後日談

手続きが終了し、130万円で引き取ってもらったR1200GSだが
レッドバロンに出入りしていると、並んでいたよ。

おおー
店内の入り口近く、しかも窓際に陳列されていて、主戦力に抜擢されているようだ。誇らしい。
笑ったのが、サイドスタンドの木の自作台座、つけたまま販売されていた。
便利だけど、BMWっぽくないし外してあげた方がよいのでは…
気になるお値段は198万円。
うれたらいいなあ。
 
なぜレッドバロンに顔出しているかというと、次のバイクの選定のため。

ベスパGTS250ie
どう
なかなかおしゃれですね~
新車です。取り寄せてもらいました。
買うかって?

買ってもいいの?本当にこれでいいの?
悩みながら さてどうするか?

次のバイク!?

迷っております
それはもう ぐるぐるに迷っています。
 
今、所有しているバイクはチョイノリ3台とCRM80が1台。
もう林道はCRM80で行くことにして、ロードバイクを買うか、
それとも高速道路に乗れるオフロードバイクが必要か…
任意保険は休止にしたので、いったん250ccオーバーはやめて原付だけにするか。
 
とりあえずドデカイGSが売却できて駐輪小屋にはガッツリ空きスペースがある。
売却金も、たいがいのバイクが買えるだけ入ったし、なんか欲しいぞ。
 
レッドバロンを徘徊する。

あっチョイノリじゃん
初期型K3セルなしベージュですか。
売るとあとあと面倒だというこの車種。レッドバロン、やるじゃん。
うちには3台ありますから、かわんかわん。

ああーーー
これほすい。
ほすい。
 
ベスパのビンテージ
こいつは50ccですが、100ccもあるよね、
手をかけて維持していくという、整備心をくすぐるバイク。
でもブレーキがヘボヘボ 
手押ししてみたけど止まらん止まらん(整備未状態だとは思いますが…)、
オシャレと整備欲求満たせても、肝心の走りがストレスフルになりそうな気がする
 
あとはツーリングセロー…
 
欲しい候補
1、ツーリングセロー
2、ベスパ100
3、ベスパ250ie
…迷走しております。
しばらくは買わずに楽しく迷おうと思います(^^)
 
とりあえずR1200GSネタのこのブログはこの記事をもって終了~
また新たなバイクかったら、あらたな維持記録ブログ書こうとおもいます。
さらばだ!
 

売却!

完全に金額公表で記事書くことにした。
これからバイク売る人の参考になればとも思う。
 
はちまるは基本的に、原付はオークションで売買するのだが、
250cc以上のバイクは売買の手続きが煩雑だし、取引金額も高額になるので、
業者に任せる方が無難かなと思い、今回は業者に売ることにした

走行距離はなんと1723kmという低走行ぶり、どれだけ乗っていなかったかがわかる。
年式は2012年式、1年半落ちですね。

こっち側はきれいんですけど

こっち側はヘッドに傷がついて、パニアが凹んでおりまする。。
 
まず行ったのがレッドバロン。
30分くらい査定してもらった後、出た金額は
装備外して125万円 装備そのまま128万円
でした。
これが妥当な金額かどうかわからなかったんだけれど、まあもう一社くらい査定しておこうと思って
いったん帰宅後にバイク王に査定してもらったら85万円だって
なんじゃそりゃ。値段違いすぎる。
 
とりあえずバイク王は最初に信じられないほどの低額を出してきて買いたたこうとする。
これは経験済みで、その値なら売らないというと、徐々に値段を上げてきます
注意点「バイク王では第一査定額では売るな。まだ上がる」
しばらく交渉したけど結局100万円までしか出せないというので、不成立。
 
翌日に再度レッドバロンに行き、再交渉。
結局130万円にしてもらいました。
林道で転倒してから売却まで4日。思い立ったら行動が早い!
 
これが妥当な値段かどうかわかりません。
年式、走行距離、傷の程度は各車それぞれですからね。まあ自分はこの値で満足しています。
終始感じよく取引できたので、次のバイクもレッドバロンさんで買おうかなと思ている。
気持ちは次のバイク選定にうきうきモード!
 
補足。
実は最初、レッドバロンでセローへ乗り換え、GSを「下取り」してもらうというハナシで進めていたところ。

なーーんと下取りの手数料が1万円も取られます。セローの購入代金に上乗せするという方法で請求されるわけです。
まだ次のバイクに悩んでいたので、いったんセロー購入のハナシはなしにして、
GS売却のみにしたところ…もちろん「下取り手数料」なし130万円まるまる振りこまれました。
 
レッドバロンでバイク乗り換えるときは、まず売って、それから買った方がよいようです。
「乗り換え」をすると余計にとられちゃう!
変なシステム~
 

林道散策 と 決心

ツマーが用事のため不在だったので、ちょっくら散策しようかとGSで出かけることにした。
GSは車格がでかくて取り回しが大変。
いったん走り出したら気にならないが、駐輪小屋から外に出すのがおっくうであまり乗っていない。
この機会にちょっと走ってみようと兵庫県北部の林道へ

生野まできました。
周囲は山だらけで遠くに来たな~感がある。
さっそく峰山高原周辺の林道へ侵入する。

快適なフラット林道。
重戦車のようなどっしりした走りなので、ちょっとした凸凹も難なく走っていける。
特にのぼりは楽しい。

そこそこ林道を楽しんでいたときに、ガレ場に来た。
ここで一回写真を撮って、そのあと走り出そうとしたとき、リアタイヤが滑った。
オフロードタイヤでもないし、岩の表面をすべったのか。
とっさに左側に足を着こうとしたが、残念ながら左が谷側でなかなか足がつかない。
着くころには車体がかなり傾いていて支えられないと判断し、逃げた。

どっすんこ。
 
あーーーあ
 
とうとうやっちゃいましたね。
GSは左右にエンジンのヘッドが出っ張っているのと、リアにはサイドケースがついているので乗員の足が挟まれるような危険はないのがありがたい。
しかし倒れて一番にヒットするのがエンジンヘッドって どゆこと!
 
倒れたのが谷側だったので、写真でわかるかな?完全な水平よりさらに下側へ傾いている。
しかも、ここまでくる経路上に「通行止め」看板があったので、もう誰かが来て手伝ってくれる可能性は皆無。
一人で何とかしなくてはならない。
200kg以上の車体を立てようとするが力尽きて断念し寝かす。これを5回ほどくりかえし、
6回目でやっと何とか立てた。
 
息も絶え絶え 目の前ちかちか くらくら
「おえーー」
吐きそうになる自分に笑ってしまう。
 
持ってきていた水を頭からかぶって、休憩してなんとか動けるようになってから帰った。
その後2日間、上腕二頭筋と僧帽筋の筋肉痛がハンパなく。。。
 
とうとう手放すことにしました。
正直、合わないバイクだなあとは分かっていたのですよ。
低身長な自分には小屋から出し入れするのも大変で、まず乗ろうと思い立たない。
いったん乗っても、通常の舗装路ならいいのだけれど、林道に行くと路面状況により降りられないとか
スタンド立てれないとか
 
あと、目的地にしてもちゃんとした駐車場がないと行けないので、行き先にも気を使う。
良い機会だ!もっと自分に合うバイクに乗り換えよう!
 

氷ノ山 鉢伏 瀞川 林道


日曜日に急に時間ができたので、さっと林道に行こうかと思って鳥取に向かった。
GSだと現地に付くのが早いね。午前中の間に白糸川まで来た。
しかしここの林道がゲートで閉じられているというトラブルで林道に侵入できず断念。
仕方なく氷ノ山林道へ向かう。

2週間前にチョイノリで来たところなので、道は完全開通しているのがわかっている。
最後まで走ったろうとぐんぐん進む

氷ノ山林道が終わったら、そのまま鉢伏から瀞川へ
GSは車体がでかくて重いから轍に引っかかっても安定しているので運転が楽だ。
でも下りでは止まらない止まらない。危ないったらありゃしない。
下りは止まりそうなほどのスピードでゆっくりゆっくり進む。

なんてったってタイヤがこれですしねえ。
でもこれでも走れるのだよ。やればできるんだなあこれが。
まだ買って1400kmしか走っていないので、タイヤもバリ山。
次はオフタイヤにしたいが、いったいいつになることやら、それまでGS維持しているかなあ?

養父(やぶ)で食事して和田山から高速で帰る。
林道走ったあとの舗装路はなんて運転しやすいんだ!
 
養父の医師会は「やぶ医師会」なのだろうか?不名誉な会だね…
なんて思いながら帰ったとさ。
プロフィール

はちまる隊長

Author:はちまる隊長
バイクあそびの達人(自称)

訪問者カウンター
フリーエリア
バイク仲間を募集中!

チョイノリクラブジャパン→チョイノリで冒険をするチョイノリストの会

GRS林道部隊→原付で未舗装オフロードを走って野営する冒険部隊

GRS公道部隊→原付で長距離ツーリングを行う旅部隊

CCJオフロード部隊→エンデューロレースを楽しむレーサー部隊

CCJマラソン部隊→バイク仲間たちでマラソンを楽しむ部隊

参加希望ありましたら作戦告知記事にコメントください!
カテゴリ
TOP (1)
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

ムーミンの雑記帳&内緒のコメント用ブログ

埼玉の大ちゃん

santaの散歩

トモス・クラシック

フライングクロ

#88 新米感覚

イサチャンネル 13ch

ちょい乗り紀行

KSK@ばすのブログ

地平線

ちょいとチョイノリ(別館)

6畳間整備工場

さんちゃんとチョイノリ

セカンドライフを堪能
QRコード
QR