丹後半島周遊旅 Vストローム

自粛が緩和されているとはいえ、まだまだ集団で集まるのはどうかなあ。
と思って、今の所はまだ原付作戦をしていない。
今回も一人旅だ。
Vストロームで丹後半島に行くことにした。
DSC_0255.jpg
土曜日、仕事が終わったらさっそくVストロームに乗って北へ。
予報通りに雨がガンガン降ってくる。
雨好きなので全然苦ではないのだが、今回は普通の革靴できてしまっていた。
途中で、ゴム長靴にするの忘れてた!?と気付いたけど、
引き返すのがおっくうだったからそのまま進行。
全身 対雨装備にもかかわらず足元だけ無防備で靴に染み込んだ雨で足が寒い寒い。
まあしゃあない。

播但道を和田山まで行って、そこから丹後半島へ。
日本海を眺めるお宿、シーサイド佐竹に入る。
DSC_0261.jpg
幸いにも屋根付きの駐車場に停めさせてもらえたので、
カッパやグローブなどを車体にかけて干しておく。
部屋に入ると
DSC_0257.jpg
良い感じの和室でくつろげた。
まだ新しい旅館?もしくはリフォームされたのか。旅館は全体に綺麗だった。
DSC_0259.jpg
積んできた発泡スチロール箱には氷と様々な食材をいれてて、
ここで一人宴会をする。
海を見ながら いい感じに酔ってくる。

不特定多数と密になることを避けるため、食事なしでの宿泊にして、
自分で用意してきた食事を部屋で食べることにしたのだ。
最低限のキャンプ道具も持ってきていたので、米炊いたりタマゴ焼いたりして暖かい食事もアリ。
快適に過ごせた。

翌日。
DSC_0262.jpg
Vストロームの上で休憩していたのか、猫の毛が大量に…
しっかり払ってから丹後半島を周回する旅へ出発。
DSC_0263.jpg
道の駅を見回ったり、カフェができそうな東屋をチェックしたり。
いずれ再開するであろう原付作戦の下見もかねながら、進んでいく。
DSC_0264.jpg
海と山が左右から迫ってくるような地形で、自然豊か。
普通にサルとか、めっちゃいる。
時折出てくる集落ものんびりとしていて癒される。
DSC_0265.jpg
そして伊根の舟屋群まで来た。
ここに来るのは初めてだ。
漁師にとっては超便利な家なんだろうが、津波とか来たら全滅でね?
ここら辺は津波の危険はないのかな。
DSC_0270_20200623131038cd3.jpg
晴れているかと思ってカッパを脱ぐとパラパラ降る。
というような感じの天気で、何度か休憩しつつ
DSC_0272_20200623131141a72.jpg
見覚えのあるところに。
ドライブインだるま。
なつかしいなあ。
DSC_0271_20200623131221fc7.jpg
うどん自販機がまだ現役だった。
故障修理のパーツはでるのかな?
さらに進んで
DSC_0273_202006231313091bc.jpg
舞鶴 とれとれ市場で海鮮丼を食う。
ここでは海鮮丼を好きなところにもっていって食えるので、なるべく人のいない場所まで移動して食べる。
ああ、うまい。
しかし高い。大盛りで2000円とかした。高級昼飯だな。

さらに南下すると、雪の舞鶴作戦の帰りに寄ったラーメン屋があった。
まつかしー。
極寒雪中走行後に立ち寄ったオアシスだったから印象深い。
お客が満員で店外まで行列が…。はやってんな~
DSC_0274_20200623131443f49.jpg
雨の中を下道で帰っていく。
さらに進んで未知の経路で姫路へ。
DSC_0275_20200623131541594.jpg
ナビ通りに走って行くと、
急に見知ったところにでた
あ、古法華キャンプ場やん。
ここに出るのかあ。
DSC_0276_20200623131703e7e.jpg
雨で汚れまくった車体を洗浄してから帰宅。

なかなか充実した旅になった。
また行きたいものだ。次は原付かな?

ゴルゴ先輩飲み・温泉会 Vストローム

関西地方ではコロナ自粛も緩んでいき、
徐々に旅を楽しめるようになってきた。

久しぶりにゴルゴ先輩との飲み会。
コロナで延期延期 となっていたのだが、やっと開催できた。
DSC_0243_20200623123623ed6.jpg
最近、高速道路を使用する旅では、
夏 Vストローム 冬 ベスパGTS
という使い分けになっている。
今回は淡路島の洲本温泉だ。

原付で行くのも考えたが、淡路島に渡るのにフェリーに乗るのは避けたかったので(公共交通機関はしばらく忌避だ。)Vストロームで行く。
ホテルニューアワジは夕食も朝食も部屋だしなので、不特定多数の他人と密になる状況がさけれる。
例のごとく、先に入って酒飲んでいたら先輩が到着。
到着するなりお互いしゃべりまくる。
DSC_0241_20200623123851c77.jpg
楽しくてついつい飲み過ぎ。
これだけあったら絶対余るだろうと思っていた酒たちがどんどん消費されていき、追加注文する始末。
先輩とは話が合うのだが、今回はミリタリー関連の話(日本の国防)まで踏み込んで話したが、
いずもの空母化の話や、次期主力戦闘機F3開発計画 F35運用方法などなど、
知らん人にはまったく通じない話が、普通に喋れて楽しかった。
なんやしらんが 最後の方はガンダムの話や 銀河英雄伝説の艦隊戦にまで言及…マニアック!?
DSC_0239.jpg
酔いまくって記憶があいまい。
写真見て、こんなの食ってたんだ~ と思うが思い出せない…
なんかもったいないなあ(笑)

深夜までしゃべり続けて、気付けば午前2時ごろまで話していた。

翌日も温泉を堪能してから帰宅。
DSC_0245_2020062312441643d.jpg
先輩もバイク乗ってくれたら、ツーリングも一緒に楽しめたのだが、
バイクには興味ない様子で車で帰っていった。
自分は淡路島観光を少々しつつ、次回、子供らを連れてきたときのために遊園地偵察にもいくが、
おのころ は残念ながらコロナ休園になっていた。

次回は宴会地選定が先輩の担当なので、どこになるかわからないがエクシブにしそうな感じだ。
次回が待ち遠しいなあ。

Vストロームで竹田城

コロナ騒動でみなさんいろいろお疲れのことと思います。
わが原付部隊も作戦自粛を強いられてしまい、予定していた作戦はすべて中止となってしまいました。いつか再会できる日を夢見ております。

現在、兵庫県は緊急事態宣言を受けてみんな頑張って外出自粛中ですが、
そんな緊急事態宣言が出る前の記事です。
仕事がら、コロナの影響でなかなか家に帰れず、職場に泊まり込むことが多くなっていて、
たまに帰宅が許される条件になったら、さあ、外の世界へ~!♪
ということで、この日はVストロームでとりあえず北へ行くことにした。
DSC_0091.jpg
あてもなく北上しつつ、走りながらどこ行こうと考え、
そうね、竹田城跡にでも行こうと思って、高速道路で和田山まで走り、立雲峡側に来た。
桜が満開で綺麗だ。
まだまだ肌寒い気候だけど、大型風防のおかげで寒さも幾分か楽。
DSC_0095_20200424234430def.jpg
立雲峡の駐車場に到着。
以前、原付部隊で竹田城作戦を行い、ここにきたが、
そのころとだいぶ変わっている。
舗装途中だった道が完全に整備されていて、展望台への道に何やら小屋など建っていた。

平日だから人も少なかろうと思ってきたのだが、
さくら祭り とかいうものをやっていたようで、結構人がいる。
コロナ関係で、なるべく人込みをさけていたので、遠巻きに眺めるだけで帰ることにした。
ここまで来たら出石でそばでしょう~
とも 思ったが、それも感染リスクかな?ということでヤメ。
DSC_0097_202004242348210fe.jpg
結局、走りしか楽しめないので、帰路は国道でのんびり景色を楽しみつつ帰る。
日本家屋のいい雰囲気がある播磨屋本舗。
播磨焼きの本店だよ。
ここもちらほら観光客がいたので、駐車場から眺めるだけで帰った。
DSC_0098_20200424234940237.jpg
大型風防は隙間があるので完全に風は防げないが、
実際走ってみるとそれなりに効果があった。
今までに比べて断然疲労が減った。
効果を心配していたのだが、大丈夫そう。

この後、非常事態宣言が出ることで、今に至るまで単車には乗れない日々。
ああ、また出かけられる日が…来ることを祈る!

Vストローム巨大スクリーン

前回の長距離旅でVストロームがさらに気に入った。
長距離でも快適に走れるし取り回しもよい。
荷物積みまくれるし、航続距離も500km。
これは長く乗りたいものだと思ったので、快適装備を拡充することにした。
まずはフロントスクリーン。
DSC_0083.jpg
Vストロームの純正フロントスクリーンは小さいのだ。
本当にただの飾り程度。
そこでネットで検索すると、大きな社外スクリーンは
キジマのものと旭風防のものがあるようだ。
どっちがいいのかわからないが、とりあえずキジマのものを買ってみた。
DSC_0084_202003221549380d2.jpg
取り付け方は超簡単。
ただただ順番通りにステーとボルトを取り付けていくだけだ。

これでだいぶ風防の高さが高くなった。
DSC_0085_20200322155049013.jpg
しかしながら、実際 走ってみると結構風を感じる。
ベスパGTS250ieの風防に比べてあまり効果ないような…

原因は
DSC_0086_20200322155153e9e.jpg
風防が前方にオフセットされていて隙間が多いため、
あと風防の上部分がVの字型にカットされていて、
肝心のライダーの正面が凹んでいるころだろうか。

せっかくならここらへん、もうちょっと風防効果のある形状にしてほしかったが、
まあスクーターと違って少しは風を感じて走ろうよ
ということかな。
実際の使用感はまた次の旅で検証だ。

Vストロームで温泉旅。

今度はVストロームで温泉に行くことにした。
一人旅~。

この日は平日なのだが、昼から休みで、
しかも明日が休日といういいタイミング。
家族の許しを得て気楽な一人旅へGOだ。
DSC_0065_20200322152407729.jpg
まずは洗車場へ。
DSC_0067_20200322152432262.jpg
前回の氷ノ山林道走行で汚れまくっているからな。

高圧洗浄機でばばばって洗浄したら
DSC_0068_20200322152506bb9.jpg
綺麗になった。

高速道路で淡路島入りして、
時間に余裕があったから淡路翁へ
DSC_0070_20200322152758fe8.jpg
店に入ると2組くらいのお客さんが。
こんな山奥の辺鄙なところなのに、
平日にも関わらずお客さんが来るのはさすがである。
DSC_0071_202003221525576ec.jpg
うまい…んだが、いかんせん量が激少ない。

お待たせしました~
ズズズッ
ズズズッ
ズズズッ
ズズズッ
御馳走様。

2分で食べ終わる。
追加したいところだったが、これから温泉宿だしね、
腹2分目で店を出た。
DSC_0072_20200322152923cca.jpg
そしてホテルニューアワジ。
昼間っから酒飲んでゆったり温泉に入り、
お食事いただき、温泉に入り、ああ、幸せだねえ。
気楽なのんびり時間を堪能する。

翌朝
DSC_0075_20200322153538e5e.jpg
そのまま帰るのももったいないので、今度は鳴門海峡大橋から四国入りして徳島観光。
以前、記事に書いたK君と四国巡りしたときに行った
阿波の土柱 を見に行く。
ここもK君と同じで20年ぶりだな。
懐かしいねえ。
すごくのんびりした田舎風景に癒され、しばし日向ぼっこだ。

帰りの駐車場で姫路ナンバーのTTR250レイドを見かける。
あれっ姫路からですか?
と声をかけたら、
姫路の方だが、現在は単身赴任で徳島在住の方だった。
バイク歴をお聞きすると非常に趣味の合う方だったので、しばし歓談。
林道走行のこと、オフロードバイクのこと、ハンターカブのこと…
楽しくおしゃべり出来て、できたらまたお会いしたいものだと
連絡先を交換させてもらった。
またいつか一緒にツーリングやキャンプができたらいいな。
DSC_0076.jpg
徳島から香川に入る。
山間部の山道は快適で適度なコーナーをぬうように走り、
香川で高速道路へ、
瀬戸大橋で岡山入りして、姫路へ帰宅した。
旅の走行距離は全部で450kmほど。
タンクが17Lもあるので無給油で走り切った。すごいねVストローム!

なかなか楽しい旅になった。
また一人旅させてほしいな(^^)


プロフィール

はちまる隊長

Author:はちまる隊長
バイクあそびの達人(自称)
CCJの大将してます
http://suzuki-choinori.com/index.html

訪問者カウンター
フリーエリア
バイク仲間を募集中!

チョイノリクラブジャパン→チョイノリで冒険をするチョイノリストの会

GRS林道部隊→原付で未舗装オフロードを走って野営する冒険部隊

GRS公道部隊→原付で長距離ツーリングを行う旅部隊

CCJオフロード部隊→エンデューロレースを楽しむレーサー部隊

CCJマラソン部隊→バイク仲間たちでマラソンを楽しむ部隊

参加希望ありましたら作戦告知記事にコメントください!
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

ムーミンの雑記帳&内緒のコメント用ブログ

埼玉の大ちゃん

santaの散歩

トモス・クラシック

フライングクロ

#88 新米感覚

イサチャンネル 13ch

ちょい乗り紀行

KSK@ばすのブログ

地平線

ちょいとチョイノリ(別館)

6畳間整備工場

さんちゃんとチョイノリ

セカンドライフを堪能
QRコード
QR