チョイノリはとりあえずカム交換しとけ、しときゃあなんとかなるんだよ!!

あくまでも私見だが…
はちまるは
 
「チョイノリはカムを交換しときゃあ何とかなる」
 
と思っている
 
チョイノリのカムが樹脂製であることは有名だが、「バイクのカムの素材ににプラスチックってどうなん」
という批判も多く、チョイノリがいかにショボいバイクかということの象徴的なパーツとして語られている。
しかし国産・安価・パーツ数減量を突き詰めたエンジンが壊れやすいのは仕方のないことで、その壊れるポイントを一点に集約するという意味では磨り減るカムもアリではないだろうか
 
つまり
「スピードが出なくなったらカムを交換しとけ、エンジン不調の原因はカムだ、カムさえ交換しときゃあなんとかなるんだよ、つべこべ言わずにカム交換しろって。」
 
というのがスズキ開発陣のメッセージではないかと…
 
もし、このカムが金属製で、カム、カムロッカーアーム、プッシュロッド、バルブロッカーアーム、バルブ、シリンダーヘッドと負荷が伝達されていき、すべてが磨り減ってしまったら。
それこそチョイノリ新車が買える修理代金になってしまう。
 
「カムが樹脂製だからこそ、820円のカム交換だけでいける!」
 
樹脂性カムはそういう高度な考えに基づいて選択されているのだと思う。批判するなかれ。。。
 
でもね、スズキさん…
 
もっと簡単にカム交換できる設計にしといてよ!(爆)
前置きが長くなったがカム交換をしたのだ

カムを交換するためにはジェネレーターのフライホイールを外さなくてはならない。
もちろんエンジンもおろさなくてはならないので非常に面倒なのだ。
エンジン降ろす→オイルを抜く→ジェネレーターカバー外す→フライホイール外す→ジェネレーター本体外す→センタースタンド外す→カム室割る
という風にたくさんの行程が必要で、さらにジェネレーターのフライホイールマグネットを外すのに、ユニバーサルホルダーとフライホイールプーラーという、まず他の作業では使わないであろう特殊工具が必要になる。
整備に興味ない人はバイク店へgo!をお勧めするが、チョイノリは儲けにならんと断られるという話も聞く。世知辛い世の中だ。
チョイノリのエンジンはOHVだが、カブ系エンジンのようにSOHCにしてくれていたらヘッドの分解だけでいけたのだろうが、そこはカムチェーンなど部品点数が増えてしまうのだろう

ウチのエンジンたちのカム。
スズキ開発陣の仕掛け?どおりに三機のエンジンすべてカムが片減りしていた、上が新しいカム、下が磨り減ったカム。
カムの山に段違いが出ているのがわかるだろうか

ほんの数ミリだが、これだけバルブの開度が減ればパワーロスするのは容易に想像できる。
先に結果だけ報告しておくと、私の二機のエンジンはいずれもカム交換するだけで40km/h以上のスピードが実現できた。

カムの磨り減り問題はK4以降の後期型では対策が取られている
今回購入したカムは対策品になるのだが(パーツNo 12710-22G02 \820)、カムと歯車が外れないようになっているのと、素材がちょっと違う…ような気がする。
(2011 1.2追記 新品状態ではガッチリくっついてましたが、ある程度使用したカムは歯車と外れるようになります。)
あとハチマルはまだ見たことがないのだが、バルブロッカーアームが厚くなりカムの一部ではなく全体と接触するような形になっている…というウワサだ。
このおかげで後期型のエンジンは不調が少なくオークションでも不調エンジンをなかなか見かけず手に入りにくい。
ただ片減りせずに全体的にカムが減った場合は磨耗の量がわからず、ワザワザ計測しないといけないのかなあ

チョイノリサイトあります。

整備情報が検索しやすくなっていますので
是非ご利用ください


コメントの投稿

非公開コメント

No title

まぁ~新たに購入した方が早いとは思うのですがね^^;
折れたマフラー勿体無いな~と思っちゃいまして(笑)

No title

>ろんどぅさん
まさに迷案!
って、マフラー買っちゃった方が良いでしょうね~
(新品で5000円 中古なら1000円くらいかな。)

No title

おはようございます、良からぬことを思いつきまして・・
マニホールド入手して排気側に付けて、それに折れたマフラーを突っ込んで使えないかな??
などと(笑)

No title

>ろんどぅさん
実際に測定したわけではありませんが、ボルト間の距離、ボルト穴のサイズは非常に似ており、同じ形状かもしれません。
ヘッドが上下逆に装着できるなら排気側と吸気側を逆にして一本留を吸気側にできたかもしれませんね(^^)
ちなみに。ヘッドにはOHV動作用のプッシュロッドが片側に配置されていますので、上下逆装着は不可能です。

No title

こんばんは、はちまる様。
ふと思ったのですが、チョイノリのキャブとエンジン部分を繋ぐマニホールドのエンジン側と、マフラー取り付けの穴って形同じではないですか??
ふと思っただけですが・・・

No title

>ろんどぅさん
試走が楽しみですね
いろんなトラブルがでますが、それがチョイノリの楽しいところです
すこしづつ直しながら維持してやってください

No title

ありがとうございます~
まさにチョイノリストの王道を行ってしまいました(笑)
リコイルは未だ見経験なので自信がないのでオークションを見つつ
片方のボルトを新調して固定、周囲を液体ガスケットにて埋めて見て様子見てみます。
念のためエンジン掛けた所回転がとても良い感じだったので実走が楽しみです~
次の課題はウエイトローラーのセッティングです~

No title

>ろんどぅさん
いやー チョイノリあるあるですねえ。
ちょうど自分がこのブログを開始するために買った黒チョイノリが
まんま、マフラー折れ&ボルト折れ車体でした。
チョイノリの排気圧はたいしたことありません。
実際に一本ボルト留め車体でも外すまで気付かないこともあったりします。
たとえ漏れたとしても周囲が汚れる程度ですから、気にならないならそのままで大丈夫だと思いますよ。
エキストラクターで外しにかかると折れたりするので、
補修を目指すならリコイルがよいと思います。

No title

こんばんは~
先日はちまる様よりアドバイス頂いたようにマフラー付けたままでエンジン取り降ろしまして、カム交換に挑戦、交換の方何とか完了しました^^
案の定カムは削れに削れてました。
カム交換の後カム室を組み上げ、エンジンを車体に取り付けようとした所
フレーム前部がマフラーに乗ってしまい、マフラーが根元からポロリ・・・
泣きそうでした、とりあえずハンマーでボルトを叩きつつシリコンスプレー噴射しつつで1本目のボルトは外れ、続いて2本目へ・・2本目、見事に折れました(号泣)
ヘッド探そうとオクを見てみましたが出品も無く・・
取りあえず新たにマフラー購入後片方だけのボルトで固定
あとは耐熱液体ガスケットで周囲を埋めて様子見てみようとおもいます・・・
この方法ではやはり排気漏れしますよね・・・?
プロフィール

はちまる隊長

Author:はちまる隊長
バイクあそびの達人(自称)
CCJの大将してます
http://suzuki-choinori.com/index.html

訪問者カウンター
フリーエリア
バイク仲間を募集中!

チョイノリクラブジャパン→チョイノリで冒険をするチョイノリストの会

GRS林道部隊→原付で未舗装オフロードを走って野営する冒険部隊

GRS公道部隊→原付で長距離ツーリングを行う旅部隊

CCJオフロード部隊→エンデューロレースを楽しむレーサー部隊

CCJマラソン部隊→バイク仲間たちでマラソンを楽しむ部隊

参加希望ありましたら作戦告知記事にコメントください!
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

ムーミンの雑記帳&内緒のコメント用ブログ

埼玉の大ちゃん

santaの散歩

トモス・クラシック

フライングクロ

#88 新米感覚

イサチャンネル 13ch

ちょい乗り紀行

KSK@ばすのブログ

地平線

ちょいとチョイノリ(別館)

6畳間整備工場

さんちゃんとチョイノリ

セカンドライフを堪能
QRコード
QR