クラッチすべり

公道デビューはうまくいったのだけれど、
いったんエンジン切ったら始動できなくなった。
なんで~


ギター侍さんからはクラッチ固定ナットの緩みというコメントをもらったけど
クラッチまで燃焼室圧縮にかかわる抵抗が来ているので
(クラッチ)ー(クランクピストン)間に固定不良はなさそう。
ナット締め付けだけで復帰できると思ったけど…ちゃうかった。(TΔT)

滑っているのは(クラッチ)ー(ドライブローラ)間
なのでクラッチのスプリングへたりかクラッチシューの不具合だが、
一見するとクラッチはちゃんと開いているようなので、
クラッチシューの消耗が原因では…?


御意見よろしくお願いします(^^)


コメントの投稿

非公開コメント

No title

> はちまる(ソレックス)さん
ううーむ( ̄^ ̄)
どうなんでしょうかねぇ~
同じ様な症状なんですが‥

おわぁー!
流石、はちまるさん!
エンジン購入!?5000のですか?
行動が早い!!(>Д<)

それなら、スペアが出来て安心無くなるので
はちまるさんなら開けるのが楽しみになりますよね?
原因究明、期待しております。(^ω^ゞ

No title

こいつのリアブレーキシューは激減りしていましたから
クラッチのライニングも減っていたのかも???
でも整備マニュアルにもクラッチライニングの厚さ限界値は書いてありませんし、そんなに削れるものではないのかな???

実は分解勉強用にエンジンを一基買ったので、そちらのクラッチと比較してみます(^∀^)

No title

でも…
動画ではわかりづらかったかもしれませんが
前輪の回転に合わせてドライブローラーはしっかり回っています。

ドライブローラーの固定が悪いようなら
前輪は回るのに、ドライブローラが回らないという現象になるのでは?

ドライブローラは回っているのに、内部のクラッチが回らないので
ドライブローラ・クラッチ間の固定を疑ったのですが…

ううむ。

No title

> はちまる(ソレックス)さん
そうです。
お椀のパーツです。
フライホイールみたく、キーが入っていると
大変楽なんですが設計が古いからなのか?
入っておらず締め込むということなっております。
しかし、ローラーにはベアリングは無い代わりに無給油軸なるブッシュがあり進んでるやら
遅れてるやら分かりません(-ω-;)

No title

>ギター侍さん
ドラムクラッチというのはクラッチがつながる方の
お椀型パーツ、ドライブローラのことですかね。
こいつはタイヤに接地したローラーにつながっているはずですが、そのつながりがナットの締め付けに依存しているのですか、
緩んで滑らないようにキーや切り欠きなどで回り防止してあるものとばかり思っていましたが…
ようし。
ベアリング外してさらに奥に行きます!

No title

is工場長。
確かに紐引き始動だったらどんなに楽か…
工場長なら一気にセル付にしちゃいそうですね(爆笑)
なるべく純正のままを目指していますので
自力補修を頑張ってみます。
できるかなあ~?

No title

なるほど、(~_~;)
そこが緩んでいないとすれば
クラッチのその奥の、構成部品の23番の
ドラムクラツチを止めているボルト緩みの
可能性がありますね?

No title

クラッチ外してプルスターター付けちゃうに1票かな!?
その方が確実かも(≧∇≦)
プロフィール

はちまる隊長

Author:はちまる隊長
バイクあそびの達人(自称)
CCJの大将してます
http://suzuki-choinori.com/index.html

訪問者カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

ムーミンの雑記帳&内緒のコメント用ブログ

埼玉の大ちゃん

santaの散歩

ダテ 暮らしの雑記帳

フライングクロ

#88 新米感覚

イサチャンネル 13ch

ちょい乗り紀行

KSK@ばすのブログ

地平線

ちょいとチョイノリ(別館)

6畳間整備工場

さんちゃんとチョイノリ

セカンドライフを堪能
QRコード
QR