーター不良ということが起こるんだね。

結果、ここを交換すればいいのだが、借りたジェネレーターは返さなくてはならないのので、
いったんはこのジェネレーターのハンダ付けをやり直してみて修理してみよう。
そう思ってやってみたが全然ダメだった。

これは交換しかないようだ。
オークションで探したが、なかなかジェネレーターのみの出品はないし、エンジン丸ごとかったら高いし、
しかも中古だと同じ不具合があったらたまらん。

ということで純正部品を検索すると、
コイル・スパーク 約6000円
コイル・パルサー 約2000円
が手に入るようだ。
一番安いカスタムジャパンに注文して、それぞれ4979円・1625円で注文した。
カスタムジャパン!値引きありがとう!しかしそれでも合計6604円かあ。これでなおりゃいいけどねえ…


原因検索進めている

調子のわるいフォーゲルだが、いまだに調子悪い

とりあえずコンプレッション測ってみたが、
圧縮はあるようだ。
プラグをこれでもかと洗浄してみると何とかかかったりするのだが、
走りだすと500mほどでエンストする。そして全然かからなくなる。
これを2度ほど繰り返す。

むむむ

クロちゃんアドバイスで、今回は点火不良が原因ではないかという判断のもと、
ジェネレーターをチェックすると。
オイルが垂れていた。

調べてみると、この穴。
ギアボックスにつながっているのだが、
エンジンがかかっている状態で車体が右に傾くとオイルが出てくる。
ギアオイル量が多いようだ。

いったんオイルを全抜きしたら850mlほど出てきた。
オイルの適正量はわからないが、全く漏れない量として600mlにしておいた。
ジェネレーター周りのオイル汚れをしっかり洗浄し、

さらにイグニッションコイルを外す。
装着部位のアースを削って錆を取り、接点復活スプレーをさんざん吹きまくって通電を改善させる。
イグニッションコイルは社外品の新品を持っていたので、交換してみる。

するとまあ、エンジンはかかるわけだ。
アクセルに対する反応も良く。
これはしっかり治ったぞ!
と思うのだ。

しかし、走り出してみると、同じように500mで止まる。

この500mというのが悩ましい距離で、
すぐに止まってくれたら家から近いのに、なまじ500mは普通に走るから、ちょっと遠方まで出たところで
止まりやがって困る。
押して帰るの何回目だよもう。

どうやら、、、、
「エンジンが温まると失火する。」
ようだ。

プロフィール

はちまる隊長

Author:はちまる隊長
バイクあそびの達人(自称)
CCJの大将してます
http://suzuki-choinori.com/index.html

訪問者カウンター
フリーエリア
バイク仲間を募集中!

チョイノリクラブジャパン→チョイノリで冒険をするチョイノリストの会

GRS林道部隊→原付で未舗装オフロードを走って野営する冒険部隊

GRS公道部隊→原付で長距離ツーリングを行う旅部隊

CCJオフロード部隊→エンデューロレースを楽しむレーサー部隊

CCJマラソン部隊→バイク仲間たちでマラソンを楽しむ部隊

参加希望ありましたら作戦告知記事にコメントください!
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

ムーミンの雑記帳&内緒のコメント用ブログ

埼玉の大ちゃん

santaの散歩

トモス・クラシック

フライングクロ

#88 新米感覚

イサチャンネル 13ch

ちょい乗り紀行

KSK@ばすのブログ

地平線

ちょいとチョイノリ(別館)

6畳間整備工場

さんちゃんとチョイノリ

セカンドライフを堪能
QRコード
QR