Vストロームでバイクステーション倉敷 偵察旅

昼から時間が開いたのでVストロームに乗ることにした。
寒い時期に風防が少ないバイクは厳しいのだが、タマには乗らないと…
DSC_0295.jpg
ハンドルカバーのおかげで手は全く寒くなく、
リアボックスのおかげでヘルメットも楽々はいるので、非常に便利になった。
DSC_0296.jpg
高速道路をとりあえず西に向かって走りながら、
色々考えて 倉敷に行くことにした。
DSC_0297.jpg
到着。

レッドバロン倉敷だ。
たくさん在庫バイクがあって、
昔乗っていたCBR250Rとか CBR600F4iとかある、
なつかしー。
さらに気になっていたリトルカブとかも見れて楽しかったが、
偵察の目的はここではなく向かいのバイクステーション倉敷。

レッドバロンでバイクを買うと、
レッドバロン関連施設で使える券が5000円分ほどもらえる。
Vストロームを買った時にもらった5000円分の券がまだ残っているのだが、
有効期限が1年間なので、もうすぐ期限切れになる。
この券が使えるのが、バイクステーション倉敷の宿泊施設。
一泊2000円程度で泊まれるらしいのだ。

しかしながら何にもないところにわざわざ泊まりに来るのが面倒だし、
温泉や食事が付いているわけでもない。
一人で来て、何にもない部屋でじっとする?
なにそれ、おもしろいの?
行っても仕方ないなあ、どうしようと思っているうちに
もうすぐ期限切れなんだよなあ。

誰か一緒に泊まりませんか?券は余っているので宿泊料は出しますよ。

DSC_0298.jpg
バイク旅の最中に泊まるなら便利な宿なんでしょうけどねえ。
バイクステーションに泊まるために行くっていうのは…ねえ。
話のネタに、泊まろうかなあ
と思いながら、あまり気が惹かれないままに帰宅した。

出石ソバ旅 Vストローム

昼から時間が空いたので、出石にそばを食べに行くことにした。
以前、山陰地方の原付作戦時にパタさんに教えてもらった、おいしかったそば屋、登城さん
に行こうと思い、Vストロームを準備。
原付旅だとササッと用意ができるのだが、でかいバイクだともたつく。
速度出るし、装備もしっかりしたものを、と思うと、
ヘルメットからジャケットからETCから、いろいろ入り用になる。
結果、出発してから、ああ、ライディングブーツ履くの忘れた防寒ブーツもままだわ。
となったが、引き返すのが面倒なのでこのままいくことにした。

高速道路を北上していくと、生野峠を越えたところで急に気温が下がり、曇りになり、
雨がパラパラと。
ああ、山陰だねえ。
学生時代に鳥取県に住んでいたので、この感覚が懐かしい。山越えに一致した気候変化。
山を越えたらそこは山陰。
養父ICで降りてから出石へ向かう。
雨は小雨なので、このまま行っちゃおうと思ったら、
出石周辺の道は凍結防止のため、地面からスプリンクラーで水がまかれていて、
上からも下からもぬれる。
なにすんねん!ロードパルの悪夢がよみがえるが、今日はVストローム、機体はへっちゃら。
しかし~
寒い寒い。
でももうすぐそこだし、このまま行こうと思ってなんとか
DSC_0278.jpg
着いた。出石城 大手門前駐車場、200円。

この日は平日なので観光客は少なかった。
片道100kmの旅で、Vストロームにしてみたら1時間半程度で着いてしまうのだが、
けっこうな苦行旅だったので長く感じたな。
DSC_0273.jpg
店を探しに行こう…
と思って用意していると、ヘルメットがボックスに入らない。
以前から気になっていたのだが、純正のボックス。小さいのだ。
ボックスの壁ばっかり厚くて肝心の内容量がすくない。
オンロードヘルメットなら何とか入るのだろうが、自分のはヒサシが付いたオフロード用。入らん。

かといってバイクにひっかけて置いたら盗難の問題もあるし、なによりヘルメットの内側が雨で濡れたら、帰りは苦行どころの騒ぎではない。
仕方なく持ってウロウロすることにした。
この点、GIVI 46LケースのついたCD125や ベスパ250GTSなんかは
ヘルメットが楽々入って、しかも荷物も入る容量があり、全然便利だ。
Vストローム。アドベンチャーバイクならもっと容量増やしてほしかったぜ。超不便。

気を取り直して出石を登城さんへ向かう、
さすれば
DSC_0275.jpg
登城さん臨時休業とかいうオチが…
まじでか
いやいや、なんでこうなるの。
まあ平日だからネエしかたないか。
しばしうろうろして他に良い店が無かろうかと探す。
結果、
DSC_0277.jpg
官兵衛さんが開いていた。
初めて入る店なのだが、良い店だった。
なやみになやんだのだが、
寒くて手が震えていたとしても…だ、出石まできたら、皿ソバでしょう。
コレ食いに来たんだから!
と自分を奮い立たせてかけそばを断念して冷たい皿そばにする。(男!)
DSC_0276.jpg
キタキタキタ!!

ここは登城さんと同じく、塩のみで食べる用の塩が用意してあった。
最初のふた皿を塩のみで食う。
ウマい!
ソバの風味と甘さがグイグイ来る。雑味なし、ソバとはこれのことだ!

お茶で暖を取りつつ、次はダシとネギのみで食べていく。うまいねえ。
タマゴや山芋はダシの味が鈍るのでいれない。
時折わさびを ひとつまみ 口に入れながら食べていく。
5皿目に入ったところで店員さんが追加を聞きに来てくれ、5皿追加する。
良いタイミングでの追加注文ができた、

一気に9皿まで食べきったところで、
最後は卵の黄身だけダシに入れて最後の一皿を平らげる。
そしてタイミングよく出てきた蕎麦湯で割ってダシをいただき、おなかを休める。

ああ、うまかった。
めんどうをみてくれた店員さんは若い男の方で、
ここの若旦那かな?非常に気配りしていただいて終始居心地が良かった。
次、出石に来た時はまた官兵衛さんにお世話になろうと思う。うまかった~
ってか記事書いていて、また食べたくなっている。うう。

食後、山陰の下道を散策しながら帰宅する予定だったが…
DSC_0279.jpg
いやもうむり。
寒すぎて速く南に避難したいと思っているワシ。

家族の年越しそばと自分のご当地ビールをゲットした後は、持ってきた防寒衣類をすべて動員して完全装備となし、帰宅する
バビューン。
ああ、山陰の寒さ半端ない。だからうまいそばができるのだね!
DSC_0280.jpg
帰宅後、播磨駐屯地でお土産ビールを飲みながら
Vストロームの洗浄とツーリンググッズの整理を。ああ幸せな休みだった。
そして夕食は家族とあったかいしゃぶしゃぶ食べ放題で体を暖めましたとさ。

またソバ食いに行きたい!
次は春までまとう(笑)

Vストロームの旅(四国うどん ゴルゴ先輩との旅)

ほっとんど乗っていないVストロームですが、
じつは時折のっております。
ある日の午後、うどんでも食べに行こうとVストローム出動。
高速道路に乗れるので、もう瀬戸大橋わたって讃岐までいくかあ。
DSC_0159.jpg
あっというまに四国。
冒険感すくない。
原付旅とは全然違うねえ。
DSC_0158.jpg
ネットでちょこっと調べて店を決めた。
DSC_0157.jpg
うん、うまいね。
そして安い。

せっかくここまで来たから
DSC_0160.jpg
うどん屋をハシゴ(笑)
腹いっぱいになって、リバース寸前の状態で帰ったとさ。

また、ほかの日。
ゴルゴ先輩との温泉旅にVストロームで行ってきた。
DSC_0203.jpg
天気も良く快適な日。
片岡屋でラーメン食ってから 高速道路で淡路島の洲本温泉へ。
DSC_0212.jpg
さんざん飲み食いして、
また最初から最後まで部屋でしゃべりまくった。
いつまでも話が尽きない。
4か月ごとの恒例会にしているが、毎回 ネタが尽きずによくしゃべれるもんだ。
記事を書くのが遅すぎて、来月にはまた先輩との温泉旅だが、
すでにしゃべりたい事 満載。
もう毎月の恒例会にしてやろうか!?
DSC_0204_20191209221041b8b.jpg
Vストロームは便利で遠方も簡単に行けちゃう。
こいれからも楽しんでいこう~



Vストローム オイル交換フィルター交換

現在、小豆島作戦・神宮作戦の参加募集をしております
(~2019.07.20まで)
詳しくは下記を参照してください。
https://hachimaru93.blog.fc2.com/blog-entry-3566.html


Vストロームの使用説明書で簡単な整備の項目を読んでいたら、
初期のオイル交換は1000kmと書いてある。
もう1300kmも走ってしまった。

早速交換を行う。
DSC_0140_20190612215812265.jpg
この車体はセンタースタンドが付いているから整備がしやすい。
DSC_0139.jpg
エンジンガードを留めている左右4か所のボルトを外す。
12mm×2本 と 14mm×2本。
DSC_0141.jpg
そしたら17mmのドレンボルトを緩めて
DSC_0142.jpg
オイルを排出する。
1300kmしか走っていないので、オイルは非常にきれい。
まだ使えるんじゃないかなあ、と貧乏性なので もったいない気がする。
DSC_0143.jpg
つぎは奥まったところにあるフィルターを外す。
専用のフィルター外しカップがあればいいのだけど、
そうそう交換するわけじゃないのに専用工具を買うのがもったいない
(フィルターは3回目のオイル交換時に交換らしく、次は15000km走行後とのこと)
DSC_0144.jpg
そこで、うちに転がっていた汎用フィルターレンチで外す。
工具を入れる隙間が狭すぎるので、非常にやりにくいが仕方ない。
DSC_0146.jpg
無事に外れた。
ぽたぽたと落ちてくるオイルがマフラーにしたたるので、パーツクリーナーできれいにしておく。
DSC_0148.jpg
フィルターはネットでさがした。
Vストローム250に使えると書いてあったが、この商品に貼ってある適応車種表には載っていないという不安な買い物だった(-_-;)
幸いにもサイズは合っていた。まだ新しい車種だから載っていなかったのかも。
DSC_0150.jpg
車体右側のオイル注入口からオイルを入れていく。
点検窓には2100mlと書いてあるので、だいたい2Lを入れて、
DSC_0151.jpg
3分間アイドリングして、
3分放置して、点検窓をみると、やや足りないかんじ。
100ml入れて、合計2100mlでちょうどになった。ばっちりだね。

今後は5000kmでオイル交換、15000kmでフィルター交換らしい。
DSC_0152.jpg
これまでバイクは3000kmで交換にしていたんだけど、
整備書が5000kmでいいと言ってくれるのは助かるね。


一人小豆島偵察作戦 Vストローム250

一日、急に空いた~
最近こんなのばっかりだが、せっかくの休日、充実させようではないかと、
急遽、小豆島へ下見に行くことにした。
計画は下記地図の通り
無題
Vストローム250に乗り姫路港へ
IMG_0086.jpg
久しぶりの姫路港だ、前回の小豆島作戦以来だね。
IMG_0087.jpg
ちょうどフェリーが到着するころに来たので、時間が無駄にならなくてよかった。
本番の小豆島作戦の一便遅れの船なのだが、
Vストローム250なら、原付作戦の予定時刻に追いついていけるだろう。

この便は比較的すいていて、
IMG_0089.jpg
テーブルボックス席でゆっくりすることができた。
船の旅は1時間40分。
長いが、小豆島での経路を検討したりバイク整備の用具購入をしたりして時間を過ごした。
ほとんど全線にわたってdocomoの電波が入ったのがありがたい。
ネット通販も問題なくできたぞ。

本番では、この時間を利用して、お茶菓子つまみながらで。カフェをしようかと思う。
ちなみに船内にうどん屋があるので、ちょっとしたお菓子とかも買えるよ。
IMG_0091.jpg
船が小豆島に着く。
島は本土と違って田舎っぽくのんびりしているので、旅をしている感じが強くなる。
ゆっくりしているだけで現地着なんていいね。
IMG_0092.jpg
船のゲートが開き、
Vストロームで国道を南下して第一目的地へ向かう。
IMG_0093.jpg
いきなり懐かしの木原食堂があった。
この日も営業しているようで、おばちゃんも元気でいるのだろう。
予定経路には入っていないが、
もしまたフェリーに乗り遅れるようなことがあったら、お世話になろう(アカン!)
IMG_0095.jpg
展望台で少々休憩してから、さらにすすむ。
腹が減って仕方がない、もう13時だ。

草壁港まできて
IMG_0096.jpg
ネットで見つけたうどん屋「三太郎」に入る。

店構えを見たときは大丈夫か?と思ったが、
注文した生醤油うどん、これがめっちゃうまかった。
さすが讃岐、うどんのコシが違うし、しょうゆのうまさがグイグイ来る。
しょうゆのかけすぎに注意してといわれたが、濃い味が好きなので、ガンガンにしょうゆかけた。
ああ、うまい!
これは夕食にもここにもう一度来よう!!!
と思ったほどなのだが、
じつはここ、14時で閉店なのだ。残念。
また食べたい。小豆島作戦本番が待ち遠しいぞ!

食後は、これまでの進路とは違う24の瞳エリアへ向かう。
IMG_0097.jpg
進路上にしょうゆ記念館としょうゆソフトの店があるので、
ここは外せないでしょう。
バイクがたくさん来ていた。

ここから24の瞳エリアへは海岸沿いの快適な道になる。
適度なワインディングロードを海と空の青さを堪能しながら走る。
サイコーですな。
IMG_0099.jpg
24の瞳映画村まで来た。
海が近くて泳いでいる小魚を見つつ休憩する。

映画村は入場にお金がいるし、
ゆっくり観覧するには 限られた旅の時間がもったいないので、
ここはお土産屋などを散策したり海岸を眺めたりする休憩としよう。

元来た道を引き返して、小豆島西方向へ走る。
そして
IMG_0100.jpg
道の駅 小豆島ふるさと村に来た。
ここでもソフトがあり、
IMG_0101.jpg
すもも味だ。
しょうゆソフトよりこっちのほうがうまいぞ。

ここまでが小豆島の海岸沿いの道だが、
ここからは寒霞渓に向かうべく山道チャレンジになる。
原付作戦ではここからが苦行!?
県道27号線を山登りしていく。
坂がけっこうきついところもあるが、まあ登れないことはないだろう。
途中に何度も野生のサルをみた。
IMG_0102.jpg
展望台が何か所かあるが、
ここよりも
IMG_0108.jpg
こちらの展望台のほうがよく見えるし、座るところもある。
本番ではこっちでカフェにしようかな。
少し行くと
IMG_0106.jpg
寒霞渓のお土産屋さんに着く。

寒霞渓って、結局は崖地形のことなのだが、
本当に観光しようと思ったらロープ―ウェイに乗るべきだと思う。
山頂からはあまり見えないのだ。
でも時間もないしロープ―ウェイなどのらん!
北側の道を山下りして、最終目的地の
IMG_0109.jpg
残石記念公園に来た。

さすがVストローム250、ここで原付旅の予定時刻に追いつき、
帰宅のフェリーにちょうどな感じになってきている。
記念館は本番で楽しむことにして、すぐに福田港に戻る。
IMG_0112.jpg
そしてばっちり時間通りに帰宅することができた。

原付作戦でもこの経路を走りますよ。
総走行距離は90km前後で、短距離だけど、
フェリーの時間が決まっているのと、山登りに苦戦することも考えられるので、
余裕を持った行動をしていこうと思う。
また生醤油うどんが食べられるのがたのしみだぜ♪(^^)

プロフィール

はちまる隊長

Author:はちまる隊長
バイクあそびの達人(自称)
CCJの大将してます
http://suzuki-choinori.com/index.html

訪問者カウンター
フリーエリア
バイク仲間を募集中!

チョイノリクラブジャパン→チョイノリで冒険をするチョイノリストの会

GRS林道部隊→原付で未舗装オフロードを走って野営する冒険部隊

GRS公道部隊→原付で長距離ツーリングを行う旅部隊

CCJオフロード部隊→エンデューロレースを楽しむレーサー部隊

CCJマラソン部隊→バイク仲間たちでマラソンを楽しむ部隊

参加希望ありましたら作戦告知記事にコメントください!
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

ムーミンの雑記帳&内緒のコメント用ブログ

埼玉の大ちゃん

santaの散歩

トモス・クラシック

フライングクロ

#88 新米感覚

イサチャンネル 13ch

ちょい乗り紀行

KSK@ばすのブログ

地平線

ちょいとチョイノリ(別館)

6畳間整備工場

さんちゃんとチョイノリ

セカンドライフを堪能
QRコード
QR