クランクのベアリング

クランクシャフトのベアリングについて質問いただいたので写真を載せてみる

駆動側のベアリングには6004 JAPAN G.S NTNと刻印されています

こちら、カムギア側では6203でした
ベアリングの規格ですね、
自分は中華製折りたたみバイクのヘナチョコベアリングをNTN製に交換した時、この規格ナンバーが刻印されていなくて、いちいちサイズを計測して注文した覚えがある。
チョイノリのベアリングはNTN製、チョイノリのパワーや耐用年数から考えてベアリングを交換しなくてはならない場面はないかなあ。
交換が必要ならクランクアッシごと中古パーツを買った方が安いし早かろうと思う。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>よしよしさん
チョイノリを分解整備するうえで必要になる特殊工具としては
プーリーを外すときに、32mm対角のメガネレンチがいりますね。
大きめのモンキーレンチでも行けるかもしれませんが、やはりメガネレンチの方が力が欠けやすいのでお勧めです。
あとはクリアランス調整用のシックネスゲージくらいでしょうか。
工具はいずれもホームセンターの廉価工具で大丈夫です。
このブログでは、必要な工具のサイズも記載するようにしていますので、整備前に確認してもらって、
その時々で工具をそろえていかれればよいと思います。
整備仲間が増えそうでうれしいです(自分も非プロの素人です)
今後ともよろしくお願いしますね。

No title

>はちまるさん
よしよしです。
いつも、ありがとうございます。
今回は、よい勉強代と思うことにしようかと・・・。
はちまるさんの指摘通りで、中古価格と変わらないですもんね。
(まさしく、僕の場合は購入価格=修理代)
はちまるさんの説では
「チョイノリはカムさえ交換しときゃあなんとかなる」
ということですし、今回の場合もまさにそうであったので
次回は、はちまるさんのおっしゃるとおりDIYしてみようと
固く心に誓いました。その際困ったことがあったら
ぜひ、お力をお貸しください。
あと、ユニバーサルホルダーとロータープーラーのほかに
「これ、持っておいたほうがいいよ。」という工具があれば
教えてください。

No title

>よしよしさん
貴重な情報をありがとうございます
プロの時間当たりの工賃は6000円~10000円が相場らしいので
8400円/時間は妥当な金額のようです。
バイク整備で生計を立てておられるのですから、それくらいの工賃は仕方ないのかもしれませんが、チョイノリの新車価格と中古車市場価格を考えれば割高な修理費になりますよね。
依頼者は高い!と思うし、整備業者も請求しづらいし…
この点から修理を引き受けてくれない業者も多いようです。
ちなみにパーツリスト上のカム交換の作業時間は1時間になっていました。
チョイノリを扱いなれていなかったのかもしれませんね。
普通の単車のカム交換に比べたら簡単な作業ですので
次は工具そろえてDIYチャレンジしてみてくださいね。

No title

よしよしです。
修理の請求書が届きました。
なんと!!19,427円!!!
うち、工賃が16,800円ですと。
@8,400円/時間といってたから、2時間かかったということですね。
プロでも、そんなもんですかねぇ・・・。

No title

>よしよしさん
結果報告ありがとうございます。
チョイノリはカムさえ交換しときゃあなんとかなるという通説。
あてはまりましたね~
いろんな負荷も、すべて樹脂製カムが引き受けて逝くという構造は、スズキの狙いではないかと(勝手に)思ってます。
http://blogs.yahoo.co.jp/hachimaru93/768699.html
チョイノリはネット上では安い・遅い・壊れるとさんざんな評価ですが、
壊れることも、整備を楽しむオモチャと思えばいいバイクです。
45km/hはノーマルチョイノリの最高速だと思います
まだまだ走りますから、今後もチョイノリを楽しんでくださいね
(^^)

No title

よしよしです。
ありがとうございました。無事チョイノリ戻ってきました。
カムが、削れていたそうです。
で、カム交換のみで戻ってきました。
乗ってみてびっくり。平地で45キロ、上り坂で40キロ出ます。
これが、チョイノリの実力なんですね~。

No title

>よしよしさん
やはりカムでしたか。チョイノリはエンジンに負荷がかかった時にはカムが逝って他の部位に損傷が来ないようにしているような気がします。
カムは820円くらいなので、エンジン復帰も安価にできますね
パーツについては、自分はサイクルワールドという二輪グッズ専門店に注文しています。
町中のバイク屋さんでも注文できますが(レッドバロン以外)、手数料を上乗せするショップもあるので注意です。

No title

>ふとももさん
よしよしです。
ありがとうございます。

No title

横入りで失礼します
自分はいつもスズキの販売店(SBS)で注文していますが、
急ぎの時は、午前中に頼めば、ほぼ次の日に入荷しています
(浜松→関東というのもあるかもしれませんが)
ご参考まで…

No title

>はちまるさん
よしよしです。
今朝、友人の整備屋から電話有。
やはり、カムが磨り減っていたらしいです。
カム部品の取り寄せは、スズキの販売店に頼むのが一番早道ですか?

No title

>よしよしさん
不具合の原因がわかりましたら、後学のためにもコメントいただければ幸いです。
チョイノリがまた元気に走りだすように祈ってます。

No title

>はちまるさん
よしよしです。
ご丁寧な、ご返答ありがとうございます。
やはり、ヘッドカバーを外しての走行がまずかったのですね・・・。
落ち込みます・・・。
友人の整備屋に見てもらうことにします。

No title

>よしよしさん
最初の速度低下ですが、クリアランス調整でよくなったことから
カムの擦り減りがあったと思われます。
二度目の整備時にカバーを外して走行されたとのことですが、チョイノリはヘッド部分を冷却するためにオイルを掻き上げる爪がクランクについているので、走行中に開口部からオイルが飛び出たものと思います。
オイルの量が減ったこと、またヘッド周辺の冷却ができなかったことからカムが破損した可能性が考えられます(100m程度の走行で、そこまで破損するかどうかはわかりませんが…)
いずれにしましても、プッシュロッドの挙動がおかしいということはバルブクリアランスを適正にしても改善しないと考えられますので、カムの確認が必要ではないかと思います。
必要な特殊工具はユニバーサルホルダーとロータープーラーの二点です。
http://blogs.yahoo.co.jp/hachimaru93/941497.html
私の推測でしかありません。せっかく開けてもカムが大丈夫だったという可能性もありますので、工具の購入に躊躇されるようでしたらバイクショップで見てもらう方が良いかもしれません。

No title

⑦再度、ヘッドカバーをあけ「バルブクリアランス調整」をした。
⑧エンジンが回ったので、調子に乗ってヘッドカバー未装着で100メートルくらいを走る。
⑨シューシューとオイルが出ていたが、無知のためオイルと気付かず
⑩エンジンストップ。
⑪再度、キャブ掃除と、エンジンオイルを入れ替え、バルブ調整をして組んでみる。→エンジンはかかるが回転数は上がらない。
⑫ヘッドを外して、再度組んでみる(このとき、圧縮上死点未確認)
⑬スロットルを思いっきり回したら、エンジンはかかるがすぐにストップしてしまう。
⑭再度、ヘッドを外してフライホイールを回してみた後、組む(やはり、このときも圧縮上死点未確認)
⑮ヘッドカバー未装着で、バルブを見るとEX側の動きがなく、
カクンカクンと動く。
⑯エンジンもかからない。
と、いった感じです。
素人が、知識もないまま触っているのでなんか馬鹿みたいなことをしてるし書いているかと思います。一旦は直った(ように感じた)ので
チョイノリに愛情が沸いていたところだったのです。
再度、圧縮上死点を確認しながらヘッド部分を組んでみたらいいのかしら

No title

>はちまるさん
よしよしです。追記です。
もう一度、はちまるさんのご返答を見て改めて
>>上記のプッシュロッドとバルブロッカーアームの作業は
圧縮上死点で行うようにしてくださいね。
http://blogs.yahoo.co.jp/hachimaru93/940435.html
を、見てみると
作業を、圧縮上死点で行っていなかったと思います。
(というか、見ていなかったです・・・。)
経過を端折ってしまったので詳細を申し上げますと
①普段、走行500キロ毎にエンジンオイルを交換していたが交換を忘れ700キロオーバーになってからエンジンオイルを交換した。
②娘が、「エンジンはかかるのだけど、平地で25キロくらいしかスピードが出ず、坂道で15キロくらいしかスピードが出ない」という。
③プラグを交換する。→直らない。
④キャブを掃除し、バルブクリアランス調整をし組んでみた。
→直った!(平地32キロで坂道25キロくらい)
⑤また、「スピードが出ないよー」という。
⑥見たら、ヘッドカバーの左下のねじが緩んでいた。締め忘れたのかも。

No title

>はちまるさん
ありがとうございます。よしよしです。
プッシュロッドについては、はちまるさんのブログを参考にやりました(あとで、ロッカーアームを組む方法)。きちんと嵌っているのではないかと思います。
ちなみに、バルブを装着していない状況でプッシュロッドを凹みに入れて手で押さえながらフライホイールをまわしてみると、やはりプッシュロッドの動きが滑らかではなく、「カクン・カクン」という手応えを感じます。
圧縮上死点等については、はちまるさんのブログの「バルブクリアランス」を見ながら、やりました。
カムの破損ですかね?やっぱり・・・。

No title

>よしよしさん
追記です。
上記のプッシュロッドとバルブロッカーアームの作業は
圧縮上死点で行うようにしてくださいね。
http://blogs.yahoo.co.jp/hachimaru93/940435.html
いったん組めたら、フライホイールを回したりしてバルブの動きを見るのは良いですが、
バルブを直接手で押さないようにしてください。
バルブのスプリングの力でプッシュロッドがカムロッカーアームとバルブロッカーアームに挟み込まれているので、
バルブを直接押してバルブロッカーアームが緩むと、またプッシュロッドが凹みから外れ落ちる可能性があります。

No title

「よしよし」さん、ようこそ!
バルブのIN側とEX側の挙動が違うというのは異常だと思います。
御報告いただいた挙動ですと、もしかしたらプッシュロッドがカム側でカムロッカーアームの凹みにハマっていないのではないかと疑います。
下記の記事で、3枚目写真以降を参考にしていただいて、バルブロッカーアームとプッシュロッドをいったん外して再装着してみられてはいかがかと思います。
http://blogs.yahoo.co.jp/hachimaru93/1339962.html
バルブを押しているプッシュロッドという棒が、エンジンの奥でカムロッカーアームと言うパーツの凹みにちゃんとはまるように装着しなおしてみてください
組んだ後にはタペット調整が必要ですhttp://blogs.yahoo.co.jp/hachimaru93/1881706.html
エンジンを下ろさずに作業可能ですが、狭い空間での作業になるので大変かもしれません。
ちゃんとハマったのに挙動がおかしいということでしたら、カムの破損が考えられます。
復帰できることを祈っています。

No title

はじめまして。機械音痴ながらはちまるさんのブログを
参考にさせていただいております。
チョイノリ(K4)は、娘の愛車なのですが、
調子が悪く、スピードが全く出ないとの事だったので
ヘッドカバーを開けてみると、バルブのインテーク側は
調子よく動いているのですが、エキゾースト側があまり動いていません。手で、フライホイールを回してみると
極端に動きずらくなり、エキゾースト側のバルブ(アーム)は
「カチン」と音がするのです。
特殊工具を持っていないため、カムは調べていません。
・・・この先、どう直していったらいいのか途方に暮れています。
プラグ交換、オイル交換、キャブ清掃はやってみました。
ご教授いただければ幸いです。

No title

アッシ一式が全部バラバラでしたら交換は精度的にアレですから
新規クランクに打ち込みたいですね
まぁしばらくはエンジン壊れそうに無いですけど(笑)
まずはスパイクタイヤ用ホイールベアリングがゴリゴリなのでそれからです
プロフィール

はちまる隊長

Author:はちまる隊長
バイクあそびの達人(自称)
CCJの大将してます
http://suzuki-choinori.com/index.html

訪問者カウンター
フリーエリア
バイク仲間を募集中!

チョイノリクラブジャパン→チョイノリで冒険をするチョイノリストの会

GRS林道部隊→原付で未舗装オフロードを走って野営する冒険部隊

GRS公道部隊→原付で長距離ツーリングを行う旅部隊

CCJオフロード部隊→エンデューロレースを楽しむレーサー部隊

CCJマラソン部隊→バイク仲間たちでマラソンを楽しむ部隊

参加希望ありましたら作戦告知記事にコメントください!
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

ムーミンの雑記帳&内緒のコメント用ブログ

埼玉の大ちゃん

santaの散歩

トモス・クラシック

フライングクロ

#88 新米感覚

イサチャンネル 13ch

ちょい乗り紀行

KSK@ばすのブログ

地平線

ちょいとチョイノリ(別館)

6畳間整備工場

さんちゃんとチョイノリ

セカンドライフを堪能
QRコード
QR