燃料ホースの検討

燃料ホースが経年劣化して裂けると、
ダイヤフラム式のキャブレターの関係上、燃料が吸えなくなりエンジンが全くかからなくなる。
劣化するたびにチューブを交換しようにも、出動機会はいきなり来るので備えるのが難しい。
そこで、

ちゃんとしたチューブに換えようと思った。

ってか、この黒いやつも農機具用とはいえ耐ガソリン性のはずなのだが、
なんかしらんが1年半ほどで劣化して裂けてしまうのだ。

持っていたクリアガソリンチューブが太いものしかなかった(といっても一般的な原付用で内径5mmほど)ので、キャブレターへの接続がスカスカになる。
そこで

この劣化チューブを中に押し込んでジョイントにした

これで内径は3mmになったので接続がスカスカになることはナイ

完成!

我ながら良いアイデアだと思ったのだが、思わぬ落とし穴が…

ダイヤフラム式なので燃料はエンジンの動力で吸い上げている方式なのだが、
チューブが太くなることで吸い上げに力がいるようになり、
このチューブでは徐々にガス欠になってしまうのだ
なんと!

アイドリングがどんどん弱くなってエンジンが止まるので
なんでだろうと悩んだのだが、
燃料送流
ボタンを押すと改善することに気が付き、チューブの太さが原因だと気付いた。

仕方がない
内径3mmのクリアチューブを注文することにしよう。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>工場長
チョイノリタンクごときに
はちまるの体重を支えられるはずなし!(笑)

No title

それならいっその事、チョイノリのタンクにパイプ溶接しちゃえば?
どうせチョイノリのシートが付いてるんでしょ?(^_-)-☆
さすれば、3リットルになるしポンプ要らんし・・・(笑)
プロフィール

はちまる隊長

Author:はちまる隊長
バイクあそびの達人(自称)
CCJの大将してます
http://suzuki-choinori.com/index.html

訪問者カウンター
フリーエリア
バイク仲間を募集中!

チョイノリクラブジャパン→チョイノリで冒険をするチョイノリストの会

GRS林道部隊→原付で未舗装オフロードを走って野営する冒険部隊

GRS公道部隊→原付で長距離ツーリングを行う旅部隊

CCJオフロード部隊→エンデューロレースを楽しむレーサー部隊

CCJマラソン部隊→バイク仲間たちでマラソンを楽しむ部隊

参加希望ありましたら作戦告知記事にコメントください!
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

ムーミンの雑記帳&内緒のコメント用ブログ

埼玉の大ちゃん

santaの散歩

トモス・クラシック

フライングクロ

#88 新米感覚

イサチャンネル 13ch

ちょい乗り紀行

KSK@ばすのブログ

地平線

ちょいとチョイノリ(別館)

6畳間整備工場

さんちゃんとチョイノリ

セカンドライフを堪能
QRコード
QR