ビーノ リアキャリア

なんかレーサー化計画からそれてしまって、
ツーリング ビーノ化していっているのだが、気にするな。

キャリアの塗装が完成した

ただの鉄丸棒なので溶け落ちを考えずMAXで溶接してやったので強度は十分ある。

塗料はモノタロウ レーシング シャーシ ブラックだ。
当たり前だが走行性能には変化はない
(いや、もしかしたら空力をダウンフォースに変換して後輪接地圧を高める効果が… あるわけない!)

天面は水平を出してあるので平たく、荷物積載に便利だ。

支える支柱も10mmにしたので、
10kgくらいの耐荷重性はあるとおもう。
ちなみに、後ろをもって持ち上げたら車体を持ち上げられるほどだ。


ボックスをつけてみると

こんな感じで、タンクキャップに干渉なく荷物が積める。


これで長距離旅も楽々だね!
(このビーノはレーサーです…)

ビーノ ツアラー化計画

画伯は大阪のレースに参加するようで、うらやましい。
自分はマラソン(5km)走りながら、遠くから応援することにしよう。


さて。
ビーノだが、
レース参加がかなり先になるので、公道での運用をおこない、問題点を洗っていくことにした。

グリップがグリグリ回ってしまうようになったので、
ワイヤーツイスターでワイヤリングしておいた。
そして
試験走行のために長距離作戦を行うことにし、
このたび第一回原付温泉同好会 湯郷作戦に参加した。

自分はベスパ50Sで参加したので、このビーノはGさんに試乗してもらった。
詳細は自分のベスパブログにて。↓

ビーノは行きも帰りも なんの問題も出ず、
マフラー交換後からは生まれ変わったかのような快調ぶりなのだが、
やはり長距離作戦では荷物積載につき不満が出てきた。
メットインスペースはあるものの、それほど容量があるわけではないのであまり積めないのだ。

リアにはグラブバー的な棒があるが、これはキャリアとして使用できるようなものではなく、なにも積めない。
そこでリア方向に鉄丸棒を曲げて溶接して、キャリア台座になるような鉄枠を作った

はい完成。

タンクキャップに干渉しないようになるべくリア方向に配置するようにした。
現在塗装中だが、塗装完了したらGIVIボックスをつけてみようと思う。

フロントタイヤ交換

レーサービーノだが、
非常に調子よく走っている。

しかし、次のレースが半年ほど先になり、それまで出番がない…
しようせず保管しておくのがもったいないし、
普段から乗って、不具合の個所を早期発見していきたいので、
オンロードで運用できるようにフロントタイヤを交換することにした。

現在、フロントに履いているのは12インチのオフロードタイヤMX52なのだ。
これって走りにくい。
実は公道で一回 フロントが滑って車体が転倒しているし、
(ライダーはスーパー運動神経がよいので車体を放りだしてこけずに無事だった)
このまま使用するのはコワイ。

そこでオンロード用タイヤを買っといた、
(奥のはベスパGTS250ieのフロントタイヤ)

オンロード用タイヤって素直でいいね。
ほぼ手ハメで装着完了。

実は近々、GRSでの極秘作戦があるので、
ビーノはGRSに貸し出しで働いてもらうことにする。

公道作戦をこなしつつ、
さらに熟成していこう。

ビーノの不具合、回答!!

さて回答編です。

他にどこが悪いのか?さらに検証を進めていった。

前後のタイヤ空気圧オッケー、アクスルシャフト歪みなし、
ホイールの回転に干渉はなく軽く回る。

エンジン内部、
以前開けて確認したシリンダーとピストンにも問題はなく、もちろん焼き付きなし。
ビーノはインマニの樹脂が損傷する不具合が多いと聞くが、そこにも問題はなく、
さらに内部のリードバルブに問題なし。
圧縮圧力も問題ない。
オイルシール損傷なし。

キャブレターは。
もうレース前に何度も何度も整備を繰り返してきたから、ここに問題があるわけではない。


しかしやはり同じ症状が続く…
なぜだーーーー!!!!

と思っていたところで、
ふと、思いついた。
マフラー!?
2ストロークエンジンではオイルが焼けた後に煤になって排気経路に付着し、
マフラー内腔を狭めていく可能性があるという。


いままで、マフラーが原因では?と疑ったことがナイわけではない。
なぜ、原因リストにマフラーを入れていなかったかというと、
一号機のマフラーでも二号機のマフラーでも、
どちらでも症状が同じだったので
さすがに2本とも詰まるなんてことないでしょ。
と思っていたのだが…

2本とも詰まっている
そんな確率的には低い現象にかけてみることにした

ビーノにパーツは新品がすぐに手に入る。すばらしい。
ネットで送料込6000円で買ってみた。

すると

完全復活!!!!

スーパー調子がよくなった。
エンジン一発始動。
足で踏ん張っていてもぐいぐい発進していき、無理に耐えようとするとウイリーするほどのパワー
最高速度も元通りのようだ(メーターがないのでわからないが)

いままでの苦労はなんだったのか、
マフラー変えるだけで、なにこれすごい!!
うれしい! 整備小屋で叫んだ
おっしゃーーー!!!!
キタぜーーーーー!!!


みなさまお騒がせしましたが、
原因はマフラーの詰まり。でした。
はちまるはこれまで2ストローク車体を何台か乗ってきたが、
マフラーの詰まりがここまでひどい車体は初めてだったので、
気づけなかったのだ。

後から考えるとこれまでのビーノ不具合の経緯に、すべてが合点がいく。

1、
1号機は走行距離32000kmという、かなり使い込まれた車体であった。おそらくマフラーが詰まりかけていたのだろう。レストアして一旦調子よくなったのに、なにかの拍子でマフラーが詰まり、その後は全然調子が良くならなかった。
焼き付きを恐れて燃料にオイルを追加していたのが、さらに症状を悪化させてものと思われる。

2、
1号機が回復しないため、クロちゃんから二号機をもらった。こちらは走行距離2万キロ超え、1号機よりはマシだったのだろう、調子よく走れ、2018最終戦の瀬戸に参戦できた。

3、
しかし瀬戸から戻ったら、2号機もパワーが落ちていた。
これは瀬戸での走行でマフラーを何度も打撲してメインパイプが細くなり、詰まりかけていた2号機マフラーの抜けがさらに悪くなって症状が出てきたのだろう。

4、
メインパイプが凹んだ2号機マフラーは外して、外見上、異常が少なそうな一号機マフラーに戻したが、
一号機マフラーは内部が詰まっているので、
改善するどころか、さらにパワーダウンして、マトモに走らない車体になってしまったのだ。


これまでに何度かマフラーを外してパイプに息を吹き込んで、通っているかどうかしらべたが、
息は吹き込めたし、
アイドリング時にマフラーから排気がポンポン出ていた。
これを見て「詰まりはない」と判断していたのだが。
マフラーの詰まりというのは完全閉塞ではなく内腔の狭小化であり、
息やアイドリング排気が通っていても、大丈夫というわけではないということなんだね。

ああ勉強になりました~



ビーノの不具合、問題!!

レース前、
それはそれは焦った。
もう1週間を切っているというのに、ビーノがいきなり調子がわるくなって全然走らなくなったのだ。

症状としては、
エンジンの始動は特に問題なく、ちゃんとアイドリングする。
しかし、アクセルを回しても回転の上りが遅く、
走りだしても以前のような加速感がなく、もっさりとゆっくり加速していく感じ。
明らかにパワーがない。
最高速度も40km/h程度?(メーター外してあるので正確な速度がわからん)で、しばらく運転していると、
一旦停止や信号待ちなどのあと、さらにパワーダウンする。
もう10km/hも出ないほどで、明らかなマシントラブル。
周囲の車に迷惑をかけつつ、なんとか止まらずに家まで帰ってくるという状況が続いていた。

しばらく運転していて、さらに症状が悪化するということから、
チョーク機構の不具合か、
それともヤマハ フォーゲルで経験したような過熱によるステーターコイルの不具合か…

とにかく時間がなかったので、
パーツを注文する暇もない。
キャブレターの不具合一本に絞って決め打ち。
キャブを開けては洗浄、油面確認、各種スクリュの調整とジェットの番手変更、チョークの交換からチョーク腔の強制閉塞まで、
ありとあらゆるキャブ整備を行った。

しかし
ビーノの整備性は極悪で、
キャブレターに到達するために後部カウルをすべて外し、
タンクキャップからグラブバー、シートまで外してやっと到達する始末。
しかもだ、ナンバーや灯火類がカウルに装着されている関係上、
試運転のためにはすべてのカウルを元に戻さなくてはならない!!
なんという重労働!!
キャブレターの整備、一つ一つのために、毎回、大量の取り外しと取付けを繰り返す。

しかし
しかし最後までビーノは反応せず、全く同じ症状のまま。
レース前日を迎え、ひざから崩れ落ちた私は戦線参加を断念したのだった。。。。。



2019年JNCC WEX第一戦
40min モぺ改ライトでは
しめじさんCRF、QR50、トリプル参戦の女性CRFが楽しそうに走る。
ああ、くやしい、俺も一緒に走っていたはずなのに~
だた 
ただ無念だった。

ここまで整備性が悪く、レースのたびに損傷を引き起こす劣悪機体ビーノはみすてて、
CRF50に対抗するべくSUZUKI DRZ50で参戦しようとか、
ここはもうKSRⅠ? とか相談していたのだが、

レースが終わり、次のレースまで時間があるので
もう一度落ち着いて、
ビーノの整備に取り掛かることにした。

基本に立ち返る。
まず点火系を調べていこう。

ジェネレーターを露出させ、内部を確認。
錆のあるところを片っ端から削って、接点復活剤を噴霧していく。

取り付けボルトに錆があるが、肝心の接点には錆はなく導通異常をきたすことはないと思われた。
プラグに問題なく火花飛んでる。

点火タイミングのずれ!?
とも考えて、タイミングライトまでひっぱり出してきて確認。

点火時期に異常はなし。
高回転(不具合でそこまで回らないが…)でも失火しているような点火のマダラ感は出ていない。

点火系に起因する異常ではない。
と考えていいだろう。

じゃあ次だ
まさか…駆動系?

一号機では散々開け閉めを繰り返したCVT機構だが、
二号機は一回も開けていなかった。問題はここなのかもしれない。

開けてみたところ、
Vベルトが細くなって… いなかった。
WRが片減りして… いなかった。
クラッチシューが固着して… いなかった。。。

ことごとく異常なしの診断に肩が落ちる。

じゃあどこやねん!

次の記事で原因がわかります。
次の記事を読む前に、
問題!
このビーノの不具合の原因はどこでしょうか?
考えてみよう(^^)


プロフィール

はちまる隊長

Author:はちまる隊長
バイクあそびの達人(自称)

訪問者カウンター
フリーエリア
バイク仲間を募集中!

チョイノリクラブジャパン→チョイノリで冒険をするチョイノリストの会

GRS林道部隊→原付で未舗装オフロードを走って野営する冒険部隊

GRS公道部隊→原付で長距離ツーリングを行う旅部隊

CCJオフロード部隊→エンデューロレースを楽しむレーサー部隊

CCJマラソン部隊→バイク仲間たちでマラソンを楽しむ部隊

参加希望ありましたら作戦告知記事にコメントください!
カテゴリ
TOP (1)
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

ムーミンの雑記帳&内緒のコメント用ブログ

埼玉の大ちゃん

santaの散歩

トモス・クラシック

フライングクロ

#88 新米感覚

イサチャンネル 13ch

ちょい乗り紀行

KSK@ばすのブログ

地平線

ちょいとチョイノリ(別館)

6畳間整備工場

さんちゃんとチョイノリ

セカンドライフを堪能
QRコード
QR