タイヤ パンク修理

夕食を外食で済まそうと出かけたところ、
チョイノリの速度が全然でない。
35km/hまで、もたもた。
なにか抵抗がありそうなこの感覚、
はいはい、パンクじゃない?これ。
確認すると、リアタイヤが空気圧なくへしゃがっている

出先は数キロ先だったので、このままのタイヤ状態で家まで帰った。

確認すると

赤丸の部分、金属が見えます。
刺さってますね~
巡礼時にパンクしてまだ数日なのに、またパンクだよ。
巡礼ではチョイサンタさんもパンクしたようだし、この機会に誰にでも起こりえるパンクについて
修理方法を記事にしようと思う。

パンクをするのはほとんど後輪なんだけど、
これがなぜかというと、前輪で踏んだ金属棒が跳ねて立ち、
立ったところに後輪が通りかかって踏み抜く…らしい。
いままで何度もパンクを経験しているが、全部後輪だった。

パンク修理するにはこの金属棒をまず抜かないといけない。
ただ、抜くと、ある程度残っていた空気が全部抜けて走行不可能になってしまうので、
ちゃんとパンク修理できる場所まで行くか、
自分でできないならガソスタやバイクショップでパンク修理依頼するまでは抜かずにおいたほうが良いと思う。

プライヤーで引っ張っていく…
ながっ!(驚愕)
どこまでも金属棒が出てくるのでビビった。

ずぽっ
抜けた~ 何とも長い金属棒。
ここで注意するのは抜いた後、穴の位置を見失わないように!
今回の金属棒は太かったので問題なく見えるが、小さい穴だと見失うことがある。
抜いた棒を軽く差し込んで目印にしておいても良い。

これがはちまるの使っているパンク修理道具。
黄色いべっこう色の道具が、分解して小さくまとまるので気に入っている。
いらないところを少し切って、車載道具袋に収納可能なサイズまで切り詰めてある。

あとパンク穴に差し込むプラグ(銀色シートにくるまれているヤツ)と
エコ・セメント(揮発性接着剤)だ

組み立てるとこんな感じになる。
先の尖った棒の所は、前後差し替えることでプラグ差し込み棒にもなる。
まず、この尖った棒にエコセメントを塗って

穴にブッ刺す。
ここでひるんではいけない。
穴が大きくなってしまうことに躊躇するかもしれないが、いずれ差し込むプラグが入るように、穴の大きさは確保しないといけない。
最後まで差し込んでグリグリ回して穴を形成する、しっかりと。

エコセメントを塗るのが正しいやりかたなのだが、
このエコセメント、一度開けてしまうとふたを閉めていても徐々に蒸発してなくなってしまう。
いざパンク修理しよう!と開けたら空になっていることが多いので、新品のまま携帯するようにしよう。
そして、不幸にもなくなっていた場合は、実はなくてもパンク修理は可能だったりするので
接着剤なしで作業を進めよう。

穴がしっかり形成できたら
先端を差し込み棒の方に変える。
先端はよく見ると分離している、恐ろしく平坦なCの文字のような形状だ。

ここに銀色のシートをはがしたプラグを差し込む。
プラグにエコセメント(接着成分)を塗る。
プラグにはネチャネチャ成分が付いているので、不幸にもエコセメントが無いときは無しで修理を進めよう。
そして

ブッ刺す
ここがパンク修理の難関。
かなり力がいる、なかなか刺さりきらないので女性には難しいのではないだろうか。
中途半端で抜くとプラグも一緒に抜けるので、刺す針の膨らんでいる部分がしっかりタイヤ内に入り込むまで
確実に刺す。
パンクで空気が抜けているとタイヤがへしゃがリ、棒がホイールに当たってしまうことがあるが、
その時は上下に傾けてでも最後まで刺す。
えぐりこむように刺すべし刺すべし刺すべし

しっかりさせたら抜く。

すると、プラグだけ残り、針が出てくる。
プラグが針の先の分離部を通ってリリースされるのだ。

余った部分を切る。
ここは引きちぎることは不可能。刃物でないと切り取れない。
ハサミやカッターなどがいる。
はちまるはキーホルダーにしているレザーマン・マルチツールで切っている。

完成した。
これで永久修理完了なので、このままタイヤの寿命まで使えるよ。

空気を入れて終了。
慣れると簡単だが、
パンクなんてなかなか遭遇しないので、初めての修理が出先での緊急修理になって焦ることが多い。
用具と修理方法について頭に入れておいて、
もしすり減って捨てる前のタイヤがある様なら、事前練習しておくことを勧める。


最後に必要道具を提示。

1、空気入れ
小さいほうが良いが、小さすぎるとポンピングの回数が増えてしんどい。
はちまるのはラフ&ロードのやつだが、空気入れながら空気圧が表示されるので非常に便利だ。
パワーデジタルポンプという商品、最近のモノはモデルチェンジしているみたいだ。

2、エクステンションチューブ(直線&L型)
これがあると空気入れがだいぶ楽になる。はちまる的には必須用具。

3、エコ・セメント
一度開けると徐々になくなっていくので、次のパンク修理時に空になっていることが多い。
はちまるは新品を携帯するようにしている。(なくてもパンク修理はできる)

4、ブッ刺し道具
名前を知らない。携帯性が良くなるように分解して棒になるやつを選択した。
切り詰めて短くし車載工具袋に収納している。もう10年以上使っているが壊れないタフガイ。

5、プラグ
いろんな商品があるので、いろいろ試して見られたらよいだろうが、
はちまるはこの平たい棒のタイプを使用している。
正式名称は「パワーバルカシール」というそうだ。
プラグとエコセメントがセットになった補充キットがあるので、
なくなったら追加で買っている。

6、レザーマンのウィングマン(マルチツール)
異物抜くプライヤー、最後に切り取るハサミとして利用している。
キーホルダーにして毎日持ち歩いているので便利だ。

チョイノリストにはプロのバイク屋さんもいるので、
はちまるがネットで聞きかじって実践しているこの修理法には
あかんやろ!という突込みあるかもしれません
なにか修正必要なら教えてくださいませ。(^^)

パンクしたとき、自分で修理しちゃって旅が続けられるのと、
へしゃがったタイヤで修理屋を探してさまよったり、押し歩きしたりするのとでは雲泥の差がでるので
是非習得しておいてほしいと思う。

注入タイプの緊急修理剤は使用したことがない、
だれか使用感おせーて。

チョイノリの整備ならこのサイト

おこしやす

チェーンの伸び

はちまる機体は完全調子ではない。
以前は平地50km/h+αでガンガンに走っていたのだが、
林道行ったり雪道行ったり酷使した結果、徐々に性能が落ちて、
いまでは13-25Tにしていても平地45km+αしか出ない。

どこがどう悪いのか、いろんなところを整備しながら様子を見ているが、
先日こんなことに気が付いた。

手で押して若干たわむくらいにチェーンの張りを調整し、
後輪を回してみると

なんとチェーンがゴリゴリに張るところがある。
ちょうどだと思っていたチェーンの張りが、後輪の回転に伴い変化しているのだ。
むむむ~
後輪のアクスルシャフトの歪み?スプロケットの位置がおかしい?

リアフェンダーを外して、チェーンを外して、上から見ながら後輪を回転させてみる。
リアスプロケットの歪みはないようだ。

もう一度チェーンを付けて後輪を回転させて張りをチェックすると…
ゴリゴリに張る位置は前後スプロケットの回転位置に関係なく、あるチェーンの位置になると張りが強くなることを発見した。
つまり原因はチェーン!

チェーンの使用限度は21ピン間の長さを測るべし。とスズキが言っているので測ってみよう。

すると…

ある部位では21ピン間長が256mm

ある部位では257.5mmという風に位置による違いがあった。
なるほどこれで張りに変化が出ていたのか。

いちおう外した状態で259mm以下ではあるのだが、
車体に付けて張った状態で測れば、もう少し伸びて259mmオーバーになるであろうし
あとこのチェーンは12T-25Tだけでなく13T-25Tでも取り付けられた。
ということは正常から比べたら完全に伸びていると判断される
(正常な長さだったら13-25Tにするには2コマ追加しないといけない)
このチェーンはもう交換時期だね。

ということで420チェーンとリアスプロケットを一緒に交換した。
特に後期型のDID41チェーンは細く 伸びやすいので注意しよう。
(チェーン交換時はリアスプロケット同時交換が推奨されています。)
交換することで最高速に変化なかったが加速がよくなったよう、
やはりチェーンのゴリゴリ張りが抵抗になっていたのかな。
チェーンの伸びが疑われる車体は、後輪を回転させて張りに変化がないか(=チェーンのいびつな伸びがないか)チェックしてみよう。

巡礼に向けて着々と整備を進めています。
総司令が脱落するわけにはいかんからな~

チョイノリ整備の強い味方

チョイノリファン必見!



鉢丸式後部二段荷台 はちまるダブルキャリア2015モデル


剣山林道2015で使用したのは幼児乗せを改造したキャリアだった。
これにサイドバックを取り付けて積載容量を確保していたのだが、
走行中にサイドバック吊りバンドが伸びてスクランブラーマフラーに接触し、
サイドバック底部はおろか、内部にしまってあった8年来使用しているソロテントが溶けた。
これは非常にイタイ。

サイドバックもテントも使い物にはならないので捨てることになり、
今後の荷物積載を検討・改善しなくてはならなくなった。
次期林道用荷台を作成するにあたり、必要な改良点を列記してみる。

1、
かねてより、林道出兵の折にキャリアをわざわざ追加で装着しなくてはならないのが面倒だったので、
追加装着タイプではなく、現存のキャリアを改造してしまうこと。

2、
キックスターターへのアクセスを阻害しないようにする。

3、
スクランブラーマフラーを装着しても荷物と接触しないように。

これらの点に注意して構想を練る。

そういえば、キャリア下のスペースが無駄だなあと思っていた。
is工場長がこのスペースを利用する画期的なキャリアを開発しているが
これも参考にさせてもらい、
さらには日常利用中から林道戦闘に入るときに、わざわざキャリアを取り換えor増設しないでも済むように考慮した。

はちまる内燃機が出した回答はこれだ。
画がゆるくてすまない。工場長に相談するときに作成した簡易図だ。

それでは作成して行こう。

まずは90度に折り曲げた10mm鉄丸棒を左右に溶接していく。
積載スペースを確保するために、なるべく前方向、なるべく下方向になるように付けるが、
タンクとの干渉、リアフェンダーとの干渉に気を付けること。

アストロプロダクツの簡易溶接機でも、ただの棒なら問題なく溶接できる。
これがパイプだったら、穴を開けないようにするのに一苦労なのだけどね、
棒はいいね!

次は6mm鉄丸棒を通販で買った。
ホームセンターには10mmまでしかないので、それより細いものは通販でしか買えない。
価格が高めで、さらに送料を考えると細いくせに10mm棒より割高になる。
すべてを10mmで作ると重量が重くなるからなあ、仕方がない。

端っこをちょいと曲げて荷台棒を作り、

新しい荷台部分に溶接、
さらに真ん中に配置する長方形を作るが、これが結構難しい。
ベンダーで曲げるときに、思い通りの位置で曲げる練習をしていなかったので、この機会にどこで曲がるかを計測して狙って曲げる。
おかげでよいものができるまでに、せっかく買った6mm鉄丸棒が随分と消費されてしまった。
次からは練習なしでうまく曲げれると思う。

こいつも溶接で取り付けた。
いいんでない(^∀^)

二段ベット型のキャリアだ。
下の段に荷物を挿入するときの邪魔になるので、上の段のフックは切断しておいた。
シャーシブラックで塗装して完成。

荷物を支える上部の溶接点に集中して引っ張り力がかかるので、
横に板でも補強溶接しなくてはならないかと想定していたのだけど、
is工場長からは棒の溶接だけで大丈夫と言われていた。
実際作ってみると、おっしゃるように強度はしっかりしており少々重い荷物を載せてもびくともしない。
頑丈に作れたぞ。

どうだい、この形状。
純正然としていて違和感がない。
しかも普段の通常利用もこのままできる、
林道戦闘の時は特に改装はせず、このままで下の段を使うのだ。

下はリアフェンダーの直上まで下げてある。
前は純正キャリアの最前部で接合してあるので、さらに前部分にスペースが余っているが、
改造をリアキャリア部分だけにとどめたかったので、これでよいと思っている。
(さらに前までキャリアを伸ばして車体フレームに接合するとすると、直接溶接ができず取り付け機構を作らなくてはならない…面倒くさい!)
実は、このスペースを利用したビッグタンク化も想定…
ってこれはさすがに自分では絶対無理。
KSKさんのブログでビッグタンク化の記事見たけど、はちまるには逆立ちしたって無理だ。
choi's clubというところでビッグタンク改造依頼できるみたいだ。

増設した二段目の部分にはテントと銀マットが入る、サイドに張り出しても良いので長尺物が差し込めるぞ。
この画像のテントは4人用(ソロは溶けてしまってナイ)だ、
ソロテントだと、あと椅子くらいなら追加挿入できそうだな。
見てわかるようにキックスターターには一切干渉せず、使用に問題なし。
さらに林道用スクランブラーマフラーも荷物に干渉しない。OK!

この状態で、一段目にはGIVI基台を装着した。
普段はGIVIの箱小のみで運用。
旅の時にはGIVI箱を46Lの大きな物に換え、二段目に長尺物を載せる。
これでいちいち旅用にキャリアをつけ外ししなくてよくなったぞ。
溶接跡は相変わらず汚いが、今回は珍しく思い通りのものが作れた(^^)。
はちまる二段キャリア2015モデルとして流行る……かな(笑)

溶接で快適化!チョイノリいじるなら




タイヤチェーンの考察と修理

雪だるま作戦は成功裏に終了したが、はちまる機体のリアタイヤチェーンが破断したので、
その原因考察と修理をしようと思う。
 
まず、チェーンの状況を確認。
リョウキチ機体、ノーマルタイヤに巻いたチェーンでは、

前輪、削れはほとんどない、
チェーンの線も丸いままで形状を保っている。
これならまだ何度か使えそうだ。
次に

リョウキチ機体、ノーマルタイヤの後輪に付けたチェーン。
削れてきています。
山なりの所が平面になってきている。削れの量は3割か?4割か?
削れ部分の形状が違ってくるので、この削れの量がこのままのスピードで進行してくるとは言えないし
おそらくまだ使用できると思われる。
 
やはり後輪の方がけずれがひどい。
これは駆動輪であることと、雪道ではフロントブレーキは転倒の危険があるためリアのブレーキを頻用することによる。
あと重量が前輪より後輪にかかることも原因かもしれない。
 
次にはちまる機体
スノータイヤに装着したチェーンを見てみよう。

前輪はそれほど削れていない。
ノーマルタイヤと同等だと思われる。
これならまだ使用できそうだ。
しかし、後輪。

削れの量が尋常ではない
削れているのは路面との接触部、しかも平面に削れているので、路面との摩擦で削り取られていると考えられる。
一番ひどいところでは

破断寸前のものあり。
このように平面で削れていくので、切れた時にはチェーンの一部分が完全になくなった状態になっている
(雪だるま作戦2015の記事参照)
 
なぜこれだけ削れがひどいのか?
原因として
1、スノータイヤであったこと
2、はちまるライダーの乗り方
3、取り付け状況による周囲への干渉
が考えられた。
スノータイヤにすることでタイヤ外径が大きくなり、手で回したときに周囲に干渉していないと判断していたが、走行時の高回転による遠心力でチェーンが伸びて周囲に干渉して削れた可能性も残る。
そういえば、走行時に定期的なシャンシャン音がしていた。
また、車体の方に傷がないか見てみよう。
 
切れた部分は

ここだ。

作戦の最中は応急修理として内側にまとめて、針金で固定しておいた
次期作戦(するの?)でこのままというわけにもいかない。
捨ててしまうのは非常にもったいないので、できる限り修理してみよう。

ホームセンターのチェーンのコーナーに行ってみた。
いろいろあったが、リンクがねじれた形になっている「マンテルチェーン」は小さいものしかなかった。
そこで

リンクの代わりになりそうなリングキャッチ4mmというのを買ってみた。

これでとりあえずは直った!?

手で持っているところが修理したところだ。
チェーンのリンクに比べて少々長くなるのだが、取り付け状態はそれほど変わりないようだ。
切れたときの応急修理としてリングキャッチは使えそうだ。
 
もちろんこの削れまくりチェーンは他にもたくさん切れそうなところがあるので、
これで修理完了とは言えない。
完全な修理を目指してマンテルチェーン(線径4mm)を手に入れて修理しようと思っているのだが、
ネット上では購入単位が15m!!
そんなにいらんて…どうしよう。
 

チェーンはパーツクリーナーで洗って、CRC吹いときました。
すぐ錆びそうだけどね~

チョイノリサイトやってます



カゴ付車両のカゴを分析

これまでチョイノリは完全ノーマルのものしか扱ってこなかったが。
このたびカゴ付を手に入れたのでカゴの仕組みと分解方法を記事にすることにした。

これがカゴ付車両。
K3前期型、セル有のタイプだ。
フロントカウル全面上部に巨大なカゴがついていて、接続部はフレームに直結するステーが内蔵されており
収納力は高い。
カゴが付くことで、チョイノリエンブレムとウインカーが隠れてしまうため、
エンブレムはカゴに、ウインカーはハンドル上部に移設されている。
ちょうどうちにカゴ付のポスターがあった。(巡礼旅でもらった景品(^^))

K3とK4ではカゴ付にセルのあるなしの違いがあり、
それぞれエンブレムが違う。
K5以降はカゴ付=セル付 カゴなしノーマル=セルなし となっている。

ウインカーのハンドル移設部を見てみる。
赤丸のようにハンドルの上にウインカー用ステーが溶接されており、ゴムキャップを通してウインカーがねじ止めされている。
つまりカゴ付車両ではハンドルもウインカーも専用品なのだ。

カゴには蓋と鍵がついていて、
チョイノリのメインキーで開閉できる。

開けるとこんな感じ。
キーシリンダーの内側、10mmナットを外すと簡単にキーシリンダーが外せるが

シリンダーはノッチとスプリングを組み合わせたモノなので
構造はメインキーやタンクキャップキーと同じ。ノッチの入れ替えで好きなキーで開閉できるよう改造可能。

蓋のヒンジ部分には支柱が嵌め込まれているので
六角ボルトL型レンチなどで片方から押し出してやると

蓋が取れます。
カゴ本体は

4本のボルトで留められていますね。
 
ちなみにカゴは穴だらけで、正面側面下面、いずれの方向も穴あき。
雨のときは内部がぬれる可能性がある。
下面に「荷物ノ積載3KG以下」と記載があるがそれ以上、載せられそうだ。

ボルトを外し、フレームとの接続部のカラーも外す。
あれ、
パーツリスト上ではここにワッシャがあるみたいなのだが、この車両ではなかった。
なんでだろう。
カゴ付をお持ちの方、ワッシャが入っているかどうか教えてください~
 
これでチョイノリの正面が出てきた。
カゴを取り付ける穴のメクラ栓は純正で設定があるので、カゴなしにしたい時はそれを装着しよう。

ノーマル車体のウインカー装着部穴にはメクラ栓がついている。
ここはカウルの固定に必要な締め付けなので、必要なのでしょう。
デザインがつぶった目とまつ毛みたいだ(笑)

最後にカゴ用フレームを外してみる。
カゴ用フレームは、ノーマル車体のヘッドライト固定ステーをでかくしたものだ。
10mm黄色ボルトを左右2箇所
オレンジのプラスチックキャップ
青丸の部分にあるライト固定8mmボルト左右2箇所
を外す。
 
あと、赤丸の部分に10mmボルトがあるが、
ここのステー取り付け部分はメインキー取り付け部分が前に伸びた形になっており、
SS用メインフレーム、カゴ有用メインフレームにしかない、
つまりノーマルチョイノリにはこのカゴステーが取り付けられないのだ。

取り外されたステー。
ノーマルチョイノリのライトステーに比べたら、かなりしっかりとしたつくりで荷物積載に耐えられるよう設計されていることが良くわかる。
 
カゴ付になって変更されているのはこれくらいかな。

プロフィール

はちまる隊長

Author:はちまる隊長
バイクあそびの達人(自称)
CCJの大将してます
http://suzuki-choinori.com/index.html

訪問者カウンター
フリーエリア
バイク仲間を募集中!

チョイノリクラブジャパン→チョイノリで冒険をするチョイノリストの会

GRS林道部隊→原付で未舗装オフロードを走って野営する冒険部隊

GRS公道部隊→原付で長距離ツーリングを行う旅部隊

CCJオフロード部隊→エンデューロレースを楽しむレーサー部隊

CCJマラソン部隊→バイク仲間たちでマラソンを楽しむ部隊

参加希望ありましたら作戦告知記事にコメントください!
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

ムーミンの雑記帳&内緒のコメント用ブログ

埼玉の大ちゃん

santaの散歩

トモス・クラシック

フライングクロ

#88 新米感覚

イサチャンネル 13ch

ちょい乗り紀行

KSK@ばすのブログ

地平線

ちょいとチョイノリ(別館)

6畳間整備工場

さんちゃんとチョイノリ

セカンドライフを堪能
QRコード
QR