Vストローム リアボックスを巨大化

スズキ Vストロームのリアトップケースなのだが。
DSC_0031.jpg
ちいさくない?

ボックスが小ぶりってのもあるし、
しかもだ、
DSC_0034.jpg
なんでこんなに壁が厚いのか???

純正らしい重厚なつくりだが、これでは内容量が少なく何も入れられない。
一番困るのが、ヘルメットが入らないこと。
オンロードヘルメットなら何とか入れることができるのだが、
はちまるのはヒサシの付いたオフロード型ばかりなので、入らない。
そんなおりに、カスタムジャパンで比較的安いトップケースの販売があったので買ってみることにした
DSC_0035.jpg
内容量が46Lもあるデカいやつ。
GIVIなどで購入すると数万円するものが、カスタムジャパンオリジナルブランドなので、6000円台という安さで買えた。

装着見本にVストロームが載っていたので、無加工で装着できるものとばかり思っていたが、
DSC_0036.jpg
ベースを合わせてみたら、全然だめ。

もともとの穴が全く装着穴にあっておらず、
しかもキャリアが分厚いので、ボルトの長さも全然足りない。なんじゃこれ。

まあ、自分は加工能力があるからいいけど、
ポンつけでできると思った購入者で困っている人、いるんじゃないかな?

電気ドリルで適当な場所に穴開けて、適当なボルトを代用して
DSC_0037.jpg
装着完了。
これで
DSC_0040.jpg
ヘルメットが入るようになった。
壁が薄くて内容量重視!すばらしい(キー部分とか安っぽいけどね)
DSC_0030.jpg
ラフアンドロードのハンドルカバーもつけて防寒装備も充実。
これでロングツーリングも大丈夫だぜ

コメントの投稿

非公開コメント

MAXさん

なるほど!
ビールやチューハイを入れておけば、
ツーリング中もキンキンに冷えてやがるぜ!
ですね!
(飲むのは家に帰ってからww)

もしかしたら・・・・

もしかしたら、純正品はクーラーボックス機能があるのでは?
一度、保冷剤と一緒にビールをそのまま入れて走ってみてくださいwww

注意点

肉厚の薄いトップケースはバイクが転倒した際、
中の荷物の重量の慣性で接続部が千切れてぶっ飛んでいきます。
セロー用に買ったトップケース(安物)をすでに2個も林道で吹っ飛ばして、
最近はトップケースの上からゴムネットを掛けています。
これだけで被害はずいぶんと押さえられました。
おそらく、側面やフタも転倒時の衝撃に耐えられるように作られているのでしょうね。
まあ、Vストでそんなコケるようなところには行かないでしょうから、問題はないでしょうね。

koroさん まつきちさん

せっかく付けたのに全然乗っていない…
さんざん金かけても使わなきゃ意味ないですよねえ。
おさきゃんの大量荷物を積んで戦線参加させてみるか…

外寸はそんなに変わらないけど、容量は大幅アップな感じ?
これでますます使い勝手イイバイクになりましたね。

分厚い壁~

純正リアボックスの異様な分厚さの壁・・・( ゚д゚)!
バイクが前転する転倒(以前、剣山で88師範が実行されたアレ)を考慮して強度を確保??・・・な訳ないでしょうけども・・

グリップヒーターも良いらしいですよ(・∀・)ニヤニヤ
プロフィール

はちまる隊長

Author:はちまる隊長
バイクあそびの達人(自称)
CCJの大将してます
http://suzuki-choinori.com/index.html

訪問者カウンター
フリーエリア
バイク仲間を募集中!

チョイノリクラブジャパン→チョイノリで冒険をするチョイノリストの会

GRS林道部隊→原付で未舗装オフロードを走って野営する冒険部隊

GRS公道部隊→原付で長距離ツーリングを行う旅部隊

CCJオフロード部隊→エンデューロレースを楽しむレーサー部隊

CCJマラソン部隊→バイク仲間たちでマラソンを楽しむ部隊

参加希望ありましたら作戦告知記事にコメントください!
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

ムーミンの雑記帳&内緒のコメント用ブログ

埼玉の大ちゃん

santaの散歩

トモス・クラシック

フライングクロ

#88 新米感覚

イサチャンネル 13ch

ちょい乗り紀行

KSK@ばすのブログ

地平線

ちょいとチョイノリ(別館)

6畳間整備工場

さんちゃんとチョイノリ

セカンドライフを堪能
QRコード
QR