淡路島一人旅 Vストローム

一人の時間がゆっくりできたので一人旅に出かけることにした。
久しぶりのVストロームで淡路島へ。
DSC_0078_20220315120930254.jpg
ホテルニュー淡路に前泊する。

この日は平日だったので非常に空いていた。ありがたい
DSC_0073_20220315121005555.jpg
部屋に入ってゆっくりした後に大浴場へ。
平日で、しかもアーリーチェックインですぐに風呂に入ったので、
だーれもいないはず。
と思っていたら親子連れがいてた。
俺より早く入っているとはすごいな。
もしかして連泊?かな。

風呂では昨今まれにみる解放感を味わった。
やはり 一人旅はイイ。
毎週来たいくらいだが、そうすると飽きるんだろうなあ。
DSC_0076_20220315121007a6f.jpg
夕食をいただく。
いつものごとくビールとチューハイでしっかり酔って、
何くったかあまり覚えていない。
満腹になり早めに就寝
DSC_0077_202203151210084af.jpg
翌朝の朝食。
普段、朝食食べない生活しているのだが、
旅行中の朝食はうまい。
一口食べるだけで腹がさらに減ってきて全部食った。

旅館を出ると南下して、気まぐれに走る。
諭鶴羽山方面に入っていく。
DSC_0079_20220315121010e1e.jpg
前回の諭鶴羽山作戦以来なのだが、
なんか坂が急、、、
こんな坂、本当に原付で登ったのかな?

くねくね道を走るのだが、曲がりが急でしかも傾斜がキツイから非常に難しい
よりによってうちで一番デカくて重いVストロームできたから、大変だ。
DSC_0080_202203151217216da.jpg
突然、野生動物を防ぐゲートが現れる。
カギはかけてないから自分で開けて進めとのこと。
こんなのなかったはずだが…
DSC_0081.jpg
さらに上に登っていくが、
道が明らかに違う。
道幅は狭く、ガードレールも全然ないほぼ私道のような感じ。
DSC_0082_20220315121723e7d.jpg
眼下には海がきれいに見える。
DSC_0083_202203151217281dd.jpg
山頂部まで来て、諭鶴羽神社方向へ行くと
あれ、前回とは反対方向から神社に着いた。
DSC_0084_2022031512172824e.jpg
ここで気が付く。
登り口が前回とは違っていたようだ。
DSC_0085_20220315121729f8c.jpg
ここからは国道28号線方向へ降りていくことにする。

山を下りると携帯電話に着信があることに気づく。
留守番電話を聞いてみると、昨日のホテルニュー淡路。
荷物の忘れ物をしていたみたいだ。
仕方ないので洲本に帰り、荷物回収した。
せっかく洲本に戻っていたので、そういや行っておこうと思っていた
DSC_0086_2022031512173099a.jpg
ドラグンクエストの碑を見学。
そして伝説へ…

以前、ドラゴンクエストのイベントをやっていた公園なので、その名残かもしれない。

淡路島の西海岸側へ向かう途中、
雑貨屋さん風の店の前で
DSC_0088_20220315121731258.jpg
ベスパ見つけた。
スモールボディ。
DSC_0089_20220315121732bc5.jpg
ピリマベーラ ET3 125㏄のようだ。
スモールで2ストローク125ccとか、車体硬性とかブレーキ関係とか大丈夫なのだろうか。
DSC_0091_202203151217343ce.jpg
オブジェとして放置されているようで、とても走れる状態ではない。
後輪パンクしているようだが…
ソケットが付いたまま。。。
タイヤ交換しようとしてあきらめたのか(笑)

少し北上して
DSC_0093_2022031512173713e.jpg
高田屋嘉平記念館へ来た。
前回、淡路島作戦で寄ったのだが、隊員と一緒だったので詳しく観覧できなかったから、
ゆっくり見るため改めて一人で来たのだ。
映像作品をじっくり見て、資料を見る。
御存じかどうかわからんが、高田屋嘉平というのはゴローニン事件に巻き込まれた人で淡路島の人なのだ。

日本に拿捕されたゴローニン艦長が
日本拘留時に日本人とのやり取りを記録した「日本幽囚記」というのを残している
DSC_0092_2022031512173548d.jpg
日本に拘留されているにも関わらず、
その内容は日本に好意的で、
日本人を世界で最も聡明な民族である とか 勤勉であるとか。

鎖国を選んだ日本人を否定しようとしたが理路整然と説明され反論できなかった
というくだりは なかなか面白い。

満足いくまでいろいろゆっくり観覧し、
DSC_0094_20220315121738e79.jpg
淡路島西海岸沿いに北上して帰宅した。
なかなか面白い旅になった

奥津渓作戦 事前偵察

Vストロームで旅に出ようと思った。
DSC_0522.jpg
自宅から播磨駐屯地まで。
ハンターカブで移動していたら、もうこのままハンターカブで出かけたいと思う。
それくらい手軽な軽量車体ハンターカブ。
しかし、この日はかなりの遠方までの走行だから、高速道路必須なのでVストロームに乗り換える。
重いなあ。
DSC_0524.jpg
ただ、いざ乗ってみたら便利な車体。
250ccで車幅が狭くニーグリップしやすい。
高速道路を走って院庄まで。
DSC_0526.jpg
途中の駐輪場でオイル漏れを発見して焦ったが、Vストロームではなかった。
前に駐輪していた人のオイルのようだが、大丈夫だろうかと他人事ながら心配になる。
(ツイッターでコメントもらったところによると、まつきちさんではないとのこと(笑))
DSC_0528.jpg
津山市郊外のぶんぶんファクトリーに到着した。
蜂のオブジェが多数あり、お客さんも大量に。。
大人気店だった。
レジに並ぶが、時間がかかる
DSC_0530.jpg
期間限定商品とばっかり思っていたクリームパンがあり、
DSC_0531.jpg
狙っていたどら焼きもあった。
二つとも買ったが、アップルパイは買わず。

食べたところどちらもすごくおいしかった。
蜂蜜の味が濃厚で、自分はどら焼きはあまり好きではなかったのだが、
ここのはおいしかった。
皮部分に蜂蜜が練りこんであり、モチモチ感もすごい。
どら焼きがおすすめだよ。
DSC_0532.jpg
北上して奥津渓を目指す。
それまでに奥津湖があるので、寄ってみる。
湖をめぐる道路は快適なワインディングロードで走っていて楽しい
DSC_0533_20211115124145cd7.jpg
そこかしこに紅葉が。
秋感を満喫しながら走る。
標高が高いのか、少し寒い。防寒着は完ぺきにしていたので大丈夫。
DSC_0534_20211115124147b2f.jpg
記念碑が立っている公園らしきものがあった。
どうやら、この奥津湖はダム湖?のようで、湖底に沈んだ村や小学校の記念碑のようだ。
東屋があったので、まちきちカフェ候補地としておく。

ここから北へしばらく走っていくと奥津渓に着くが、
紅葉の季節なので車がすごく多かった。
そして交通制限で南側から北上する一方通行規制になっていた。
幸いにも北上経路だったので問題なく侵入。
DSC_0537_202111151241484f6.jpg
奥津渓
大量の人 人 人。
みなさん車出来ているのだが、駐車場がないので困った車がうろうろして危険だ。
DSC_0538_20211115124234170.jpg
幸いにもバイクできた自分は好きなところにさっと停めて、
さっと撮影して走り出すので、
DSC_0539.jpg
周囲に迷惑にならずに良い写真が撮れた。
ただし、多人数部隊だと迷惑になる可能性があり、状況によっては停車せず
通り過ぎるだけの紅葉観覧になるかもしれない。
DSC_0540.jpg
先に進んでいくと、路駐の嵐。
道のわきにどこまでも続く路駐車。
空いたら、すぐに次の人が停めようとする、そのたびに通行がストップして渋滞。
えげつない。
バイクの自分はすり抜けながら先へ先へ。
奥津渓を通り過ぎた。

ここから山道に入る。
DSC_0541.jpg
人が全然いない山を走っていくが、ここでも紅葉はよく見れる。
ここらへんでゆっくり写真を撮ればよいね。

ただ、ここからの山登りがキツイ。
チョイノリやロードパルで登れるのかどうかよくわからんのだが、
もし登れない機体があったら、経路を変えようと思う。

とりあえず奥津渓まではそれほどきつい坂はなかったので大丈夫だろう
DSC_0542.jpg
山越えの先にふるさと村あり。
赤いハンターカブに出会った。
DSC_0543_202111151242411dd.jpg
紅葉真っ盛り。

ちなみに、作戦は2週間後…
紅葉全部散っているかもしれんと思うが、、、
まあ少しくらいは…残っているのでは?
DSC_0545.jpg
さらに先には22世紀の森という場所があり
DSC_0546.jpg
かなりちゃんと整備された休憩スペースがある
トイレもあるし、カフェ第一候補だな。

山越えを終えて津山市に入る。
ここからは経路を外れて、
昼食時を過ぎて空いているであろう「とん喜さん」に偵察へ行く。
(本来はぶんぶんファクトリー前に昼食予定だよ)
DSC_0550.jpg
外観を見てみると小さい店だった。予想と違う。
この日は食べるつもりはなかったのだが、
中の席数とか、状況を知りたかったので入ることにした。
DSC_0548.jpg
店はカウンターが8席ほど、奥に座敷があったが、
お客さんが少なかったので電気が消してあり、座敷の席数はわからなかった。5席ほど?
人数が多いと入りにくい店だ、混んでいたら全員が入れず時間がかかるだろう。
しかも揚げ物だから作る時間もかかるだろうしなあ、違う店に変えようか?
と思っていたが、
頼んだ味噌カツ丼が来て、
DSC_0549_2021111512424759b.jpg
食べてみると、
これ、絶品!!

ぜひみんなを連れてきたい
ということで
もしかしたら全員が入りきらず、順番に食事することになるやもしれないが、
とん喜は行こうと思う。
ああ、思い出しただけでまた食べたいぜ。。
奥津渓作戦 (1)
ということで、
1,
計画通り激坂山道を超えられた場合は、22世紀の森で休憩カフェとし。
2,
激坂山道を断念する場合は引き返して奥津湖畔公園で休憩カフェして津山市から本来の経路に復帰
としよう。

ああ、楽しみだ。
紅葉、後二週間、もってくれよ~

Vストローム250 エンジンガード装着

Vストローム
DSC_0478_202111081257504b5.jpg
このままでも十分重厚ででかくて頼もしい見かけだが、
さらにでかくしたい(なんでだ?)
DSC_0479_20211108125751917.jpg
昔は中国の通販サイトでしか買えなかったエンジンガードが、最近ではアマゾンとかでも出品があり、難なく、安心して買える。
中国からくるので、到着はややおそい。
さらに、梱包資材、あーこれこれ中国クオリティの、
新品なのになぜかうす汚れて埃っぽくて、たまにネチャっているエアキャップ包装。
なんでだろうね。
DSC_0480_20211108125753e58.jpg
開けるとこんな感じ。
ところどころバリ取り省略してあったり塗装が剥げていたり。
まあ、よくも悪くも中国クオリティ。
DSC_0482_20211108125754c7c.jpg
取付ステーが曲がってしまっているのもご愛敬(そうか?)
結局万力でまげて正規位置に修正しないといけない。
いろんなところの精度が悪くて素直にはつかない。あれやこれや試行錯誤してやっと
DSC_0483_20211108125756712.jpg
とりつけられた。
黒のガードなので目立たないが

DSC_0484_20211108125757746.jpg
横に張り出している
DSC_0487_20211108125759dbd.jpg
重厚感あふれるなあ。
この間、小豆島作戦を行ったときに、同じエンジンガードを付けたVストロームを見かけたが、
その車体は、このエンジンガードの側パイプにさらにボックスをつけてドでかくなっていたので
もうBMW R1200GS adventureかよってなほどの車幅だった。
かなりご立派だったので、つけようかなとも思うが、すり抜けの危険性を考えると躊躇。

おまけ
ガラシャ作戦で食べ損ねたカレー焼きそば食べた。
DSC_0477_20211108125748065.jpg
家族旅行で(自称)プール付き別荘にいったときの帰りだ。
あ、ピントあってねえ…
適度にスパイシーでうまかった。またガラシャ作戦の再挑戦したいな。
DSC_0475_2021110812574702d.jpg
娘が食べてたたこ焼き屋さんの張り紙。
かわいかった。

Vストローム旅 七釜温泉

Vストロームで旅に出た。
DSC_0488.jpg
前日の準備。
チェーンの張りを調整して、チェーンオイル補給。
前後タイヤ空気圧調整。
万全の準備ができた。

当日。
高速道路を使う、播但自動車道で北へいく。
Vストロームは相変わらず乗りやすい。すいすい進む。
八鹿氷ノ山で降りて9号線を西へ走っていると小雨が…
本日は晴れ予想だったのに、山陰にくるとこれだからかなわん。

DSC_0491.jpg
しばらくすると大雨に。
たまらず雨宿りして雨具を装着する。
DSC_0492.jpg
カッパを着終わったタイミングで
DSC_0493.jpg
晴れてくるというのはよくあること。
苦笑いしつつ。ここで脱ぐとまた降るのもよくあることなので、
このままカッパで進行
DSC_0494.jpg
結局降ることはなく、かっぱのまま宿に着いた。
DSC_0495.jpg
本日お世話になるのは七釜荘さん。
DSC_0496.jpg
部屋は和室でゆったり。
チェックインと同時に大浴場へ行くと誰もいない一番風呂。
よかった。
ゆっくり湯につかり、体を洗い、部屋に戻って一杯やっていると、
風呂からにぎやかなはしゃぐ声が。
若者が宿泊しているのだろうか、風呂が一緒にならなくて本当によかった。
DSC_0497.jpg
食事が始まる。
部屋だしの食事なので一人で安心してゆっくり食べられる。
本日はえびづくしの会席膳
DSC_0498.jpg
見たこともないようなエビがいろいろ出てくる。
DSC_0499.jpg
どの料理にもエビが入っていて
うまい。
DSC_0500.jpg
たしか右から
もさえび
あまえび
おにえび
最後のは忘れた。
DSC_0501.jpg
バター焼きから
DSC_0502.jpg
天ぷらまで。
このあとさらに茶碗蒸しや味噌汁や
エビ海鮮丼とか、
もう次から次にエビ調理が運ばれてきて写真を撮っている暇なく食いまくり
満腹になった。
満足満足。

あと料理を持ってきてくれる中居さんに、
オカモト ケンイチさんに似ていると言われた。
すみません だれですかそれ?
なにやらジャニーズのタレントさんらしい。

どんな人なのか全く知らないのだが、
自分のようなオッサンがジャニーズタレントに似ているわけがないだろう…
とりあえず気分よくさせるサービスなのかもしれない。
ありがとうございます。

食後にもう一回大浴場にいったところ、まただれもおらず、
ゆっくり入れた。
風呂を上がるとそのまま寝てしまった。

翌朝。朝食もうまく、全く残さずに全部食べ、
しばらく休憩してから出発。
DSC_0503.jpg
帰りは播但ではなく鳥取道のほうから帰ることにした。
この日はすごく晴れていてツーリング日和。
バイクが多い。
アメリカンバイクの集団。BMWの集団。
そうそうトライアンフボンネビルt100にのったオンじいもいたな。
いろんなバイクを見て、次買うならこれかな、これかな…
と思いを巡らせるが
DSC_0504.jpg
やっぱりVストロームが一番いいとおもう。
自分の体格に合った乗りやすい楽しいバイクだ~

春はあげもの 岡山市B級グルメ旅

春はあげもの。

平安時代中期の歌人が詠んだように、春は揚げ物がおいしいのだ。
そこで岡山市のB級グルメ デミカツ丼を食べに行くことにした。
昼からVストローム250で出発。さくらはもう散っているがまだまだ寒いね
DSC_0229.jpg
自宅近くの姫路バイパスから高速道路に入ったら、
播但道→山陽道と乗り継ぎ、備前から岡山ブルーライン 2号線へと進む。
後半は、厳密には下道になるのだが、これらの道はほぼ高速道路のような道で、
ほとんど信号に当たることなく100km走り、店までたどり着いた。
あっという間だったな。
DSC_0230.jpg
選んだ店は広松さん。2店舗ほどあるようだ。
平日で、しかも昼飯時から外れていたためお客さんは少なく、
しかもカウンターもテーブルもパーテーションしてあったので安心して食べられた。
DSC_0222_20210416122902205.jpg
メニューをみる。

岡山市まできたのだから、ここの名物を。
となるとデミカツ丼かトンカツラーメンになるが、
いくら春はあげものとはいえ、カツにカツを重ねる暴挙はあかんやろう。
そこで中華そばとカツ丼(小)セットにした。
DSC_0223_202104161229045f1.jpg
岡山市ではかつ丼のソースがデミグラスソースになっていて、それが名物。
デミグラスソースへのコダワリを書いた看板が掛けてある。
店内には北斗の拳!?キャラのフィギュアがあちこちに隠れていて、見つけるのも楽しい。
DSC_0224.jpg
おおっ
きましたデミカツ丼とラーメン。
せっかくなので、カツを2個ほど移動して
DSC_0227.jpg
もう一つの岡山市B級グルメ「トンカツラーメン」に細工し、
食べる。

これが、ウマい!
ラーメンは少し甘めの味噌ラーメン、ここに唐辛子を入れて甘辛くしたら、サイコーにウマかった。
スープがイイ! ラーメンとともにすすり、カツ丼食べてすする。
デミカツ丼もおいしく、カツなしのデミグラスソースゴハンもウマウマだった。
バクバクバクバク食べまくり、甘さと脂が、しっかり空腹を満たす。
ずずずずー
DSC_0228.jpg
この画像がウマさを物語る!
スープまで全部飲んでしまううまさ。完食!!

お支払いでは、3枚ためたらジャンボギョーザ1個サービス券をくれた。
後2回。絶対こよう(^^)
岡山市のB級グルメはアタリだった。いつかCCJの作戦でみんなも連れてきたいものだ。
ちなみに、
兵庫県加古川市の名物でデミグラスソースのかかった「カツメシ」があるが、
トンカツではなくビフカツらしい、
これもいつか攻略したい。

店をでると、帰路。
またホボ高速道路のブルーラインを東に帰るが、
途中でグーグルマップで見つけた気になるスポットへ。
DSC_0234_202104161229245b5.jpg
日本一のだがし売場。
DSC_0232.jpg
平日なのに子供連れの家族がたくさん来ていた。
DSC_0231_202104161229274ec.jpg
なつかしい駄菓子がいっぱい。
メチャ広い店内を歩き回って、お菓子を買う。
1個1個が安いのでついついたくさん買ってしまうね。
不意に近くにいた4歳くらいの子供、よく見てみると おでこに冷えピタ貼っていた。。。
うおっ
まさか熱でてんのけ?
離れておく…
DSC_0233_202104161229300ac.jpg
大量に買った駄菓子も
Vストロームの積載能力で難なく収納。
自宅まで帰った。

走行距離 200km 燃費28km/L
総走行距離 5700km



プロフィール

はちまる隊長

Author:はちまる隊長
バイクあそびの達人(自称)
CCJの大将してます
http://suzuki-choinori.com/index.html

訪問者カウンター
フリーエリア
バイク仲間を募集中!

チョイノリクラブジャパン→チョイノリで冒険をするチョイノリストの会

GRS林道部隊→原付で未舗装オフロードを走って野営する冒険部隊

GRS公道部隊→原付で長距離ツーリングを行う旅部隊

CCJオフロード部隊→エンデューロレースを楽しむレーサー部隊

CCJマラソン部隊→バイク仲間たちでマラソンを楽しむ部隊

参加希望ありましたら作戦告知記事にコメントください!
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

ムーミンの雑記帳&内緒のコメント用ブログ

埼玉の大ちゃん

santaの散歩

ダテ 暮らしの雑記帳

フライングクロ

#88 新米感覚

イサチャンネル 13ch

ちょい乗り紀行

KSK@ばすのブログ

地平線

ちょいとチョイノリ(別館)

6畳間整備工場

さんちゃんとチョイノリ

セカンドライフを堪能
QRコード
QR