フォーゲル オイル漏れ~

フォーゲルの下に何やらオイルの垂れた跡が…
あらあら。
さっそく、もとをたどっていくと、どうやらオイルポンプから漏れている様子だ。
IMG_0414.jpg
オイルポンプはエンジン右側のここにある。
プラスネジを外すと
IMG_0415.jpg
オイルポンプを発見した。
そしてみてみると、下にたくさんのオイルの漏れがあった。
ここで間違いない様だ。

エンジンを始動させてみると、オイルポンプの中央軸が上下に動くのだが、
何故か動かない。
上のストッパーワッシャを外して、動くようにしたところ、
動くたびに中央軸の可動部からオイルが漏れてくる
これは内部パッキンがダメになってるね。
チューブ類の交換だけでおさまるかと思っていたけど、これは強敵かも…

いろいろ調べてみると、フォーゲルのオイルポンプはパーツリストでは非分解表示なので、
内部パーツは手に入らないし、オイルポンプ一式のパーツナンバーを調べても、もう生産終了で純正では手に入らない。
そして代替品も調べたが、販売はなかった。
しかし、同じヤマハのバイクでオイルポンプの内部ゴムシールを売っている車種がある。
見れば見るほど同じ形なので、これは合うだろうということで、
買ってみることにした。
IMG_0416.jpg
オイルポンプを外して分解していく。
消耗部品だけを交換するってのは、ゴミは減るし工作がたのしめるからいいねえ。
IMG_0417.jpg
内部構造はこんな感じ。
中央軸がエンジンの駆動力をひらってピストンのように上下し、
そのポンピング機能でオイルを送り出す仕組みだ。
アクセルに合わせてポンピングのストロークが伸びるようになっていて、オイル量を調整している。
IMG_0418.jpg
買ったのはこれらのオイルシール。
大と小。
フォーゲルのオイルポンプを直そうという人がいるかわからないが、
もしかして今後、修理したい人のためにパーツナンバーを記す。
93104-14059 大きい方
93104-04114 小さい方
IMG_0419.jpg
これらはここにハメる。
組んでいくときのコツだが、
中央軸に刺さっているピンをオイルシール大にひっかけないように通して、
ピンがちゃんと溝にはまっていることを確認しながら組む。
ここを確認しないとオイルポンプがしっかり閉まらないし、
無理やり閉めるとオイルシール大がひん曲がるので注意!
IMG_0420.jpg
オイルポンプの隙間やオイルポンプ接続部からオイル漏れしたら悲しいので、
この機会にちゃんとガスケットを交換しておく。
86A-13142-00  オイルポンプのガスケット
126-13116-01  オイルポンプをエンジンに装着する場所のガスケット

組んでいく。
IMG_0429.jpg
完成。

しばらくはオイル供給がされないので、オイルポンプの空気抜き穴を開けてオイルが溢れてくるまでまち、その後オイルチューブを外し、
混合ガソリンでエンジンをアイドリングしながらチューブからオイルが出てくるまで待った。

しかし、全然出てこない。
なんでだろう。
いろいろ検討したが、やはりアイドリングではオイルポンプ中央軸がポンピングしていないのだ。
ってことは、これまでアイドリングではオイル供給されていなかったということ。
幸いにもアクセルオンでオイルポンプ吐出量調整ダイヤルが回ってポンピングしだすので、
これまではアクセルオンでのオイルが何とか焼き付きを防いでくれていたようだ。
長時間アイドリングしていたら焼付いていたかもしれん。

いろいろ調べてみた結果、
アイドリングでの基本吐出量を確保するシムが足りなかったためだった。
シムを一枚増やして、吐出するようになった。
IMG_0432.jpg
これがオイルポンプ、
赤線で示した隙間。
この分だけ中央軸が上下してポンピングする。
アクセルを開けると青矢印のようにダイヤルが回りながら下に行くので、
ポンピングのストローク(赤線の間)が伸びて吐出量が増える仕組み。

写真はアイドリング状態でダイヤルが全く動いていない状態だが、
この状態での赤線の隙間があるように調整ないといけない。

純正では水色と黄緑色のシムが入っていて、隙間を確保しているのだが、
この車両では隙間が全くなく、緑線のワッシャを追加で入れて隙間をつくったのだ。

こうなった原因は、ピンク丸のストッパーピンの側面がすり減り、
ダイヤルが上に上がってしまったためと考えられた。

時間かかったし、苦労したけど構造がわかって、しかもうまく解決できてよかった。

IMG_0426.jpg
あと、今回の純正パーツ注文に合わせて、
ギアオイル投入口のOリングと
IMG_0427.jpg
タンク固定用のゴムブッシュなど、
まだ手に入る消耗パーツを交換しておいた。
あと、
IMG_0433_20190807150247c45.jpg
すり減って溝がなくなっていたリアタイヤも交換する
IMG_0434.jpg
完成。

砂丘作戦ではハイエースにチョイノリ二台(キタさん ふぁんふぁんさん)バイク一台(はちまる)と大人3人を載せなくてはならなくなり、
サイズ的にベスパを積めなくなったので、ウチで一番小さいフォーゲルが参戦することになった。

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

すばらしす

ナイスな情報だね! 

アイドリング時はポンプはピクピク動くんじゃなかったっけ??

こういった情報は昔はたくさんあったはずなのよね。
たくさんのひとがHPを作っていたはず。
でもHPなんて消えちゃって検索してもヒットもしない。
当時のHPアドレスが分かっていれば、見ることができるサービスもあるみたいだけど、分からなければお手上げ!

No title

koroさん
CD125はもうやることたくさん 吐きそう。
フォーゲルのように楽しみながら整備できていないので
写真撮る暇なく記事にできていませんよ。

楽しそう~

こーゆー、手間はかかるけど部品代が安い修理は、特にやり遂げた感がありますよね~~
ところで、CD125の方は??
プロフィール

はちまる隊長

Author:はちまる隊長
バイクあそびの達人(自称)

訪問者カウンター
フリーエリア
バイク仲間を募集中!

チョイノリクラブジャパン→チョイノリで冒険をするチョイノリストの会

GRS林道部隊→原付で未舗装オフロードを走って野営する冒険部隊

GRS公道部隊→原付で長距離ツーリングを行う旅部隊

CCJオフロード部隊→エンデューロレースを楽しむレーサー部隊

CCJマラソン部隊→バイク仲間たちでマラソンを楽しむ部隊

参加希望ありましたら作戦告知記事にコメントください!
カテゴリ
TOP (1)
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

ムーミンの雑記帳&内緒のコメント用ブログ

埼玉の大ちゃん

フライングクロ

#88 新米感覚

イサチャンネル 13ch

ちょい乗り紀行

KSK@ばすのブログ

地平線

ちょいとチョイノリ(別館)

6畳間整備工場

さんちゃんとチョイノリ

セカンドライフを堪能
QRコード
QR