ベスパGTS150 classic タオメン

ベスパで長距離を走ってみようと、神戸まで行くことにした
ベスパGTS150classic
DSC_1189_202401140910317a9.jpg
色は気に入っているのだが、走行性能はやはり250と比べてしまう。
パワーとか最高速度に文句はないのだが、
加速時にウェイトローラーがゴロゴロ転がるような軽い振動と違和感がある。エンジンが軽いから?
GTS250では無抵抗のスイーーーーと走って行く感じがあった。
この感覚は言葉では言い表しにくい。

神戸には道麺(タオメン)という担々麺のお店がある。
神戸大学にいた頃、研究・実験の合間に大倉山公園近くの店舗によく行っていた。
うまくいかない研究に落ち込みながら道麺の担々麺でひとときの幸せを得ていたのが懐かしい。
そのお店はすでに無いのだが、現在は三宮の南に一店舗あるようで、そちらに行ってみることにした。

ベスパGTS150は軽量で取り回しが軽々。
神戸の交通量の多い入り組んだ都会道もストレス無く走れ、駐輪スペースもなんだかんだいって、結局はなんとかなるのが良い。
DSC_1193.jpg
到着。
ちょっとおしゃれな外観。厨房が別部屋でホールには若い女性店員が数人。
大倉山の店舗はおっさん一人と接客女子1名のカウンター越し厨房だったのにな、
あれーー?昔行っていた道麺と同じ店舗かどうか怪しくなってくる。
メニューもたくさんあり、炊き込みご飯にこだわりがありそうなラインナップ。
炊き込みご飯?そんなもんなかったよなあ。もしかして違う店なのかな?
DSC_1192.jpg
しかし出てきた担々麺を見て、おーこれこれ!と思った。
味がしっかりしていて辛さ1クラスUPにしたのがちょうどのレベル。
苦痛にならない程度の「うまい辛さ」だ。
麺に弾力と抵抗があって、やや韓国冷麺風の歯ごたえ。院生時代を思い出すぜ。
なかなか食べに来れないので、ちょっと苦しかったが替え玉もいただいて満腹に。
あーーうまかった!

厨房からホールに顔を出したおっさんをみて、
あ、大倉山公園店で調理していたおっさんじゃない?(ちょっと不確実だが…)と思った。
ただ…もう20年近く前の話だからなあ。
記憶も曖昧。味覚も曖昧。実は違う店舗だったりして…(ありうる…)
うまかったからイイのだ。それでイイのだ。
DSC_1195_202401140910341d5.jpg
ベスパGTS150の良いところは各種の表示と燃費。
燃料計から電圧表示、時間表示、燃費、残走行距離などいろいろ表示できる。
そして気になる燃費は42km/L。
GTS250ieでは29km/Lくらいだったから、さすが150cc経済的!ってところだ。
おそらく消耗部品も長持ちすることだろう。
DSC_1180.jpg
リアボックスが黒で車体とミスマッチなので、
色見本で色を確認。
F45-80Dが一番近いので、この色のスプレーを買った。
GIVIケースを同色に塗ってみようと思う…が、
塗装って面倒くさいし汚れるしなかなか実行には移せていない。
夏になったら塗ろうっと。

ハイエース エアコンルーバー直し/アルファード バッテリー上がり

アルファード。
もう本当に乗っていない乗っていない。
自分一人での移動は、雨が降っていようがバイクなので、
家族を乗せる用事でしかアルファードは使わない。
この一ヶ月は近所への外食のためにCX30に乗ることはあっても、
家族旅行がなかったからアルファードは完全に忘れ去られた置物と化していた。

で、久しぶりに乗ろうと思ったら。
ジジジジジ…
バッテリーあがっとるやん。
DSC_1331.jpg
バッテリー電圧 9.77V もうあきませんねん。
新車購入4年目でまだまだバッテリーは新しいハズなのだが、さすがに1ヶ月放置していたら上がるわな。
充電器をつなぐ。
本当にバッテリーが劣化していたら充電電圧が上がりすぎて充電はすぐにストップしてしまうが、ジーーといいつつ充電が進む。一晩放置して充電完了。
DSC_1335.jpg
12.97Vになった。
これならセルモーターを回すだけの電圧は大丈夫。
エンジンをかけてみると
DSC_1336.jpg
14.26Vまで上昇。オルタネーターも大丈夫そうだ。
放置期間が長くなるようなら時折充電することにする。

次にハイエース。
エアコンのルーバーが割れた。
TOYOTAに頼むと馬鹿高くなるので自分で直せないかネット情報を検索。
DSC_1394.jpg
最近はなんでも作業方法を掲載してくれるブログやYou Tubeがあるのでメチャたすかる。
ハイエースなどというメジャー車種ならばいくらでも情報がある。
(BSAとかディブラッシなんかは情報不足でメチャ困るが…)
フロントのパネルの外し方は、
1,助手席グローブボックス開けて
2,サイドのパネルを外し
3,正面のパネルを引っ張る
だけ。超簡単工具いらず。
DSC_1395_2024011512573271b.jpg
どこにも損傷なく外れた。
DSC_1396.jpg
ルーバーは内側からはめ込まれている。
4カ所のノッチを折らないように広げて抜く。
DSC_1397_20240115125734d3c.jpg
割れたルーバー。
羽部分だけの交換で済ませたいところだが、
そんな単品では売ってくれない
DSC_1419.jpg
これまたネット情報で
55650-26050-B0がハマる事がわかったが、さらに検索すると、
B0はグレーで、うちのはブラックルーバーだからB1の方が良いことがわかった。
すぐに飛びつかなくて良かったぜ。
しっかりブラックのルーバーが届き(モノタロウで3000円くらいだった)
パチパチとはめていき、修理完了。
うまくいってうれしい。

年末さすらいまだまだ行くよ。ビラーゴ

年末28日。仕事納めが終わったら昼の12時、
2023の仕事はすべて終わった~
…からの自由時間!!!
旅に出ますぞ!
DSC_1278.jpg
選んだのはビラーゴ125。
国道250号線を西へ向かい、うまい豚骨ラーメン「片岡屋」の前を通るが、
今日は海鮮丼を食べたい!と断腸の思いで素通りして先へ、
そしてついた相生のとれとれ市場だったが、なんと今年の営業は終了しましたとの張り紙が!
あー食べ損ねた!
DSC_1281.jpg
さらに西へ走って湯郷に到着した。
この日は間際の予約になったので良い旅館は取れずペンションを予約していた。
DSC_1282.jpg
温泉旅館とは違ったテイスト。
DSC_1285.jpg
部屋はトリプル。
なぜか一人旅なのにベッド3個。ベッドのせいで部屋がせまいじゃないか。
すぐにお風呂に入るが、ちゃんと温泉が出ている。
DSC_1286.jpg
暖かい!
湯船に渦潮のような水流があり、ひっきりなしに熱いお湯が体に押し寄せる。
しっかり暖まったところで
DSC_1288.jpg
部屋で乾杯。
食事の時間になったので食堂へ。
DSC_1294.jpg
ご当地ビールをのみつつ
DSC_1297.jpg
すき焼きの夕食!
うまいね。
適量ですべての食材をしっかり平らげて満足満足。

食後はお土産屋さんを散策する。
DSC_1301.jpg
湯郷温泉は何度も来ていて好きな所だ。
岡山県の有名な温泉地・岡山三湯は「湯原」「湯郷」「奥津」だが、
それぞれに萌えキャラを作成しているようで
「湯原」サワ 「湯郷」ミサ 「奥津」カガミ
というキャラのようだ。
DSC_1300.jpg
で、湯郷のミサは「美彩」のはずなんだ、
DSC_1303.jpg
「美彩」だよね、

なのに
DSC_1299.jpg
おいーー!「未彩」?
ミスプリじゃね?
と思った次第。
間違えたのか、それとも俺の勘違い?

部屋に帰って3個のベッドを駆使しつつゆっくり眠る…ってか仕事納めの興奮のためなかなか眠れず朝の4時くらいまで起きていた。
せっかく時間があるので、この機会に興味あることをしっかり研究して学習。
主に金融関連だが2024年の戦略を練り、動けるところは動く!
先んずればすなわち勝利なり。

朝方に眠り、目覚ましの音で8時に起床。
DSC_1304.jpg
朝食をしっかりといただく。
この日も1日自由なので、帰路も寄り道しつつ旅を楽しもう。
DSC_1305.jpg
朝露にぬれたビラーゴをタオルでふきふき、
ひとまずは北西へ向かい、
DSC_1307.jpg
山田養蜂所へ。
DSC_1306.jpg
ここでうまいハチミツ製品があるので家族にお土産購入だ。
蜂蜜どら焼きを買って先に進む。
次の目的地へ行く途中に
DSC_1313.jpg
不意に戦車が視界に!!
あーーー74式戦車じゃ!。
まだ現役で運用されていたのか~。もう50年経つのに頑張っておるねえ。
と食いついてフェンス越しに望遠写真撮影。陸上自衛隊の駐屯地だったようだ。
がんばれ俺たちの74式戦車。
DSC_1314.jpg
そして娘らを連れてこようと思っていた化石採掘体験ができる施設に到着!
偵察のために来たのだが残念ながら今年の営業は終了しましたと。
年末年始ですから、みなさんもう仕事納めでお休みですね(me too)
DSC_1315.jpg
岡山の道は非常に快適。
山々を縫うようにコーナーを駆け抜ける、喜び。
DSC_1318.jpg
ふと、山の中腹にお城を発見。
なんだろう?
ネットで調べると波賀城らしい。
急ぐ旅ではない、行ってみよう。
DSC_1324.jpg
山を上っていくが、途中で車両乗り入れ禁止。
ここからは歩いて行くことに。
DSC_1322.jpg
いくらか上ってたどり着いたお城の資料館。
DSC_1321.jpg
展望が良い。
しばらく休憩してから、さらに北上し、出石へ。
DSC_1325.jpg
もう夕方になってしまった。
家族から年越しそばの購入依頼があったので
DSC_1326.jpg
うまい出石そばを買って帰る。
国道312を走って無事に帰宅。
久しぶりの自宅。あー長い旅が終わったぜ。
DSC_1327.jpg
家族からクリまんじゅうグッズをもらった。
ちいかわキャラのグラスは何種類か出ているのだが、
クリまんじゅうのグラスのみワンカップ!!!
キャラに合っているねえ、このこだわりすげーぜ。
小学生のころ、学校からの帰宅途中に近所のアル中おやじが自販機でワンカップ日本酒を自販機で買って自宅に帰るのを待ちきれずにアルミの蓋をパコッと開けて、
昼間っから、路上で、すすり呑みながら歩き帰るのを見たことが思い出される。
「アルコールの依存性ヤベエ」と思った思い出だ…(なんやそれ)
これからの酒飲みグラスにしよう~♪

2024.01.01追記
ちょっと気になって調べてみたんだ。
そしたら当初は湯郷温泉の温泉ムスメは湯郷未彩(ゆのごう みさ)でキャラ作成されたのだが、
湯郷温泉は美作市(みまさかし)にあるし未彩じゃなく美彩のほうがよくね?
ってことで2020年に湯郷美彩(ゆのごう みさ)改名!したんだとか。

あと温泉ムスメってプロジェクト調べてみたら、
https://onsen-musume.jp/character/
北は北海道から南は沖縄県まで…って海外(台湾)にもキャラクター設定あり!すごいな。
わが県 兵庫県は城崎温泉・湯村温泉・有馬温泉の三か所だが、
有馬温泉は姉妹キャラなので合計4名。
おもしろいな(^^)。




年末さすらい 淡路島四国旅

年末は数日間さすらっておりました。
そしてある団体の重要職を押しつけられる決定がなされ、来年からはちょっと大変そう
DSC_1258.jpg
自身の仕事以外に土日が潰される可能性が高まり、
週末の定例作戦とか…なんなら聖地巡礼の日程にも影響をおよぼす とかあるかも。
こまったことだが自分の意思ではなく強制労働でありどうしようもない。
集団になると個人の権利を完全無視した決定がまかり通るんだねえ。

結局、会議終わりから時間が取れ、翌日は休みだったから旅に出ることにした。
DSC_1259.jpg
淡路島の行きつけホテル。
DSC_1260.jpg
世間はクリスマスだ。
飾り付けが豪華だね。
DSC_1261.jpg
今年は一体だけだと諦めていたサンタベアーがもう一体手に入った。
部屋に入って風呂につかる。寒い中長時間走行してきたので手足の先がしびれている。
温かいお湯で手足が解凍されていくような感覚。あーいいねえ。
防寒装備が今ひとつで出てきたのだが、それもよしか。
DSC_1262.jpg
風呂から上がるとバルーン職人がバルーンショーをしていた。
子供相手のショーだが
DSC_1263.jpg
かなりの力作。クオリティたかっ!
なかなかやるな。
ちょうど食事の時間になったので会場へ。
DSC_1264.jpg
ビュッフェ形式にしたので好きなモノを取って食う。
会場は子供ばかりだった。

翌日
DSC_1265.jpg
今日も晴れ、運がよい。
この日は一日自由時間なので家族へのクリスマスプレゼント購入のために四国は鳴門へ。
DSC_1266.jpg
ついこないだも来た、フジグラン北島。
DSC_1267.jpg
ビレッジバンガードだ。
DSC_1268.jpg
ちいかわグッズ。
お、他バージョンのクリまんじゅうしかいない。
前回買ったあの一体は最後の一体だったようだ。愛着わくぜ。
DSC_1269.jpg
ウチにない6巻を含め、いくらかのファンシーグッズを家族のために購入。
DSC_1270.jpg
そして帰ってきた。
トライアンフタイガーは終始快適快速。
家族にクリスマスプレゼントを渡すと、
DSC_1271.jpg
家族からプレゼントあり。
DSC_1272.jpg
おー。
娘らとツマーのイラスト付き。
DSC_1272~2
ハゲたおっさん?
もしかして くりまんじゅうか?
DSC_1275.jpg
そんなこんなで2023ももうすぐおわり。
DSC_1277.jpg
今年もたくさん旅をして
DSC_1276.jpg
たくさんバイクを買いました。
また来年も、面倒な役を任されたけれども、合間をぬって一生懸命遊ぼう!
そしてまだまだバイク買うぜ。


くりまんじゅう救出作戦 ジョルカブ

以前、次女と二人旅で徳島に行ったとき、
映画を見るために寄ったフジグラン北島のショップでちいかわグッズを見た。
DSC_0676.jpg
かわいいねと言い合いながら商品の写真を撮ったりしたのだが、このとき「ちいかわ」を読んでおらず、次女にどういうキャラクターなのか教えてもらったりしていた。

その後、自宅にあった子供らのちいかわの漫画を読んでみると、
ちょうど写真を撮った「くりまんじゅう」というキャラクターが、
登場すると毎回いろんなツマミで酒を飲んでは「ハーーッ!」と言うのだ。
それが酒飲みのおっさんとしては、
「わかるわかる、それうまそうやね!」とうれしくなるし、
マンガ内の設定で飲酒免許なるものを持っているにもかかわらず二日酔いになってしまうというダメさがまた激しく共感するのだ。

家族からクリスマスプレゼントにくりまんじゅうぬいぐるみを買ってやろうと言われたが、
調べてみると、どうやら写真に撮ったこのぬいぐるみはネット上で見つけることができず、
買うとしたら徳島の店まで行かないといけないか…と思っていた。
そんな折に四国に行ける時間的余裕ができ、原付で四国にわたるという挑戦も兼ねて買いに行くことにした。

日曜日の朝、起きるのが遅れてしまい急いで準備。ジョルカブに乗って西へ。
原付で直接四国にわたるには神戸→高松のジャンボフェリーがあるが、それではずいぶんと遠回りになるので、岡山宇部港から直島経由で行くことにした。
DSC_1201_20231223125551581.jpg
宇部港に到着。2時間以上かかった。
道はほぼ高速か!というほどの2号線なので、車に邪魔にされつつ何度も抜かれ、
ジョルカブの遅さにさんざんもどかしい思いをした。125ccで来たらよかったな。
船の時間を調べる時間的余裕がなかったので、到着してから係員に聞くとちょうど20分後くらいに出ると。その時間を利用して給油しておきフェリーに乗り込む。
DSC_1202_20231223125554356.jpg
ちょうどこのチケット売り場、ここは思い出の場所だ。
2019年の四国上陸作戦はここから出発したのだが、ここでしましま先生と初めて会ったのだ。
https://hachimaru93.blog.fc2.com/blog-entry-1113.html
当時はふたりともトモスだった。
DSC_1203.jpg
フェリーに乗って出発。
約20分ほど、直島はすぐそこだ。
この時間を利用してフェリーの接続を確認してみると、
直島に着いたら10分で高松行のフェリーが出るようだ。急がないといけないな。
DSC_1205_2023122312555725e.jpg
直島に着いた。
ジョルカブで下船したらすぐにチケット売り場へ行き、高松行を買う。
DSC_1206_20231223125557b43.jpg
さっき下りたフェリーに再度乗ることに。
なんだ、それなら宇部で四国高松までっていうチケット売ってくれたらいいのに
(もしかしたらあったのか?)
DSC_1207.jpg
直島 滞在時間10分。
アートの島として見どころがあるようだが、今回は素通りだ。
DSC_1208_20231223125600609.jpg
高松行フェリー出発。
1時間かかるので、粒コーンスープの粒をすべて食べる挑戦などして過ごした。

船は高松に到着。
時間的余裕はあまりないのですぐさま高松から東の徳島方面へ
DSC_1210.jpg
途中、せっかく香川に来たからうどん食おう。と思って元匠さんへ
DSC_1209_20231223130659003.jpg
肉ぶっかけを食う。うまいね。
その後はどこにもよらず、ただひたすらに東へ。
フジグラン北島に到着し、お目当てのショップへ。
DSC_1211_20231223130702a8e.jpg
おー いたいた。
たくさんのちいかわキャラクターの中にくりまんじゅう一体。
最後の一体だったのなら幸運だった なくなる前に来れてよかったぜ。
(あまり売れるキャラクターじゃないから1体のみ展示だった可能性もある。)
DSC_1212_2023122313070696d.jpg
家族へのお土産もいくらか購入する。
DSC_1213_20231223130708bef.jpg
前回来た時に写真と見比べる…。
数か月前に写真撮ったやつなのかも、もしそうならおもしろい。

フジグラン北島を出ると、来た道を西へ。
乗船時間を調べたところ、
高松→直島→宇部 は1時間20分
高松→小豆島→姫路 は2時間40分
になるが、宇部から姫路までは2時間くらいかけて帰ることになるので、やはり小豆島経由が速い
そこで高松港についたら係員に小豆島行きを申告。すると、
すぐに出るから乗れと言われて、よくわからない池田行きというのに乗ることになった。
船内で調べたところ、池田は土庄のやや東よりのようだ。
DSC_1214.jpg
池田港に到着。
初めての港だ。

小豆島では2時間ほどの時間的余裕があるが、
福田港から姫路へ向かうフェリーは次が最終、逃すと翌日の仕事に間に合わなくなるので、
すぐに福田港を目指す。
DSC_1215_202312231307099ea.jpg
福田港に着いたら、地上係員たちがざわつく。
顔を見合わせては
「バイクあかんやんなあ、」
と言い合っている。??
なんか嫌な予感。
DSC_1216_202312231307118c6.jpg
係員が寄ってきて、
「今日は波が荒いから、朝からずっとバイクは断っているんですよ~」と。
まじか!
となると小豆島を出られない。小豆島内のどこかに泊って明日の始発フェリーにしても勤務には間に合わない。あーこまったぞ。
バイク倒れてもいいので乗せてくれないかと交渉したところ、
最初はオイルやガソリンがもれたらほかの車に迷惑になると難色を示していたが、船に直接交渉してくれて結局は乗れることに。
よかった~

この時は焦って、帰れない→翌日勤務トチる!と短絡的に考えてしまったが、
後からよく考えると、ジョルカブを港に置いて自分ひとりフェリーの乗ればそれでよかった。
後日、引き取りに来ればいいだけだし、なにもピンチじゃなかったな。
DSC_1217_20231223130711f6d.jpg
船内で夕食を。
最後の船は1時間40分の船旅で、この日は合計で4時間フェリーに乗ることになった。
原付走行の合間にフェリーで休憩ってのもなかなか良いね。
フェリー内はコンセント使えるし、もしかしたらBLAZE smart EVでフェリー内充電しつつ旅ができるかも…と構想したが、どう考えても充電時間不足だ。EVはやっぱりだめだなあ。
DSC_1219.jpg
時間があるのでくりまんじゅうで遊ぶ。
クリまんじゅうライダー
DSC_1220.jpg
かわいいな。
画像を娘らに送る。
DSC_1221.jpg
漫画内では酒飲みキャラなので、ここで一杯!いっときたいところだが、
姫路港からまだバイク乗らなきゃいけない
DSC_1222.jpg
ここは我慢だぜ、くりまんじゅう。
DSC_1223.jpg
姫路港に着いた。
船はほとんど揺れず、もちろんジョルカブも倒れずだった。
DSC_1224.jpg
なかなか楽しい旅だった。
DSC_1225.jpg
帰ってくりまんじゅうと柿ピーで一杯!
「ハーッ!」「ハーッ!」
良い気分で酔って、そして丸一日動き回った旅の疲れでぐっすり寝た。

このあと、翌日から仕事の関係などでしばらく自宅に帰れず、長期連泊の仕事になってしまったので
DSC_1229.jpg
その後もジョルカブが大活躍♪

プロフィール

はちまる隊長

Author:はちまる隊長
バイクあそびの達人(自称)
CCJの大将してます
http://suzuki-choinori.com/index.html

訪問者カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

ムーミンの雑記帳&内緒のコメント用ブログ

埼玉の大ちゃん

santaの散歩

ダテ 暮らしの雑記帳

フライングクロ

#88 新米感覚

イサチャンネル 13ch

ちょい乗り紀行

KSK@ばすのブログ

地平線

ちょいとチョイノリ(別館)

6畳間整備工場

さんちゃんとチョイノリ

セカンドライフを堪能
QRコード
QR