チョイノリ整備マニュアル エンジン分解 駆動系①

次にジェネレーターの反対側の駆動系を外していきます
キックレバーは初期型は六角レンチ、後期型は10mmのボルトで締められているようです。写真では外していますが外さなくても分解可能です。
このエンジンはセルつきなのでエンジンガードが付いています。左右4本のボルト(10mm)を緩めて外します。

右側と左側でボルトの長さが違います。このボルトはエンジンのケースを止めているものと同サイズのものになりますが4本ともに黒ですので再装着時に他のボルトと間違えないようにしましょう
それではケースを外します。エンジンガード装着に使われていた黒ボルト2本以外の3本の10mmボルトを抜きます。駆動系のケースは位置あわせのための円筒パーツが錆びていて開きにくいことが多いですが、それを予想してかケースを外すためのノリシロ的なでっぱりがあります。
外すのが難しい場合はこの出っ張りにレンチでもあててプラハンで叩き外します。

丸で囲っているところがノリシロ的な出っ張り。
駆動系が露出しました。このエンジンはセルつきなのでプーラー側にセルモーターの伝動用歯車が見えます。

プーラーを外していきます。ここの回り止めもドライバーなどを詰めることでも代用できるようですが歯をかけさせないようにレンチ二本を使うことをお勧めします。
32mmのメガネレンチで回り止めをして、中心部のナットを17mmのソケットレンチで外します

写真左側から、エンジン中心部からの順番になっています。
初期型エンジンでは歯車状の大きい円盤とギザギザの32mm六角ナットの間にワッシャが入ります。写真の後期型では32mm六角ナットの底部がワッシャと同じ効果になるように厚く作られているようでワッシャがなくなっています。
もしかしたらこれは初期型・後期型の違いではなく、セルあり・セルなしの違いかもしれませんが…
ちなみにセルなしでは大きい円盤が歯車になっていません。
 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

はちまる隊長

Author:はちまる隊長
バイクあそびの達人(自称)

訪問者カウンター
フリーエリア
バイク仲間を募集中!

チョイノリクラブジャパン→チョイノリで冒険をするチョイノリストの会

GRS林道部隊→原付で未舗装オフロードを走って野営する冒険部隊

GRS公道部隊→原付で長距離ツーリングを行う旅部隊

CCJオフロード部隊→エンデューロレースを楽しむレーサー部隊

CCJマラソン部隊→バイク仲間たちでマラソンを楽しむ部隊

参加希望ありましたら作戦告知記事にコメントください!
カテゴリ
TOP (1)
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

ムーミンの雑記帳&内緒のコメント用ブログ

埼玉の大ちゃん

santaの散歩

トモス・クラシック

フライングクロ

#88 新米感覚

イサチャンネル 13ch

ちょい乗り紀行

KSK@ばすのブログ

地平線

ちょいとチョイノリ(別館)

6畳間整備工場

さんちゃんとチョイノリ

セカンドライフを堪能
QRコード
QR