エアクリボックス補修

古いバイクだから、いろんなところが壊れている。
なんか整備ばっかりで乗れないよ。


今度はエアクリボックスなのだが

矢印のところが割れているのがわかるだろうか?
ボルトで留める時に力がかかるので割れてしまったらしい。
一度接着剤で補修していたのだが、どうしても力がかかるので、
接着程度では再度、割れてしまったのだ。

少し考えて

ウチに転がっていたホースバンドを

切って帯状のパーツを作り、
曲げて穴をあけた。
これで

装着!

これでエアクリボックスのふたを全体で押し付ける構造になった

割れた部分は、接着材での接着しかしていないが、
ここにかかる負担はもうないと思うので、割れることはないだろう

なんか不細工だがしかたない。

燃料計、やはりダメだ。

ロードパルSの燃料計を補修した。
何とか補修できたと思っていたのだが

なんとガソリンが入り込むようになってしまった。
分解時にカバーのカシメがうまくいっていないのと、
内部ゴムパーツの劣化があって、隙間ができてしまったのだろう。

例のごとく、タンクを全部外してずらして燃料計を外す。

振ったり、ティッシュで吸い取ろうとしたりするが無理。
これは分解が必要だな。

カシメは一度外したためにいびつになっている。
何度もつけ外しはしたくない場所なのに、もーー!!

何とか無事に外せた

ゴムパッキンを外してガラスを持ち上げて内部をパーツクリーナーで洗浄する。
ガソリンは全部出切って、きれいになった。
再度、組み立てて、
今度はガソリンの流入がないように

ホットボンドで隙間をふさぎつつ、
再装着したところ、

再装着の作業中にガソリンが再侵入したの図

もーー!!!
なんやねん。

やはり再カシメでは内部の密閉が得られない様子。
これを補修するのは不可能だわ。
メーターどこかにないかねえ。
だれか持ってないかな?

メーター補修

ワイヤーはモトコンポ用を使うとしても、
メーターの固着を何とかしないと話は前に進まない。

しかし~
メーターって裏側がプラスチックで封入されていて非分解パーツなのだよ。

メーターワイヤー挿入部分にCRCをこれでもかと吹き付ける。
それでも動かない。
メーター内部がCRCで満たされるほどに噴いたが固着がガッチガチだ。
仕方がない。開けよう。

裏側を破壊して分解してみる

出てきたパーツにCRC直噴するが、まったく動かない。
笑うほどに固い。なんじゃこれ。
仕方なく、さらなる分解をすすめる。
固定を破壊して

ここまでバラした。
左側のパーツの円盤が磁石だ。
これが回ると、右側のパーツの鉄のお皿を磁力で回転させ、メーター表示する仕組み。
この磁石側が固着していた

ここが原因ならば、
うちにあるロードパル用のメーターから、ここのパーツだけ取ってこようか?
と、ロードパルのメーターも分解した

で、同じパーツを並べてみる。
矢印の部分がガッチガチに固着している。
いくら衝撃を与えても抜けてこない。
ベアリングでも破壊されたのだろうか?
これを交換したら万事うまく…

いかなかった…
ロードパルS用のメーター証明の取り付け穴が、
ロードパル用にはないのだ。
ああ、全くうまくいかないもんだ。

ロードパルS用から

円筒パーツを抜いた。
これをロードパル用に移植しようかと思ったら、
穴をあけるスペースが、そもそもない。
だめだめだ

ということでロードパルS用のメーターを中古部品で仕入れることにして、
パーツがくるまで分解状態のロードパルSは洲本城作戦には参加できないのであった…
試運転しなきゃよかった!?

メーターが動かなくなった原因検証

メーターが動かなくなった原因。
まあ、ワイヤーが切れたからでしょうね。
(本当は違う。原因と結果を違えとる、後悔さきにたたず~)

ワイヤーを外していこう

メーターギア側はプラスネジをはずしたら抜けるよ。

メーター側はキーボックスを前と

後ろを外して裏返したら

接続部発見。
ここを回して抜く。

メーターギア側を引っこ抜くと

中からポロリと断端が出てきた。

ワイヤー側はこんな感じ。
ネジ切れたって感じじゃないな。

これ、差し込むだけでいけるんじゃね?

挿し込んでペンチでしっかりカシメてから、
再装着、
前輪を回すと…
即、ワイヤーが外れてメーター動かない…

あらあら。
もう一度

今度は万力でしっかりカシめて…

でもだめ。
前輪回すとすぐに接続部が外れた。

ここで、接続部がすぐに外れてしまう原因が、ワイヤー以外にないかどうか
それを検証するべきだったが気づかなかった。
外れるのはワイヤーの接続が弱いからだと決めつけて
ここを溶接したのだ。
すると、溶接すると金属ってゆがむのよ。
接続はできたものの、軸がゆがんでしまい

使い物にならなくなってしまった。
ペンチで軸を修正しつつ追加溶接しようとしたら、これって細いワイヤーの集合体だからね…
溶け落ちて切断してしまった…
修復不可能~

仕方がない

長さは違うがモトコンポのメーターワイヤーが一個余っているのだ。
これを使って終わりにしよう。

装着して、前輪を回すと…
ワイヤーがねじれた!!
なんでやねん!

ここでハタと気が付いた。
ワイヤーがねじれ、そして切れ外れたのは、
メーターに原因があったのでは!?

調べてみたら

メーターがガチガチに固着していた。
全然回らん。ペンチで回しても回らん
なんじゃこれ。

これですべての現象の説明がつく。
メーター側が全く回転しない状態で前輪が回ったので、
ワイヤーに負担が来てネジレてしまい、弱いところで外れたのだ。
そして
何度カシめて補修してもメーター側が動かないからすぐに外れてしまっていた。
ああ、溶接する前に気づいていたらワイヤーを無駄にせずに済んだのになあ
ってか、普通に回っていたメーターが、
走行中にこんなにガチガチに固着するってあんた、そんなことあんの!?

道の駅 御津まで試験走行、そして被弾

今週末の洲本城攻略作戦のため、ロードパルSの試験走行を行った。
思い立って、いきなり出かけたので何の準備もできていないまま出発した。
防寒装備も貧弱だったので、この機会にユニクロに寄る。

ユニクロでダウンジャケットとグローブを買う。
安いので助かる。
この冬はこれで大丈夫だ。

ユニクロの位置が国道250号線沿いだったので、このまま道の駅 御津の方面へ進んだ。
海岸沿いの信号のない快適なクネクネ道なのでライダーに人気の経路。
走っていると、最高速度50km/h程度でなにやら速度が頭打ちになる。

全然工具を持ってきていなかったのだが、
いつも常備しているキーホルダーがレザーマンのwingmanなので、
こいつでプラスねじは外すことができる。
エアクリーナーボックスを外してみる

ここまで外して走ってみると、
最高速度域での頭打ちがなくなり、
下りではメーターを振り切るまで速度が出る。
エンジンも回り切っている音になって快適になった。
なるほど吸気抵抗が原因か。
エアクリーナーボックスの内部構造をよく見ると、
ボックス内のダクトがフィルターに接していることが判明した。
ずらして離し、ボックスを再装着したらうまくいった。エアクリ装着状態でも快適な巡行が可能になった。

走行しているうちにバッテリーの充電もできたようで、停車中でもちゃんとウインカーが点滅するようになった。
完璧じゃないか!圧倒的じゃないか!わが軍は!
これで洲本城作戦も問題なく参戦可能だぜと思いながら帰宅していたら、
急にメーターが動かなくなった。
なに!!!

見てみると
なんと

メーターワイヤーがねじれとる!!

なんでこんなことに!

ねじれを元に戻す。
内部ワイヤーが切断されているようでメーターが動かなくなってしまった。
ああ、洲本城作戦までに修理できるだろうか…
いそげ!俺!

プロフィール

はちまる隊長

Author:はちまる隊長
バイクあそびの達人(自称)
CCJの大将してます
http://suzuki-choinori.com/index.html

訪問者カウンター
フリーエリア
バイク仲間を募集中!

チョイノリクラブジャパン→チョイノリで冒険をするチョイノリストの会

GRS林道部隊→原付で未舗装オフロードを走って野営する冒険部隊

GRS公道部隊→原付で長距離ツーリングを行う旅部隊

CCJオフロード部隊→エンデューロレースを楽しむレーサー部隊

CCJマラソン部隊→バイク仲間たちでマラソンを楽しむ部隊

参加希望ありましたら作戦告知記事にコメントください!
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

ムーミンの雑記帳&内緒のコメント用ブログ

埼玉の大ちゃん

santaの散歩

トモス・クラシック

フライングクロ

#88 新米感覚

イサチャンネル 13ch

ちょい乗り紀行

KSK@ばすのブログ

地平線

ちょいとチョイノリ(別館)

6畳間整備工場

さんちゃんとチョイノリ

セカンドライフを堪能
QRコード
QR