Vストローム巨大スクリーン

前回の長距離旅でVストロームがさらに気に入った。
長距離でも快適に走れるし取り回しもよい。
荷物積みまくれるし、航続距離も500km。
これは長く乗りたいものだと思ったので、快適装備を拡充することにした。
まずはフロントスクリーン。
DSC_0083.jpg
Vストロームの純正フロントスクリーンは小さいのだ。
本当にただの飾り程度。
そこでネットで検索すると、大きな社外スクリーンは
キジマのものと旭風防のものがあるようだ。
どっちがいいのかわからないが、とりあえずキジマのものを買ってみた。
DSC_0084_202003221549380d2.jpg
取り付け方は超簡単。
ただただ順番通りにステーとボルトを取り付けていくだけだ。

これでだいぶ風防の高さが高くなった。
DSC_0085_20200322155049013.jpg
しかしながら、実際 走ってみると結構風を感じる。
ベスパGTS250ieの風防に比べてあまり効果ないような…

原因は
DSC_0086_20200322155153e9e.jpg
風防が前方にオフセットされていて隙間が多いため、
あと風防の上部分がVの字型にカットされていて、
肝心のライダーの正面が凹んでいるころだろうか。

せっかくならここらへん、もうちょっと風防効果のある形状にしてほしかったが、
まあスクーターと違って少しは風を感じて走ろうよ
ということかな。
実際の使用感はまた次の旅で検証だ。

Vストロームで温泉旅。

今度はVストロームで温泉に行くことにした。
一人旅~。

この日は平日なのだが、昼から休みで、
しかも明日が休日といういいタイミング。
家族の許しを得て気楽な一人旅へGOだ。
DSC_0065_20200322152407729.jpg
まずは洗車場へ。
DSC_0067_20200322152432262.jpg
前回の氷ノ山林道走行で汚れまくっているからな。

高圧洗浄機でばばばって洗浄したら
DSC_0068_20200322152506bb9.jpg
綺麗になった。

高速道路で淡路島入りして、
時間に余裕があったから淡路翁へ
DSC_0070_20200322152758fe8.jpg
店に入ると2組くらいのお客さんが。
こんな山奥の辺鄙なところなのに、
平日にも関わらずお客さんが来るのはさすがである。
DSC_0071_202003221525576ec.jpg
うまい…んだが、いかんせん量が激少ない。

お待たせしました~
ズズズッ
ズズズッ
ズズズッ
ズズズッ
御馳走様。

2分で食べ終わる。
追加したいところだったが、これから温泉宿だしね、
腹2分目で店を出た。
DSC_0072_20200322152923cca.jpg
そしてホテルニューアワジ。
昼間っから酒飲んでゆったり温泉に入り、
お食事いただき、温泉に入り、ああ、幸せだねえ。
気楽なのんびり時間を堪能する。

翌朝
DSC_0075_20200322153538e5e.jpg
そのまま帰るのももったいないので、今度は鳴門海峡大橋から四国入りして徳島観光。
以前、記事に書いたK君と四国巡りしたときに行った
阿波の土柱 を見に行く。
ここもK君と同じで20年ぶりだな。
懐かしいねえ。
すごくのんびりした田舎風景に癒され、しばし日向ぼっこだ。

帰りの駐車場で姫路ナンバーのTTR250レイドを見かける。
あれっ姫路からですか?
と声をかけたら、
姫路の方だが、現在は単身赴任で徳島在住の方だった。
バイク歴をお聞きすると非常に趣味の合う方だったので、しばし歓談。
林道走行のこと、オフロードバイクのこと、ハンターカブのこと…
楽しくおしゃべり出来て、できたらまたお会いしたいものだと
連絡先を交換させてもらった。
またいつか一緒にツーリングやキャンプができたらいいな。
DSC_0076.jpg
徳島から香川に入る。
山間部の山道は快適で適度なコーナーをぬうように走り、
香川で高速道路へ、
瀬戸大橋で岡山入りして、姫路へ帰宅した。
旅の走行距離は全部で450kmほど。
タンクが17Lもあるので無給油で走り切った。すごいねVストローム!

なかなか楽しい旅になった。
また一人旅させてほしいな(^^)


Vストロームで氷ノ山林道。

氷ノ山林道に行こうと思ったわけではないのだが、
快適な田舎ワインディングロードを目指して国道29号線を北上していったら
DSC_0053_20200322151617f4a.jpg
波賀のあたりまで来て、
ここまで来たら、そうだ氷ノ山林道あるなあ、
この時期はどんなんだろうと思って、急遽入ってみることにした。
DSC_0055.jpg
入って数キロメートル行ったらすぐに雪が。
暖冬暖冬と騒がれているけど、さすがスキー場を擁する山ですな。
さらに奥に入っていく
DSC_0056.jpg
Vストロームでの未舗装林道は初めてだが、
それなりに走っていける。
車体が重いので、段差でドスンドスンと挙動が重い。
まあ、フラットな林道だと、この車体&オンロードタイヤでも問題なく走れる。
ただし、雪は滑る。これはコワイ。
DSC_0059_202003221520096f7.jpg
さらに奥に入っていくと寒い。
そして
DSC_0062_202003221520396ab.jpg行きどまった。

ここから登山道があるので、車で来た人がここまで走ってくるために、
轍部分の雪がなくなっていたのだろう。
このさきは雪だらけで入れない。
引き返して帰った。
DSC_0063.jpg
めちゃめちゃ
汚れてしまった。
また洗おう。

K君と再会(ベスパGTS250ieにて)

大学時代のK君から年賀状をもらっていたので、
久しぶりにメールをして、久しぶりに飲もうという話になった。
彼は鳥取市にいるので、お互いの中間である湯郷温泉で落ち合うことにした。
DSC_0032.jpg
この日は雨…だったっけ?
ずいぶん前の話で忘れていたぞ。
本当ならVストロームで行く気でいたのだが、寒かったのでベスパで。
DSC_0034_20200322150120246.jpg
レッグカバーは雨も通さないので、下半身はカッパさえ全然ぬれず快適だった。
完全に冬はこいつ一択だね。

湯郷グランドホテルについて、
部屋に入ったら懐かしいK君。
何年ぶりかなあ?DSC_0036_20200322150147b50.jpg
実はもう20年ぶりです。すごっ。
お互い就職して結婚して、うちなんて子供二人いますぜ。
全然生活状況が変わってしまっていたが、
パチンコにドはまりしていて歯磨きが異常に長い鳥取弁のK君の本質はそのままだった

部屋で飲んで話して、楽しく過ごして一泊。

翌朝。
DSC_0042.jpg
かなり霧が強い朝。帰り道大丈夫かな?
DSC_0040_202003221502508ad.jpg
大学時代は車でキャンプしながら四国や北海道を回ったものだ。
またキャンプしようぜ、といって別れた。

翌日。
このまま帰るのも面白くないので、瀬戸大橋を渡って四国入り。
DSC_0044_20200322150412052.jpg
香川に来たらうどんでしょ。
と思って、たまたま通りがかったうどん屋に入る。
あったかいうどんではなくザルで、と思って冷やしうどんというものを頼んだら、
全力で冷やしてきた
DSC_0045_202003221505170ae.jpg
そうか ざるうどんと頼むべきだったのか。
まさかこんな氷漬けとかいう食い方があったとは知らなかった。さむいってからに。

その後は鳴門海峡大橋経由で淡路島、明石海峡大橋で本州入りして姫路まで帰った。

後日、
もうそろそろ暖かくなってきたし、レッグカバーを取ることにした。
DSC_0082.jpg
プラスネジを外すだけで、あとは簡単。
次女に手伝ってもらいました。

燃料コック交換 CD125K5

CD125K5
たまに乗ろうと思ったら
DSC_0001_20200209175124f1b.jpg
燃料コックから燃料がにじんでたれている。
ガソリンだらけだ。

やぶらぶマラソン作戦でもコックからガソリンが垂れていて、
その時はコックとタンクのつなぎ目に耐ガソリン性のあるゴムパッキンを作成して挟み込むことで改善していたのだが、再発である。
パーツクリーナーで洗浄し、コンプレッサーで吹いて垂れる状況を確認してみると、
今回はどうやらコック回転部分の周りからにじんでいるようだった。
DSC_0002.jpgコックから垂れる量は少量なので、近所を走行するには問題ない。
さて、どう修理しようか?

分解して確認すると、コック回転部分の内部ゴムは4穴の丸ゴム。
これならサイズを測って同サイズのものを買ってくれば修理できそうなのだが、、
実はコックの内部に異物のつまりがあるようで燃料の出が悪いし、
内部フィルターの網部分にもやぶれがあるため、
このコックを完全に修理しようとしたらだいぶ費用がかかってしまう。

純正部品はまず出ないが、
ネットで検索すると、
どうやら同形状のコックが手に入るようなので
IMG_0774.jpg
UNIT ユニット UN-N0043 フューエルコック ストレーナー付き
CD50/CD125/CL125
という商品2357円を買ってみた。
IMG_0775.jpg
微妙に形状が違う。。
とくにメインタンク経路の金属ホース柱の長さが短いのが気になる。
CD125Kでは間にゴムスペーサーをかませる関係で、金属ホースが長くないといけないのだ。
新たに買ったコックでは短いのでスペーサーをかませることでメインタンクの取り出し水位が低くなるため、メインタンクの容量が多く、リザーブタンクの容量が少なくなってしまう。
リザーブになってからの走行距離がどれくらいになるかを、
いずれ測定してみなくてはならないな。
IMG_0776.jpg
ただ、問題なく装着できてガソリン漏れが全くなくなったのはありがたい。
IMG_0777.jpg
また試運転してみよう。

後日測定してみたところ
メインタンク8.2L
リザーブになってから1.1L
程度だった。
リザーブになってから35-40km走行可能。
まあこんなもんかな。

プロフィール

はちまる隊長

Author:はちまる隊長
バイクあそびの達人(自称)
CCJの大将してます
http://suzuki-choinori.com/index.html

訪問者カウンター
フリーエリア
バイク仲間を募集中!

チョイノリクラブジャパン→チョイノリで冒険をするチョイノリストの会

GRS林道部隊→原付で未舗装オフロードを走って野営する冒険部隊

GRS公道部隊→原付で長距離ツーリングを行う旅部隊

CCJオフロード部隊→エンデューロレースを楽しむレーサー部隊

CCJマラソン部隊→バイク仲間たちでマラソンを楽しむ部隊

参加希望ありましたら作戦告知記事にコメントください!
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

ムーミンの雑記帳&内緒のコメント用ブログ

埼玉の大ちゃん

santaの散歩

トモス・クラシック

フライングクロ

#88 新米感覚

イサチャンネル 13ch

ちょい乗り紀行

KSK@ばすのブログ

地平線

ちょいとチョイノリ(別館)

6畳間整備工場

さんちゃんとチョイノリ

セカンドライフを堪能
QRコード
QR