クラッチ分解してみた no1

つい最近、北海道のチョイノリスト 「まもまも」さんから以下のようなコメントをいただきました
 


通称トルクカムの動きが悪く最大変速しないしトルクカム部にグリスのグもなく多少焼けていました、
これだとグリス切れにより焼けて最大変速しない上キックダウンもまともにしなくなります
どのスクーターにもグリスが入っていますしなぜチョイノリはないのかわかりません・・コスト削減??
私はトルクカムのピン(2本)の所にたっぷりグリスを入れトルクカムの動きがスムーズになり最高速までスムーズになり、キックダウンもスムーズなりましたよ


はちまるは以前から自称していますように、整備に関しては素人でクラッチなんか分解したことがなく
チョイノリのクラッチも分解せぬままブラックボックスとなっていました。
しかしながら、通常のスクーターにはあるはずのグリスがチョイノリにないことに興味もあり、このたび分解に着手しました。

はい、これがチョイノリのクラッチです、
これを分解するには黄色矢印で示しているナットを外さなくてはなりません。しかしこのナットは34mmという中途半端なサイズでした
通常、メガネレンチのサイズは36mmと32mmのコンビになっていて34mmは飛ばされていますので
はちまるは緩める工具を持ち合わせていませんでした。
そこでクラッチを持って、近所の工具店ストレートに工具を買いに行きました。
 
店員にナットを外す工具について相談したところ、
ナット装着部が凹んでいるため、平盤のクラッチナットレンチ(41mm&34mm)は嵌められず、
かといってソケットはナットとの接触部が内側に切れ込んでいるので、こんなに薄いナットだと舐めてしまう
との返事…

じゃあどうやって外すんだよって、考えていると
クラッチスプリングコンプレッションという器具でクラッチを締め上げるとナットが凹みから上方向にぐぐっと持ちあがって、平盤のクラッチナットレンチ(41mm&34mm)が嵌められるようになるのではないかという結論になり
(実は締めあげてもナットは持ちあがりません、完全に嘘情報…)
クラッチスプリングコンプレッション と クラッチナットレンチを購入しました

ぐぐぐっ
締めあげますが、ナットは出てきません。
当たり前です。クラッチは山型のフェイスディスクが動く機構であってクラッチシューの付いている方のパーツは動かないんです。
そしてクラッチスプリングコンプレッションはナットを外した時にバネで跳ね飛ばないようにするための固定具なのです。

仕方なく少しだけ嵌る平盤のクラッチナットレンチを手で固定しながら写真のように地面にたたきつけて緩めてみました。
不完全な噛みこみにも関わらず、運のよいことに舐めることもなく外せました。
 
整備マニュアル上はソケットレンチでの取り外しが記載されています。
ただ工具屋の言うように市販のソケットレンチは内側に切れ込んだ形状になっているため、舐め易い気がします
純正工具を買うべきかもしれません。

外れました。ナットを外すとバネの力でパーツが飛びますので、クラッチスプリングコンプレッションがない方は、ナットを完全に外す時には足で踏みつけて固定しながら外しましょう。
正直クラッチスプリングコンプレッションはなくてもバラして組むことができます。

手に持っている二枚のフェイス、下がフェイス・フィクストドリブンで上がフェイス・ムーバブルドリブンです。
ムーバブルの動きを統制しているピンが見えます。
ここにかけてあったカバー(シート)を外しています、左に置いてあるものがそうです。
良く見ると

内側には ピンの動きの跡を示すような焼け跡があります。
そして「まもまも」さんのいうとおり、グリスのグの字もありません
整備マニュアル上もグリス湿塗の指示が記載されていないですし、はちまるがバラした3個のクラッチ、いずれもグリスがなかったことから、
「チョイノリのクラッチにはグリスが塗られていない」ようです。
 
はちまるはチョイノリ以外のクラッチをばらした経験がないのですが、ネット上で見かける他車種のクラッチ分解写真ではグリスの漏れを防ぐようなゴムシールが存在しているようです。
これはパーツ削減のための処置でしょうか?
 
「まもまも」さんから、ここにグリスを塗り込むことで動きがスムーズになるとの報告がありましたので
いずれ、はちまるも試してみることにします(未施行、改めて記事を書きます)
心配なのはゴムシールがないことでグリスがもれてフェイスに付着してVベルトがすべりゃあしないか?という点ですが、
おまえは全国のチョイノリスト達のための実験台だろうという声に導かれて、、、後日実施予定。

さて分解を続けましょう。
ペンチでピンは簡単に抜けます。ピンにはローラーが装着されていて、スムーズに回るように設計されているようです。
フェイスを抜いて二枚に分けます
ムーバブルフェイスの動きはスムーズでした。

各パーツ洗浄しました。
ゴムカスがたくさん付着していて、構造上、洗浄しにくい部位だったので、綺麗にできたのが気持ちいい
すっきりしました。

組む時は逆の手順で組んでいきます
最後のナットを組む時にはクラッチスプリングコンプレッションがあれば便利ですが、足で踏みつけながらの装着ができます。
赤矢印の切り欠きを合せて嵌めましょう。
最後のナットは60Nmの締めつけだそうですが、32mmに対応したトルクレンチ持ってないので
一枚目の写真の赤丸で示した目印が合うように締めつけました。
 
 
 

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>fuh*a*さん
ローラーがあるので、グリスなしでも動きがいいのかな。
それほど長期間・長距離使用されることなどないだろうというスズキの判断かもしれませんが、今まで個々の不具合の報告がないので、
これで正解なのでしょう(^^)

No title

う~ん?!
ヴェクスターのは 初期の頃はグリスを結構使われてて
段々少なくなってきたって感じです!
チョイだと オイルシールまで省略なんですね!
オイラも開けたら グリスは付けます!
余り多くは塗れませんね

No title

>K5乗りさん
もともと動きは悪くなさそうだったので、効果を感じることができるかどうかアヤシイですが
とりあえず実験台になってみますね。
他にもグリスレスが採用されている車種もあるのですね
知りませんでした。

No title

>さいばばさん
やはりチョイノリクラッチはしょぼいのですね
まあタカダカ2馬力の伝達ですから、込み入った機構が必要ないのでしょうね。
おかげで素人にも分解可能です♪

No title

>ふもももさん
他車種のクラッチ分解経験がないので、比較検討ができないのですが
手で動かした感じでは、特に動作制限はなく、グリスなしでも問題ない気がしました。
工具屋で見せてもらったソケットは内側に切れ込んでいて、確かに薄いナットへの噛み込みが甘い印象はありますが
不可能かと言われたら、そうでもないような感じでした。
客が、このナット緩めれるやつくれ!って来たから
安全を見越して厳しめの返答だったかもしれません。
まあそれにしてはスプリングコンプレッションの使用方法は嘘情報でしたが…
いずれにせようまくばらせてよかったです。

No title

スズキはグリスレス?タイプがありますね。

プーリーボスにグリスを付けないのと同じ様な物と思ってますが…

トルクカムもグリスが無くても良いような作りですし。
(耐久性は劣ってますよね)

俺は、こまめにメンテしても焼けが酷いなら交換って考えてます。


実験等は大好きなので、グリスアップの結果期待してますw

No title

アドレス125のは分解しましたが、やはりチョイノリのが
しょぼいというかコストダウンでしょうかね。グリスは
やはり塗ってあったほうがいいでしょうね。

No title

結構錆と焼けがありますねー
うちの子もかなり回すので焼けてそうです
ソケット上手く嵌まらないんですか…
駄目ならお店に持っていくしかないですね
ドリブン同士も磨耗してるのでそこもグリスアップしたいですね
プロフィール

はちまる隊長

Author:はちまる隊長
バイクあそびの達人(自称)

訪問者カウンター
フリーエリア
バイク仲間を募集中!

チョイノリクラブジャパン→チョイノリで冒険をするチョイノリストの会

GRS林道部隊→原付で未舗装オフロードを走って野営する冒険部隊

GRS公道部隊→原付で長距離ツーリングを行う旅部隊

CCJオフロード部隊→エンデューロレースを楽しむレーサー部隊

CCJマラソン部隊→バイク仲間たちでマラソンを楽しむ部隊

参加希望ありましたら作戦告知記事にコメントください!
カテゴリ
TOP (1)
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

ムーミンの雑記帳&内緒のコメント用ブログ

埼玉の大ちゃん

santaの散歩

トモス・クラシック

フライングクロ

#88 新米感覚

イサチャンネル 13ch

ちょい乗り紀行

KSK@ばすのブログ

地平線

ちょいとチョイノリ(別館)

6畳間整備工場

さんちゃんとチョイノリ

セカンドライフを堪能
QRコード
QR