瀬戸内海横断計画(しまなみ作戦)1

以前、秘匿名称「翔号作戦」として作戦企画書を作成し、水面下で実現の可能性を模索していた。
計画はしまなみ海道の走破と四国での野営、しかも四国のフラット林道まで走るという盛りだくさんな内容だったが参加人数の確約が取れず、お蔵入りとなっていた。
 
10月初め、急に1日休日が取れた。
26日 日曜日。
丸一日空いたのでしまなみ海道に下見も込めて、うちにあるチョイノリよりもへなちょこなバイクで旅に行こうかと計画したのだけれど、誰か一緒に行くならチョイノリでも…
ダメもとでkoroさん(佐賀県)に聞いてみると、なにやらお祭りの用事があったらしいのだが、調整できるとのことでチョイノリ旅に変更になった。
 
告知したらムーミンさん(神戸市)とまつきちさん(泉大津市)も名乗りを上げ。
下見どころか立派なチョイノリ旅になっちゃいました。。。(^^)アハハー
これが経緯です。
 
かなりの遠方のため皆さんトランポでチョイノリ持ち込み参加。
日帰り旅なので早朝出発する。なんと起床4時半で外はまだ真っ暗。
アルファードに乗機チョイノリを積載してムーミンさんと待ち合わせの高砂西IC入り口に向かう。
到着したらムーミンさんのチョイノリSSはあるものの、本人がいない。
どこかに買い物に行ったのかな?と思っていると突如むくっと起き上がる黒いごみ袋…違う、人だ!
ムーミンさん得意の路上就寝されていた様子。
5時の待ち合わせのため、神戸を3時に出たので寝不足なのだろうが、あい変わらず変態的奇行、すごいね。

車載するためにガソリンを抜いたりタンクキャップパッキンをつけたり、真っ暗なので懐中電灯の明かりを頼りに作業を進め、アルファードに積む。
両機体ともに処置のおかげでガソリン臭は全くしない。
二人と二台で高速道路に乗り、西へ。途中のICで朝食をとり、7時半に現地到着。

koroさんとまつきちさんはすでに到着していた。
どちらも借り物のトランポ車で軽自動車バン。チョイノリ積載して、余ったスペースで就寝したらしい。
チョイノリは小さいから軽で十分だね。
 
駐車場は尾道東高校の近くの大宮コインパーキングだ。
住所 尾道市東久保町13-15
http://www.ononavi.jp/access/parking/  ここの16番の駐車場。
敷地は広くて24時間出し入れでき、30分100円、丸1日駐車しておいても1000円でオッケー。
しまなみ海道の新尾道大橋の近隣で、渡船乗り場にも近い。おすすめだ。
駐車スペースが一段高くなっているのでチョイノリ乗せ降ろしはやや体力がいる。
 
全員ガソリン満タン。車載処置具を外して準備が整い次第、出発した。
駐車場から2号線を東に向かうとすぐに橋につく。
ここは良い展望スペースもないので写真を撮る暇なく過ぎてしまった。
尾道→新尾道大橋→向島

ネット上から橋の写真を拝借した、これが新尾道大橋で本州尾道と向島をつなぐ。
画像奥の東側の橋が一般道で、原付はこっちだ、車とともに走るので気を付けて走ろう。
自転車は走れることは走れるらしいのだが、危険なので渡船を利用するよう勧められている。
手前側が高速道路用の橋。
一般・高速の二本に分割されていることと、
橋梁を支えるワイヤーが中央一本になっているのがこの橋の特徴だ。
 
向島についてしばらく走っていると道のサイドに青いラインが出てくる。
これがしまなみ海道のサイクリングコースを示すラインだ。
基本的にこのラインに沿って行くと道を間違えることはないが、交差点を曲がるときなど事前予告なしに急に青ラインが消えるので、引き返すこともしばしば。
道は一般車道とは違う安全な田舎道なども利用されているので事前にすべてを把握するのは難しい。
現地で注意深く青ラインに従っていこう。
 
向島の海岸沿いを走りつつ南下すると、次の橋が見えてきた。
向島→因島大橋→因島

展望スペースがあったので、そこで一休みしながら橋を眺める。
大きいですね、この橋ができた当初は国内最大のつり橋だったようです。
ここで得られて経験と知識が来島海峡大橋・瀬戸大橋・鳴門海峡大橋・明石海峡大橋などに受け継がれていく。
日本の巨大橋の先駆け的存在で、現在でも国内8番目の巨大橋らしい。(wikiより)

チョイノリとともに撮影。
橋を渡っているところの写真も撮りたかったのだけれど、このサイズ差だとチョイノリなんて点にしかならないでしょうねえ。
休息後、橋に向かいます。
一般道を走っていて、急に細い側道に入っていく。これが原付橋道への細道。
上がっていくと

橋の下に出ました。
この橋は二重構造になっていて、上が高速道路。下が原付・歩行者道路になっている。
赤丸のようにここから通行料金が発生する。50円だ。

向こう側まで約1.2km。橋通行時は自由行動とし、各自好きなところで景観観覧、写真撮影などしながら走る。

車に邪魔されないので止まり放題、写真撮り放題。

上に高速道路があるので走行音が響く。
サイドにはフェンスがしっかり装備されているので怖くない。

チョイノリでののんびり旅に最適な道ですよ。
渡り終わると

料金所が出てきました。
ここに50円玉を投げ込みます。
誰もおらず、当然おつりも出ないので、1万円札しかない人は悲劇だね。
小銭をたくさん持って行っておこう。
複数人で行ったら、二人で100円とかまとめ払いがいいかもしれない。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>まつきちさん
すみません 泉大津も泉佐野も
こちらからすれば同じように思ってまして。
別個の市であるのですねえって 近いし~

No title

先日はお疲れさまでした~
すばやく記事に、詳細な解説もあり、こちらのブログは手抜きでいけそう(笑)
ちなみに、すみません、私の住まいは泉大津市になるんです

No title

>ebiさん
なんかやや曇りって感じでしたねえ。
自分が前走った10年前と比べていろいろ変わっていました。
常に進化しているのでしょう。
また行ってみてください(^^)

No title

ムーミンさんさすがですね、どこでも寝てる~w
橋の下の橋(?)なのに室内走ってるみたいです。
私が以前しまなみ海道走ったときとても天気がよかったのですが
全体的に霞かかった感じの風景でした。
この日もそうだったのかな?

No title

>さんちゃん
自分もまた、「チョイノリよりもへなちょこなバイクでの試走」のために、また行くと思います。
是非行ってみてください
ちょっと遠いのですけどね~

No title

>isさん
この日はサイクリング大会があって結構混んでいたのですが
普段は閑散としていて走り放題な過疎道です
大量チョイノリで走りたいですね(^^)

No title

ムーミンさん!!本当にどこで就寝できますね!(笑)
って!!素晴らしい景色とルート!!絶対走りたい(* ̄∇ ̄*)いや、必ず走りますたとえ1人になろうとも(`ー´ゞ-☆
のんびり景色を楽しみながら好きなバイクで走る最高の贅沢ですね!!

No title

おォ~!!!
素晴らしい道ですね~
これならチョイノリ君も気兼ねなしに堂々ゆっくり走れますね
この道をチョイノリで埋め尽くすってのは・・・
プロフィール

はちまる隊長

Author:はちまる隊長
バイクあそびの達人(自称)

訪問者カウンター
フリーエリア
バイク仲間を募集中!

チョイノリクラブジャパン→チョイノリで冒険をするチョイノリストの会

GRS林道部隊→原付で未舗装オフロードを走って野営する冒険部隊

GRS公道部隊→原付で長距離ツーリングを行う旅部隊

CCJオフロード部隊→エンデューロレースを楽しむレーサー部隊

CCJマラソン部隊→バイク仲間たちでマラソンを楽しむ部隊

参加希望ありましたら作戦告知記事にコメントください!
カテゴリ
TOP (1)
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

ムーミンの雑記帳&内緒のコメント用ブログ

埼玉の大ちゃん

santaの散歩

トモス・クラシック

フライングクロ

#88 新米感覚

イサチャンネル 13ch

ちょい乗り紀行

KSK@ばすのブログ

地平線

ちょいとチョイノリ(別館)

6畳間整備工場

さんちゃんとチョイノリ

セカンドライフを堪能
QRコード
QR