フォーゲル 各所整備

フォーゲルはこれまで適当に整備してきて、
長距離走行ができるなら細かい不具合が少しくらいあろうが、そのまま放置。としていた。
いつ手放すかわからないので、なるべく金はかけない方向で維持という方針にしていたのだけど、
このたびタンクを新しくしてメッサ金がかかったし、愛着も出てきたので、
もう長期所有することにした。(バイク増える一方だな…)
そこで、これまで気になっていた細かい整備をしていくことにした。

まずは
IMG_1738.jpg
テールランプ周囲のフェンダーパーツ。
前オーナーが一部切って変な形状になって、テールランプも社外品になっていた。
オークションで純正品が安く買えたので、これに変更する。
IMG_1740.jpg
テールランプが大きくなって安心感が増す。

あと、
IMG_1741.jpg
ホーンボタンが根こそぎナイ(笑)。
ここも中古パーツが出るかな?とオークションを探していたが、出ても高いみたい。
そこで
IMG_1742.jpg
ウチに余っていたチョイノリのハンドルスイッチボックスを取り出してくる。
チョークレバーが壊れていたり、ブレーキランプスイッチが壊れていたりしているが、
それでもパーツ取りに使えるかと思って置いておいたゴミ。
IMG_1743.jpg
分解してみると、ホーンボタンのスイッチ形状はやや違うが、ボタン自体は大きさが一緒だったので
IMG_1744.jpg
スイッチをばらして、ボタンとばねをいただく。
これを移植して
IMG_1748.jpg
なんとホーンスイッチが綺麗に完全修理できた。
素晴らしい。押すとちゃんとホーンが鳴るよ。

ちなみにチョイノリのスイッチボックスは捨てずに、またパーツボックスに入れて置く。
もう使うところなさそうだけど、まだまだこれから何が必要になるかわからないしね(笑)

次に
IMG_1749.jpg
パーツリストを検索して、
まだ出るパーツをいくらか購入した。
ボルトやバネ、ブレーキシューなどはまだ買えた。
IMG_1751.jpg
前後ブレーキシューを新品にして、ブレーキワイヤのばねも新品に変更。
IMG_1752.jpg
フロントフォークが沈むときにキュッキュッと音がしていたので心配したが、
フォークには錆びなく大丈夫、CRC大量噴射で音は改善した。

次はリアサスペンション。
IMG_1733.jpg
前々から、なんか取り付け部位が変だなあと思っていた。
良く調べると
IMG_1735.jpg
下側に中央金属カラー筒が入っていなかった。
前オーナーが入れ忘れたのか?
ラバーブッシュが損傷している。
これは単独でパーツ出ないだろうなあ、ということでアマゾンで
IMG_1754.jpg
ラバーブッシュを購入して交換する。
あと、オークションでリアスプロケット緩み止めパーツを自作して出品している方がいたので、
購入。
IMG_1756.jpg
このパーツ。消耗品のクセに純正パーツが欠品で、
ボロボロになっていたけど、ムリクリ再利用していたのだ、
IMG_1757.jpg
リビルド品を作成して、しかも安価で販売してくれる方がいて本当によかった。
ありがたい(^^)
IMG_1760.jpg
これで、とりあえず今回の整備は終了、
いくらか綺麗になったぞ。
IMG_1762.jpg
交換できるパーツが見つかるたびに、これから少しづつきれいに仕上げ、
飾りとして、長距離作戦機体として、これからも運用していこう。

フォーゲル キャブの洗浄 調整

タンクが新しくなったフォーゲルだが、
キャブレターの調子が悪い。

キャブクリーナーで洗浄したのにオーバーフローしてガソリンがダダ漏れになる。
IMG_1625.jpg
洗浄してもオーバーフローってことは
油面が高いのかなあ?
そう考えてフロートのバルブ押し上げ金属を調整する。
IMG_1720.jpg
デプスゲージで測り、
ここの間が4.00mmだったのを少しずつ上げていく。
4.6mmになったところでオーバーフローは止まった。
IMG_1721.jpg
しかし、オーバーフローは止まったが、
いざ始動してみると、エンジンは何とかかかるが、
アクセルオンで全然回転数あがらずエンスト。
メインジェットがガソリン吸っていないようだ。

なぜだー?
そこで 油面をまた元に戻し、
IMG_1704_2020110213203359f.jpg
バルブシートをピカール金属磨き液を付けた綿棒でグリグリ磨いてみた。
するとフロートの金属を4.00mmの角度にしてもオーバーフローすることなく、
エンジンの調子も良くなった。
結局、キャブクリーナーの漬け洗いだけでは取り切れない汚れがバルブシートに付着していたのだろう。
IMG_1722.jpg
何度も開け閉めしていたキャブレターも、各所限界が来ていて、
取り付けネジのメネジがバカになっていて、ナットを併用した。
チョークが勝手に戻るようになってしまったので
チョーク機構を取り外して
IMG_1723.jpg
チョーク固定金属を癖付けして戻らないように調整した。
なんとか修理で来たぞ~
タンクが新しくなったので、今後はキャブレターを開けることは減るだろう。

フォーゲルはまだまだ直そうと思ったら直すべきところがちょこちょこあるので、
しばらくはこいつを直していこう。

あくなき錆タンクとの闘い03

錆取りがしっかりできたのに穴が開いたタンク…
呆然と立ち尽くす。
時間と労力をこれだけかけたのに~
(ただし費用は全然かけていない、これが救い(笑))

ここで撤退する気はない。
このタンクを使えるようにする方法はまだある。がんばれ俺。

穴あきタンクを修理する方法は3通り。
1、内面コーティングする
2、ハンダ付けして直す もしくは銀ロウ
3、溶接で穴をふさぐ
1は次錆びた時の対応がややこしくなるから避けたい
そして同じ鉄で完全に修理したいと思うので、溶接で塞ごうと考えた。
IMG_1724.jpg
1ミリ以下の穴なので点溶接で塞げるはず…
しかし、残念なことに、
IMG_1727.jpg
溶接途中にボンッと間の抜けた音とともに大穴が開いた(笑)。

以前、ドライバーで穴を開けてしまった時には溶接で塞げたのだけど、
ここら辺は穴が開くほどに腐蝕している部分、周囲の鉄板も薄くなっているのだろう。
サンダーで均して、さらに塞ごうと溶接をするが、
ある程度穴が小さくなったところで、またボンッ。
穴が広がるばかり…

自分の溶接機と技術では塞げなかった。
かくして穴塞ぎは断念した。

たとえ、穴をふさげたとしても、周囲の鉄板が薄くなりすぎているので、
これから他の部分にまた穴が開く可能性が高い。
やはり補修するとしたら、点で穴をふさぐのではなく、
コーティングで面処理するべきなのだろう。
でもコーティング剤もいずれ劣化して剥離してくるし…
できたら補修したかったのだが、あきらめよう。

そこでこのタンクをあきらめ、オクを徘徊して探したところ、
なんと長期保管していたというデッドストックの新品タンクの出品があった!
しかも色はオレンジ!
超珍しい出品物がこのタイミングでくるか?
これはサンポール神からの啓示だと感じ、
だいぶ高くなってしまったが…(滝汗)
IMG_1726.jpg
競りに競った挙句に手に入れた!
ニュータンク!
IMG_1725.jpg
入ってたダンボール箱もだいぶ年季が入っていて、
ボロボロと崩れていくほどだった。

タンク内部にはゴミが付着していたが、ガソリンで洗浄するだけで綺麗になり、
全く錆つきはなく、そのまま使用できた。
IMG_1728.jpg
これで不安点が解消された。
あと40年くらいは維持できるかな。

あくなき錆タンクとの闘い02

サンポール処理後に洗浄したら、まだ点錆あるので、さらに一晩。
合計2日間のサンポール漬けを行った。
内部観察をすると
IMG_1716.jpg
うつくしい…
見よこれがサンポールの威力だ(しかも使いまわしの中古サンポールで。)
タンク内部をくまなく見るが、どこにも錆はない。綺麗な地金が見える。
IMG_1717.jpg
内視鏡のおかげで、これまで見たことがなかった給油口の裏面などもみれる。
くまなく観察するが、錆びはほとんどなくきれいだった。

このままタンクを使用しても良かったが、
ネットの情報で、
錆取りの後処理として、コーティング以外にメッキという方法もあることを知る。
そこで、ネットに記事がある先人の経験を参考にして、
再度錆びないようにこのタンクに亜鉛メッキをかましていくことにした。
亜鉛メッキをしておくと、亜鉛がイオン化することで鉄の錆を防ぐらしい。
亜鉛は
IMG_1702.jpg
100円ショップで買った来たマンガン電池から取り出す。
IMG_1705.jpg
1個50円、やすいね。
IMG_1706.jpg
メッキ液はうちに大量にある塩酸液、サンポールを使う。
これを二倍希釈で使用。
IMG_1711.jpg
6Vのバッテリーのマイナス端子をタンクに接続し、
タンクにサンポールを満たし、
亜鉛にバッテリーのプラス端子を付けて、タンクに接さないようにタンク内部に入れていく。
すると
IMG_1710.jpg
シュワシュワシュワシュワ…
すごい泡が発生してくる。

塩酸の電気分解だから、タンク内面から水素ガス、亜鉛の表面からは塩素ガスが出ているんだろう。
整備小屋を開け放して換気をしっかりしつつ、作業を続ける。
亜鉛イオンは陰極のタンク内面に引き寄せられて薄膜として貼りつく…ハズ…。
泡がすごいのでコンプレッサーで泡を吸い取りながら、約30分、
バッテリーが過放電しないように充電しつつ 反応させたところ
IMG_1712.jpg
亜鉛が溶けてなくなっていた。
すごいね、
こういう風に効果が目に見えるのはすばらしい。
さらにもう一個、亜鉛を付けて、反応させ、
乾電池2個分の亜鉛を使用して終了とした。

ただ、タンク内面の変化は見てもよくわからなかったので、
本当にメッキされたのか、それともただ塩酸で亜鉛が溶けただけなのかは判断つかない。
たとえまだらに亜鉛が付着していたとしても、
ある程度の効果はあるだろうと考えて、これで終了とした。

綺麗なタンクを装着して、ガソリンを入れて、
さあ、修理完了だぞ!と喜んでいたら…
あれ?あれあれ?
タンクからガソリンが漏れとる!
IMG_1718.jpg
穴が開きました!!!!!

錆がすごすぎたのだろう。
度重なるサンポール処理でとうとう穴があいてしまったのだ。
ここまでだいぶ苦労してきたのに、この結果かよ~(泣)


あくなき錆タンクとの闘い01

こんにちは 
サンポール錆取り協会 会長のはちまるです。

さて、久しぶりに作戦投入しようとしたヤマハフォーゲル。
走り出すと調子が悪く、メインジェット詰まっているんじゃね?
しかもキャブからガソリンダダ漏れでオーバーフロー。
しらべてみると
IMG_1687.jpg
タンク内に錆が浮いていた。
コックにも詰まっている。

このタンク、2年前にサンポールで錆取りしたのだが、2年で再度錆びてしまったのか?
サンポール処理しても2年しか持たないのでは全然だめだな、と思ったのだが、
タンクをしっかり洗ってみると
IMG_1688.jpg
出てくるのは、錆と、こんな被膜だった。
しかもIMG_1690.jpg
タンク給油口から出せないほどの塊もある。
これは、前オーナーが施したタンクコーティング剤なのだ。

つまり、サンポールで処理した後のきれいな金属面に錆が出たわけではなく、
残っていたコーティング被膜がはがれて来て、
被膜の奥にあった錆が表面に出て来て錆がタンク内に溶けだしたのだ。

サンポール処理が2年もたないわけではないことがわかってよかったが、
このタンクをもう一度使えるようにするためには、
しっかりと被膜を全部はがし取らなくてはならない。
さらにしっかりとした錆取りをしていくことにした。
IMG_1695.jpg
現在剥がれてきているコーティング剤を取っていく。
キャップから出てこないほどデカいやつは、プライヤーなどで割ったり切ったりし、細かく砕いて出していく。
取れるは取れるは、たくさん出てくる。
これだから、コーティングはあまり好きじゃない。
錆びを目隠しするだけで、いずれ錆びてくるし、
錆びた時の錆取り処理が困難になるばかりだ。

コーティングを取りきるためには
どこまで取れたか、どこに残っているのか、
タンク内部を見れないと話にならないので
IMG_1700.jpg
今回、こんなものを購入。
モノタロウでかったのだが、内視鏡だ。
画質はあまり良くないが、最近の物は安く、1万円以下で購入できる。
タンクの隅々まで内面を全部観察して被膜を全部取り切っていることを確認していくのだ。
IMG_1699.jpg
タンク内を明るく照らし、直接観察すると、
被膜がはがれた所に錆がたくさん残っている。

被膜も残っているので、ピンポイントで長いドライバーでこそげ落としていく。
強固に貼りついてナカナカ剥がれないが、残しておくといずれ剥がれて、裏の錆が出てくるので、
がんばって全部剥がす。
IMG_1697.jpg
タンク裏面などは画像を参考にしていく。
ここは、周囲の被膜が取れたところに錆が見えていて、中央部にはまだ被膜が残っているところ。
画質が悪いが何とか状況はつかめる。

さんざん時間をかけてしっかりと被膜をすべて除去した、
IMG_1701.jpg
そしていつものサンポール処理を行う。
これで被膜に守られていた錆たちも蹂躙できるぞ(^^)
プロフィール

はちまる隊長

Author:はちまる隊長
バイクあそびの達人(自称)
CCJの大将してます
http://suzuki-choinori.com/index.html

訪問者カウンター
フリーエリア
バイク仲間を募集中!

チョイノリクラブジャパン→チョイノリで冒険をするチョイノリストの会

GRS林道部隊→原付で未舗装オフロードを走って野営する冒険部隊

GRS公道部隊→原付で長距離ツーリングを行う旅部隊

CCJオフロード部隊→エンデューロレースを楽しむレーサー部隊

CCJマラソン部隊→バイク仲間たちでマラソンを楽しむ部隊

参加希望ありましたら作戦告知記事にコメントください!
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

ムーミンの雑記帳&内緒のコメント用ブログ

埼玉の大ちゃん

santaの散歩

トモス・クラシック

フライングクロ

#88 新米感覚

イサチャンネル 13ch

ちょい乗り紀行

KSK@ばすのブログ

地平線

ちょいとチョイノリ(別館)

6畳間整備工場

さんちゃんとチョイノリ

セカンドライフを堪能
QRコード
QR