カムの位置あわせ(バルブタイミング合わせ)

エンジンの分解方法をタラタラを書いてきた。
それでは組み方を…と思ったが、分解の逆手順をするだけで何も特殊なことはない。
分解の手順にボルトの位置やサイズも書いたので、追加で書くこともないし
特に注意すべきカムの位置あわせのみ記録しておくことにした。

カムは2個のパーツに分解できる。カム部分と歯車部分だ。
いくら歯車の位置を合わせても、歯車とカムの組み位置が間違っていればアウトなので
組むときに写真の赤丸ように小さなマルがちゃんとあっているか確認しておく。
新品のカムはここが外れにくいので、ずれていることはまずないが、カムを再利用する場合、知らない間に外れて位置が変わっていないかどうか気をつける。

その上で、歯車の印部分と、クランクシャフトの歯車の切り欠き部分をあわせてはめ込む。
この位置はピストンが最上部に位置し、バルブはIN EXとも閉まっている圧縮上死点の位置となっている。
 
この後はジェネレーターを組むのも正しい位置でしか装着できないようになっているし、
バルブロッカーアームの装着も位置合わせなど必要ないので
この二点のみ注意すればバルブタイミングがずれることはない!
 

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ご指摘のとおり、バルブリフト量は上死点では測定できませんね
よくよく考えればその通りです
ちょいのりの速度低下=クリアランス増大の事例と混同してました
駄目すぎる…
測定はダイヤルゲージでできると思います
ロッカーアームのナットの高さを測定すればいけるかと
エンジン積んだ状態だと狭くて大変かもしれませんが…
(ノギスでも0.05mm位は測れるので十分かも)

No title

ふもももさん 考察ありがとうございます。
私も樹脂製カムが削れることでロッカーアームの削れを抑制しているのかなあと思います。
ウチには後期型のエンジンもあるのですが、後期型はカムの削れが明らかに少なかったです(走行距離がいくらくらいでウチに来たかはわかりませんが)。対策済みロッカーアームはちゃんと性能発揮できているように思います。
前期型を整備したときに交換したカムですが、山側がずいぶんと削れていました。しかし山と反対側、つまりはバルブが閉まっている側はほとんど削れはありませんでした(バルブスプリングで圧迫されない側なので削れていないのでしょう)。
なので両方のバルブが閉まっている状態でのタペットクリアランスが変化していなくても、カムの山側が削れているかもしれないと思いますがいかがでしょうか?
間違っていたらすみません。
山の削れ程度を推測するには、バルブ閉→開の動き量を測定できたらいいのだと思いますが、そんな測定機器あるのでしょうかね??

No title

ハイカム関しては多分樹脂カム加工でも作れますが、
エンジンの耐久性が気がかりでやっていません
メーカーが作らないのは需要と取り付けの手間の兼ね合いかと
(ハイプリは工具数点で交換可能ですし)
パワーアップに関してはバルブオーバーラップを長めにすれば
ある程度は改善されるかも…と思っています
(IN側は点火タイミングと近いので、EX側クリアランス0.04mm…位?から少しずつ狭く)
やりすぎるとバルブから圧縮抜けたりしますが(笑)

No title

構造的に隙間があっても、トルクがかかるとセンターは出るそうですので
機能的には問題ないとメーカーが判断なのかもしれません
多分負荷だと思われます
エンジンオイルがあっても樹脂とはいえ前期型はあれだけ減ってるのですから、
相当な摩擦力がかかってているということかと
カムとカムロッカーアームは摺動するので、同じ材質にした場合、
摺動する面積が小さい方のカムロッカーアームの方が減るスピードは速いはず
なので、カムを樹脂にして
①双方の減るスピードの平均化 および クリアランス増大を若干緩和
(初期型はロッカーアーム小さくて減りまくりですが(笑))
あとはロッカーアームの減りのは部分的ですが、
カム側の減りは比較的均一なので
②カムプロフィールの変化抑制
あたりかな?と推測してます
とりあえず自分の後期型K5は全くタペットクリアランスが変化しないので
樹脂カムでも問題ないのでは?と思っています

No title

新品ではカムと歯車はガッチリくっついて手ではまず外れなさそうな印象、最初は一体構造だとばかり思っていました。
しかし少しでも使用すると(数十キロでカム室開ける機会がありました)簡単に外れるようになっています。
ネット上ではこの接続部がグスグスグラグラになっていたという報告も見られるので、やはりカム山を含め、樹脂製パーツの削れ・磨り減りがチョイノリトラブルの原因になる可能性が大きいようです。
さいばばさんが言われるように金属パーツにするだけで解決しそうなのですが、なぜでしょう。やはり他のパーツに負荷がかかるのでしょうか?
私は金属で、カム山をいくらか高くしたハイカムを作れば、耐久性を得つつパワーアップも期待できるかと思ったりします。
これ以上のバルブリフト量UPがパワーアップに結びつくのかはわかりませんが、チューニングメーカーがチョイノリ用のハイカムを出さないことを考えたら、やはり効果がないのでしょうか?
マフラーやハイスピードプーリーを作るより簡単に作成できると思うのですが、1個から注文を受けてくれる歯車屋さんあれば、頼んでみたいものです。(^^)

No title

燃費アップの為に意図的にバルブオーバーラップタイミング調整とかを考えたのですが、
計算上カムギヤでは1枚で20度も変わってしまう(笑)事に気づいて断念しました
タペットクリアランス調整(EX側広くする方向)で模索中です
カムのスプライン形状は圧入するタイプに見えないので、多分外れ易いのでしょうね
(写真で見る限り、インボリュートスプラインの大径あわせに見えます)
樹脂なので精度も若干下がりそうですし

No title

金属性カムがそんなに高価とも思えないんですけどねぇ
金属製にしたらロッカーアームやプッシュロッドに削れ・損傷が出るのかもしれません…
ためしに作ってみたいですね。

No title

カムはなんでプラ製なんでしょうね。
激安バイクだから設計上仕方ないのか。
他に手はあったと思うんですが。不思議ですね。
プロフィール

はちまる隊長

Author:はちまる隊長
バイクあそびの達人(自称)
CCJの大将してます
http://suzuki-choinori.com/index.html

訪問者カウンター
フリーエリア
バイク仲間を募集中!

チョイノリクラブジャパン→チョイノリで冒険をするチョイノリストの会

GRS林道部隊→原付で未舗装オフロードを走って野営する冒険部隊

GRS公道部隊→原付で長距離ツーリングを行う旅部隊

CCJオフロード部隊→エンデューロレースを楽しむレーサー部隊

CCJマラソン部隊→バイク仲間たちでマラソンを楽しむ部隊

参加希望ありましたら作戦告知記事にコメントください!
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

ムーミンの雑記帳&内緒のコメント用ブログ

埼玉の大ちゃん

santaの散歩

トモス・クラシック

フライングクロ

#88 新米感覚

イサチャンネル 13ch

ちょい乗り紀行

KSK@ばすのブログ

地平線

ちょいとチョイノリ(別館)

6畳間整備工場

さんちゃんとチョイノリ

セカンドライフを堪能
QRコード
QR