兵庫県縦断後整備(エアクリオイル・ギアオイル乳化)

兵庫県縦断計画は旅の途中に整備しなくてはならないようなトラブルはなかった。
車体は完動であるが、雨中走行であったこと、また200kmを超える長距離だったことから、各所点検整備することにした。

まずはエンジンを整備していくが、
エアクリーナーにしみこませてあるオイルが乳化していた。
草刈り機とか農機具は雨天使用も考慮されているのだろうが、こんなことでいいんかいな?普通にエアクリ内部にまで雨が侵入してた。
雨天使用後はちゃんと整備しないといけませんね。

洗油で洗浄する。
ウチに余っていたホワイトガソリンを使った。添加物がなくよい洗油だが高価なので灯油でもよいと思う。

適量オイルをしみこませて、かるく絞ってから取り付けよう。
 

カバーの通気口から雨が入っていると思われたので、カバーを外す。
六角キャップボルト1個で簡単に外れる。
雨水の侵入はないようだった。
せっかくなのでくまなく拭いておく。

エンジンオイルも交換しておこう
230kmほどの走行なので、あまり汚れていなかった。
 
次に、ギアオイルも換えておこう。

うへっ
乳化している!
まいったね、ギアオイルは交換のみの予定だったけど内部に雨水が浸入してということだから開けて内部洗浄が必要になってしまった。

一体どこから入ったのだろう。
ケースの合わせ面かドライブシャフトの出口かオイル交換用ドレンか注入口か…

ドライブシャフト出口のオイルシールは損傷なし。
ここは交換しようにもベアリングの奥にあるので取り外しが大変だし
そもそもパーツが手に入るかどうかわからん。
見た目大丈夫そうなので、このまま使用しよう。
 
ケース合わせ面に液体ガスケットを塗って各所ボルトをしっかり締めることで対応した

乳化は初めての経験、
出発前にギアオイル交換していたので、水の侵入は今回の旅で発生したのは確かだ。やはり雨天使用にはリスクが大きい。
ちゃんと調べておいてよかった。
これからも旅が終わったら
1、エアクリフィルター洗浄
2、エンジンオイル交換
3、ギアオイル交換
はルーチン整備としておこう。
 
あと

エンジン積載部位の床面に傷が付いていた。
結構力がかかっているのですね。
やはり2か所固定では甘いのかな?
エンジンの形状的に取り付け部位を追加するのが面倒なので
根本整備ではないかもしれないが

クッション性のあるゴム板を下に敷くことにした。
これが力を吸収してくれると期待しよう。
これでも問題出るようならステー増設だなあ、

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

はちまる隊長

Author:はちまる隊長
バイクあそびの達人(自称)
CCJの大将してます
http://suzuki-choinori.com/index.html

訪問者カウンター
フリーエリア
バイク仲間を募集中!

チョイノリクラブジャパン→チョイノリで冒険をするチョイノリストの会

GRS林道部隊→原付で未舗装オフロードを走って野営する冒険部隊

GRS公道部隊→原付で長距離ツーリングを行う旅部隊

CCJオフロード部隊→エンデューロレースを楽しむレーサー部隊

CCJマラソン部隊→バイク仲間たちでマラソンを楽しむ部隊

参加希望ありましたら作戦告知記事にコメントください!
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

ムーミンの雑記帳&内緒のコメント用ブログ

埼玉の大ちゃん

santaの散歩

トモス・クラシック

フライングクロ

#88 新米感覚

イサチャンネル 13ch

ちょい乗り紀行

KSK@ばすのブログ

地平線

ちょいとチョイノリ(別館)

6畳間整備工場

さんちゃんとチョイノリ

セカンドライフを堪能
QRコード
QR