作品No.002 巡音ルカさん

巡音ルカさんからチョイノリ写真をいただきました。

はちまると同じウインドシールド装備ですね!
これは長距離ツーリングに助かります。そしてこれからの季節、寒風よけにも重宝ですね。
両サイドミラーとカップホルダー、リアボックスという快適装備が充実しています。

車体右
U字ロックがキャリアにひっかけられています。
コックの形状、リアスプロケ、エアクリの吸入口の大きさ、ウインカーの色 から後期型だってことがわかりますね
(さすがにフロントスプロケ12Tは読み取れんが…)
黒地に白のSUZUKIの文字がレーサーのようでかっこいい。メットホルダーも付いてますね。

車体左
キックペダルが、幻のリコールパーツ、板曲げペダルではないですか!!はちまるも一個持ってます(^^)
これはチョイノリの歴史を語る上で重要なパーツですよ。
リコールの理由は走行中脱落の可能性です。公道に投下しないように注意してくださいね
ブレーキアッシがシルバーなのもK4以降、後期型の特徴ですね。(K3では黒いです。)
 
さてさて、
ここで注目してもらいたいのが、両サイドミラーの付け根です、
ちょっと太くないですか… これK7の特徴であるネジ径10mmのミラーです(K3~K5は8mm)
ってことはこの車両はX5K7ってこと!
 
はちまるは、これまでK7にはライトグリーンしかないものとばかり思っていました。
それはチョイノリのパーツリストの中のK7の項目にはライトグリーンの写真しかなかったからです。
なので巡音ルカさんの車両は外装を黒にとっ換えられたのか、もしくはハンドルスイッチ周りをK7に換えられたのか…なんて考察していたのですけれど、
メールでやりとりしていると、「モデル表示シールにX5K7 color 019と表記がある」との情報が!?

color 019というのはソリッドブラックのこと。
つまりこの車体は正真正銘K7のブラック!!
はちまるの中では、K7と言えばカラーコードYGF(ライトグリーン)のみで、このシールは存在するはずないと思っていたのでびっくりしました。
で、
よくよく調べてみると、スズキの広報資料では。

「チョイノリ」、「チョイノリII セル付」の車体色
澄み渡った空をイメージした青「トイブルー」、青空に浮かぶ雲をイメージした白「アイボリー」、新緑をイメージした黄緑「ライトグリーン」の3色を新たに設定したことで、「チョイノリ」は既存のオレンジ、黄、黒とあわせて全6色、「チョイノリII セル付」は既存のオレンジ、黒とあわせて全5色となった。


との記載あり。
つまりK5の車体色はそのままK7でも生産されていて、ライトグリーンが新たに追加されたということだったようです。
全然知らんかった~。
(この内容を踏まえてチョイノリカラーの記事を修正しました。)
 
巡音ルカさん
写真投稿および情報提供ありがとうございました!!
 
ここで一つ疑問
チョイノリのK5にはチョイノリSSの設定があります。
X5SDK5 color 109
セル付きブラックのチョイノリSSです。
このチョイノリSSは2007年以降も生産されていたのでしょうか?
つまり 
「はたしてK7のチョイノリSSは存在するのか?」
あればX5SDK7ですが…
ちなみにパーツリストには表記がありません。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私もチョイノリをこよなく愛してますOHVにエンジンはベルト駆動で変速しかもチェーンで、フレームもリジットだし嬉し楽しいバイクですね。世田谷ベースの所ジョージさん風エージング塗装にステンシルの文字入れしてます目指すは所ジョージさんのジャンクハーレならねジャンクチョイノリです。

No title

>巡音ルカさん
こちらは一向にチョイノリを見かけません
関西には少ない気がするな~
せっかちな人が多いからチョイノリは合わないのかも(^^)

No title

まさか自分の乗っているチョイノリが珍しい車両だったとは…
私もパーツリストを買わなければ気づきませんでしたからね…

ちなみに最寄り駅の駐輪場には「巡音号」を含めて最大で3台のチョイノリが止まっている事があります。2台ともK5の青ですが。チョイノリストは意外に多いようです。

No title

>ふもももさん
もしK7のSSがあれば、パーツリストにも表記があると思うので、
SSは2007年以降もK5のまま生産されていたのだというのが、大方の予想です…
しかし、今回のように
model X5SDK7 color 019
というシールを貼った車両の投稿があってびっくりする…
なんてことがあるかもしれません。幻の車体として期待したいです

No title

>まめぞうさん
未舗装林道を走るとエンジン底面が傷だらけになります
1号機はエンジンガードが付いているから良いですが
2号機は実験的にエンジンガードなしで走っていますので
小傷が多いです。
いずれケースに割れが出ないかヒヤヒヤものですが、岩ヒットしないように十分注意して、このままいってみます。
写真よろしくお願いしますね、できれば悪路走行チョイノリがいいですね
(^^)

No title

>巡音ルカさん
やっぱり保管状態は大事ですよ
ウチの林道2号機はK3ですが、ほとんど乗られていなかったようで
外装の艶がいい状態です
せっかくのK7ですから、大事にしてあげてほしいものです(^^)

No title

>OPさん
自分はこういうキャラクター詳しくないのですが
有名なのですね
なかなかおしゃれです(^^)

No title

K7が複数色あったとは…確かに盲点でした
手元の公式資料が正しければ、K7・DBK7共に
トイブルー・アイボリー・ライトグリーン・ネーブルオレンジ・ソリッドブラック
の5色のようです
残念ながらそこに載っているSSに
K7の特徴(可倒式バックミラー)はありません
マイナーチェンジ無しでもモデル表記が変わるならば存在する可能性はありますが、
うちのちょいのりさんは2006年下半期製造と推測されるのですが、X5SDK5です

No title

ウインドシールドとリアBOXで便利仕様ですね。
後期のミラーは10mmなんですか。
そういえば、78年型マメタンに着いていた純正ミラ(8mm)がチョイノリのそれと全く同じでした。
左ミラーもあったので、現在左右ともミラーが付いていて後方確認もラクラクです。
私のチョイノリ写真も近い内に送ってみようと思います。
その前に掃除してあげないと。。。
そしてクランクケースにクラックがある事が発覚しました・・・

No title

比較的新しくても田舎なのでちょっと走るだけで泥だらけです。ガレージなんて洒落たものもなく、最寄り駅も野晒しの駐輪場なので風雨+紫外線による劣化が進みつつあります。
テールランプの黒い樹脂部分が白くなってきたので、今度バーナーで炙ってみようと思います。

No title

痛チョイノリですか?(笑)といっても普通にカッコ良い外装ですね!
ど田舎の地元でも巡音ルカが書かれたクルマ見つけて、ボカロ地味に浸透してるんだな~と思いました。

No title

>巡音ルカさん
おおーハードロックナットですか!
ドキュメントで見たことがあります。
最終型K7いいですね。ウチは3台すべてK3です。後期型パーツに換えたりしていますが全体的なボロさが悲しい(^^)

No title

キックペダルの脱落については心配ご無用です。
ステンレスボルト+ステンレスバネ座金+ハードロックナットで固定しているので、チョイノリの振動程度では脱落しません。新幹線にも使われるナットですから。

ミラーは「チョイノリは8mm」という情報でミラーを買ったら、サイズが合わなかったのでアダプタを噛ませています。
プロフィール

はちまる隊長

Author:はちまる隊長
バイクあそびの達人(自称)

訪問者カウンター
フリーエリア
バイク仲間を募集中!

チョイノリクラブジャパン→チョイノリで冒険をするチョイノリストの会

GRS林道部隊→原付で未舗装オフロードを走って野営する冒険部隊

GRS公道部隊→原付で長距離ツーリングを行う旅部隊

CCJオフロード部隊→エンデューロレースを楽しむレーサー部隊

CCJマラソン部隊→バイク仲間たちでマラソンを楽しむ部隊

参加希望ありましたら作戦告知記事にコメントください!
カテゴリ
TOP (1)
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

ムーミンの雑記帳&内緒のコメント用ブログ

埼玉の大ちゃん

santaの散歩

トモス・クラシック

フライングクロ

#88 新米感覚

イサチャンネル 13ch

ちょい乗り紀行

KSK@ばすのブログ

地平線

ちょいとチョイノリ(別館)

6畳間整備工場

さんちゃんとチョイノリ

セカンドライフを堪能
QRコード
QR