私はぜんたい…破損したボルトの数に値する何かをやれるんだろうか…

私はぜんたい…破損したボルトの数に値する何かをやれるんだろうか…
 
また整備ミスったのだ!!!
 
韓国製廉価オイルを入れられてもビクともせず元気に回っていた壱号機エンジンがここ最近、排気音が大きくなりどんどんうるさくなってきていた。
音から原因は圧縮漏れだとわかったので、プラグ増し締め、マフラー増し締めしたが変化なし
始動も困難になり始め、パワーもダウンしたので、エンジンを降ろして原因を追究したところ。

シリンダーヘッドを固定するボルトがグラグラで、外すと ひゃ~

これ なにかわかります??
整備が丁寧な方々ははじめてみるモノかもしれませんが…
これ、シリンダーのメネジの凸部分がねじ切られて出てきているのですよ。こんなことになるんですね~。。
はちまるが圧縮漏れしないようにとキツク締めたからねじ切ったわけです
締めこむときになんか変な感触があったんだよね

ヘッドを外してみるとねじ切られて締め付けがゆるくなったボルトの周囲から圧縮漏れが起こっていたことが一目瞭然。よい教材、反面教師です。
圧縮漏れの圧力でガスケットの外側が吹っ飛んでしまっています。
あらら 。
 
さて修正。

ドリルで6.3mmまで広げて

ねじ山切って

リコイル入れて(M6 ピッチ1.0)

メネジ 再生。

はい 完成。
 
こんなことばかり慣れても仕方ないのにねえ。
さすがにガスケットは交換しました。(でも新品ではなく部品取りエンジンの中古のモノですが…)
 
今度こそ絶対トルクレンチ買う!!
 
 
心に誓うのであった。
 
 
題名について
宇宙暦796年、アムリッツァ星域に集結した同盟軍の将帥 魔術師ことヤン ウェンリー中将は
自らが指揮し、参加している会戦の戦死者があまりにも多いことに
「私はぜんたい 流した血の量に値する何かをやれるんだろうか…」
と述懐したという。
銀河英雄伝説 知らない方、何のことかわからんかったですね。
 

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>buchiさん
チョイノリはアルミ製シリンダーなのでやわいです
トルク管理が重要で、調子に乗るとメネジぶっ潰すのでこわい
(T∀T)

No title

あートモスも同じ現象がw階段から落とせば下まで行きそうな
奴でした現在はスタッド・ボルトをホンダの奴の流用で解決ですw

No title

ヘッド側のヒゲについて
一般的に溝と言っている部分。
精密加工が必要ない『すきま容積』の一部。
逆に、突き当りの為、容易な加工が難しい部分。
現代の技術では加工において思い通りにはなるが、
低コスト設備、低コスト加工において溝は必要と思う。
低コストといえど設備全体で言えば億単位じゃないかと考えている。

No title

ふもももさん まいどです。
そこ、折れやすいっすよ。
ウチにはエキパイ接続ボルトの折れたヘッドが2個もあります。
場所的に高温になりやすくて雨・泥などにさらされて錆びやすいのでしょうね
ボルト折れ回避方法としては、CRCをふりかけてハンマーで軽く叩いて一晩寝かせるくらいしかないと思いますが、どこまで効くやら…
残念にも折れてしまったら、エキストラクターは二重遭難確実なので素直にリコイルしましょう(折れたエキストラクターの除去はハンパなくうっとおしい)。
ここは年一回くらいボルトの交換をしとくべきかもしれませんね。

No title

ネジ穴破損したりしてしまうのは
アルミなので仕方ないかもしれませんね
自分もトルクレンチ無いので、
①指で止まるまで回す
②工具で指1~2本で全力で回す
③工具で手のひら全体でほんの僅かだけ増し締め
で対応してます
でも、ボルト折れはなんともしがたいところですね
近いうちにマフラー塗装を考えていますが、
エキパイのボルト外すの恐いです…

No title

hiroさん まいどです。
トルク管理ができていないヘチョ整備をさらしただけのブログですよ~
二度手間が多くて、まだまだ素人の域です。
チョイノリは気軽に整備できるので楽しいですよ!

No title

shoさん こんにちは!
ねじ切り車体、そのまま日本国内に流通してるんですかね
今頃、だれかがリコイルしてるかも。
エアーツールは自分も欲しいと思っています。
タイヤの空気入れ(ビートだし)に必要だし、車のタイヤ交換や、ちょっとしたゴミを吹き飛ばすのにもいいですよね。
来春はもっとちゃんとした整備スペースを確保できるので、いろいろ揃えたいところです。
まずはトルクレンチですが。。。

No title

はちまるさん、こんばんは!
エンジンバラして整備できるはちまるさん、尊敬します!
記事タイトルは、そういうことでしたか!知りませんでした(^_^;)

No title

ネジ切ったことが あります。
そのまま 見なかったことにして 下取りに だしました(笑)。
トルクレンチと エアー式インパクトが、ほしい今日このごろです。

No title

メガネレンチでググッと来るまででやめていて
自分では手加減していたつもりなんですけどね。
整備マニュアルでは12Nのトルクで締めることになっていますが、これがどれくらいの力かなんて、トルクレンチを使用したことのない者にはわかりにくいですよね。
とりあえずボックスレンチで締めれる程度までにしておきましたが
トルクレンチ買ったら、どれくらいの力か確認してレポートしときます。
力なんて人それぞれだから評価が難しいですけどね~。

No title

ねじきられてるやつ、バネかと思いました。
トルクレンチ私もほしいですよ。
いつねじ切っちゃうかわかりません(汗)
プロフィール

はちまる隊長

Author:はちまる隊長
バイクあそびの達人(自称)
CCJの大将してます
http://suzuki-choinori.com/index.html

訪問者カウンター
フリーエリア
バイク仲間を募集中!

チョイノリクラブジャパン→チョイノリで冒険をするチョイノリストの会

GRS林道部隊→原付で未舗装オフロードを走って野営する冒険部隊

GRS公道部隊→原付で長距離ツーリングを行う旅部隊

CCJオフロード部隊→エンデューロレースを楽しむレーサー部隊

CCJマラソン部隊→バイク仲間たちでマラソンを楽しむ部隊

参加希望ありましたら作戦告知記事にコメントください!
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

ムーミンの雑記帳&内緒のコメント用ブログ

埼玉の大ちゃん

santaの散歩

トモス・クラシック

フライングクロ

#88 新米感覚

イサチャンネル 13ch

ちょい乗り紀行

KSK@ばすのブログ

地平線

ちょいとチョイノリ(別館)

6畳間整備工場

さんちゃんとチョイノリ

セカンドライフを堪能
QRコード
QR