ギアオイル交換方法

以前にギアオイル交換方法について書いたのだけれど、エンジンを車体から降ろした状態での交換方法でした。
ギアオイル交換のためだけにエンジン下ろすこともなかろう ということと
エンジン車載状態での交換は実は結構やりづらい ということから、今回 車載状態での交換を記事にすることにした。
 
はちまるは交換のためにこんな容器を準備しています。

200mlのお茶のペットボトルを切ったものです。
ギアオイルのドレン穴の下は、地面までの間にマグネトケース、センタースタンドがあって、そこがオイルまみれになり、しかもスタンドを伝って床を汚染するのでこういう容器で受けてやらないとスマートに交換できないのだ。

まず、オイル注入口の12mmボルトを緩めておく。ワッシャが挟んであるのでなくさないように。
オイル排出時の空気穴にする目的と、「オイル排出後に注入口ボルトが外れなかった」というトラブルを未然に防ぐために、こちらから外すのだ。
(実はCVTケース方向に空気穴があいているので、ここを緩めなくてもドレンからのオイル排出は問題ありません)
奥まったところにボルトがあり、しかもチェーンが邪魔になるので細い柄をもつ工具が必要になる。

次にドレンボルトを10mmのソケットレンチで緩める。こちらもワッシャが挟んであるのでなくさないように。
こちらのボルトも奥まっているのでソケットレンチにエクステンションバーを付けて外そう。
 
ここでペットボトル加工容器を使う。

こんな感じに受けながらボルトを緩めて行く。
緩める先からオイルが出てくる、緩め切ったらラジオペンチなどでボルトをそっと引き抜いてやるのだ。

あとは自由落下でオイルが垂れ切るのを待つべし 待つべし 待つべし~
オイルの量は25ml程度なので、この容器で充分。時間もそんなにかかりません。

こんな狭いところなので、受ける容器の形が重要です。
この容器がないとマグネトケースがオイルまみれになるのは想像に難くない。
排出し終わったら、ドレンボルト(10mm)を装着して(12Nm)、

注入口からオイルを注入するが、オイル注しは必需品ですね。
ギアオイルが良いのでしょうが、はちまるは廉価エンジンオイルで代用しています。
オイル量は
オイル交換時 25ml
分解時     30ml
です。
 
あふれるまで入れて、あふれる分を拭き取ってもよいですが、それだとどうしてもマグネトケース&スタンドにオイルが垂れるので、規定量を入れて終了する方が綺麗に作業を終えられます。
 
ギアオイルなんてなかなか汚れないので、あんまり交換必要ないかと思いますが
気が向いたら換えたってください(^∀^)
覚書:2012.12.05 ウチの4台すべて交換済 
参考:ファイナルギア内の構造

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>fastさん
ファイナルギア内が怪しくなってきましたね~
分解歴があるようなら、カウンターシャフトが奥まで差し込まれていないかも。あとベアリングのチェックですね。
http://blogs.yahoo.co.jp/hachimaru93/8062311.html

No title

>ふもももさん
洗浄覚悟でアイルまみれにしちゃうのもありですね
量的にはタオル詰めてドレンあけたらすべて吸ってくれそうな気もするし

No title

>巡音ルカさん
バイク屋もノーマークのギアだと思いますよ
ここにガタがくるまでチョイノリを乗り続けることの方が大変な気がする。
しかしまあ 交換しづらい形状だこと

No title

チェーンを外して回した所、軽い力でクルクル回りました。
ギアオイル交換で解消するかは分かりませんが、次回の記事としてやってみますね^_^

No title

どこかのお店で流しソーメンみたいなオイル受けを
見たことがあるような…?
自分はケース&スタンドびしゃびしゃです
ついでなので付近の清掃もしてます(笑)

No title

そんなところにオイルが入っているとは…
バイク屋さんはどうやってこのオイルを交換してるんでしょう?やっぱりペットボトルを切った容器で受けるんでしょうかね?

No title

>ke-sukeさん
ほんの少量、しかもなかなか汚れることないので
このまま知らなんでも大丈夫だったかも(^∀^)

No title

ギアオイル…(´ω`)
存在をはじめて知りましたっ!

No title

>fastさん
なるほど、その症状なら原因はクラッチ以降ということになりますね
ファイナルギアもさることながら、リアホイール内のベアリングにガタが来てないか リアブレーキの遊びは大丈夫か などなど
原因検索 進めてくださいね

No title

わお!なんてタイムリーな記事なんでしょ!
実はfast号に、ある問題が発覚しまして
~_~;
25Tに変えた時に「出足はこんなもんやな」っと思ってたコトが、ブラジリアン号ではスッと加速するので、スタンドアップで比べてみた所・・・
回転の重さが全然違う!のでギアボックスを疑っていたんですよ^^;
・・・何処かで見てました?(笑)
このままの状態で金属カムはあり得ませんからね^^;
参考になりました^ ^
ありがとうございます。
プロフィール

はちまる隊長

Author:はちまる隊長
バイクあそびの達人(自称)
CCJの大将してます
http://suzuki-choinori.com/index.html

訪問者カウンター
フリーエリア
バイク仲間を募集中!

チョイノリクラブジャパン→チョイノリで冒険をするチョイノリストの会

GRS林道部隊→原付で未舗装オフロードを走って野営する冒険部隊

GRS公道部隊→原付で長距離ツーリングを行う旅部隊

CCJオフロード部隊→エンデューロレースを楽しむレーサー部隊

CCJマラソン部隊→バイク仲間たちでマラソンを楽しむ部隊

参加希望ありましたら作戦告知記事にコメントください!
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

ムーミンの雑記帳&内緒のコメント用ブログ

埼玉の大ちゃん

santaの散歩

トモス・クラシック

フライングクロ

#88 新米感覚

イサチャンネル 13ch

ちょい乗り紀行

KSK@ばすのブログ

地平線

ちょいとチョイノリ(別館)

6畳間整備工場

さんちゃんとチョイノリ

セカンドライフを堪能
QRコード
QR