ブログ作成前の記事07(兵庫南部周遊旅)

このブログを開始する前の話、
スピンドルを購入して整備し、旅をした記録をネットに掲載していたのだが、
これらを順番にブログに転載していこうと思う。
 
エンジン換装も行い安心感が増した車体。
試験走行もかねて地元周囲の周遊旅を行った
元ページ
2010年5月ごろの記事だと思われる。

白鷺城 登城 六甲山系包囲作戦
 
新しいエンジンに換装したことだし、フレームの修理も完了したのでで新しい旅に出かけることにした。休日が一日しか取れなかったので遠方は無理だが、いずれ挑戦する琵琶湖制覇のために新しいエンジンの耐久テストと初期不良対応のために近所をめぐることにした。
自分の生まれは姫路なのだが、現在は勤務の関係上、神戸市東灘区に在住している。そこで播磨の国への里帰り。まずは姫路城を目的地とすることにした。

休日の朝、早起きをして7時ごろ出発。いつもならもっと遅起きなのだが、松風号にどんなトラブルがあるかわからない、明るいうちにミッション完了すべくさっさと出発した。
快晴の神戸を西へ進む。国道二号線を西へ行くのだが、こんなごちゃごちゃした車通りの多い道を延々走る気はさらさらなく、板宿から北上し県道65号線方面へ進路をとる。
エンジンは快調で35km/hのクルーズ。TIGINICSエンジンのような熱ダレもなく、まったくのノートラブルにてずんずん進んでいった

神戸市西区で一回目の給油。給油が1リッター以下なのは申し訳ないのだが仕方がない。100円程度のガソリン代を払うのにすごい違和感がある。駄菓子屋やないんやから…。
近くのコンビニで朝食にする

大きな金属製ガソリンタンクがなくなったおかげでフロアボードが空き、椅子にできるようになった。
おにぎりとカップラーメンで簡単に済ませて、さらに県道65号線を西へ突き進む。

快晴の道を気持ちよく走る。走行は安定しており35km/hながら快適である。県道65号線はこのまま姫路に入り

姫路城に到着。まったくのノートラブル。ここまで72km。

なつかしの姫路城と撮影、さむかったのでフェイスマスクをしているが、この日は上から下まで黒ずくめでメチャメチャ怪しい俺だ。
さて、まだ10時そこそこなのに目的地に到着してしまった。このまま同じ道を帰宅するのでは芸がないので、国道312号線から東→北へ向かい篠山方面へと足を伸ばし、六甲山系を取り囲むことにした。

北方面は田舎道なので走行も快適、信号少ないっていい!のだがガソリンスタンドも少なく、航続距離が42kmと若干少ない身としては不安な旅となった。
しかし怪しい奴。対向車がことごとく見てくるのもうなずけるカッコウだ。
この後フェイスマスクははずすことにした。

丹波篠山方面は黒豆が名物なのだ。

 

走行中になにやら異音がするなあと思っていたら、後輪ブレーキのポッドを止めるボルトが外れてた。
この程度のトラブルなど軽症。ものの数分で修理完了し出発する。

道はどんどん山道になる。六甲山系の北側をさらに東へ進んで行き、能勢のほうへ進んでいく。
トラブルがほとんどない。フレームもしっかりしていて再破断の兆候はなく、後輪ハブも緩みの進行なく、エンジンは快調。なんだよーーー
も…ものたりん。トラブルが起こらないように準備してきたのだが、実をいうとある程度のトラブルがあって、それを修理しながら旅するのが楽しいのだから、これだけのノートラブルは逆に旅が面白くない。
もっと来いよ!がつーーんとなんか来いよ!なんて思っていると…
急に前輪がふらつき始める。なんだろうと前輪を見ながら走っているとみるみるへしゃがっていく前輪。
パンクだ。 前輪が暴れだす。ふらふらになった。慎重に後輪ブレーキで停止する。

見てみると前輪の減りがすごい。今回の旅は持つだろうと浜名湖戦役時に側面が裂けたタイヤをそのまま使用していたのだが限界に近づいている…ちゅうか限界を超えているようだ。ブロックパターンなぞとっくになくなって、側面の裂けがさらにひどくなっていて糸が見えている(このタイヤはリム以外ワイヤーが入っておらず糸なんです糸)。

ちゃっちゃと前輪をはずして分解し、インナーチューブを取り出す。液体の持ち合わせがなくてパンク穴を見つけるのに少々時間がかかったが、ゴム糊つけてパッチを貼って

パンク補修完了。だが…見えるかな?タイヤの裂けているところが広がってしまっている。小石が入り込んで再パンクとか糸が切れてタイヤバーストなんて危険もあるのだが、今回は交換用タイヤは持ってきていなかったのでこのまま走るしかない。前輪に体重がかからないようにして走ることにスル。
能勢から池田方面へ南下して行き、国道171号線から西宮に到着、国道2号線を西に戻って神戸にたどり着いた。
あっけなく完走!

 

すごいぜGX35エンジン。走行距離222.28kmを走破。
使用燃料はレギュラーガソリン4.66リッター 燃費47.7km/lを達成した。
安心して任せられるエンジンというのは頼もしいのだが、もうちょっとトラブルがあったら楽しかったかもしれない。
エンジンオイルを交換し、前輪を新品に交換して保管。
この調子なら次は琵琶湖包囲作戦も可能だろう、調べる限り琵琶湖周囲長241kmとのことだ。
能力的には可能だと思うが、琵琶湖に行くにはJR新快速電車で大津まで輪行しなければならない。浜名湖戦役のような肩掛けでの輪行はあまりにもしんどかったので、キャスタータイヤをつけて持ち運びしやすいような改造を考慮しなくてはならないなあ。
もうすぐ最終決戦である。

各所改修の効果が出てほぼノートラブルの旅ができた(ゼロではないが)
のんびり走っていたら思いのほか走行距離が延びて
この旅だけで222.28km。すごいね。
松風総走行距離429km

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

はちまる隊長

Author:はちまる隊長
バイクあそびの達人(自称)
CCJの大将してます
http://suzuki-choinori.com/index.html

訪問者カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

ムーミンの雑記帳&内緒のコメント用ブログ

埼玉の大ちゃん

santaの散歩

ダテ 暮らしの雑記帳

フライングクロ

#88 新米感覚

イサチャンネル 13ch

ちょい乗り紀行

KSK@ばすのブログ

地平線

ちょいとチョイノリ(別館)

6畳間整備工場

さんちゃんとチョイノリ

セカンドライフを堪能
QRコード
QR