オイル交換 ハンターカブ

CT125だが、すでにハンドルカバーを付けている。
ハンドルカバーは寒い時の防寒用と思う方が多いと思うが、
自分の場合、手が日焼けしないように夏でもつけている。
IMG_1205.jpg
使用しているのはホームセンターでも売っているような簡易なものだが、
これが結構便利で、
寒さ、日光のみならず、雨の時にも手が濡れないので重宝している。

ハンターカブの場合、右はブレーキレバーがあるので、
ハンドルとブレーキレバーの二点固定でハンドルカバーは安定するのだが、
IMG_1204.jpg
左側はクラッチレバーがないので、ハンドルカバーがハンドルの軸を中心にグルリとずれてしまう。
特にスマホを左手で操作しようとハンドルから手を離したら、
風の影響でハンドルカバーがあらぬ方向にずれ、いざ手を戻そうとするときに困るのだ。

わざわざフェイク左レバーを付けるのも変だし、どうしようかと思って、
IMG_1207.jpg
ハンドルバーエンドのウェイトでハンドルカバーを固定しようかと思った。
ここはインパクトドライバーで外す。
そして
IMG_1208.jpg
バーエンドのウェイトで挟み込もうかと思ったが、
そうするとハンドルカバー内スペースが狭くなるので
IMG_1209.jpg
ボルトだけの固定にした。
実際走ってみると、この固定だけでハンドルカバーの変位はなくなった。
0円で対応できた、よかった。

次に走行距離が1000kmを超えたので
オイル交換することにした。
マニュアル上では初回1000km その後は3000km毎らしい
IMG_1216.jpg
エンジン右側のプラスチックねじ。
後ろ側がオイル給油口、前はオイル量チェック用だ。
IMG_1217.jpg
エンジン下部にドレンボルトは2か所あるが、
エンジン右側の方がエンジンオイルのドレインボルト。17mmボルトで
IMG_1218.jpg
ワッシャのサイズは
内径12mm  外径20mm。
ちょうど良いものがなかったので、今回は再利用する。
まあ、もれんって大丈夫。
IMG_1221.jpg
オイル量はたった700ml すくね。
IMG_1212.jpg
ちょうどいい量オイルを入れていても、
アイドリングさせたあとに測定すると若干下がるので、さらに少し補給して終了。
IMG_1214.jpg
費用も安価で作業も楽。
オイル交換はこまめにしましょう~

出石そば旅 ハンターカブCT125

昼から時間が空いたので、ハンターカブで遠出することにした。
DSC_0029.jpg
国道312号線をひたすら北へ進んで和田山からさらにすすんで、
超田舎へ
養父から県道255号線に走っていくと、ほたるが有名な「ほたるの館」あたりに出る。
久しぶり…ってか数日前に来たんだけどね。
DSC_0030_2020091821414938f.jpg
数日前に娘×2と泊まったコテージ。
虫やカエルが出まくって、
しかも風呂は湯が出ず水風呂という、
なかなかスリリングな宿泊になった思い出深いコテージだ。
あ、もちろんツマーはこなかった。虫の王国だからねえ、くるわきゃない。
ここを過ぎた先にね、
DSC_0032_2020091821433295d.jpg
高中そば というなかなか味のある蕎麦屋さんを見つけていたので、来てみたのだ。

しかし
火曜日 水曜日 木曜日 は休業とかいうオチで、この日は休み。ワオ。
せっかく来たのにねえ。残念。
ということで、さらに足を延ばす。
この道を北上すればすぐに出石なのだ。
DSC_0037_2020091821465153a.jpg
出石に来たら、
まずは登城さん→定休日…、ワオ。
では官兵衛さん→営業時間終わってた…ワオ。
と軽く蕎麦難民化していたところに、なんとか見つけた天通さん。
DSC_0036_202009182149438ba.jpg
大丈夫だろうか…
ここ二回ほど蕎麦屋さん選びに失敗しているので、不安だったが、
DSC_0033.jpg
大丈夫!しっかりおいしい店でした。
5皿をすぐに食べきって、さらに5皿追加。
DSC_0035_20200918215118191.jpg
ここは自分ですりおろしたワサビを使うのだが、これが効く効く。
鼻にツーンと抜ける刺激で、せき込みながらそばを食う。
いいねえ。
DSC_0034_202009182152305c1.jpg
民家民宿風の店内を眺めながらダシを蕎麦湯で割っていただく。
平日の午後だったので、観光客も全然おらず。最初から最後まで一人で安心して食事できた。
ああ、満足満足。
DSC_0040_20200918215424788.jpg
帰りは違う道を選択して走る。
山間部の快適なコーナーを走るが、CT125は何のトラブルもなくすいすいと走る。
だいぶ慣れてきたが、やはりクラッチレスギアチェンジ車は半クラッチを使えないので、
特にギアを落としてエンブレ効かせようとしたときにいきなりつながるのが苦痛だな。
とくに前にタンクがあるタイプのバイクではないので、
ギアをがつがつ落としてエンブレ効かせると体が前に飛ぶ出る恐怖があるね。
もっとうまい運転方法があるのかな?

9月に入って、急に夏が終わったようで、
夕刻になると寒い寒い。
この日は終日晴れの予報だったのでカッパとか持ってきていなかったが、
防寒用にどうしても衣類が必要になったので
DSC_0041_20200918215819286.jpg
ホームセンターによって安いカッパを買って着込んだ。
もう防寒を意識しないといけない季節になってきたねえ。

総走行距離 243km
燃費 61km/L

CT125 作戦準備

忍者作戦が今週末となった。
今回はCT125をトランポで持っていくので、積載練習をしてみる
IMG_0987.jpg
さすがハイエースといったところか。
結構デカいCT125でも二列目シートそのままでたたむことなく載せることができた。
IMG_0986.jpg
しかしギリギリ。ミラーとか外さないといけないしヘチョ原付とはわけが違うね。
いままでCRF150R2を載せたりしていたので油断したが、CT125の方が重くてなかなか難しかった。
ラダーの途中で勢いがなくなるとさらに押し込むことができない重さ。
しっかり勢いをつけて載せきらないとやり直しになる(汗)
降ろすときは不注意でサイドスタンド収納しておらず倒しそうになった。
これからは慎重に行こう。
誰かメンバーがいたらお手数だが手伝ってもらうほうが安全だな。

次に、スマホナビの準備。
IMG_0988.jpg
アマゾンでハンドルブレースバーを購入。
安いやつなのだが、中央棒を回すことで長さが変えれるし、ハンドルクランプ部分もよく考えられていてつけやすい。素材が安っぽいけどね。
IMG_0989.jpg
スマホスタンドを装着して完了。
これで長距離旅準備は完了した。
今週末が楽しみだ~♪

CT125ハンターカブ納車 日生かきおこ旅

コロナ禍で日本政府が全国民に10万円くれて、
経済回せや!とかいうから、
この機会に
以前から気になっていた新型ハンターカブを買うことにした。…のが数か月前。
緊急事態宣言中に!レッドバロンのS田さんに電話して、
外出自粛中なんで店には行けんけど予約してくれと依頼。

このたびレッドバロンから納車された。
DSC_0316_20200731124436ef9.jpg
色はブラウン。
自分が注文するとき、レッドバロン姫路の第一便で入荷するハンターカブ2台のうち、赤はすでに予約が入っていたがブラウンはまだだったので、第一便での購入ができ、
6/26が発売日だったところ、1か月待ち程度で手に入れられたのだ。

コロナ禍での購入だったので、
予約から契約書のやりとりまですべて電話とFaxですませ、
最終的に引き取りに行く時だけレッドバロンに行ったのだが、
S田さんはこの日お休みだったので、結局S田さんには会わないまま買うことになった。
なんじゃそれ。
DSC_0317.jpg
現車は想像していたよりもがっしりしていて太い。。
ちょうど乗車のために跨ぐあたりが、右側にアップマフラー、左側に吸気シュノーケリング経路があるため太くなっているのだ。
シートもやや高めで硬く、125ccとしては足つきがやや悪いかなと思う、でも全然許容範囲。

エンジンをかけてギアを入れると
ガコッとガッツリ入るギア。
クラッチレバーがない自動遠心クラッチは奇妙な感覚。
以前にカブ90に乗っていたことはあるのだが、この感覚忘れてしまっていたな。
ギアの入りが良く、シフトチェンジがガツガツ入っていくのが気持ちい。
走り出してみると十分なパワーだ。
ガソリンスタンドで満タンにしてから、西方面へ慣らし運転がてら旅に出ることにした。
DSC_0318.jpg
国道250号線を西へ走る。
ギアはN→1→2→3→4→Nの踏み込みシフトアップでロータリー式だ。
ちょうどCD125と同様のパターンなのだが、
4→Nに関しては停車中でないと変更できないようになっているので、
CD125のように4速からシフトアップしてしまってニュートラルぶおーーん!!
がない、これは助かる。

ただ、赤信号で停車直前に 信号が青になった時、
急遽シフトダウンしなくてはならないが、
その時は車体がまだ動いているので4→N→1はできず、
踵シフトダウンで4→3→2→1としなくてはならない。
ぼーーっとしていると焦るぞ。
DSC_0320_20200731130035b32.jpg
この日は天気kがよくて手がじりじりと焼ける。なつだねえ。
海を眺めながら国道を走っていく。
相生市から赤穂へ。
途中、道に迷う。

本来だとスマホナビで走るのだが、なにせ納車当日なのでスマホホルダーがなくナビできずに走っているためだ。
そして
DSC_0322.jpg
未舗装悪路に入り込む始末。
いや本当に、わざとではないのだ。
新車状態でいきなり未舗装とか、行く気全くなかったのにこんな道…
楽しいじゃないか!

DSC_0324_202007311303236c5.jpg
悪路走行はそれなりで、オフロードバイクってわけにはいかない。
それでも車格が小さく取り回しが楽なので、
どんな悪路でも入っていってやろうと思わせる手軽さがある。
DSC_0325.jpg
さらに西へ走って備前につき、
備前♡日生大橋を渡る。
ハートをつけるとかキモイとか言わないでくれ、この♡は正式名称なので、入れるしかないのだ(笑)
DSC_0326_2020073113064922d.jpg
天気が良く海と空の青がいい。
鹿久居島、頭島を走り回るが、やはり取り回しやすさからいろんな道に入っていける。
キャンプ場のリサーチのため細い道まで入っていったら
DSC_0327.jpg
また悪路に入っていってしまうというハプニング、
いや、わざとじゃないのだ、本当に。
停車してスマホナビをポケットから出して確認してから走るということを繰り返すがキャンプ場がない。
どうやら有料の予約した人間しか入れない道の先にキャンプ場があるようだ。
仕方なく引き返して日生へ戻る。

ここはカキが有名なところ。
カキなんて冬じゃないと…と思っていたが、カキオコは食べれるようで、
のぞいてみると、全然お客さんがいない!!
DSC_0331.jpg
これはちゃーーんす!!
と思って、たまたま見つけたお店「きたろう」さんに入る。
DSC_0329_20200731131331675.jpg
全然客がいない為に鉄板の火を落としていた?ためかできるのにすごく時間がかかったが、
その間に誰か来るわけでもなく、たった一人の客のままカキオコが来る。
うまそうだ!!
DSC_0330.jpg
旬じゃないから心配していたが、全然 大丈夫!
カキは大粒でプッリプリ。しかもたくさん入っていた。10粒くらい入っていたかな。
うまいうまいと全部食ってしまった。

次はカキ入りスープ焼きそば なるものに挑戦してみたいなと思いつつ外に出ると。
なんと雨。
新車の初旅で雨かいな!
超快晴だったので、そのまま出てきたし雨具も何もない。

走り出すとゲリラ豪雨になり大粒の雨が滝のように降りそそぐ。
瞬時にパンツまでびちゃびちゃになる大雨だ、なんてこったい。
DSC_0334.jpg途中のホームセンターにでも寄って、
着替えやカッパを買おうと思っていたが、道沿いには全くホームセンターがなく。
赤穂の休憩東屋でリュック内部の物品をコンビニ袋で防水するだけで最後まで濡れながら帰る。
DSC_0335_20200731132115536.jpg
そして無事 播磨駐屯地に帰還。
総走行距離130kmの初旅。
最初、クラッチレスミッションに戸惑ったが、帰ってくるころには慣れてしまった。
どこにでも入っていける軽快車体でエンジンパワーも十分。
これは楽しいバイクだね。
気になる燃費はなんと58km/L  チョイノリ越えかよ すげえな。

来週末は忍者作戦があるので、さっそく長距離旅仕様に艤装を行う
DSC_0336.jpg
この車体、キャリアがバカでかい。
なので
DSC_0338.jpg
モトボワッドBBのデカボックスを装着したが、それでも
DSC_0339.jpg
こんなにスペースが余る。
テントやタープ、椅子などの長物を載せられるね。
さらにサイドバックを装着したら快適キャンプができそうだ。
(忍者作戦はキャンプじゃなく宿泊施設に泊まるけどね。)
DSC_0337.jpg
これで荷物積載は大丈夫。
後はスマホナビ台とハイエースへの車載を試していこう~♪
プロフィール

はちまる隊長

Author:はちまる隊長
バイクあそびの達人(自称)
CCJの大将してます
http://suzuki-choinori.com/index.html

訪問者カウンター
フリーエリア
バイク仲間を募集中!

チョイノリクラブジャパン→チョイノリで冒険をするチョイノリストの会

GRS林道部隊→原付で未舗装オフロードを走って野営する冒険部隊

GRS公道部隊→原付で長距離ツーリングを行う旅部隊

CCJオフロード部隊→エンデューロレースを楽しむレーサー部隊

CCJマラソン部隊→バイク仲間たちでマラソンを楽しむ部隊

参加希望ありましたら作戦告知記事にコメントください!
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

ムーミンの雑記帳&内緒のコメント用ブログ

埼玉の大ちゃん

santaの散歩

トモス・クラシック

フライングクロ

#88 新米感覚

イサチャンネル 13ch

ちょい乗り紀行

KSK@ばすのブログ

地平線

ちょいとチョイノリ(別館)

6畳間整備工場

さんちゃんとチョイノリ

セカンドライフを堪能
QRコード
QR