キャブレター トップ 部分の構造

KUZさんからキャブレターのスロットルバルブ周辺の組み方について質問がありましたので
画像を見ながら解説してみようと思います。

うちにあった予備キャブからパーツを取って並べてみました。
写真では何個か写っていますが、一台に必要なのはそれぞれ一個です。
ピストンは三方向から見えるように撮影してあります。今後、一番上のピストンの溝を「縦一本通った溝」、二番目のピストンの溝を「切り欠き」と表記することにします。

まず、ニードルですが、あたかも爪楊枝のように溝が掘ってあります。
溝は5本入っていますが、そのうち上から数えても下から数えても3番目のど真ん中にクリップが装着されています。
クリップの位置を変えることで混合気の濃さを変えることができますが、はちまるはキャブセッティングは詳しくないので、ずっと純正出荷時の位置のまま、変えたことはありません。
ニードルは前期型と後期型で形状が違います。
この写真の左端のものは前期型で3K3という刻印があります
右の二本が後期型のニードルで3K F29と刻印されています。前期型に比べると若干短く、先端が太い印象です。

クリップのついたニードルをピストンの真中の穴に落とし入れます。

そのうえで、スプリング小をラジオペンチか何かで軽く縮めながら挿入します。
スプリング小のはまり込むような溝はないので緩い固定ですが、この上からスプリング大で押さえつけることになりますので、問題ありません。
ニードルは上下に軽く可動します。

キャブレタートップのアクセルワイヤにスプリング大を付けて手で縮ませ、写真のようにワイヤが出るように固定しておきます
この状態で

先ほどのピストンの「縦一本通った溝」にワイヤーを入れて、ワイヤーを固定し、

手を離すとスプリング大がスプリング小を上から押えるように伸びます。
これで組み立て完了です。
チョークワイヤーもスプリングを縮めた状態でチョークバルブを装着します。

キャブへの装着ですが、赤丸がチョークバルブの挿入部。黄色丸がスロットルバルブの装着穴です。
紫丸の突起がピストンの「縦一本通った溝」を合わせるガイドです。ここを合わせることで
その反対側、水色の線で示しているアイドルスクリュの出っ張りがピストンの「切り欠き」に当たり、
アイドルスクリュを締め付けることでピストンが上に持ち上げられ、アイドリング時の吸入混合気を増やすわけです。

つまり、この方向で入れるわけです。
 
御存じだと思いますが、ここは困ったことに左右逆にしても挿入できてしまいます。
この場合、「切り欠き」が紫丸の突起に当たってピストンが下まで挿入できず、スプリング大が縮まった状態で挿入するということになりますが、それほど困難感なく装着できてしまいます。
始動とともにフルスロットル状態になるので要注意です(恥ずかしながら、はちまる経験済み)。
 

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>wankoさん
コメントありがとうございます。
チョイノリは吸入口がリアタイヤの前面にあり
雨中 水たまり走行ではねた水を吸う可能性が高く、キャブに水を吸い込むことがあります
これで金属の錆をきたしたのか?
とも思いますが、長期放置されたわけでもなく通常運用中に急にさび付くなどということはまずないでしょうから、
なんとも不思議な固着ですね。
キャブの調整ですが、
ニードルとジェットが前期後期でサイズが違います
また、エアクリーナーの形状も違っていて、
混用でフケが悪くなったりしますので、その点はご注意ください。
チョイノリ仲間が増えてうれしいです。
これからもよろしくお願いします

No title

初めて書き込みします。
キャブのスロットルシリンダが固着して動かなくなりました。こちらのブログのおかげで無事復旧できました。それにしても何を吸い込んだのでしょう、シリンダが白い粉を噴いてピストンがどんなに力を入れても動きません。裏側からLレンチを突っ込んで無理やり押し出しました。精密やすりで磨いてやっとすっと入るようになったのですが、10年乗っていて初めての大きな故障で慌てましたがお陰様でちゃんと動くようになりました、この際とキャブ調整をご指定のように行ったらスローが安定しましたが高速側の伸びが無く(35km/H
)なりキャブ調整は難しいんだなぁと今更思い知りました。等々話が長くなりそうなのでこの辺で、
これからもチョイノリライフを楽しんでいきましょう。(*^-^*)
今後ともよろしくお願いいたします。

No title

>つーちゃん
コメントありがとうございます
こちらもお役にたてていることが分かって励みになります
また覗いてくださいね(^^)

No title

このブログのおかげで大変助かりました、感謝です。

No title

>KUZさん
おめでとうございます!!
自己修復できた達成感もチョイノリの醍醐味です(^^)
今後も手をかけてやってくださいね。
ちなみに、バルブの形状を確認しましたところ、針金の下側には曲がりがありました。
ただ、油面に関係ない場所なのでのばしたままでも運用には問題ないと思います。
一応記事を書いておきますね

No title

直りました!!!本当にありがとうございました。
「油面調整」は、かなり苦労しまたが、
はちまるさんの記事通りにやって出来ました。
オーバーフローもありませんし、調子よく走ります。
本当に、本当にありがとうございました。
自分で直せたので達成感でいっぱいです。

No title

>KUZさん
今日は出先なのでバルブの形状を確認できませんが
お話の経緯からは、バルブの誤装着にてフロート金属部分が曲がってしまい、油面が高くなったのではないかと思います
過去記事で油面調整の方法を書いていますのでそれを参考に油面調整してみて下さい
ただ、オーバーフローでは通常キャブ下部の黒いチューブからガソリンが漏れます
透明チューブというのはキャブ上部から出ているチューブですよね
黒いチューブと同時に漏れているのではないでしょうか

No title

はちまるさんの、HPを改めて読み直しますとうちのチョイノリはバルブが一体型ではない特殊型(フック型)のキャブのようです。なので、フロートの上にある金属部分(フック?)にバルブの下の細い針金状の四角い輪っかを引っ掛けて注入口金属筒をつけました。(エンジンがかからなかったときは、フロートの金属フックの上にバルブの下の針金輪っかが乗っかている形になってしまっていたのでバルブが常に上に上がってしまっている状態になっていたためと思われます。)そしたら、今度はバルブをつけていないときのようにガソリンだだ漏れです。透明のチューブのところからドクドクとガソリンが流れ出てきます。バルブが、きちんと動作をしていないと思うのですが、取り付けが悪いのですかねぇ?バルブの下の細い針金部分は、真っすぐになっているのが正解でしょうか?「あっ、引っ掛けるんや」と気づいたときに下の部分が真っ直ぐではなく、真ん中部分が山形になっていたのでラジオペンチで真っ直ぐに伸ばしてみましたがこれも間違いかもしれません。本日の修理は、ここで暗礁に乗り上げてしまいました。どうぞ、お助け下さい。

No title

朝から、頑張ってます。スロットルバルブはお教えいただいた通りでOKです。キャブを、再度点検洗浄しさて、組み上げてエンジンをかけたらバッチリ!!と思いきやガソリンがだだ漏れ!!よく見ると、小さな部品が転がっていましてガソリンを送るところのフロートを押す弁でした。装着して組むとエンジンがかかりません。どうも、ガソリンが送られていないようです。直接キャブにガソリンを入れてやると調子よくかかります。はちまるさんの過去の「キャブ」記事も参考にさせてもらったのですが、形が違っていて棒ではなくて細い針金状のものが四角くなっています。キャブのガソリンを送るところと、弁とフロートの間でトラブルがあると思われるのですが、何度組んでみても弁を入れるエンジンがかかりません。多分、弁が上に上がりっぱなしになっていて穴を塞いでしまっているような気がするのですが、うまい表現でなくて申し訳ありません。助けてください。お願いします。

No title

>KUZさん
動かないチョイノリを抱えているのは、何か心に引っ掛かる感覚あると思いますが、整備を楽しもうと気持ちを入れ替えてゆっくりやってみてくださいね。
症状からすればキャブだと思うのですけどね~
姫路から近かったら診るんですけどね…

No title

>K原さん
挿入の時に、なんかスプリングが縮んでいるな~なんて感じるのですけど、すんなりハマるので間違えちゃいますね。
突起の大きさを変えるとか、間違い防止機構なんて簡単に製作できそうですが、
スズキとしては そんなやつぁいないだろう という姿勢でしょうか

No title

KUZです。早速、本当にありがとうございます。
やっぱり、変な風に組み立ててました。
頑張って、やってみます!!

No title

フルスロットルの経験ありますf^^;
慌てて止めてスロットルひねったら
スカスカでガッカリします(笑)

No title

>あく太郎さん
チョイノリのパーツはどれも安価で助かります
オクで中古を買う前に純正の値段調べとかないと
より高額で中古を買うことになりそうでヒヤヒヤです

No title

>ふもももさん
チョークバルブのワイヤー固定部、変ですよね。
ワイヤーの方の接点は角ばっているのに、チョークバルブは円筒の曲面に接していて、まるで他パーツの流用のように見えます
変ですね~

No title

>KSK@ばすさん
あちゃちゃ 例のごとくパーツリストとかちゃんと見てないので気付きませんでしたよ
ニードルの太さが微妙に違うのだし、クリップも違うのでしょうね。
また見てみます。

No title

ホントわかり易~い^^勉強になります。
こないだヤフオクで買ったキャブはスプリング大が欠品でした(TT)
でも部品購入したら140円でした^^安い!!

No title

自分は力がなくてスプリング大を縮めるのが上手くいかずに苦労しました…
あとガスケットを入れずに組み立ててあちゃーとなりました(笑)
チョークバルブ(ブランジャ)のケーブル受け部と
ケーブル端との形状の違いが非常に不思議です…

No title

さっそくの記事アップ!すばらしい!わかりやすい!
この前パーツリストをバイク屋で立ち読み?したときに気が付いたのですが、
ニードルのクリップも前期と後期で分かれるようなのですが、
クリップの大きさが違うのですかね??
プロフィール

はちまる隊長

Author:はちまる隊長
バイクあそびの達人(自称)
CCJの大将してます
http://suzuki-choinori.com/index.html

訪問者カウンター
フリーエリア
バイク仲間を募集中!

チョイノリクラブジャパン→チョイノリで冒険をするチョイノリストの会

GRS林道部隊→原付で未舗装オフロードを走って野営する冒険部隊

GRS公道部隊→原付で長距離ツーリングを行う旅部隊

CCJオフロード部隊→エンデューロレースを楽しむレーサー部隊

CCJマラソン部隊→バイク仲間たちでマラソンを楽しむ部隊

参加希望ありましたら作戦告知記事にコメントください!
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

ムーミンの雑記帳&内緒のコメント用ブログ

埼玉の大ちゃん

santaの散歩

トモス・クラシック

フライングクロ

#88 新米感覚

イサチャンネル 13ch

ちょい乗り紀行

KSK@ばすのブログ

地平線

ちょいとチョイノリ(別館)

6畳間整備工場

さんちゃんとチョイノリ

セカンドライフを堪能
QRコード
QR