ヴェロソレックスS3800 売った

そして次にS3800も売った
i-img1200x675-1553867448qtwxoq149890.jpg ポンちゃんから紹介されて、ヴェロソレックスに魅せられて、
ダイハツソレックス5000からS3800まで、
合計4台手に入れて直してきたが、
今回のS3800を売ることで全部なくなることになった。i-img1200x675-1553867448qnz2d9152617.jpg めっちゃ味のある車体で、眺めていると本当に飽きない。いいバイクだったのだが、
いかんせん実用性が全くなさすぎるのが、痛かった!
原付作戦にも投入できないほどの低速度で、
こいつはボアアップまでしたのだけど、それでも37km/hが最高速度という感じ。i-img1200x675-15538674470ovdfu148212.jpg のんびり乗るのを楽しむのがいいのだろうけどねえ。
結局、乗る機会が少なすぎたので、売ることにした。
しっかり整備して、フランスからの輸入パーツでフル装備にしていたので、結構お高く売れましたぞ。買ってくれました方、ありがとうございました~。

そんなこんなで、うちのバイクが3台一気に減って、スペースができてきた(^^)
また新たなバイクとの出会いにウキウキしつつ、
オークションを徘徊したり、クロちゃんにコソッと新車体の仕入れを打診したり、
レッドバロンのS田さんと相談したり…
へへへ~楽しくなってまいりました(喜!)

S3800売った

3800は二台あるし、
倉庫が手狭になったしということで、この度3800を売ることにした。
広島から、8750円で手に入れた車体、
あれやこれや修理修復してきれいに直して完全調子まで整備完了。

オクに出したらなんと70000円になった。
買ってくれた人ありがとう。儲かった分でまたバイク買うよ(また倉庫が手狭に…)
今後は神奈川県で元気に走る予定だ。

あとダイハツソレックス5000はクロちゃんに返してヤマハフォーゲルと交換した。
これでうちのソレックスは5000とS3800の2台になった。
増えるときは簡単なんだが、減らすのって難しいなあ。

アクセルグリップ補修

ソレックス5000のアクセルグリップだが

割れてしまっている。
ここは、グリップを回すことでキャブへつながるワイヤーを引く構造になっているのだが、ワイヤーを引くために出っ張りを押し込む力がかかるので割れたようだ。
紙テープで補修してみたが瞬時にぶっちぎれた。
プラリペアでもたぶん歯が立たないだろう。

途方に暮れていたが、VSXで販売されているという情報をもらい、

新品を買うことができた。
左の内筒がアクセル調整のキモになるパーツだね。

この形状が重要で、
アクセルを回すことでハンドルについている出っ張りを押し込むことができるのだ。

古いほうを取り外す。
しかしまあ、ここを外すために前輪ブレーキとアクセルワイヤを外してワイヤ全抜きしなくてはならない整備性の悪さを何とかしてほしいところだ。

内筒をずらすと内部にCリング金属が出てくる。
理論的にはCリングを外したら内筒と外筒が分離できる構造なのだが、
まずもって不可能…
内筒の出っ張りが外筒にはまり込んでいるので、
取り付けはできるでしょうが、いったん取り付けたら分離は不可能だと思ってほしい。
幸いにも内筒外筒、どちらも買っていたので分離できなくても問題にはならなかった。

新しいほうを装着したところ、
アクセルに合わせたキャブワイヤーの動きが不自然。
最後のほうでカチッと跳ねるような動きになる。
これは内筒損傷の原因になるかもしれない。
よく調べてみると

内筒の半径変化部分の立ち上がりが歪になっている。

リューターで削って滑らかに変化するように調整した

これ絵ストレスなくアクセルワークすることが可能になったぞ。

フライホイールマグネトのキー修理

ソレックスのフライホイールのキーは折れることがある。
連続で3本折ったときには目の前が真っ暗になったもんさ。

折れたフライホイールマグネトは使えないのだが、
フライホイールは新しく手に入れることができないので、なんとか補修しないといけない。

金属加工の達人、ケースケーに2016年10月ごろ、
2個の破損フライホイールを渡して補修をお願いしたのだが、
1年3か月経っても何の音沙汰もない。。。
ううむ。
しかもヤツは結婚してしまい、新しいヨメーとの幸せな家庭にウハウハで、
姫路のソレックスおっさんのことはもう忘れてしまったようだ(泣)。
ということで、もう自分でしよう。
フライホイールを返してもらうことにした。

帰ってきたウルトラマン じゃないやフライホイール。
右の二つがキーが折れてしまったやつ。
一番左は、海外通販でかった新品のフライホイールなのだが、精度が劇悪で内部パーツに引っかかってまともに回らないという粗悪品。
いずれこいつも直したいものだ。

さて、
このキー折れフライホイールだが、

わかりますかね、
穴内部にあるはずの出っ張りが見事折れてなくなっている。

これが正常なフライホイールのキー。
一本のレールがあるのだ。
フライホイールを外すときに斜めに力がかかってしまうと容易に折れる。
皆さん気を付けてね。

キーのサイズを測ってみますと2.44mmって出てますが、
これはちょっと削れてこのサイズのようで。

クランクシャフトの溝のほうは、

3mmの正方形角柱がぴったしはまる。
つまりキーも3mmでよいのだ。

この
日之出スッピル製造 マシンキーS45C 新JI
S平行両角キー 3*3*300
はケースケーがくれたやつだ。
ヤツがどうやってこれを手に入れたか知らないが、
まさにソレックスのキーを折った人のために開発されたようなぴったりサイズなので
キー補修をする方は、ぜひこれを買ってくれ。
どこに売っているかは知らん。

キーを入れる溝をほるのだが、
3mmよりも細いダイヤモンドやすりで

しこしこしこしこしこしこしこ
しこしこしこしこしこしこしこ
しこしこしこしこしこしこしこ
しこしこしこしこしこしこしこ
しこしこしこしこしこしこしこ
しこしこしこしこしこしこしこ
しこしこしこしこしこしこしこ
しこしこしこしこしこしこしこ
しこしこしこしこしこしこしこ
しこしこしこしこしこしこしこ
しこしこしこしこしこしこしこ

ただひたすらに
シコシコしてくれ。
動画でも見ながら片手間にシコシコして

溝ができたらキーをブチ込んで適当な長さにカット。

スカスカだと簡単に外れ落ちるので、
やや小さめの溝にしてはめ込むようにしてみた

これで普通にエンジンがかかる。
フライホイールを何度もつけ外ししたい場合はこのキー補修フライホイールを使用するのがよいね。

ワイヤー交換 フロントブレーキシュー交換 

あるひ、ソレックスを乗ろうと思って出している最中に、ブレーキを握ったらスカッとブレーキが抜けた。
何だろうと思って調べてみたら、ワイヤーアウターが破損してワイヤーアウターがハンドルケース内部に引き込まれてしまっていた。

すべての原因はこいつ。
ワイヤーアウターエンドキャップ。
純正のモノが割れていたので、
安い中国製のモノを100個買って全部新しいものに交換していたのだが、
これがヘボすぎて、力がかかるたびに徐々に破損していたようだ。

ブレーキワイヤーの引き込みは動揺して写真に撮れていないが、
完全にぶっ壊れてしまっているのでもちろんブレーキはかからないし、
ワイヤーアウターも破損していて補修することもできない。
旅の最中に起こらなくてよかった。

こんな不安なワイヤーアウターキャップなんて使ってられないので、
ワイヤー交換のついでにキャップも全部新しくすることにした。
もちろん大量にストックしていた中国製キャップは全部捨てた。

アマゾンで買った。
ソレックスのブレーキは自転車用がそのまま使える。
自転車のワイヤーはタイコ部に種類があって、
マウンテンバイク用とロードバイク用の二種類がある。

ソレックスのブレーキは前後ともロードバイク用のタイコだ。
こんなキノコの山な形のやつ。
そしてワイヤーの太さは1.6mm。
(デコンプワイヤーとキャブワイヤーはタイコの形状が違うよ。)

ワイヤーのタイコはこんな風にブレーキレバー内の金具にひっかけていくのだが、

まず、タイコ部をレバー内に挿入しておいて

金具をはめてからワイヤーを引っ張って金具に挿入する。
これでオケ。

ワイヤーを赤丸のイモネジを緩めておいてブレーキボックス内に通していく。
この金具は、
黄色矢印の方向に動かして緑丸のブレーキスイッチを押した状態にして
イモネジを締めこむのだが、
それはワイヤーを完全に装着できてから、一番最後に調整した方がよいようだ。

しっかりしたシマノのエンドキャップを装着したアウターを装着する。
これで破損することはないだろう。信頼の日本製!
S3800のフロントブレーキワイヤーは純正状態では短くてワイヤーの取り回しがきついように思えたのではちまるは長めにした。

ほんでブレーキシュー側に行くが、
赤矢印のようにアウターをひっかけるところと、
黄色矢印のワイヤーを巻き巻きするところに通す。
で、

引っ張ればオッケー。
まあ、これが完成予想図だ。

さて、巻き巻きする前に、
ブレーキシューも交換しておこうと思う。
10mmのナットを外すと簡単に外れるブレーキシュー

外してみると片減りしていた

ゴム部分の交換もできるようだけど、
はちまるは金属込みのパーツを買っているので、それに交換する。

ピンボケ写真すまぬ。
赤丸の10mmナットで固定するのだが、
ここは赤矢印のように上下に調整が可能なので、フロントホイールのリムに合わせておきたい。
タイヤゴム部分に合わせると摩擦でブブブブ異音がするよ。

巻き巻きして完了。
ブレーキの利きがよくなったぞ。


ワイヤーアウターキャップは小さな部品だが、結構重要なパーツだと思い知った。
安モンでいいやと中国製のペロペロのモノを使っていたら容易に破損してアウターが引き込まれてしまった。
たまたま押し歩きの時に起こったからよいようなものの、もし走行中にブレーキングで起こっていたら危なかった。
この機会にキャブワイヤーもデコンプワイヤーもアウターキャップをシマノのモノに交換しておいた。


余談
前後ブレーキはロードバイク用のタイコでよいが、
キャブワイヤーとデコンプワイヤーは円柱タイコなのだ。
で、これはマウンテンバイク用のタイコと同じものかな?と思って

ロードバイク用とマウンテンバイク用の二種類のタイコが両端についているワイヤーを買ってみた。

きのこの山はロードバイク用だね。
もう一個のSって書いてある方、丸い円柱の方がマウンテンバイク用だが、
残念ながらキャブワイヤーとデコンプワイヤーの円柱タイコとはサイズが違っていた。
もう少し小さくないと合わないと思う。
まあ、サンダーで形成すれば使えると思うが、めんどうくさいな。


プロフィール

はちまる隊長

Author:はちまる隊長
バイクあそびの達人(自称)

訪問者カウンター
フリーエリア
バイク仲間を募集中!

チョイノリクラブジャパン→チョイノリで冒険をするチョイノリストの会

GRS林道部隊→原付で未舗装オフロードを走って野営する冒険部隊

GRS公道部隊→原付で長距離ツーリングを行う旅部隊

CCJオフロード部隊→エンデューロレースを楽しむレーサー部隊

CCJマラソン部隊→バイク仲間たちでマラソンを楽しむ部隊

参加希望ありましたら作戦告知記事にコメントください!
カテゴリ
TOP (1)
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

ムーミンの雑記帳&内緒のコメント用ブログ

埼玉の大ちゃん

フライングクロ

#88 新米感覚

イサチャンネル 13ch

ちょい乗り紀行

KSK@ばすのブログ

地平線

ちょいとチョイノリ(別館)

6畳間整備工場

さんちゃんとチョイノリ

セカンドライフを堪能
QRコード
QR