ビーノ公道化改修 淡路翁そば

レーサーとして改造してきたビーノだが、
もうレースに出す予定もないし、今後は公道で活躍してもらうこととして改修を行うこととした。

燃料計を取り付けて、
次に速度計を使えるようにしようと思った。
メーターケーブルを取り付けなくてはいけないのだが、ビーノのワイヤーでは、フロントブレーキアッセイに装着する部分がモレとは形状が全く違い、装着できない。
そこで
DSC_0268.jpg
モレのメーターワイヤーをオクで買った。
取り付けできるかどうか不安だったが、なんとメーター側はビーノのメーターに問題なく装着できた。
すばらしい。

しかし
DSC_0269.jpg
いざ取り付けてみると、メーターワイヤーが短くて曲がりがきつくなっており、
このまま運用していたらワイヤーに負担が来て断裂するかもしれない。

そこで、
メーターを少し下になるように移設してワイヤーに余裕を持たせることにした。
DSC_0270_201912251251107aa.jpg
メーター取り付けステーに新たな穴を開けて、いらない部分をサンダーで切除。

DSC_0271.jpg
少し下になるように取り付けを行い、
DSC_0272.jpg
ワイヤーの屈曲がマシになった。これくらいならワイヤーの負担も大丈夫だろう。
これで前輪を浮かせて回すとメーターが回る。
無事に装着できたぞ。
DSC_0273_201912251254048eb.jpg
ハンディGPSを取り付けて試走してみた。

純正に比べて前輪が10インチ→12インチ とインチアップしている。
つまり、前輪一回転当たりの進む距離が伸びるので、速度は遅めに表示されるものとばかり思っていたが、逆に速めに表示されていた。
メーター60km/hのとき、GPSで53km程度
あれ?とおもったけど、不思議ではない。
なぜならフロントブレーキアッセイ内部のメーターギアがモレのものになっているからだ。
おそらくギア比が違うのだろう。

数回試走して、結局
実際の速度はメーター表示の12%遅くなり
実際の走行距離はメーター表示の5%短くなる
という計算になった。
(通常の市販車のメーターは10%程度速く表示されていることが多い)

DSC_0275_201912251300224ca.jpg
左右のミラー付けて、リアボックスつけて、ハンドルカバー付けて、
完全な長距離作戦仕様に改装した。

試走と、今後の淡路島作戦下見もかねて、
淡路島の蕎麦屋さん、淡路翁に行くことにした。

姫路を出発して国道250号線を東へ、
明石港まできた
DSC_0276_20191225130204ad5.jpg
公道での走行は非常に快適でスイ―――と抵抗なく走っていく。
非常に乗りやすい。
明石港のジェノバライン乗り場に到着して、切符を購入。
大人一人と原付1台で片道1010円だった。
DSC_0277_2019122513033101c.jpg
桟橋まで案内されて待っていると
DSC_0278_20191225130357c3f.jpg
ジェノバラインが到着。
スロープを使って乗船する。
DSC_0279_20191225130431113.jpg
船内での固定方法はこんな感じで
前輪を乗り入れて、ハンドルを固定する方式だった。
となると、作戦に利用できる原付はよく考えないといけない。
ベスパ50S→ハンドルエンドの固定がウインカーを損傷する可能性あり、やめたほうが良い。
CD125K→車体が重く、桟橋移動、船内での方向転換が面倒、やめたほうが良い。
フォーゲル→前輪が小さいので固定金具がフォークに接触する危険性あり、やめたほうが良い。
ということでチョイノリかロードパルかビーノってとこかな。
どれにしよう…

そう考えているうちに淡路島側の岩屋にたどり着いた。
乗船時間は10分くらい?かな。

岩屋からは、淡路島のど真ん中を縦に走っていく作戦を計画しているので、
山中に入っていった。
しかし、
なんとすごい坂!!!
強烈な坂が連続する。
ハイパワー6.3PSビーノなら難なく上っていくが、こんなのチョイノリぜってーむり!!
だと思った。
そして
DSC_0282.jpg
淡路翁の到着した。
非常に雰囲気がよいお蕎麦屋さん。
周囲に何もない、田園が広がる田舎にある。
DSC_0284.jpg
さて、次回の淡路島作戦は、淡路島中央部を縦に縦断する経路を計画していたのだけど、
国道ではなく県道や名もない道を乗り継ぐため、坂の規格が国道に比べて激しかった。
チョイノリだったらこの道は登れない。

しかたないので、基本的には海岸沿いの淡路島周回経路にして、
山の少ない部分で「横断」を行い、8の字型の作戦経路にしようと思っている。
DSC_0280_2019122513091741e.jpg
淡路島の山間部の良い景色を見つつ、
計画を考えているとこに、そば登場。
DSC_0281.jpg
すこし緑がかった色。
ダシでいただくザルそばだ。

まずはダシなしで少し食べ、そばの風味を味わい、
その後はダシに付けてズルズルいく。
ウマい!
瞬時に食べきって、もう一皿追加して食べきった。
ここは15時でしまってしまうので、あまり長居もできず、
2ザルで終了としておいた。
また来たいな。

帰りはすぐに海岸沿いに降りて岩屋を目指し、フェリーで帰宅した。
DSC_0285.jpg
帰路でヘッドライトが脱落してしまったのだが、
もう自宅はすぐそこだったので、このまま帰ってきた。
ヘッドライトを修復する。
メーターはしっかり動いており、燃料計もちゃんと動く。
これで公道化改修は完璧だね。

ビーノ レースに向けての整備

レーサービーノ。
8時間耐久レースで後輪を負傷し、そのまま放置中。
12月のJNCC WEX瀬戸大会に向けて整備をしなくてはならない。

後輪ないかな?とクロちゃんに聞いたらあるというので、
DSC_0236.jpg
CD125で寝屋川まで取りに行った。
けっこうな距離だったが楽しくツーリングして行けた。
ちょうど とりから氏など大阪の面々と焼き肉パーティーの日だったらしいが、
帰路を急ぐため、参加せずにおとなしく帰る。
DSC_0245.jpg
ひっさしぶりにビーノを整備。
歪んでベコベコになったホイールを交換し、
今後空気漏れしないようにチューブタイヤ化して装着した。
DSC_0250.jpg
これで完成!

と思っていたら、レース前々日の試運転でリアブレーキの戻りが悪い。
何じゃこれ?
DSC_0355.jpg
調べてみたらリアブレーキのバネが折れていた。
まじでか?
今からだったらパーツが間に合わん!?

と思ったが、
実は
DSC_0356.jpg
予備エンジンが一基あって、そこからバネが調達できた
危なかったぜ。
DSC_0357.jpg
ぎりぎりだったが、なんとかレースに間に合ったぞ。

ビーノ リアキャリア

なんかレーサー化計画からそれてしまって、
ツーリング ビーノ化していっているのだが、気にするな。

キャリアの塗装が完成した

ただの鉄丸棒なので溶け落ちを考えずMAXで溶接してやったので強度は十分ある。

塗料はモノタロウ レーシング シャーシ ブラックだ。
当たり前だが走行性能には変化はない
(いや、もしかしたら空力をダウンフォースに変換して後輪接地圧を高める効果が… あるわけない!)

天面は水平を出してあるので平たく、荷物積載に便利だ。

支える支柱も10mmにしたので、
10kgくらいの耐荷重性はあるとおもう。
ちなみに、後ろをもって持ち上げたら車体を持ち上げられるほどだ。


ボックスをつけてみると

こんな感じで、タンクキャップに干渉なく荷物が積める。


これで長距離旅も楽々だね!
(このビーノはレーサーです…)

ビーノ ツアラー化計画

画伯は大阪のレースに参加するようで、うらやましい。
自分はマラソン(5km)走りながら、遠くから応援することにしよう。


さて。
ビーノだが、
レース参加がかなり先になるので、公道での運用をおこない、問題点を洗っていくことにした。

グリップがグリグリ回ってしまうようになったので、
ワイヤーツイスターでワイヤリングしておいた。
そして
試験走行のために長距離作戦を行うことにし、
このたび第一回原付温泉同好会 湯郷作戦に参加した。

自分はベスパ50Sで参加したので、このビーノはGさんに試乗してもらった。
詳細は自分のベスパブログにて。↓

ビーノは行きも帰りも なんの問題も出ず、
マフラー交換後からは生まれ変わったかのような快調ぶりなのだが、
やはり長距離作戦では荷物積載につき不満が出てきた。
メットインスペースはあるものの、それほど容量があるわけではないのであまり積めないのだ。

リアにはグラブバー的な棒があるが、これはキャリアとして使用できるようなものではなく、なにも積めない。
そこでリア方向に鉄丸棒を曲げて溶接して、キャリア台座になるような鉄枠を作った

はい完成。

タンクキャップに干渉しないようになるべくリア方向に配置するようにした。
現在塗装中だが、塗装完了したらGIVIボックスをつけてみようと思う。

フロントタイヤ交換

レーサービーノだが、
非常に調子よく走っている。

しかし、次のレースが半年ほど先になり、それまで出番がない…
しようせず保管しておくのがもったいないし、
普段から乗って、不具合の個所を早期発見していきたいので、
オンロードで運用できるようにフロントタイヤを交換することにした。

現在、フロントに履いているのは12インチのオフロードタイヤMX52なのだ。
これって走りにくい。
実は公道で一回 フロントが滑って車体が転倒しているし、
(ライダーはスーパー運動神経がよいので車体を放りだしてこけずに無事だった)
このまま使用するのはコワイ。

そこでオンロード用タイヤを買っといた、
(奥のはベスパGTS250ieのフロントタイヤ)

オンロード用タイヤって素直でいいね。
ほぼ手ハメで装着完了。

実は近々、GRSでの極秘作戦があるので、
ビーノはGRSに貸し出しで働いてもらうことにする。

公道作戦をこなしつつ、
さらに熟成していこう。

プロフィール

はちまる隊長

Author:はちまる隊長
バイクあそびの達人(自称)
CCJの大将してます
http://suzuki-choinori.com/index.html

訪問者カウンター
フリーエリア
バイク仲間を募集中!

チョイノリクラブジャパン→チョイノリで冒険をするチョイノリストの会

GRS林道部隊→原付で未舗装オフロードを走って野営する冒険部隊

GRS公道部隊→原付で長距離ツーリングを行う旅部隊

CCJオフロード部隊→エンデューロレースを楽しむレーサー部隊

CCJマラソン部隊→バイク仲間たちでマラソンを楽しむ部隊

参加希望ありましたら作戦告知記事にコメントください!
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

ムーミンの雑記帳&内緒のコメント用ブログ

埼玉の大ちゃん

santaの散歩

トモス・クラシック

フライングクロ

#88 新米感覚

イサチャンネル 13ch

ちょい乗り紀行

KSK@ばすのブログ

地平線

ちょいとチョイノリ(別館)

6畳間整備工場

さんちゃんとチョイノリ

セカンドライフを堪能
QRコード
QR