林道走破後の補修

トモスはけっこう優秀だと思う。
上りはたとえ急な坂でも止まることなくとことこ上っていけるし、
なにより剣山林道を全線走破しても、走行に問題になるような損傷が出なかったのだ。
いままでの経験車体の中でも一番安心感があった。

それでも全くの無傷というわけではないので、
戦傷修理を施すことにした。

ミラー取り付け部分がバカになってぐらぐらになっている。

しかも、鏡板が内部で暴れて割れてしまっていた。
純正のミラーなので何とか使っていきたいところだったけど、割れたらしゃあない。
ゴミだゴミ。


そしてアクセルホルダーがぐらぐらに動くようになってしまっていた。
以前に小さなボルトで一か所固定していたのだけど、
林道では態勢を安定させるためにハンドルグリップに力がかかり、
小さなボルト一本では耐え切れずにぐらついてしまったようだ。

どう修理しようか。
少々悩んだが、ボルト固定という方法しか思いつかないので
追加ボルトを増設することにした

二か所追加した。
大事なのはボルトの位置。
前回はアクセルホルダの中間にしたのだけど、実は中間部分は中に空洞部分があり、
ネジ山が甘くなった時にボルトが傾いてしまう可能性があった。
そこで、今回はなるべく車体側の、ホルダがハンドルバーに密着しているところを狙ってボルトで留めた。
がちがちに固定できた。

次に、

ミラーは汎用のものを使用することにしたのだが、
今までのようにアクセルホルダに取り付けていると、またホルダに負担がかかってしまうので

今回はミラー用のホルダをつけて装着した。
これでアクセルホルダの負担が減っただろう。
次にアクセルホルダが回ってしまうようなときは、このミラーのホルダに固定するような方法を考えようかと思う。


これだけでトモスの修理は完了。
下回りに問題ななく、もちろんエンジンの調子もそのまま。
即、戦線復帰できたぞ。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>ダテさん
さすが、良い情報をありがとうござます。
自分もここに至って
汎用ミラーとの共締めが正解とわかりました。
M3はボルトが小さすぎて耐用性がないです。
林道戦闘では特に。

No title

トモスの力走うれしいですね。私も汎用ミラーを専用金具でハンドル装着し、アクセルホルダーには通していません。かつ、ホルダーとミラーをアルミ板で橋渡しして固定しています。トモスのアクセルホルダーは弱点です。いっそほかのバイクの集合スイッチつきホルダーを移植しようかとも思います。タクトTB07のそれが使えるそうです。
プロフィール

はちまる隊長

Author:はちまる隊長
バイクあそびの達人(自称)
CCJの大将してます
http://suzuki-choinori.com/index.html

訪問者カウンター
フリーエリア
バイク仲間を募集中!

チョイノリクラブジャパン→チョイノリで冒険をするチョイノリストの会

GRS林道部隊→原付で未舗装オフロードを走って野営する冒険部隊

GRS公道部隊→原付で長距離ツーリングを行う旅部隊

CCJオフロード部隊→エンデューロレースを楽しむレーサー部隊

CCJマラソン部隊→バイク仲間たちでマラソンを楽しむ部隊

参加希望ありましたら作戦告知記事にコメントください!
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

ムーミンの雑記帳&内緒のコメント用ブログ

埼玉の大ちゃん

santaの散歩

トモス・クラシック

フライングクロ

#88 新米感覚

イサチャンネル 13ch

ちょい乗り紀行

KSK@ばすのブログ

地平線

ちょいとチョイノリ(別館)

6畳間整備工場

さんちゃんとチョイノリ

セカンドライフを堪能
QRコード
QR