ミニ50 試運転と整備

ミニ50の長距離試運転を行うことにした。
前日夜に30kmほどの慣らし運転をしてから、長距離走行の装備をととのえ、
いざ西方面へ
IMG_2280.jpg
天気は良く、
風は寒いものの防寒装備をしっかりしたので快適な走行だ。
年末年始のカニ旅行に山陰に行ったとき、防寒長靴(完全防水)を手に入れたが、これがかなり温かい。そして電熱ベストも買ったので、例年に比べて防寒装備が格段によくなった。

ミニ50は非常に調子がよく、
平地ではメーター読み60km/h  GPS計測50km/hで巡航できた。
IMG_2281.jpg
相変わらず走りやすい道で平日にもかかわらずバイクがたくさん走っていた。
適度なコーナーを流す。
速度が遅いとはいえ、貧弱なサスペンションと細いタイヤなので注意しつつ走行。
万葉岬あたりの休憩所で休憩にする。
IMG_2282.jpg
ここは道から少し離れていてだーれも来ない休憩所なのでゆっくりできる。
持ってきたジェットボイルで湯を沸かし、
玉ねぎスープと紅茶を飲む。
時折走ってくるバイクを眺めつつ休憩した。
IMG_2286.jpg
道の駅 相生ペーロンから北上して
道の駅 宿場町ひらふくへ向かう。
山越え道で上り坂が多くなってきた。
基本的に2速で登れるが、きつい坂は2速では止まりそうになるため1速に落とす。
止まることなく登りきれた、変速あるとすごい便利だね。

途中、100kmほど走ったところでメインタンクのガソリンが切れた。

予備燃料を持ってきていたけど、燃費計測したいのでリザーブタンクに切り替えることにする。
タンク底には錆がたまっていて、リザーブだとこれが流出してくる可能性もあったが、予備燃料を入れてしまうと使用燃料量が不正確になるため仕方ない。
リザーブに切り替えて数キロ走り
IMG_2290.jpg
スタンドで給油した。
見てみると…
IMG_2292.jpg
あ、
危惧したようにフューエルチューブ内に錆粉が出てきていた。
チューブを外して錆粉を除去するが、
いくらかはキャブレターに入ってしまったようで
IMG_2293.jpg
道の駅 宿場町ひらふくに到着する直前にエンジン停止した。
キャブへの錆混入が原因と思われるので、一旦停止して車体を上下に振動させる。
するとエンジンがかかった。

工具を持ってきているのでキャブレターを開けて洗浄することも可能だが、
復帰できたのでこのまま帰ることにした。
IMG_2294.jpg
帰路でも2度ほどエンジン停止したが、
同じように振動させるだけで改善。キャブレターは開けることなく帰宅できた。
危なかった。
明るいうちに帰れてよかったぜ(^^)

総走行距離162km 使用燃料3L で、燃費は54km/L
なかなか良い記録だ。
メインタンク1.8L   リザーブタンク0.3L で合計2.1Lタンク。
IMG_2297.jpg
オイル量はしっかり減っている。
補給してみると100ml入った。
3Lのガソリンに100mlのオイルが送り込まれたので、
100/3000*100=3.3%のオイル混合が行われたということ。

これまでオイル送流に不具合があった場合に備えて2%程度の混合ガソリンにしていたが、
十分な送流が確認できたので、もう必要ない。
しかし、下り坂ではGPS計測68km/hまででて、エンジンが死ぬほど高回転になるので、
念のために1%程度は混合していこうかなと思う。
この車体はパーツ供給が絶望的なので、エンジン焼付かせるわけにはいかないからね。

あと、試運転で気になったリアサスペンションのギーギー音。
IMG_2300.jpg
CRC大量噴きで潤滑させるが、それでも音は消失せず。
使っているうちに改善するかな?
IMG_2301.jpg
ただ、錆がすごくてプラスチックカバーも劣化でワレワレ。
これは汎用品にでも交換したほうがよいかもしれない。
サイズは穴間290mm  カバー部分直径4cmほど。
会うサイズのもの、探していこう。
IMG_2305.jpg
キャブレター内部に錆はほとんどなく、
入り込んだ錆は少量だったようだが、
IMG_2307.jpg
コックのフィルターには錆粉が大量付着していた
IMG_2308.jpg
何度かタンクをガソリン洗浄したら錆が出てきた。
それでも3回ほどの洗浄で錆は出てこなくなった。

今後は90kmまでに給油してリザーブは使用しないように心がけよう。
IMG_2309.jpg
ただ、内視鏡でタンク内部を観察すると以前に比べて錆がだいぶ減っている。
この調子で走行後にタンク洗浄していけば、いずれ錆はなくなりそうだ。

まだまだ、完ぺきではないが、現状で長距離旅は可能なようだ。
次の作戦に投入しようかな。

mini50 外装作成そして一応の完成

ミニ50は外装が割れていて、サイドカバーは欠品。
普段ならオークションで中古品を探すのだが、この車種はまず出品がないので手に入らない。
ないものはどうするか、自分で作るしかない。
IMG_2174.jpg
右サイドカバーの形状をまねて、
またネット上にあるミニ50の左サイドカバー形状を参考にして、
アルミホイルとアルミテープで形を起こす。
IMG_2187.jpg
FRPを貼っていき、
IMG_2189.jpg
パテを塗り込んで削り、形状を整える。
IMG_2209.jpg
レッグシールドは右半分が割れてなくなっているので、
こちらも左側を参考にしてアルミホイルとテープで形状を作っていく。
IMG_2250.jpg
こちらもFRPで補強してパテで形成。

塗って固めて削ってを繰り返すのだが、
すごく時間がかかる。
面倒くさいので、とりあえずの形状が出来たら凸凹などはそのまま放置、色を塗る。
IMG_2255.jpg
完成。
走ってみると強度は十分で走行振動や風で割れることはない。
IMG_2257.jpg
遠くから見ると大丈夫だが、近くで見ると凸凹だらけ、
しかもFRPそのままムキダシで塗装したところもあるので、かなりキタナイが、走れればいいのだ。
IMG_2260.jpg
近所を試験走行。
メーター読み60km/h(GPS測定47km/h)での巡航可能、
ポイントの洗浄が効いて失火症状もなくふけ上がり良好。
前後ブレーキパッド・前後タイヤ新品交換なので制動問題なし、
灯火類・電装系の動きも正常。

旅できるくらいに完成した。
これから試験走行を重ねつつ、燃費やオイル送流を確認していくことにする。

本来は諭鶴羽攻略作戦に初作戦投入の予定にしていたのだが、
完成したばかりで長距離試験走行が全くできていない。
今回は見送るかもしれない。

ミニ50 ブレーキシュー新品購入 点火時期の確認

ミニ50のリアブレーキシューはエレメントが外れていたので、
G17ボンドで貼り付けて使用していた。
危険極まりない行為なのだが、試運転で問題なく、
急ブレーキテストでもはがれることなく使用できていた。
しかし、このまま使い続ける気はない。

長い下り坂でブレーキを使用し続けた場合など、シューの温度上昇で、
いつ何時、ボンドがはがれるかもしれない。
ブレーキの不具合なんて危険すぎるので、
新しいシューを探していた。

ネット検索やツイッターでの情報提供呼びかけで得た情報によると、
どうやら以前、記事にしたように
54410-04002と刻印された
ジェンマ50/チャンス50/ラブ50/JR50用のブレーキシューが使えるみたいだ。
そこでオークションに出ていた未使用デッドストックのシューを買ってみた。
IMG_2202.jpg
取り付けてみると、サイズがちゃんとあっていて、
問題なく装着できた。
オクにはもう一つ、出品があるようなので、
この機会に前ブレーキも交換しておく。
IMG_2203.jpg
ライニング貼り付け中古シューは20kmほどの使用だったが、
はがれることなく頑張ってくれてありがとう。
ライニングは劣化しすぎていてどんどん粉になっていってる。あぶなかったな。

次に。
以前、記事にした、
点火タイミングが刻印の部分より少し過ぎたところだった問題。
記事にしつつも、
圧縮上死点よりも後に点火っておかしくないかい?
と疑問に思っていたのだが、調子が良いのでそのままにしてた。
今回、
IMG_2207.jpg
点火プラグ穴から棒を突っ込んで圧縮上死点の位置を確認したら、
IMG_2206.jpg
圧縮上死点は刻印合わせの部分ではなく、
この位置だった。
つまり、黄色の刻印合わせ部位は点火タイミングの部位そのものを表していたみたい。
なので点火タイミングは圧縮上死点の数度進角している位置なのでオッケーってこと。

風防取り付けてみた mini50

mini50だが、
ヘッドライトがハンドルの上についている。そして前かごがある。
これって実は嫌いだったりする。

この形状はロードパルで経験済みなのだが、デザインがどうこうということではなく、
夜間にヘッドライトをつけると、
IMG_2192.jpg
前かごの黄色丸部分にヘッドライトがあたり、それが反射して前が見づらくなるのだ。
IMG_2193.jpg
ヘッドライトはそれほど明るいわけではないが、
それでも見えづらい。
前かごに荷物を入れていたりしたら、さらに反射量が増えて見えにくい。
太陽に向かって走っているときに目がくらむ、あれと同じような感覚。

そこで風防を取り付けることにした。
IMG_2194.jpg
アマゾンで買った風防。
なんと1450円送料なしという激安、注文翌日到着だった。
安いが、風防の大きさはちょうどで形状もよく、取り付けもストレスなく行え、
全然使える風防だった。いい買い物をしたぜ。

なぜ風防をつけたかというと。
IMG_2195.jpg
夜間走行時に風防下部分に何かを張り付けたり、挟み込んだりして
IMG_2196.jpg
前かごで反射する光を遮る作戦なのだ。
これで夜間走行もストレスなくなるぞ。

整備ミス ミニ50

mini50は普通に走れるくらいに整備できている。
ポイントの洗浄の結果、始動性もよくなり、
近所の試運転も安心してできるようになった。

しかしある日、
自宅から8kmほど出たところで坂道を走っているとき、急にパワーダウンしてエンジンが止まってしまった。
IMG_2176.jpg
待避所がない道路だったので車がビュンビュン走る中、気を付けて押し歩き、ここまで来た。
キックしてみると、何とかアイドリングするのだが、
アクセルをあけると途端にエンジンがとまる。
パイロットジェットは無事そう…
二次エア吸いかメインジェットの異常か、といったような症状だった。

これまでの状況から考えて、
タンクの錆がキャブに入り込みメインジェットを詰まらせたと思われた。
不覚にもこのとき整備工具を持参していなかったので、仕方なく家まで押して帰ることにした。
IMG_2177.jpg
8km、押し歩きにはだいぶ時間がかかる。
その間にこれからの整備計画を考える。
ここまでサンポールさび取り処置を繰り返し繰り返し行い、
しかもフューエルチューブ経路には2か所のフィルターが付けていた。
それでも錆がでてくるというのは、どうしたものか。強敵すぎる。
こうなったらさらにサンポール洗浄するか、しかし穴があきそう。
不本意ではあるがタンク内部をコーティングしてしまうか…
いろいろ考えながら、自宅までたどり着いた。
IMG_2179.jpg
フューエルラインには目で見てわかるような錆は見られなかった。
メインジェットの詰まりならば
IMG_2181.jpg
キャブレタートップを外してメインジェットの上からパーツクリーナーで噴いてつまりを取れば、
調子を取り戻すはず。

しかし、
全く症状に変わりなし。
あれー?
錆つまりなら、だいたいはこれで改善するのになぜだ?

どうせキャブレター全洗浄するので、分解しよう。
IMG_2183.jpg
キャブレター内部をみてみるが、ガソリンだまりには、錆がほとんどない。
錆つまりのときには、キャブレター内部に粉のような錆が沈殿していることが多いが、全然ない。
なぜだ…
あっ
IMG_2184.jpg
メインジェットが浮いている!?

前回、バルブの付け替えをしたときに外したメインジェットを手で回ししめただけで、
レンチでしっかり締め付けるのを忘れていたようだ。
てっきり錆が原因かと思っていたら、まさかの整備不良。
締め付けたら調子改善した。
IMG_2191.jpg
さらなるタンクの錆取りを覚悟していたのだけど、ちゃうかった。
よかった~
プロフィール

はちまる隊長

Author:はちまる隊長
バイクあそびの達人(自称)
CCJの大将してます
http://suzuki-choinori.com/index.html

訪問者カウンター
フリーエリア
バイク仲間を募集中!

チョイノリクラブジャパン→チョイノリで冒険をするチョイノリストの会

GRS林道部隊→原付で未舗装オフロードを走って野営する冒険部隊

GRS公道部隊→原付で長距離ツーリングを行う旅部隊

CCJオフロード部隊→エンデューロレースを楽しむレーサー部隊

CCJマラソン部隊→バイク仲間たちでマラソンを楽しむ部隊

参加希望ありましたら作戦告知記事にコメントください!
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

ムーミンの雑記帳&内緒のコメント用ブログ

埼玉の大ちゃん

santaの散歩

トモス・クラシック

フライングクロ

#88 新米感覚

イサチャンネル 13ch

ちょい乗り紀行

KSK@ばすのブログ

地平線

ちょいとチョイノリ(別館)

6畳間整備工場

さんちゃんとチョイノリ

セカンドライフを堪能
QRコード
QR