チョイノリ整備マニュアル カム・バルブ機構の組み方

このブログを始めて約2か月ほどになるが、
チョイノリ同志の「さいばば」さんからよくコメントをいただく。ありがたいことだ。
「さいばば」さんは不動チョイノリを復帰中とのことなので、私の経験からアドバイスをさせていただくこともある。
今回はカム・バルブ周辺の組み方のご質問をいただいた。
 
私も初めてチョイノリエンジンを組み上げるときには「プッシュロッドをバルブロッカーアームの凹みに合わせつつヘッドを装着する」という比較的難易度の高い組み方をしていたのだが、
バルブロッカーアームを最後に装着する方法のほうがより簡単に装着できる
つまり…

まず、ここまでくみ上げる。カムロッカーアームはすでにカム室に内蔵されているがプッシュロッド・バルブロッカーアームはまだ装着されていない。
写真は説明のために仮組みしたところなのでヘッドを組み付けるボルトが締められていないが、ちゃんとボルトを締めてヘッド装着状態にしてください。

ここで内蔵されているカムロッカーアームを説明しておく。
このカムロッカーアームを組む時、ワッシャの順番には注意されたい。シリンダー側から順番に、
1、カムロッカーアーム(吸気側)
2、ワッシャ
3、カムロッカーアーム(排気側)
4、スプリング
5、ワッシャ
の順となっている。一番シリンダー側にもワッシャが入っているように思いがちなので、ここは注意。
このカムロッカーアームの向こう側にはプッシュロッドがハマる凹みがある
その凹みを

プッシュロッドを押し込みながら確認する。スポッとはまり込む感覚があるので、簡単にわかります
はまり込ませてもガッチリ装着されているわけではないので、凹みから外れないように気をつけながら

バルブロッカーアームを、凹みを合わせつつ装着していくのです。
 
バルブロッカーアームを装着したままヘッドを組み付けることもできますが、うまく凹みにハマり込ませられないこともあるので、こういう順に組む方がラクだと思います。
 

コメントの投稿

非公開コメント

No title

今日組み上げて、エンジン載せたのですが、スロットル開けると
ストールしてしまいます。
あと、キャブから一本なぞなチューブがあり、接続先がわかりません。私のブログに写真載せてあります。

No title

なるほどです。先にある程度組んでしまうとは。
やみくもに力任せにロッドを組もうとしてました。
最後の最後でいいんですね。
TRYしてみます。わかりやすい説明でありがとうございます。
プロフィール

はちまる隊長

Author:はちまる隊長
バイクあそびの達人(自称)
CCJの大将してます
http://suzuki-choinori.com/index.html

訪問者カウンター
フリーエリア
バイク仲間を募集中!

チョイノリクラブジャパン→チョイノリで冒険をするチョイノリストの会

GRS林道部隊→原付で未舗装オフロードを走って野営する冒険部隊

GRS公道部隊→原付で長距離ツーリングを行う旅部隊

CCJオフロード部隊→エンデューロレースを楽しむレーサー部隊

CCJマラソン部隊→バイク仲間たちでマラソンを楽しむ部隊

参加希望ありましたら作戦告知記事にコメントください!
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

ムーミンの雑記帳&内緒のコメント用ブログ

埼玉の大ちゃん

santaの散歩

トモス・クラシック

フライングクロ

#88 新米感覚

イサチャンネル 13ch

ちょい乗り紀行

KSK@ばすのブログ

地平線

ちょいとチョイノリ(別館)

6畳間整備工場

さんちゃんとチョイノリ

セカンドライフを堪能
QRコード
QR