チョイノリ整備マニュアル ピストン

はちまるはピストンが好きだ。
バイクの駆動力を生み出す最前線
ライダーの目には触れない暗闇の中でせっせと働くパーツ。
 
そんなピストンはコネクティングロッドの先に装着されている。両側のまあるい穴にサークリップという留具が入っているので、それを溝から外す。小さめのマイナスドライバーで外すか先の細いプライヤーで外す

サークリップを外し、外した方向にピストンピンをスライドさせて抜きます。反対側のサークリップは外さなくてもいいが、今回は溜まりに溜まったカーボン除去洗浄のため反対側も外した。

ピストンリングは全部で5本入っている。
上から二つは普通のC型リングで、一番下が細いC型リング二枚にはさまれた波うちリング。
これらもC型の切り欠き部分をマイナスドライバーで引っ張りあげて外しました。
 

コメントの投稿

非公開コメント

No title

丁寧な解説ありがとうございます
実は実物を見るのは初めてなのですが
こんな金属のリングだけで圧縮が保たれてるって
結構不思議な感じです
(しかもシリンダ引っかいたりしないし)
オイルリングはやはりちょっと難しいのですか…
切り欠き位置をピストンにマジックで書いておいて
組み付ければ上手くいきそうですね

No title

ふもももさん まいどです
ご指摘の通り、波うちリングの左側に移っているのがトップリングとセカンドリングです。この二つは実物では角が立っているかどうかで判別可能なのですが、写真上はよくわかりません。
右側は波うちリングの上下にセットされるサイドリングです。これらは薄いのでわかります。サイドリングに波うちリングが挟まれた状態でオイルリングとして働きます。
取り付けですが、トップとセカンドはピストンにはめ込んだ後でも回転させることは可能です。しかしオイルリングは3つのリングの切り欠きがそれぞれ違う方向にセットしなければならず、接触していることから回転時に他リングを摩擦で動かしてしまったりするので、位置を合わせた状態ではめ込むほうがいいようです。
波うちリング→サイドリングの順で組むとピストンの溝にはまりやすいようでした。
また機会があれば画像付きで紹介できればとおもいます。

No title

波状のスペーサに接触してるのがトップリング(左上)で
その下がセカンドリング(左下)でしょうか?
あと、切り欠きの位置調整はピストンにはめた後でも可能ですか?
質問ばっかりですみません

No title

さいばばさん まいどです。
新品ピストン欲しい!!ですけど、いくらなんでしょうね??
中古エンジンが3000円そこそこで買えちゃうチョイノリですから、なかなか新品パーツ買おういう気が起こらない…んです。
今回も全部洗浄して再利用でがんばってみます。

No title

またまた参考になります。ピストンヘッド取り寄せ可能ならば、
次回オイル交換時、バラして整備したいと思います。
バイクはピストンが命ですよね!
プロフィール

はちまる隊長

Author:はちまる隊長
バイクあそびの達人(自称)

訪問者カウンター
フリーエリア
バイク仲間を募集中!

チョイノリクラブジャパン→チョイノリで冒険をするチョイノリストの会

GRS林道部隊→原付で未舗装オフロードを走って野営する冒険部隊

GRS公道部隊→原付で長距離ツーリングを行う旅部隊

CCJオフロード部隊→エンデューロレースを楽しむレーサー部隊

CCJマラソン部隊→バイク仲間たちでマラソンを楽しむ部隊

参加希望ありましたら作戦告知記事にコメントください!
カテゴリ
TOP (1)
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

ムーミンの雑記帳&内緒のコメント用ブログ

埼玉の大ちゃん

フライングクロ

#88 新米感覚

イサチャンネル 13ch

ちょい乗り紀行

KSK@ばすのブログ

地平線

ちょいとチョイノリ(別館)

6畳間整備工場

さんちゃんとチョイノリ

セカンドライフを堪能
QRコード
QR