あくなき錆タンクとの闘い01

こんにちは 
サンポール錆取り協会 会長のはちまるです。

さて、久しぶりに作戦投入しようとしたヤマハフォーゲル。
走り出すと調子が悪く、メインジェット詰まっているんじゃね?
しかもキャブからガソリンダダ漏れでオーバーフロー。
しらべてみると
IMG_1687.jpg
タンク内に錆が浮いていた。
コックにも詰まっている。

このタンク、2年前にサンポールで錆取りしたのだが、2年で再度錆びてしまったのか?
サンポール処理しても2年しか持たないのでは全然だめだな、と思ったのだが、
タンクをしっかり洗ってみると
IMG_1688.jpg
出てくるのは、錆と、こんな被膜だった。
しかもIMG_1690.jpg
タンク給油口から出せないほどの塊もある。
これは、前オーナーが施したタンクコーティング剤なのだ。

つまり、サンポールで処理した後のきれいな金属面に錆が出たわけではなく、
残っていたコーティング被膜がはがれて来て、
被膜の奥にあった錆が表面に出て来て錆がタンク内に溶けだしたのだ。

サンポール処理が2年もたないわけではないことがわかってよかったが、
このタンクをもう一度使えるようにするためには、
しっかりと被膜を全部はがし取らなくてはならない。
さらにしっかりとした錆取りをしていくことにした。
IMG_1695.jpg
現在剥がれてきているコーティング剤を取っていく。
キャップから出てこないほどデカいやつは、プライヤーなどで割ったり切ったりし、細かく砕いて出していく。
取れるは取れるは、たくさん出てくる。
これだから、コーティングはあまり好きじゃない。
錆びを目隠しするだけで、いずれ錆びてくるし、
錆びた時の錆取り処理が困難になるばかりだ。

コーティングを取りきるためには
どこまで取れたか、どこに残っているのか、
タンク内部を見れないと話にならないので
IMG_1700.jpg
今回、こんなものを購入。
モノタロウでかったのだが、内視鏡だ。
画質はあまり良くないが、最近の物は安く、1万円以下で購入できる。
タンクの隅々まで内面を全部観察して被膜を全部取り切っていることを確認していくのだ。
IMG_1699.jpg
タンク内を明るく照らし、直接観察すると、
被膜がはがれた所に錆がたくさん残っている。

被膜も残っているので、ピンポイントで長いドライバーでこそげ落としていく。
強固に貼りついてナカナカ剥がれないが、残しておくといずれ剥がれて、裏の錆が出てくるので、
がんばって全部剥がす。
IMG_1697.jpg
タンク裏面などは画像を参考にしていく。
ここは、周囲の被膜が取れたところに錆が見えていて、中央部にはまだ被膜が残っているところ。
画質が悪いが何とか状況はつかめる。

さんざん時間をかけてしっかりと被膜をすべて除去した、
IMG_1701.jpg
そしていつものサンポール処理を行う。
これで被膜に守られていた錆たちも蹂躙できるぞ(^^)

コメントの投稿

非公開コメント

まつきちさん

サンポール錆び取り協会は
ナイスでも入会可なのです(^^)

koroさん

どうやら、このコーティング剤がタンクの穴をふさいでいたようです。
取ったはいっけど、穴開いた~(笑)

ナイス錆取協会

二大錆取り協会による激しいシェア争いがあるみたいです( ゚д゚)!
ワタシはどちらにも属しておりません・・

なんと

そんなに分厚くコーティングが!
タンクの容量も圧迫するくらいの厚さですね。
内視鏡、そんなお値段で普通の人が手に入れれるんですね~。
プロフィール

はちまる隊長

Author:はちまる隊長
バイクあそびの達人(自称)
CCJの大将してます
http://suzuki-choinori.com/index.html

訪問者カウンター
フリーエリア
バイク仲間を募集中!

チョイノリクラブジャパン→チョイノリで冒険をするチョイノリストの会

GRS林道部隊→原付で未舗装オフロードを走って野営する冒険部隊

GRS公道部隊→原付で長距離ツーリングを行う旅部隊

CCJオフロード部隊→エンデューロレースを楽しむレーサー部隊

CCJマラソン部隊→バイク仲間たちでマラソンを楽しむ部隊

参加希望ありましたら作戦告知記事にコメントください!
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

ムーミンの雑記帳&内緒のコメント用ブログ

埼玉の大ちゃん

santaの散歩

トモス・クラシック

フライングクロ

#88 新米感覚

イサチャンネル 13ch

ちょい乗り紀行

KSK@ばすのブログ

地平線

ちょいとチョイノリ(別館)

6畳間整備工場

さんちゃんとチョイノリ

セカンドライフを堪能
QRコード
QR