林道走行試験4(まさかのエンジンに損傷)


今回はエンジンの損傷を調べるために降ろした。
スプロケ周りがかなり汚れているが、泥濘を走ったりとむちゃな使い方をするから仕方ない。
エンジンをくまなく調べたところ…
堅牢な鉄製エンジンガードにした弊害が出ていた。

鉄製エンジンガード悪路の石にヒットしても跳ね返し、時には石を破壊しながら突き進んでいき、
それでいてガードには少々のエクボ凹みしか残さないという、文字通り鉄壁の守りだった。
しかし、この強靭性があだとなった。
赤矢印の衝撃が、そのままエンジンへ伝達することになり…

こんなところが割れやがった。
エンジンは問題なく動くのだが、このまま使用していると亀裂が広がってボルトごと折れ飛ばされるかもしれん。
強固な守りがいいのだが、その間にアルミ素材があったのが盲点でした。
 
さてどうすべえかな~
しかし林道機って走るたびに問題噴出だ。
とりあえずエンジンを予備エンジンに交換して、

取り付けな穴を拡大。

衝撃を和らげるゴムスペーサーをかまして装着した
これでだめなら、フレームに伸びるステーを考慮しないといけない。
こちら側はマフラーがあるので難しいんですよね
 
アルミガード板の柔らかさは、クッションの要素もあったのだね。鉄にして衝撃の強さを再確認しました。
 

撃墜林道は増えておりますが…
改修を繰り返しているとはいえ車体は問題山積でございます。

もう次の剣山までおとなしくしとこうかしら…
だいたい氷ノ山の南半分が悪路すぎるんだわ、剣山超えとるってこれ。。。
 

コメントの投稿

非公開コメント

No title

まさにその通り。エンジンガードなんて非常時のもので
常時ガンガン打ち付けるなんてどっかガタが来るのは当然ですよね
林道走る構造してないんですよ
だが、それがいい!

No title

ふーむ。やはりソコにキマシタかー
KSKアンダーガードの2mmアルミは分厚いし1~1.5mmでもいいかもしれませんね~。
しかしアルミで吸収させると、アンダーガードの補修が必須になるしなぁ~

No title

>Masashi Okamotoさん
後先考えずにとりあえずバラして、ネットの情報を参考に適当に整備して、組んだらエンジンかかった!!
自分はこのときの感動から、バイク整備を趣味にし始めて現在に至ります。
思い切りよく、やってみれば何とかなるものです
是非、チョイノリの公道復帰を実現させてください。
当方でお手伝いできることでしたら、アドバイス等させていただきます。遠慮なく御質問ください。
友達依頼ありがとうございます。
友達欄をチョイノリで埋め尽くす計画中でして、友達登録はプロフィール画像がチョイノリの方に限らせてもらっております。
分解中の画像でも構いませんので、可能であればチョイノリ画像にしていただけましたら友達登録させていただきます
よろしくお願いいたします。

No title

はちまるさんこんばんは。
もう何年も乗ってないチョイノリを無理矢理ばらしている岡本と申します。
チョイノリ、いや機械系全般わからず、ばらせるままがむしゃらにばらしていて、ついさっきはちまるさんのブログにたどり着きました。
直せへんかったらいいやって気持ちでばらし始めましたが、はちまるさんのブログを見て、直したい!色々知りたい!と思いコメントさせていただきました。
これからブログを参考にさせていただいて、時間をかけてじっくり直したいと思います。
もしよろしければ、ブログでわからないこととかをご指導いただけると助かります。
よろしくお願いいたします。

No title

>fastさん
KSKガード。気になりますね~
でもあんなにきれいな製品は、手に入れても使うのが惜しくなってしまうかもしれません。

No title

>らーくさん
幸いにもエンジンを降ろすことができたようですので、
特殊工具をそろえるのが難しそうでしたら、
発送くださればこちらで修理も可能です。
参考に、以前、委託整備させてもらった「あんちゃん」さん機の修理記事です
http://blogs.yahoo.co.jp/hachimaru93/10716787.html
往復の送料とパーツ代金はかかってしまいますが
お近くに世話してくれるバイク店がないようなら、当方でも対応可能です。
また元気に走り出せる日が来ることを祈っております。

No title

>らーくさん
オイルはどこから漏れてきているのでしょうか?
オイル切れによる焼き付き→ピストン・ピストンリング・シリンダー間の密閉ができずにオイル上がり→本来漏れ出さないところからのオイル漏れ(マフラーやキャブ方向)+オイル焼き白煙
というシナリオが考えやすいですが、
オイル切れを起こしていたら、おそらく樹脂カムも無事ではいられないでしょう。
カム室を開けて、クランクも割る修理は避けて通れないかと…
とりあえずスパークプラグを外して燃焼室内にオイルが入ってきていないか確認ですね。
http://blogs.yahoo.co.jp/hachimaru93/10716787.html

No title

という状態に陥っていき詰まってる感じです。
これを気にはちまるさんのブログを見ながらチョイノリのエンジンを学んでいこうと思いました(`・ω・´)
長文になって申し訳ありませんが良ければはちまるさんのご意見が聞きたくてコメントしました。
はちまるさん的にどこに異常があると思いますか?
質問ばかりで申し訳ありません(^^;)

No title

初めてコメントさせて頂きます。
私は仕事柄、機械や作業機等の現場移動などで使うために、軽くて安くてを売りのチョイを一万で買いました(`・ω・´)
大変使い勝手がよく愛用していたのですが、弟がバイトにいく足がないと言うことでチョイノリをかし、自分はもっぱら車ばっかりだったのですが。。。。
昨日連絡があり、スピードがでないと思ったらオイルがはいってなかったとのことて汗
すぐにオイルを入れてバイトに行ったらしいのですが、スピード出ずマフラーからは白煙を吹き、エンジンからオイルが漏れ出したらしいのてす。
その後確認したら、どうやらエンジンがかかっているとオイルが漏れ出し、スローをあげると量がまします。
バイクのエンジンはいじったことがなく藁にもすがるおもいで調べていたら、はちまるさんのブログを発見いたしました。はちまるさんのブログを参考にエンジンを下ろしたまでは良いのですが、素人の私には原因がわかりません。
ある程度の工具は仕事で使うので一式あるのですが、特殊工具になると。。。

No title

シャコタン殺しも防げる(笑)ガードがあれば・・・KSKさんのフレームマウントに期待してます^ ^
真っ先にはちまるさんが装着して実証して頂きたいです

No title

>buchiさん
八式戦は走るたびにどこかに損傷が来るので大変です
ここの割れも補修しますよ(^^)

No title

>まつきちさん
アルミエンジンの弊害の一つですね
フレームに固定する方法を考えねば、完全なる鉄壁は無理です
走るたびにエンジン損傷するようでは、エンジンガードの意味がない
さらなる改装を考えねば…

No title

>koroさん
よほどの悪路、しかも下りをスピードに乗って走って石にヒット!
でもない限りここまで行かないと思いますよ
おとなしく乗ったら長持ちするんでしょうけどね
ダウンヒルの楽しさに取りつかれて、走り込んでいたらこんな結果に…

No title

くわ~~自分なら半年は立ち直れませんよ楽しくどころかww

No title

( ゜Д゜)ウヒョー
なんということでしょう!
(ビフォーアフターの加藤みどり調で)
やはり、林道での衝撃の凄さを物語っております

No title

うわわ、こんなところが!?
ジェネレーター側に押されて割れてるんですね。。。
ここが割れるってことは、セル付きに純正装着のエンジンガードも、思い切りぶつけると同じ事になるってことですよね!?
うう、気をつけなきゃ。。

No title

>choisantaさん
検証走行するたびに、どこかに改修が必要になる感じですよ
むむむ
簡単にすむより面白いからまあいいや。
着脱式KSKガードはフレームに直固定なので、この問題は起こらないと思いますが、走ってみると何かと問題が出たりするものですので
彼のガードの実走実験が楽しみです。

No title

はちまるさん、新しい課題発生おめでとうございますσ^_^;
なんかはちまるさんの「ニンマリ」顔が見えるような(笑)
温存なんて言わず、ガンガン行って下さい(人ごとだと思って)(汗
プロフィール

はちまる隊長

Author:はちまる隊長
バイクあそびの達人(自称)

訪問者カウンター
フリーエリア
バイク仲間を募集中!

チョイノリクラブジャパン→チョイノリで冒険をするチョイノリストの会

GRS林道部隊→原付で未舗装オフロードを走って野営する冒険部隊

GRS公道部隊→原付で長距離ツーリングを行う旅部隊

CCJオフロード部隊→エンデューロレースを楽しむレーサー部隊

CCJマラソン部隊→バイク仲間たちでマラソンを楽しむ部隊

参加希望ありましたら作戦告知記事にコメントください!
カテゴリ
TOP (1)
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

ムーミンの雑記帳&内緒のコメント用ブログ

埼玉の大ちゃん

santaの散歩

トモス・クラシック

フライングクロ

#88 新米感覚

イサチャンネル 13ch

ちょい乗り紀行

KSK@ばすのブログ

地平線

ちょいとチョイノリ(別館)

6畳間整備工場

さんちゃんとチョイノリ

セカンドライフを堪能
QRコード
QR