ハンターカブ ミラー交換とアクセサリーバー装着 自転車修理

ハンターカブを車載していて、
DSC_1507.jpg
ミラーを損傷してしまった。
ミラーはいろんなものが売っている、この機会に折りたたみのものに換えるのもよかったのだが、
調べてみると純正が安い。
まだ販売中のバイクだからパーツやすいんだなあ。
DSC_1509.jpg
純正ミラーを買って交換しておいた。
さて、
kijimaのUSB電源だが、USBタイプのハンドルヒーター(巻き付け式)を取り付けるとスマホ充電ができず、スマホのバッテリーが徐々に減っていく。
ジャイロキャノピーでも見られた現象なので、バイク車体の問題ではなくkijimaのUSB電源内部に十分な電流を流すことができない部分があるためと思われた。
そこで安い中華製の電源に換える。
DSC_1510_20240306133807729.jpg
ウチのハンターカブはニーグリップできるようにボックスがつけられていて、通常のハンドルバーの位置ではアクセサリーの取り付けがスペース的に厳しい。
そこでいろんなマルチバーを検討して、このようなタイプを買って付けた。
これで巻き付けグリップヒーターとスマホ充電が同時に行えるようになった。

ある日、娘の自転車に空気が全然入らないから直してくれと言われた。
入れてみるとシューシュー音がして全然入らない、パンクだね。
DSC_1490.jpg
チャチャッと直してしまおうとチューブを出して見ると
DSC_1491.jpg
あらら。
タイヤ内でチューブが折れ曲がってバルブ周囲に裂けが…
たぶん空気が抜けた状態で走っていたのだと思われる。
パッチ修理できないのでチューブを買うことにした。
26×1 3/8 というサイズ。バイクとは規格が違うので細心の注意を払うべく自転車ASAHIに行って店員に同サイズのチューブを出してもらった。
今後のこともあるので2本購入。
DSC_1494_202403061338331ec.jpg
リアホイールを外さなくてはならないのだが、
自転車のリアホイールってイロイロ外さないと取れない。
チェーンはもとより
DSC_1495_202403061338366c4.jpg
リアフェンダー支柱・スタンドも外す。
DSC_1496_20240306133836f7e.jpg
外れた。
ここまで外したら交換は簡単。手外し手嵌めで交換完了。
DSC_1497_20240306133838717.jpg
直せた。
スタンドを外してしまった自転車を倒れないようにおいておくメンテナンススタンドがあったら楽だったのになあと思うが整備機会もあまりないし、そこまで買うのも無駄っぽい。
調べてみたら木の棒と板で自作している方がいた。
おー簡単に作れるじゃん。 次回は自作スタンドを作ってからしようと思う。

弾痕を見に行こう

ふと、歴史的な内容の調べものをしていて、
蛤御門の変で
会津藩・薩摩藩連合軍と長州藩勢で銃の打ち合いがあり、
門には弾痕が残っていることを知った。
見に行ってみよう!
DSC_0795.jpg
京都御所なので、
ハンターカブにて、デカンショ街道を東へ進む。
快適な田舎道
DSC_0796.jpg
信号少なくすいすい進む。
DSC_0799.jpg
腹が減ったな、と思ったときに通りがかった店にそのまま入る気まぐれさ。
台湾料理か、初めて入るな。
DSC_0800.jpg
マーボーラーメンセットにした。
非常にうまいが量が多く腹いっぱいになった。くるしい。

雨予報なのにカッパを忘れてきてしまった。
まだまだ晴れているが、今後雨になる可能性80%って予報だと、さすがに準備しておいたほうが良いだろう。ホームセンターでカッパを購入してから、
京都御所に到着。
DSC_0802.jpg
これが蛤御門。
本当は新在家門らしいが、火事の時しか開かなかったからハマグリ御門と呼ばれるようになったとか。
見てみると
DSC_0805_20230924012739a4f.jpg
撃たれまくっとるやないか!
DSC_0804_20230924012739fb0.jpg
もちろん弾丸はもうないのだが、
しっかりくぼんでいる。
年月を経て穴内側も削れているのだと思う
DSC_0806_20230924012741aea.jpg
観光客がかわるがわる指でぐりぐり触っていくので、
今後も弾痕が残る…というか観光客の指痕?
DSC_0807_2023092401274251d.jpg
弾痕は人の胸や頭の位置に多い。
威嚇や足を狙ったのはなく、しっかり殺しに来ている銃撃なのだなあ。
DSC_0808_20230924012744230.jpg
説明書き。
DSC_0810_20230924012745d53.jpg
歴史を感じるたびになった。

帰路は予報通り、しっかり雨が降ってくれて、
買ったカッパが役に立ったぞ


ハンターカブで出石へ

土曜に時間が空いた。
すごくいい天気で、ハンターカブで出かけることにした
DSC_0420_20230605131304288.jpg
今週末にピープル作戦があるのだが、
はちまるはいろんな機体を乗り継がなくてはならない。
そうなると、それぞれの機体にスマホホルダーを取り付けまわるわけにもいかないので、
自分の手にスマホを付けてナビを見るという方法を試すことにした。
DSC_0421_20230605131305a31.jpg
非常に天気が良い
国道312号線を北へ向かう
DSC_0422_2023060513130780b.jpg
道の駅 神河まで来た。
この道の駅に入るのは実は初めてだと思うのだが、
DSC_0423_20230605131309d77.jpg
なかなか面白い企画をしている。
今度は平日に来よう。
DSC_0424_2023060513131049a.jpg
タコもかわいい。
DSC_0425_202306051313121fa.jpg
終始天気が良く。
風が強かったのが残念だったが、快適に走れた。
DSC_0426.jpg
スマホナビは車体取り付けに比べると見にくいが見えないことはない。
ただ、気が付いたのは、前腕部につけるとスマホ画面を見るために肘を曲げなくてはならず、
そうするとスマホが近すぎて老眼だと見えないのだ。
結局手の甲あたりにつけて手関節を曲げながら見る方法に変えて、見やすくなった。
DSC_0427_20230605131315956.jpg
よし、たどり着いた!
と思った登城さんでは、なんとソバ切れ。
こんなことあるんだ! ただソバ食い損ねた。

そういや以前、何らかの作戦の前泊に和田山に泊まった折り、
うまいラーメン屋があったよね、と向かってみる。
DSC_0428.jpg
ここ。
格別や さん
DSC_0429.jpg
久しぶりに食べるラーメン、めっちゃうまい。
ネギポン酢で食べる唐揚げもサイコーだった。
DSC_0430_2023060513132034a.jpg
帰りに海鮮せんべいを買って帰宅。


ハンターカブ旅とか 夏の思い出とか

ハンターカブで旅に行った
DSC_0300_20220824140723d1f.jpg
適度な距離を、と思い。
岡山県北部で鳥取県近くのむさし屋旅館さんへ行くことにした。
夏で暑かったが、やはり北の方へ来ると姫路よりはマシ。山道など涼しい。
DSC_0301_20220824140724909.jpg
ハンターカブは何の問題もなく走りやすく。
トラブルは一切ない。
県道を乗り継ぎながら進行する。グーグルマップの指示するままに気ままに走行。
DSC_0302_20220824140726e4d.jpg
前回はVストロームで来たっけな。
2度目の利用。
旅館のおじさんは覚えていてくれた。
DSC_0303_20220824140727dba.jpg
前回と同じ部屋に通される
DSC_0304_20220824140729720.jpg
蒜山が良く見える。
旅館にはもう一組が泊まるようだが、一切顔を合わせることなく、
ほぼ貸し切りで宿泊できた。もちろん風呂も貸し切り。
DSC_0305_2022082414073151e.jpg
食事は個室で準備された。
前回とはメニューが違い うなぎだった。うまい。
DSC_0306_202208241407327a8.jpg
翌日、下道を走る。
往路とは変えて津山方面へ向かうと、不意に見たような景色に。
あ、ここは奥津峡作戦で来たみちだな、ならば…
DSC_0307_20220824140733f1d.jpg
ぶんぶんファクトリーが近いぞ!と寄ってみた。
まだ、朝早くて店は開いていなかった。
DSC_0308_202208241407362da.jpg
前回は見ていなかったが、このオブジェはミツバチの決死の戦いらしい。
熱殺蜂球とか必殺技ネームとして完成度たけーな
DSC_0310_20220824141516e4a.jpg
帰りの道すがら、
道の駅の駐車場で休憩
DSC_0309_202208241407393bd.jpg
旅館のおっちゃん作 弁当をもらったのでここで食う。
岡山ののどかな山と川を見つつ、のんびり旅ができた。

さて、違う話題。
ディブラッシR7Eなんだが、前回の瑠璃渓めんたい作戦でギアの変段がうまくいかず、
ハイギアから落ちないため、急坂での登りに苦労してVベルトが煙を上げていたが
DSC_0334_2022082414151708a.jpg
それを改善するべくバネを交換することにした。
ドイツから輸入。
このスプリングの内部ロッドがどこかに引っかかって一度ハイギアになると、
ローに戻らなくなるのだ。
交換後はスムーズに変速するようになったので、
次の作戦参加ではしっかり坂を上れるようになると思う。

せっかく輸入するので
DSC_0335_20220824141519bd4.jpg
ディブラッシR7STの方もスプリングを買ってみた。
STの方は縮みバネではなく引っ張りバネ。
R7ST用がなかったのでR7WT用のやつだ。
DSC_0336_20220824141520274.jpg
このスプリングがへたったことで変速が早くなってしまい、パワー不足になっているのでは?
と考えて交換してみたが、バネが強すぎて全然だめ、
以前より遅くなってしまった。
元に戻す。

R7Eは最高速度45km/hほど出るのに
R7STは最高速度38km/hくらい。
エンジンは全く同じでキャブレターにも違いがない。
マフラーも少しの位置変更ぐらいなのに、なぜにこんなに速度差があるのか?

タイヤサイズがちがうことと、チェーン駆動からベルト駆動にかわっていることなど
駆動軸から先がずいぶんと変わっているので、そのためかとも思うのだが、
同じエンジンだから、、、なんとかSTにも作戦参加できるくらいの速度が欲しい…むりかなあ、

あと、
R7Eのキャブレターグラグラ問題。
IMG_4197.jpg
インマニ買ってみたら原因が判明。
キャブの取り付け部分が削れて細くなっていたのだ。

これまでキャブ側を締まるようにけずっていたが、限界を超えているので、それではダメ。
インマニを新品に交換した。
かなりきつくなった。もう絶対ぐらつかないぜ。
IMG_4199.jpg
R7Eではキャブレターにドレン機構が増設されていたが、
整備のたびにすごく邪魔になる。
しかもチューブが外れたらガソリン駄々洩れになるので、
ドレン機構はこの機会に全部外して、
キャブは底面に穴がないものに変えた。
ガソリン抜く作業が困難になるが、そうそう抜く機会もないし、このほうが安心だ。
IMG_4200.jpg
オフロード走行がたたってマフラーは傷だらけ(笑)
IMG_4201.jpg
テール ストップランプはこのミニ球。
交換して終了。

次は
BLAZE smartEV
IMG_4202.jpg
マイクロパンクがあるみたいで後輪のチューブを精査しなくてはならず、
後輪を外した
IMG_4203.jpg
ホイールインモーターなのだが、
コネクタを外すだけで、それほど苦も無く外せたので良かった
IMG_4204.jpg
調べてみるとマイクロパンクは前回のパンク修理パッチのわきから漏れてた。
長時間水に浸けていないと気付かないので注意必要。
パッチオンパッチで修理完了。

あと、
今夏の思い出
DSC_0342.jpg
第7波はそれはそれはひどく、
毎日汗だくで、防護服がサウナ状態、
脱水になっては水分補給しつつ働いていたので、
別荘(自称)でのプールは本当に天国。
DSC_0343_20220824141523c11.jpg
BBQは今回海鮮だったが、肉の方がよかったな。
DSC_0344_20220824141525ae5.jpg
早朝からプールに浮かんでいたら波もないのに波酔いした。
また明日から仕事だ。

あと、
さんざん働かされたので、
今年はもう思い切って丸一週間、ガツンと盆休みとったった。
俺は休む! もう後は知らん!
DSC_0346_20220824141526b77.jpg
自身5度目の新日本海フェリーで舞鶴→小樽へ
北海道をアルファードで走りまくり。
登別温泉からトマム、富良野、旭川周遊コース
DSC_0347_20220824141528c0d.jpg
大好きな海鮮丼を3度ほど食べたが、すべてウマウマ。
リゾートホテルでのビュッフェでは食べ放題!二杯くった。大満足。
北海道のミルクチューハイとかハスカップチューハイとか
クラシックサッポロビールとか
ああ、あとジンギスカン、札幌ラーメン。
食って飲んで体重激太り。
DSC_0348_20220824141529a3a.jpg
子供らもツリーイングとか乗馬とかを楽しみ、
ベアーマウンテンでは健康的な毛並みのクマが間近に。生き生きしているなあ。
DSC_0353_202208241447152d1.jpg
富良野でラベンダー畑をみる。
ここも何度か来たけど、いろいろ変わっていた。

夏の北海道はツーリングライダーにとって聖地というほどの良い道。
滞在中はそれはもうたくさんのバイクを見た。
でも写真撮ったろ!と思えるほどの車両は。
DSC_0351.jpg
こいつら(笑)
ラベンダーバイク。
ファーム富田の業務用バイクかな。どりらもスズキ車。

一通り、予定通りのコースで北海道を楽しめた。
帰りのフェリーが低気圧で激揺れ、一家全員がマーライオン化したが、
スイート船室なので、専用トイレと専用風呂があったから、吐き放題!
もちろん 自分が一番酔って一番吐いて、ぐったり動けず22時間(拷問船か!)
なんとか無事に舞鶴に到着して帰ってきた。
激太りもハチマル式ダイエットで数日で元の体重に戻って旅は終了。

さあ、仕事の時間だ。


ハンターカブ 小豆島偵察旅

ある休日、前日夜から眠れん眠れんと朝までぼーっと起きてた時、
このまま横になっててもしゃあない、小豆島作戦の案内地偵察のために。
早朝から旅に出ることにした。
DSC_0563.jpg
早朝の景色が旅感をもりあげる。
姫路港まで走り、フェリーで小豆島まで。
フェリーは1時間40分あるのでヒマなのだが、ちょうど眠くなったので寝てたらついた。
DSC_0572.jpg
まずは福田港から北上して吉田ダムに行ってみる。
DSC_0574.jpg
山間部の景色がきれいだね。
少し南下しおて福田港方面から寒霞渓に上る山道を走る。
上っていくと廃墟発見
DSC_0575.jpg
使われなくなった観光地お土産屋さんのようだ。
この奥に

峰悧冨神社

があると書いてあったので行ってみる、ちにみに読み方は全然わからん
DSC_0579.jpg
フラット林道をしばらく走ると着くのだが…
DSC_0576.jpg
え、
なんすかこれ。聖闘士星矢てきな建物発見。
DSC_0577.jpg
これが神社~??
と絶句したが、どうやら小豆島はギリシャのなんたら島と姉妹島らしくて、
その縁でギリシャの神様も迎えました的な事情のようだ。
しかし日本神道の寛大ぶり・無差別主義は我が土着宗教ながらすごいなあと思う、
DSC_0581.jpg
まつきちカフェができる東屋などを散策しつつ、草壁港側に降りていく。
DSC_0585.jpg
途中、醤油のお土産屋さんあり、入る。
ダシとか醤油とかお土産買っておいた。
そして草壁港に着き、ここに来たら、
DSC_0586.jpg
三太郎でしょう。

早く着きすぎて開店待ち。
15分ほど待って
DSC_0587.jpg
久しぶりの醤油うどんを食べる。
さすが香川県。うどんがうまい。

今回は大盛にしたが、多くて腹いっぱいになった。
DSC_0588.jpg
食後は洞雲山側に観光地がないか散策する。
山の上の巡礼地はどうかと走ってみたが、坂がきつすぎて原付作戦には不適当なようだ。
DSC_0590.jpg
まあ、空海とか お寺とかそんな興味ないしね。
ここはパスだな。
DSC_0593.jpg
次にグーグルマップで見つけた美井戸神社。
DSC_0594.jpg
すごい不思議なものが置いてあるのだ(笑)
芸術作品で、題名はたしか
Anger from the bottom
だったような、
地の底からの怒り、という意味か。
DSC_0595.jpg
ビートたけし さんの作品なのだ。
DSC_0596.jpg
とりあえずインパクトがすごい。
時間が合えば、それこそ地の底から湧き上がる井戸水が、口から吐かれるらしい。
いつか見てみたいものだ。
DSC_0597.jpg
ここの近くにまめまめビールという地ビールを作っているお店がある。
お土産に5本購入した。

山を下り、24の瞳方面へ走る。
DSC_0598.jpg
この道はすごく快適で景色が良い。
たくさんのバイクが走っていて、この日はクラシックベスパの集団にあった。
すごー
DSC_0603.jpg
次に、三都側に走り、「犬の墓」にお参りする。
道路わきにひっそりあるので見落とさないように注意。
DSC_0604.jpg
主人を命を懸けて守ったという忠犬が祀られている。
えらいえらい。

ここから一気に小豆島北部に出て
DSC_0605.jpg
残石記念公園で休憩してから
(小豆島北部はここ以外にコンビニもなにも休憩場所らしきものは全然ない~)
DSC_0606.jpg
福田港に着いた。
行きのフェリーでも一緒だった赤ハンターカブとまた同じ船。
DSC_0609.jpg
で、この旅の収穫。
ビールはおいしく即飲みしました(^^)
プロフィール

はちまる隊長

Author:はちまる隊長
バイクあそびの達人(自称)
CCJの大将してます
http://suzuki-choinori.com/index.html

訪問者カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

ムーミンの雑記帳&内緒のコメント用ブログ

埼玉の大ちゃん

santaの散歩

ダテ 暮らしの雑記帳

フライングクロ

#88 新米感覚

イサチャンネル 13ch

ちょい乗り紀行

KSK@ばすのブログ

地平線

ちょいとチョイノリ(別館)

6畳間整備工場

さんちゃんとチョイノリ

セカンドライフを堪能
QRコード
QR