ロードパルS チョーク整備

ロードパルSのチョークの調整をする。
IMG_1111.jpg
ヘッドにある温度感知センサー部を外して、
IMG_1113.jpg
カバーを外すとバイメタルが出てくる。
バイメタルと軸を固定しているナットが回すことができるので、
時計回しに締め込む。
すると
しっかりエンジンが温まるまでチョークが長く効く…はずだ。

あと
IMG_1115.jpg
キャブもばらして、チョークの経路を改めて洗浄しておく。
IMG_1116.jpg
チョーク用のガソリン溜まりは上にある穴だ、
そしてメインのガソリン溜まり部分からガソリンが流入するであろう真鍮ノズルがみえるが、
ここをしっかり洗浄する。
全くつまりはなさそうだ。
IMG_1117.jpg
チョークの吸い出し口は左下の棒。
ここが
IMG_1118.jpg
二個のチョーク吸い出し口につながっているが、
ここも全然詰まっていなかった。
キャブレターのチョーク経路に問題なし。

あと気になるのが
IMG_1119.jpg
インマニに吸い込む経路の1番チューブがやや裂けていること。
ここも交換していく
IMG_1122.jpg
でけた。
IMG_1123.jpg
これで組んでいくが、
何度もキャブレター周辺を開け閉めしていたため、
IMG_1124.jpg
キャブレターカバーのボルトとめる穴が損傷してしまった。
あちゃー!
古い車体なのでなかなか部品も手に入らない。修理しましょう。
IMG_1127.jpg
金属板を切ったり穴開けたりして、本来の穴部分に装着用ステーが来るように調整。
これでしっかり締め込んでも損傷しない金属装着部が完成した。
IMG_1167.jpg
あと、リアボックスをつけていることで、
ガソリンタンクにはアクセスできるが、
オイルタンクにはアクセスできないようになっている問題を解決しよう。
IMG_1171.jpg
幸いにもGIVIのボックスは基台から簡単にボックスを外せるので、
ボックスを外した時にオイルタンクにアクセスできるよう、基台を一部削って穴をあけた。
これでオイルがいつでも補給できるようになった。

ここまで整備して試運転。
しかし、やはりチョークの効きがいまいち。
冷間時には少しアクセルを吹かしておかないと止まってしまう。
少し走ればエンジン温まって何の問題もなく走れるので、通常利用には問題ないんだけどねえ、
なかなか完璧整備状態にはいかないな~


コメントの投稿

非公開コメント

まつきちさん

おっさんセローも公道化してきて
いずれふつうのおっさんに戻る可能性 大(笑)
おっさんジェベルなつかしす

ダテさん

とくに最近のバイクはインジェクション化して
目に見えない機構なので
古くなってから整備するとき、修正とか補修ができず、
パーツがなければ修理できない可能性がありますね

おっさんセロー225 の

冬場になり、おっさんセロー225 はチョーク無しでも始動できるか試してみる予定。
・・燃料濃いんかい〜( ゚д゚)

こういう、機能が全部可視化されたようなバイクはいいですよね。スクーターは、外装をはぐるのが面倒なんですよね。昔、ロードパルの兄貴分のような、ランナウェイというのに乗ってました。なんちゃって荷台で、何も積めなかった(笑)
プロフィール

はちまる隊長

Author:はちまる隊長
バイクあそびの達人(自称)
CCJの大将してます
http://suzuki-choinori.com/index.html

訪問者カウンター
フリーエリア
バイク仲間を募集中!

チョイノリクラブジャパン→チョイノリで冒険をするチョイノリストの会

GRS林道部隊→原付で未舗装オフロードを走って野営する冒険部隊

GRS公道部隊→原付で長距離ツーリングを行う旅部隊

CCJオフロード部隊→エンデューロレースを楽しむレーサー部隊

CCJマラソン部隊→バイク仲間たちでマラソンを楽しむ部隊

参加希望ありましたら作戦告知記事にコメントください!
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

ムーミンの雑記帳&内緒のコメント用ブログ

埼玉の大ちゃん

santaの散歩

トモス・クラシック

フライングクロ

#88 新米感覚

イサチャンネル 13ch

ちょい乗り紀行

KSK@ばすのブログ

地平線

ちょいとチョイノリ(別館)

6畳間整備工場

さんちゃんとチョイノリ

セカンドライフを堪能
QRコード
QR