ロードパルS チョーク整備

ロードパルSのチョークの調整をする。
IMG_1111.jpg
ヘッドにある温度感知センサー部を外して、
IMG_1113.jpg
カバーを外すとバイメタルが出てくる。
バイメタルと軸を固定しているナットが回すことができるので、
時計回しに締め込む。
すると
しっかりエンジンが温まるまでチョークが長く効く…はずだ。

あと
IMG_1115.jpg
キャブもばらして、チョークの経路を改めて洗浄しておく。
IMG_1116.jpg
チョーク用のガソリン溜まりは上にある穴だ、
そしてメインのガソリン溜まり部分からガソリンが流入するであろう真鍮ノズルがみえるが、
ここをしっかり洗浄する。
全くつまりはなさそうだ。
IMG_1117.jpg
チョークの吸い出し口は左下の棒。
ここが
IMG_1118.jpg
二個のチョーク吸い出し口につながっているが、
ここも全然詰まっていなかった。
キャブレターのチョーク経路に問題なし。

あと気になるのが
IMG_1119.jpg
インマニに吸い込む経路の1番チューブがやや裂けていること。
ここも交換していく
IMG_1122.jpg
でけた。
IMG_1123.jpg
これで組んでいくが、
何度もキャブレター周辺を開け閉めしていたため、
IMG_1124.jpg
キャブレターカバーのボルトとめる穴が損傷してしまった。
あちゃー!
古い車体なのでなかなか部品も手に入らない。修理しましょう。
IMG_1127.jpg
金属板を切ったり穴開けたりして、本来の穴部分に装着用ステーが来るように調整。
これでしっかり締め込んでも損傷しない金属装着部が完成した。
IMG_1167.jpg
あと、リアボックスをつけていることで、
ガソリンタンクにはアクセスできるが、
オイルタンクにはアクセスできないようになっている問題を解決しよう。
IMG_1171.jpg
幸いにもGIVIのボックスは基台から簡単にボックスを外せるので、
ボックスを外した時にオイルタンクにアクセスできるよう、基台を一部削って穴をあけた。
これでオイルがいつでも補給できるようになった。

ここまで整備して試運転。
しかし、やはりチョークの効きがいまいち。
冷間時には少しアクセルを吹かしておかないと止まってしまう。
少し走ればエンジン温まって何の問題もなく走れるので、通常利用には問題ないんだけどねえ、
なかなか完璧整備状態にはいかないな~


オートチョーク機構の調査 ロードパルS

ウチのロードパルSは始動はうまくいく。
しかし、
しばらくするとチョークの機能が弱まってアイドリングが下がり、
そのままエンジンが止まってしまうのだ。

アクセルを吹かしながらエンジンが止まらないようにしていると、
しっかりエンジンが温まって、いずれ普通にアイドリングして、普通に走れるようになるので、
エンジンが「少しだけ温まった時」だけ不調なのだ。

キャブレターのエアスクリュやアイドルスクリュの調整をしてみたけど、
「少しだけ温まった状態」で好調を維持しようとすると、
しっかり温まった時にアイドリングが高くなりすぎるのでダメ。
キャブのスクリュが原因じゃない。
これはチョークがうまくいっていないのだろう。
チョークの効果が長続きせず早期に終わってしまっているのが問題ではないだろうか?

ウチのロードパルSはオートチョークなので、
寒冷時には勝手にチョークがかかっている…はずなのだが、
どういう機構・仕組みで行われているか全然知らない。
ネット検索してみるが、全然情報が見つけられなかった。

そこで、自分で実機を分解して機構を調査してみることにした。
IMG_1093.jpg
エンジンヘッドに何やらボックスが付いていて、そこから3本に分かれるブラスチックパーツあり、
そこから配管が出ている。
IMG_1094.jpg
おそらくここでエンジンの熱を感知しているのだろう。
IMG_1096.jpg
配管には1、2、3とナンバーが書いてある。

そのうち、
1番は
IMG_1098.jpg
キャブレターからエンジンに入るインテークマニホールドにつながっている。
ここはエンジンの吸入負圧がかかっているはずだから、
1番ホースはマニホールド側に吸われる流れがあるはずだね。

2番と3番は
IMG_1097.jpg
こんな感じ。
2番はそのままキャブレターにつながっているが、
3番はエアクリーナーボックス裏に装着されて下部に大気開放穴がある部分を経て
4番ホースとなり、4番ホースがキャブレターにつながっているのだ。

ややこしや~

どういう動作原理なのだか全くわからん!
さらに分解して役割を分析しよう。

IMG_1102.jpg
ヘッドから箱を外してみる。
IMG_1103.jpg
箱を開けてみると、こんな感じになっていた。
見て、ああ、これバイメタルの反りを利用した温度検知機構だなとわかった。
箱内部の板が温度が上昇することによって反り返り、それで何かを動作させる、のだろう。
IMG_1105.jpg
バイメタルの反りにつられて動くであろうパーツを外してみる。
ばねの中にある軸。これが動くぞ。
なるほど、
ではバイメタルの反りによって中央軸が動くことで、
1.2.3が開いたり閉じたりするのではないだろうか?

中央軸を押したり引いたりして息を吹き込み、各管腔の状況を確認してみると、
軸をしっかり引いているとき→1-2がつながっている
軸を少しづつ押し込んでいくと→1-2-3がつながっている
軸を最後まで押し込む→1が完全に閉塞している

フムフム
IMG_1106.jpg
組んでみて、
バイメタルにドライヤーを当てて熱する。
すると、
冷時 軸がしっかり引かれていて→1-2がつながっている
暖時 軸を少しづつ押し込まれ→1-2-3がつながっている
熱時 軸が最後まで押し込まれ→1が完全に閉塞している
ということが分かった。
つまり
エンジンの熱によって中央軸が徐々に押し込まれて行って、
1のインマニ負圧が
最初2番チューブでキャブから追加燃料を吸っていたものが、
徐々に3番チューブから薄いものを吸うようになり、
最終的には1が閉塞して吸いが停止される。

のだろう。
図に書きながら調査していたので、最終的に
IMG_1108.jpg
こんな図がかけた。

ちょっとツイッターに出してみようかな、と、
この絵をツイッターに出して「これわかるやつ天才」って書いたら、
クロちゃん、赤目さんとかが瞬殺で即答。
あらら、最初からクロちゃんに聞いたらよかったぜ。まあいいや。
IMG_1109.jpg
そして組んで終了。
オートチョークの機構が良く理解できてよかった(^^)。

で、この記事を書きながら写真を見返していたところ、いまさらながらに気づいたのが、
可動中央軸、ネジが切ってあるね。
ってことは…
中央軸の固定ナットを締め込んで、中央軸の「熱により押し込まれる」タイミングを遅らせれば、
チョークが効いている期間を延ばすことができるじゃないか!?
(つまりしっかりエンジンが温まるまでチョークを効かし続けられる)
分解調査するだけで満足して終了してしまったぜ。

後日、また分解して調整してみよう~


ロードパルS スポーク修理

淡路島作戦を無事走り切ったロードパルSだが、
帰宅してから後輪周辺を確認していくと
IMG_0756.jpg
スポーク折れとるやないかーーい!
なんかふらふらすると思ったぜ。
この状態で200kmもの長距離旅をフルスロットルでかけぬけたロードパル。すごいな。

一本切れるとほかのスポークにも負担が来るので、
ほかにも折れてないか確認したら
やはり折れている
2本折れだね。

さすがにこのまま運用するわけにもいかないので、
パーツが手に入るかどうかチェックしてみたところ、
オークションで純正部品の出品があった。しかしながら一本600円ほどもする。
IMG_0754.jpg
ロードパルのスポークは1ホイールあたり28本あり、
今回はたまたま2本が折れたが、ほかのスポークも同じだけの経年劣化があるので、
いつ折れてもおかしくはない。
できたら全張替したいが…全張替にかかりますご予算は~
単純計算600×28本=16800円
ありえん。
そこで、さらに代替品がないか探したら、ロードパルに使用できるという社外品28本セットが3500円であった。こいつを買うことにしよう
IMG_0758.jpg
で、届きましたよ28本セット。
安く手に入ってよかった…
というのも束の間、
IMG_0759.jpg
いきなり長さが違うことが判明して膝から崩れ落ちる俺。
まじでか。
まあ、実はこのスポークは前輪用で後輪流用可能との記載だったので想定内ではある。
切ればいいんだから、何とかしよう。
短いよりはよかったぜ。
サンダーで少し切って長さを合わせてはめていくが、、、
実は頭の部分の曲がり元が短くて、少しきつい…あらあら。

本来なら28本全部を交換しようと思っていたのだけど、
なにやら装着にきつさがあるので、仕方なく折れた二本のみの交換とした
IMG_0761.jpg
張りなおしたホイール、これでぐらつき解消だ。
IMG_0760.jpg
車体に装着してホイールの振れを修正していく。
二本のみの入れ替えなので大きな修正なく微調整で完了。
IMG_0762.jpg
この機会にスポークを全張替して綺麗になるなと思っていたのに残念だ。
補修用スポークはあと26本もあるので、今後は前後ともにいつ折れても安心だね。
まだまだ走れそうだ。
しかし
IMG_0757.jpg
後輪タイヤは限界に近い、
ってか限界超えとるか。

2.00-14のタイヤがもう生産されていないのでこまりもの。
もしかしたらハマるかもしれない2.25-14とかいうタイヤがオークションに出ていたのだが、
ある時突然 出品停止になっていまだに買えない状態になっている。
これは中国のコロナウイルス肺炎で輸入が途絶えたのかな?
などと想像しているが、
また出品されたら買ってみることにしようっと。

ちなみに、
淡路作戦での周期的異音はキャブレタードレンホースが後輪に接触・干渉していた音でした。
また後輪アクスルシャフトのナットはしっかり締め付けるとコッタピンの差し込み穴がもう一つ先の穴に装着できることがわかり、どうやら締め込み不足のまま一つゆるい穴にコッタピンを入れていたためのゆるみだったようだ。

ロードパルS維持整備

古いバイクは常に何等かの不具合をかかえている。
うちのロードパルSも、細かいことを言えばいろいろ問題がある。
メーターが正確な速度を指さないとか、タンクパッキンが弱くてガソリンが漏れているとか。
DSC_0085_20190526182840436.jpg
それでも走行には問題ないので、日常利用している。
古法華公園でのデイキャンプくらいの積載なら軽々。
リアだけでなくフロントにかごがあるから積載能力は余裕だ。
DSC_0087_20190526183014338.jpg
コンパクトにまとまる机を買ってみたが、
天板が布なので安定が悪く、特にバーナーなどは熱放散で溶けないかひやひやする。
DSC_0088.jpg
デイキャンプでのんびりしつつロードパルSの整備箇所について検討する。
とりあえず、ガソリンタンクのパッキンからガソリンが漏れてくるのを改善させようかな。
DSC_0096_20190526183238b2f.jpg
定期的に大分解をするバイク。
これはこれで分解おもちゃとして楽しい。

DSC_0095_20190526183417df2.jpg
タンクの燃料残量計パッキンがヘタッている。
耐ガソリン性のあるゴムをサイズを合わせて切り出し、挟もう。
タンク内部に軽く錆が発生していたので、錆とりと洗浄もして組む。
DSC_0097_201905261835284e2.jpg
ガソリン漏れが改善し、燃料残量計の動きも問題なし。
メーター内へのガソリン流入も改善して補修完了した
DSC_0098_20190526183624e78.jpg
うまくいったよ。

次はメーターかなあ。

ウインカー球 破損

修理完了!
と思って、ロードパルを格納庫に回送しようと思ったらウインカーが点かない…
アリーー

フロントの左右ともつかないのでおかしいなと思ったら

ウインカー球が見事に破損。
左右とも破損しているのはガチャピン君()の転倒による衝撃か…

いや待てよ。
そういやフロントステーを修復するときに金槌でシバいた時の衝撃はハンパなかったはず。
ああ、ウインカー球を外してから修理すべきだったなあ
そこまで気が回らんかったワイ。

予備ウインカー球に交換して修理完了した

プロフィール

はちまる隊長

Author:はちまる隊長
バイクあそびの達人(自称)
CCJの大将してます
http://suzuki-choinori.com/index.html

訪問者カウンター
フリーエリア
バイク仲間を募集中!

チョイノリクラブジャパン→チョイノリで冒険をするチョイノリストの会

GRS林道部隊→原付で未舗装オフロードを走って野営する冒険部隊

GRS公道部隊→原付で長距離ツーリングを行う旅部隊

CCJオフロード部隊→エンデューロレースを楽しむレーサー部隊

CCJマラソン部隊→バイク仲間たちでマラソンを楽しむ部隊

参加希望ありましたら作戦告知記事にコメントください!
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

ムーミンの雑記帳&内緒のコメント用ブログ

埼玉の大ちゃん

santaの散歩

トモス・クラシック

フライングクロ

#88 新米感覚

イサチャンネル 13ch

ちょい乗り紀行

KSK@ばすのブログ

地平線

ちょいとチョイノリ(別館)

6畳間整備工場

さんちゃんとチョイノリ

セカンドライフを堪能
QRコード
QR