フォーゲル オイル漏れ~

フォーゲルの下に何やらオイルの垂れた跡が…
あらあら。
さっそく、もとをたどっていくと、どうやらオイルポンプから漏れている様子だ。
IMG_0414.jpg
オイルポンプはエンジン右側のここにある。
プラスネジを外すと
IMG_0415.jpg
オイルポンプを発見した。
そしてみてみると、下にたくさんのオイルの漏れがあった。
ここで間違いない様だ。

エンジンを始動させてみると、オイルポンプの中央軸が上下に動くのだが、
何故か動かない。
上のストッパーワッシャを外して、動くようにしたところ、
動くたびに中央軸の可動部からオイルが漏れてくる
これは内部パッキンがダメになってるね。
チューブ類の交換だけでおさまるかと思っていたけど、これは強敵かも…

いろいろ調べてみると、フォーゲルのオイルポンプはパーツリストでは非分解表示なので、
内部パーツは手に入らないし、オイルポンプ一式のパーツナンバーを調べても、もう生産終了で純正では手に入らない。
そして代替品も調べたが、販売はなかった。
しかし、同じヤマハのバイクでオイルポンプの内部ゴムシールを売っている車種がある。
見れば見るほど同じ形なので、これは合うだろうということで、
買ってみることにした。
IMG_0416.jpg
オイルポンプを外して分解していく。
消耗部品だけを交換するってのは、ゴミは減るし工作がたのしめるからいいねえ。
IMG_0417.jpg
内部構造はこんな感じ。
中央軸がエンジンの駆動力をひらってピストンのように上下し、
そのポンピング機能でオイルを送り出す仕組みだ。
アクセルに合わせてポンピングのストロークが伸びるようになっていて、オイル量を調整している。
IMG_0418.jpg
買ったのはこれらのオイルシール。
大と小。
フォーゲルのオイルポンプを直そうという人がいるかわからないが、
もしかして今後、修理したい人のためにパーツナンバーを記す。
93104-14059 大きい方
93104-04114 小さい方
IMG_0419.jpg
これらはここにハメる。
組んでいくときのコツだが、
中央軸に刺さっているピンをオイルシール大にひっかけないように通して、
ピンがちゃんと溝にはまっていることを確認しながら組む。
ここを確認しないとオイルポンプがしっかり閉まらないし、
無理やり閉めるとオイルシール大がひん曲がるので注意!
IMG_0420.jpg
オイルポンプの隙間やオイルポンプ接続部からオイル漏れしたら悲しいので、
この機会にちゃんとガスケットを交換しておく。
86A-13142-00  オイルポンプのガスケット
126-13116-01  オイルポンプをエンジンに装着する場所のガスケット

組んでいく。
IMG_0429.jpg
完成。

しばらくはオイル供給がされないので、オイルポンプの空気抜き穴を開けてオイルが溢れてくるまでまち、その後オイルチューブを外し、
混合ガソリンでエンジンをアイドリングしながらチューブからオイルが出てくるまで待った。

しかし、全然出てこない。
なんでだろう。
いろいろ検討したが、やはりアイドリングではオイルポンプ中央軸がポンピングしていないのだ。
ってことは、これまでアイドリングではオイル供給されていなかったということ。
幸いにもアクセルオンでオイルポンプ吐出量調整ダイヤルが回ってポンピングしだすので、
これまではアクセルオンでのオイルが何とか焼き付きを防いでくれていたようだ。
長時間アイドリングしていたら焼付いていたかもしれん。

いろいろ調べてみた結果、
アイドリングでの基本吐出量を確保するシムが足りなかったためだった。
シムを一枚増やして、吐出するようになった。
IMG_0432.jpg
これがオイルポンプ、
赤線で示した隙間。
この分だけ中央軸が上下してポンピングする。
アクセルを開けると青矢印のようにダイヤルが回りながら下に行くので、
ポンピングのストローク(赤線の間)が伸びて吐出量が増える仕組み。

写真はアイドリング状態でダイヤルが全く動いていない状態だが、
この状態での赤線の隙間があるように調整ないといけない。

純正では水色と黄緑色のシムが入っていて、隙間を確保しているのだが、
この車両では隙間が全くなく、緑線のワッシャを追加で入れて隙間をつくったのだ。

こうなった原因は、ピンク丸のストッパーピンの側面がすり減り、
ダイヤルが上に上がってしまったためと考えられた。

時間かかったし、苦労したけど構造がわかって、しかもうまく解決できてよかった。

IMG_0426.jpg
あと、今回の純正パーツ注文に合わせて、
ギアオイル投入口のOリングと
IMG_0427.jpg
タンク固定用のゴムブッシュなど、
まだ手に入る消耗パーツを交換しておいた。
あと、
IMG_0433_20190807150247c45.jpg
すり減って溝がなくなっていたリアタイヤも交換する
IMG_0434.jpg
完成。

砂丘作戦ではハイエースにチョイノリ二台(キタさん ふぁんふぁんさん)バイク一台(はちまる)と大人3人を載せなくてはならなくなり、
サイズ的にベスパを積めなくなったので、ウチで一番小さいフォーゲルが参戦することになった。

ハイエースのオイル交換 フィルター交換

最初は1000km位でしなきゃいけないんでしょうが、
のびて5000kmでの交換になりました。
IMG_0376.jpg
車体を上げるべくスロープ法を使おうと思ったら、スロープが滑って動いちゃうので登れない。
ジャッキアップは危ないし、ウマかませようかなあ。
と思っていたら、ハイエースってけっこう車高が高いことに気付く。
試しに入り込んでみると、なんの工夫もなくそのまま車体下に潜り込めてしまった。
痩せてよかった~♪
IMG_0378.jpg
ドレンボルトの位置も
IMG_0379.jpg
フィルターの位置もすぐにわかった。

オイルを抜いてから
IMG_0381.jpg
フィルターレンチでフィルター交換、
ハイエースはTO-134というフィルターが合う。
IMG_0384.jpg
この車、ボンネットがない。助手席を開けたらエンジンが出てくるのだ。
適正量までオイルを入れたら入る入る
いくらでも入っていくオオ食らいなエンジン。
IMG_0387.jpg
結局5.2Lも入った。すごいねえ
うちのは ガソリン車 1TR-FE
オイル交換時4.9L  フィルター交換時5.2Lらしい。

次は10000kmで交換だね~

Vストローム オイル交換フィルター交換

現在、小豆島作戦・神宮作戦の参加募集をしております
(~2019.07.20まで)
詳しくは下記を参照してください。
https://hachimaru93.blog.fc2.com/blog-entry-3566.html


Vストロームの使用説明書で簡単な整備の項目を読んでいたら、
初期のオイル交換は1000kmと書いてある。
もう1300kmも走ってしまった。

早速交換を行う。
DSC_0140_20190612215812265.jpg
この車体はセンタースタンドが付いているから整備がしやすい。
DSC_0139.jpg
エンジンガードを留めている左右4か所のボルトを外す。
12mm×2本 と 14mm×2本。
DSC_0141.jpg
そしたら17mmのドレンボルトを緩めて
DSC_0142.jpg
オイルを排出する。
1300kmしか走っていないので、オイルは非常にきれい。
まだ使えるんじゃないかなあ、と貧乏性なので もったいない気がする。
DSC_0143.jpg
つぎは奥まったところにあるフィルターを外す。
専用のフィルター外しカップがあればいいのだけど、
そうそう交換するわけじゃないのに専用工具を買うのがもったいない
(フィルターは3回目のオイル交換時に交換らしく、次は15000km走行後とのこと)
DSC_0144.jpg
そこで、うちに転がっていた汎用フィルターレンチで外す。
工具を入れる隙間が狭すぎるので、非常にやりにくいが仕方ない。
DSC_0146.jpg
無事に外れた。
ぽたぽたと落ちてくるオイルがマフラーにしたたるので、パーツクリーナーできれいにしておく。
DSC_0148.jpg
フィルターはネットでさがした。
Vストローム250に使えると書いてあったが、この商品に貼ってある適応車種表には載っていないという不安な買い物だった(-_-;)
幸いにもサイズは合っていた。まだ新しい車種だから載っていなかったのかも。
DSC_0150.jpg
車体右側のオイル注入口からオイルを入れていく。
点検窓には2100mlと書いてあるので、だいたい2Lを入れて、
DSC_0151.jpg
3分間アイドリングして、
3分放置して、点検窓をみると、やや足りないかんじ。
100ml入れて、合計2100mlでちょうどになった。ばっちりだね。

今後は5000kmでオイル交換、15000kmでフィルター交換らしい。
DSC_0152.jpg
これまでバイクは3000kmで交換にしていたんだけど、
整備書が5000kmでいいと言ってくれるのは助かるね。


ベスパGTS250ie バッテリー交換

現在、小豆島作戦・神宮作戦の参加募集をしております
(~2019.07.20まで)
詳しくは下記を参照してください。
https://hachimaru93.blog.fc2.com/blog-entry-3566.html

いちど上がってしまったベスパGTS250ieのバッテリーだが、充電してからは調子が良く、
全くトラブルなくセル始動ができている。

しかし、この車体はバッテリーが上がるとまったく始動できなくなる。
原付はキックスターターが付いているし、Vストロームなどは走り掛けという方法もあるのだが、
スクーターなので、キックもなければ走り掛けもできないのだ。
なので、出先でセル始動を失敗すると悲劇になるし、何より怖くて遠出ができない

そこで、まだ旧バッテリーは使えているのだけど交換することにした、
DSC_0135_20190612215131d41.jpg
また台湾のユアサバッテリー。
TYTX-14 BS
というやつ。
日本製よりは安いが、それでも6980円もする。
高いなあ
DSC_0136_2019061221542594b.jpg
硫酸液を注入して、
しばらく置いてから初期充電をして、交換を済ませた。
交換後はセルの周りが力強くなり、これで遠出しても安心だ。

3年以上は持ってほしいものだ。
それまでベスパを維持しているかどうかわからんが…


一人小豆島偵察作戦 Vストローム250

一日、急に空いた~
最近こんなのばっかりだが、せっかくの休日、充実させようではないかと、
急遽、小豆島へ下見に行くことにした。
計画は下記地図の通り
無題
Vストローム250に乗り姫路港へ
IMG_0086.jpg
久しぶりの姫路港だ、前回の小豆島作戦以来だね。
IMG_0087.jpg
ちょうどフェリーが到着するころに来たので、時間が無駄にならなくてよかった。
本番の小豆島作戦の一便遅れの船なのだが、
Vストローム250なら、原付作戦の予定時刻に追いついていけるだろう。

この便は比較的すいていて、
IMG_0089.jpg
テーブルボックス席でゆっくりすることができた。
船の旅は1時間40分。
長いが、小豆島での経路を検討したりバイク整備の用具購入をしたりして時間を過ごした。
ほとんど全線にわたってdocomoの電波が入ったのがありがたい。
ネット通販も問題なくできたぞ。

本番では、この時間を利用して、お茶菓子つまみながらで。カフェをしようかと思う。
ちなみに船内にうどん屋があるので、ちょっとしたお菓子とかも買えるよ。
IMG_0091.jpg
船が小豆島に着く。
島は本土と違って田舎っぽくのんびりしているので、旅をしている感じが強くなる。
ゆっくりしているだけで現地着なんていいね。
IMG_0092.jpg
船のゲートが開き、
Vストロームで国道を南下して第一目的地へ向かう。
IMG_0093.jpg
いきなり懐かしの木原食堂があった。
この日も営業しているようで、おばちゃんも元気でいるのだろう。
予定経路には入っていないが、
もしまたフェリーに乗り遅れるようなことがあったら、お世話になろう(アカン!)
IMG_0095.jpg
展望台で少々休憩してから、さらにすすむ。
腹が減って仕方がない、もう13時だ。

草壁港まできて
IMG_0096.jpg
ネットで見つけたうどん屋「三太郎」に入る。

店構えを見たときは大丈夫か?と思ったが、
注文した生醤油うどん、これがめっちゃうまかった。
さすが讃岐、うどんのコシが違うし、しょうゆのうまさがグイグイ来る。
しょうゆのかけすぎに注意してといわれたが、濃い味が好きなので、ガンガンにしょうゆかけた。
ああ、うまい!
これは夕食にもここにもう一度来よう!!!
と思ったほどなのだが、
じつはここ、14時で閉店なのだ。残念。
また食べたい。小豆島作戦本番が待ち遠しいぞ!

食後は、これまでの進路とは違う24の瞳エリアへ向かう。
IMG_0097.jpg
進路上にしょうゆ記念館としょうゆソフトの店があるので、
ここは外せないでしょう。
バイクがたくさん来ていた。

ここから24の瞳エリアへは海岸沿いの快適な道になる。
適度なワインディングロードを海と空の青さを堪能しながら走る。
サイコーですな。
IMG_0099.jpg
24の瞳映画村まで来た。
海が近くて泳いでいる小魚を見つつ休憩する。

映画村は入場にお金がいるし、
ゆっくり観覧するには 限られた旅の時間がもったいないので、
ここはお土産屋などを散策したり海岸を眺めたりする休憩としよう。

元来た道を引き返して、小豆島西方向へ走る。
そして
IMG_0100.jpg
道の駅 小豆島ふるさと村に来た。
ここでもソフトがあり、
IMG_0101.jpg
すもも味だ。
しょうゆソフトよりこっちのほうがうまいぞ。

ここまでが小豆島の海岸沿いの道だが、
ここからは寒霞渓に向かうべく山道チャレンジになる。
原付作戦ではここからが苦行!?
県道27号線を山登りしていく。
坂がけっこうきついところもあるが、まあ登れないことはないだろう。
途中に何度も野生のサルをみた。
IMG_0102.jpg
展望台が何か所かあるが、
ここよりも
IMG_0108.jpg
こちらの展望台のほうがよく見えるし、座るところもある。
本番ではこっちでカフェにしようかな。
少し行くと
IMG_0106.jpg
寒霞渓のお土産屋さんに着く。

寒霞渓って、結局は崖地形のことなのだが、
本当に観光しようと思ったらロープ―ウェイに乗るべきだと思う。
山頂からはあまり見えないのだ。
でも時間もないしロープ―ウェイなどのらん!
北側の道を山下りして、最終目的地の
IMG_0109.jpg
残石記念公園に来た。

さすがVストローム250、ここで原付旅の予定時刻に追いつき、
帰宅のフェリーにちょうどな感じになってきている。
記念館は本番で楽しむことにして、すぐに福田港に戻る。
IMG_0112.jpg
そしてばっちり時間通りに帰宅することができた。

原付作戦でもこの経路を走りますよ。
総走行距離は90km前後で、短距離だけど、
フェリーの時間が決まっているのと、山登りに苦戦することも考えられるので、
余裕を持った行動をしていこうと思う。
また生醤油うどんが食べられるのがたのしみだぜ♪(^^)

プロフィール

はちまる隊長

Author:はちまる隊長
バイクあそびの達人(自称)

訪問者カウンター
フリーエリア
バイク仲間を募集中!

チョイノリクラブジャパン→チョイノリで冒険をするチョイノリストの会

GRS林道部隊→原付で未舗装オフロードを走って野営する冒険部隊

GRS公道部隊→原付で長距離ツーリングを行う旅部隊

CCJオフロード部隊→エンデューロレースを楽しむレーサー部隊

CCJマラソン部隊→バイク仲間たちでマラソンを楽しむ部隊

参加希望ありましたら作戦告知記事にコメントください!
カテゴリ
TOP (1)
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

ムーミンの雑記帳&内緒のコメント用ブログ

埼玉の大ちゃん

フライングクロ

#88 新米感覚

イサチャンネル 13ch

ちょい乗り紀行

KSK@ばすのブログ

地平線

ちょいとチョイノリ(別館)

6畳間整備工場

さんちゃんとチョイノリ

セカンドライフを堪能
QRコード
QR