姫路城マラソン走ってきた

姫路マラソンが正式名称 姫路城マラソンだったことを最近知った俺、

昨日、姫路城マラソン(ファンラン 5km)に出場してきた。

マラソン当日は交通規制がすごく、車ではなかなか会場に近づけないし駐車スペースもない。
そこで

便利仕様に改修されたレーサービーノが活躍する。
娘二人とツマーは出走時間も集合場所も違うため、先にタクシーで現地に行っている。
自分は一人でビーノで出動した。
郵便局前の駐輪場においてから荷物預け場所に向かう。

いままでマラソンに出たことなく初めての経験だったが、
なにせ人が多い!
露店もたくさん出ていて、正月よりもお祭り気分が盛り上がっていた。

荷物置き場で着替えし、
集合地点に向かう。
屋外のトイレもたくさんあり、救護場所や待ち合わせスペースなども完備され、
これだけたくさんの人数が集まるイベントを、スムーズにこなしている姫路市に感動した。
集合地点には、まだ まばらにしか人はいなかったが、
徐々に集まってくる人人人。
中学生からお年寄りまで、たくさんの人が集まってきた。

そして出走前に カンペイちゃんからあいさつ
「あ~め~ま~!!」
を生で聞いてからの出走!

たくさんの人に巻き込まれないようにゆっくりスタートした。
沿道にはたくさんの応援する人たちや、吹奏楽部の演奏がある。
また、対向車線には帰路に向かう小学生ランナーや、
コスプレをしている人たちも多いので、それらを見つつ走っていると楽しい。

対向車線の小学生ランナーに、長女がいないか探しながら走るがいない。
後で聞いたら、1年生はもっと早くの出走だったので、
すでにゴールした後だったらしい

長女の走っていた時の写真を載せとこう。

自分の周りのランナーはどんどん前に走っていって、後ろの人たちもどんどん抜かしていく。
これまで一人で練習していた速度が激遅かったことに気付くが、
急ぎ過ぎると体力消耗するし…
制限時間内にゴールすればいいのだ、いそぐないそぐな。
なるべく自分のペースを乱されないように心がけるが、
どうしても つられてペースが速くなってしまう。疲れる~苦しいなあ。

しかしまあ、速い人の速度は尋常ではない。
自分が全速力で走るスピードよりも速いスピードではしっていく。
あの人は短距離走?
と思うほどの走りっぷり、同じ人間とは思えない。

そしてよぼよぼのジジイとか、ブッチョイおばはんにも
普通に抜かれていく。
一方で若い男なのに息が切れて歩いている者がいたり…
走る能力というのは容姿 年齢に一切関係ないことにビビった。

2kmほど走ったところで後ろから
「頑張ってー」「頑張ってー」
と何度も叫びながら走ってくる女性。
なぬ?
と思ったら、抜かされたところで高橋尚子選手だとわかる。
走りながらみんなにハイタッチをしていき、
しばらくすると対向車線で帰路に向かう方の応援に向かっていった。
スゴイ元気だ!

いろんな見どころがあるので、飽きることなく走っていけた。
そして折り返地点に到着し、帰路で応援している高橋尚子選手に再度ハイタッチして走る。

のこり1km!
あとすこしだ~
と思ったところで、沿道から名前を呼ばれた、
あっ
気付いた時にはすでにおそく

後ろ向きになった写真になってしまったが、ツマーだった。

ドンキホーテで買ったジャージズボンと靴がダサいぜ。
ちなみにシャツはMonster energyのモトクロスジャージだ。

そこから姫路城三の丸広場にでて、一周し、子供たちの応援を受けてから、
ラストスパートをかけてゴール!
走り切れたーー。。

昨年8月、勢いで申し込んだ姫路城マラソン(5km)
走れるかどうか不安に思っていたが、
問題なく走れ、長女も1.5kmを最後まで走り切った。

二人とも時間制限に引っかかることなく完走できた。おめでとう俺たち。

走った後は、
ランナーに御褒美なのか、玉ねぎスープとチーカマドックがふるまわれる。
チーカマドックは姫路のヤマサカマボコが発売しているジャンクフードだがメチャうまいので、
みなさんぜひ食べてみてほしいものだ。

そして完走記録表をもらったら

28分55秒
おお、いつも練習では35分くらいで走っていたのに、なにこの記録。
大幅にベストタイム更新してしまった。
見どころが多く、ヒマせず走ったのと、周りのペースに圧倒されて急いでしまった結果だが、
それでも体力切れず走り切れてよかった。あぶなかったな。


思ったよりもたのしいマラソン大会になった。
まったく興味なかった大会だったけど、娘の影響で出れて、こういう経験も1度はしてみてよかったと思う。

俺、お疲れさま!
もう走る練習はイラナイな!

と思っていたら、
長女「来年も 出るー」
次女「来年は私も 出るー」
まじですか(困惑)?


帰宅後は家族からの完走記念品(ビール)完走表彰状&メダル
をもらって、焼き鳥やで打ち上げ宴会になるのでした。

もしかしたら来年も出るのかな。

帽子と腕時計を買った

5km走って、約34分くらい
そう思っているのだけど、
自宅周辺の5kmとおぼしきコースでは、google mapの距離計測が本当にあっているのか不安だったので

近所の運動公園に来た。

ここは一周300mらしいので
5000/300=16.666
16周と2/3走れば5kmになるはず。

日中に走るのは初めてだし、日差し対策をせねばならんので、帽子が必要になった。
また、何周もするのに周回数を覚えておかなくてはならないのが苦痛なので、

腕時計も買った。
CASIOの安物時計、2000円程度だが、タイム計測ができるし、ラップタイムを周回ごとに測定でき、
しかも今何周目かも表示されるという優れもの。
うちにあるブライトリングよりも断然高性能で役に立つ!?
モノの値段って、変なもんだなあ。

走ってみると、一時、下腹部に痛みがあったが、なんとか走りきることができた。

16周と2/3周=5km では33分30秒だった
17周で34分1秒程度。

タイムを伸ばしたいわけではない、ただ制限時間40分に間に合いたいだけなので、
心肺機能に関しては、これで十分だ。
後は本番に痛みが出ないよう、筋肉を長距離走行に慣らしていこうと思う。


考え方を変えたら、結構いけた

たった700m走っただけで死にかけた心肺機能最低の男、それは鉢丸。

おっさんは、なんでも頭で考えて対策をする。
あれから数日、いろいろ考えて対策を練った。

走る ということになると速く走るというのが主目的になりがちだが、
誰かと競争しているわけではない。
心肺機能最低の男の目標は、順位ではないよね!もう完走することだけ!それでいいではないか!

なんなら全線歩いてもいいのでは!
と思ったのだが、調べてみると制限時間とかいうものがある。
なんという無慈悲な!
走っている最中に…
「はい しゅうーーりょーーー!
まだゴールしていないヘボ野郎は走るのやめて帰りやがれ!」だと!?
神も仏もあったもんじゃねえな
それだけは避けねばならん。。。

5kmは制限時間40分らしい。
となると
5km÷60/40=7.5km/h
時速7.5km以上で走らないといけない計算になる。
チョイノリが聞いたら鼻で笑うような数値だが、
心肺機能最低のおっさんにしたら結構つらい速度かもしれない。
ああ、チョイノリよ、いままで遅い遅い言うてすまん。
45km/hとか、あんた神だよ。

神↑

ずいぶんと昔、FZR250で転倒してエンジンが不動になり、
バイク屋まで数時間押して歩いたことがあるのだが、

そのとき、道中が暇で暇で、、押し歩いている自分の速度を測っていた。
その時で4km/hだったのを覚えている。
バイクを押して歩いて4km/hか。
7.5km/hってどれくらいかなあ?

ということで、考え方を変える。
走るといっても、最優先事項は息が切れないこと。
たとえいくら遅くなったとしても呼吸が安定した状態を持続させること。これを目標とした。

ある日の夜。
走ってみることにした。
今回は運動靴にジャージを着て、荷物は全くなしにした。
足はあまり上げず、腕もあまり上げず。
省エネ運動でゆっくり、ゆっくり走って息を切らせないように注意する。
前回と同じコースを一周は走り切った。
おっ、まだ走れるぞ。

ゆっくりペースなので、前回のように死にそうにはならない。
2歩吸って 2歩吐く リズムが維持できている。
もう一周行っとこう。
まだ走れそうだ、もう一周…
まてよ、まだまだいけそうだ。
一周700mってことは7周とちょっと走って5kmか、
これはもしかしたら行けるかも。

最初は少しだけ走ってみるつもりだったのだが、
息切れ回避作戦が思いのほかよい効果が出ていて、
結局5km走り切れてしまった

やったーー
行けた行けた~
測っていたタイムは33分。
40分きれたわ。
5km÷60/33=9.09km/h
時速9kmかあ。
いずれにせよ完走できるめどが立った。
慣れないジョギングなので、いきなり足にまめができたが、
5か月もあれば練習で足裏も鍛えられるだろう。
これはうれしい結果だった。

これから、何度か走って本番に備えようと思う。
CCJマラソン部 作りましょうか
まつきちキャプテン!(笑)

俺、死ぬかもしれん と思った日

思いがけずマラソン(5km)なんぞに出ることになってしまったワシ。
決戦の日は2/24 日曜日らしい。
ってことはあと5か月くらいだな。

5kmなんて走ったことない、
もしかしたら学生時代に走ったのかもしれないが、もう記憶のかなた。
持久力なんてぜんぜんない自分には、タイムがどうとかではなく、走り切れるかどうか?
そんな状況だ。

そこで、ある日の夜。
ちょっと走ってみようかと思った。
仕事終わりにそのまま
ジーパンと革靴、ポロシャツのまま近所を走ってみる。
しばらく走っていると息が切れてきた。
ハアハア、苦しくなってきたなあ。
ここらへんで曲がってみよう。
引き返しを考慮して曲がっていくが、さらに少し走ったところで息切れがさらに強くなる。
ハアハアハアハア…
あかんあかんあかん、
このままやと倒れるかもしれんぞ。もう曲がって帰路につこう。
さらに曲がって家方向へ進路をとる。
二歩吸って 二歩吐く そういうリズムが、
一歩吸って 一歩吐く リズムになって、最後にはもうリズムとか関係ない。
全力でハーハーゼーゼー最高速呼吸モードになった、
もうマラソンとか関係ない。第一作戦目標は家にたどり着くこと、ただそれだけだ。

うへーーー
はーーへーーぜーーふーー
ゴホゴホ おえええ。
家に着いたああああああああ
横になる、目の前がちかちかして苦しい。
なんという体力のなさ、心肺機能低すぎだ。

10分ほどして何とか落ち着いた。

はーー。
苦しかった。
さて、走った距離はどれくらいなんだろう?
グーグルマップで距離計測をしてみたところ…
700m…

5km走ったら俺、死ぬかもしれん

姫路マラソン(5km)
決戦(処刑?)の日まで あと5か月…

マラソン(5km)なんぞすることになったいきさつ

エンデューロレースで自分の体力のなさを自覚し、
3月の瀬戸のレースで、これはいかんと。
どうしても許せないへなちょこぶりがあって、
帰りの車の中で考えたのだが、
結論、とりあえず痩せる。

体重78kgではスタンディングで乗るのも息切れするし、
姿勢変化するのも「よっこらしょ!」なわけで。
まずは痩せんかい!だろうと思ったわけさ。
あと
運動神経がいいわけがない自分にできることと言ったらまあ
痩せることしかないのでは。

そこで3月から食生活を変えて、約3か月で78kg→57kgとなり、
ほぼすべてのズボンとシャツを買い替えなくてはならなくなった頃、
家族で沖縄旅行に行った。

ウチはここ3年程、夏には沖縄のリゾートホテルで娘×2を遊ばせているのだ。
那覇からホテルまでの道中、車の中でツマーが
「あ、〇〇ちゃんのところが姫路マラソンの親子ランに出るらしいよ」
と言い出した。
〇〇ちゃんというのはうちの次女の同級生だ。
これは我が家にも出ないかという誘いらしいのだが、
聞いてみると次女ではなく長女が出たいという。

子供と一緒に走るとなると、
小学1年生の走るスピードか…、しかも1kmそこそこ。
ううむ。
マラソンなんて運動嫌いの自分の、さらに嫌いな運動ワースト1なのだが、
けっこう痩せてきていたし、娘の走る速度くらいなら…、と思い、
「じゃあエントリーしてみるか」
と不用意に言ってしまった。。やめたほうがよかったか??
沖縄の快適な道をレンタカーで走る。ああ、この解放感。夏休みの魔力ってすごいね。
言ってしまったもんは仕方ない。少々きつかろうと、やり遂げようぞ。
そう思っていると、

ツマーが何やらネットで検索して追加情報が出てきた。、
なんと親子ランは小学校就学前までらしく、
長女は出場できないことが分かった。
で、次女に聞くと…
「いや!」
まあ、そうだよね。
うちでは長女はなんでもやりたがり。
次女はなんでも、よくわからないものは絶対敬遠。
そういう性格なのだ。

となるとだ、長女は小学一年生クラス1.5kmを一人で走り、
次女が出ないので、自分は一人で親子ランに出れるわけもなく。
おっさんが走るなら、一番短いもので5kmとのこと。
5km…
走ったことないわ。。。てかぜってーいやだわ。
しかしだ、
7歳の長女が出るぞ!と言っている横で、
父親が「できるかどうかわからないからやめとく~」
なんて、そんな男らしくないヘボいことが言えますか?
いや言えませんね、
いちおう股間に付くもん付いてるしね、ワシ。

ウワサによると姫路マラソンは毎年大人気で、申し込んでも落選が多いらしい。
どうせ申し込んでも落ちるだろう、心の中ではそれに期待して、
ここは頼もしく返事しといた。
「そしたらオトーサンは5kmやな、申し込んでみて!」
沖縄の解放感と父親のプライドが言わせたね、これ。

そしたら2か月後、見事エントリーが受付けられたのだ。
まじでか!!目の前真っ暗~
ちなみに、発端になった〇〇ちゃんのところは抽選に落ちたらしい。
なんじゃそれ~~!!

プロフィール

はちまる隊長

Author:はちまる隊長
バイクあそびの達人(自称)
CCJの大将してます
http://suzuki-choinori.com/index.html

訪問者カウンター
フリーエリア
バイク仲間を募集中!

チョイノリクラブジャパン→チョイノリで冒険をするチョイノリストの会

GRS林道部隊→原付で未舗装オフロードを走って野営する冒険部隊

GRS公道部隊→原付で長距離ツーリングを行う旅部隊

CCJオフロード部隊→エンデューロレースを楽しむレーサー部隊

CCJマラソン部隊→バイク仲間たちでマラソンを楽しむ部隊

参加希望ありましたら作戦告知記事にコメントください!
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

ムーミンの雑記帳&内緒のコメント用ブログ

埼玉の大ちゃん

santaの散歩

トモス・クラシック

フライングクロ

#88 新米感覚

イサチャンネル 13ch

ちょい乗り紀行

KSK@ばすのブログ

地平線

ちょいとチョイノリ(別館)

6畳間整備工場

さんちゃんとチョイノリ

セカンドライフを堪能
QRコード
QR