モトクロスランド神戸

CRF150R2で練習に行ってきた。
本来ならビーノも持って来たかったのだが、整備が完結せず持ってこれず。

エンデューロコースをメインに走行練習をした。

整備関係
1、クラッチペダルの曲りがあるので、レース前にはエンジンへ干渉しないように外側方向への曲げ戻しが必要
2、ブレーキペダルも同様。
3、下りでプレーキペダルの踏み込みが甘くなるので遊びをへらした

運転関係
一番苦手であろう急坂の凸凹道登りの練習をした。
何度か集中的にしていると、コケル原因分析ができてきた。
どうやら、坂の登りの最中に速度が落ちて車体が不安定になり、アクセルをいったん弱めてしまう。
すると、速度がさらに落ちて余計に車体が登り方向でなく左右のどちらかに傾こうとしてバランスを崩す。
そして、結局坂の登り方向からそれてしまい、横向きながら谷側に転倒するのだ。

そこで対策として
1、坂の登り開始から1速。常にアクセルを開けていく。
2、体は前乗りで胸をハンドルバーに近づけるような感じで、車体の左右へのブレにも対応できる乗車姿勢
3、速度が落ちたら半クラでアクセルを吹かせることも必要なので左手はクラッチに二本がけだが
4、前輪ブレーキを使うことはまずないので右手は指かけないでベタ握り
で練習していくことにすると、
最後は3回連続でこかすことなく登れた。

あと、一度転倒したときの復帰方法について検討。
1、車体を立てる前に、車体を引きずって坂方向にまっすぐなる様、修正。
2、ギアを1速に入れておく
3、車体を立てたら前輪ブレーキを握りながら乗り込み、
4、左足を踏ん張って坂をずり落ちないようにしつつクラッチを切ってキックをする。
このとき、後輪の抵抗が全くなくなるので、きつい坂だと後ろにずり落ちてしまう。ずり落ちるくらいの坂なら、無理せずあきらめていったん逆走して坂をおり、再トライする方が無難か
6、エンジンがかかったら体は前乗り、両腿で車体を挟み込み、登り・マクレかける車体に乗り遅れないようにしつつ発進

今回の練習で得た注意点はこんなもの。
もう1週間しかない。
CRF150R2まで不調にするわけにはいかないので、練習走行は今回を最後にし、
あとはビーノの復活に全力を傾けることにする。
(どうなるかわからんが…出れなかったときは、期待していた方々すまんです。・)

モトクロスランド神戸練習


行ってきた
モトクロスコースで轍にタイヤを取られ、ど派手に一回こけた。
右もも強打したがマシンも体も軽症。

エンデューロコースにも侵入したが、
以前に比べて難易度が上がっていた。
やはりガレアリの急坂登りがうまくいかず、バランス崩してマシンがたおれてしまう。
毎レース、大幅な時間ロスの原因はこれだ。
とうとう、自分に足りないところの練習場を得た気がしたが、
マシンを起こす体力&急坂での再発進という体力消耗作業がたたって2回したらもうギブアップ。
これからはここで急坂登りのバランス感覚を習得しないといけない!

冷却水補充

これまで冷却水 ノーマークだった。
まあ、なにも冷却水に限ったことではないが、メンテナンスフリーではないので、
確認を。

エンジン冷えているときにキャップを開ける

減っていた…

整備マニュアルによると、
冷却水のリザーバータンクはないので、毎レース冷却水は減るものらしい。
水を追加注入して100ml程度で満タンになった。
補充量は少なそうなので、漏れってわけではないだろう。
次回補充時には正確に量を測ってみようと思う。

リアサスペンションの設定 CRF150R2

ホウノキでは、坂道を上っているときに凸凹でリアが跳ねてしまい、
跳ねている間、後輪が空転して速度が落ちてしまっていた。
師範に相談するとリアショックが固いのかもしれないとのこと。

ほうほう。
確かに中古で買ってるからショックの状態もどう変更されているかわからない。
整備マニュアルで調べてみると

リアショックアブソーバーは
最強ハード位置から1と1/8戻しが標準だそうだ。

調べてみると最強ハード位置から2と1/8戻しになっていた。
あら、標準よりソフトやんか。

では
リバウンドのほうはどうか

最強ハード位置から1/2戻しが標準だそうだが

調べてみると
最強ハード位置から1回転1/4戻しになっていた。
わお、ソフト~

どういうことだ、標準よりソフトやんけ。

ただ…

うちの車体はリアショックのスプリングが赤いのだ。。。

実は純正ではここは銀色が普通。
なので交換してあるのだが、この赤いショックスプリングがもしかしたらハード的ななにかなのかもしれない。
いやスプリングだけじゃなくてショックアブソーバー全体が社外品かも…

とりあえず設定はそのままにしておいて、
乗り方を変えて様子を見てみることにする。
思い当たるフシとしては、
坂の上りで体が遅れてしまって後ろ荷重になっていて、それで跳ね飛ばされていたのかもしれないと思ったのだ。
前荷重に気を付けてそれでも跳ねるようならソフトにしていこうと思う

ブリーザーホース解放 CRF150R2

整備マニュアルの点検整備項目に、
ブリーザーホースを開けるように書いてある。
ブリーザーホースというのは

これなんだが、
どこから生えているのか…

たどっていくと

ヘッドカバーについていた。

高温環境が続くと、なにやらオイルや水分が蒸気になってたまってくるらしい。
ヘッドカバー内ってことはクランク室につながっているから
ブローバイガスみたいなもんかな?

開けてみたけど何も出てこなかった。
自分の走り方ではここの点検はなくても大丈夫そうだな。

プロフィール

はちまる隊長

Author:はちまる隊長
バイクあそびの達人(自称)
CCJの大将してます
http://suzuki-choinori.com/index.html

訪問者カウンター
フリーエリア
バイク仲間を募集中!

チョイノリクラブジャパン→チョイノリで冒険をするチョイノリストの会

GRS林道部隊→原付で未舗装オフロードを走って野営する冒険部隊

GRS公道部隊→原付で長距離ツーリングを行う旅部隊

CCJオフロード部隊→エンデューロレースを楽しむレーサー部隊

CCJマラソン部隊→バイク仲間たちでマラソンを楽しむ部隊

参加希望ありましたら作戦告知記事にコメントください!
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

ムーミンの雑記帳&内緒のコメント用ブログ

埼玉の大ちゃん

santaの散歩

トモス・クラシック

フライングクロ

#88 新米感覚

イサチャンネル 13ch

ちょい乗り紀行

KSK@ばすのブログ

地平線

ちょいとチョイノリ(別館)

6畳間整備工場

さんちゃんとチョイノリ

セカンドライフを堪能
QRコード
QR