mini50 タンクとコック

ガソリンタンクの錆かたは結構ひどいようで…
いくら洗っても汚れが残るし錆が残る。
IMG_1977.jpg
見えるところはだいぶ綺麗になっているのだけど、
やはり錆がひどいのはタンクの底の部分。
IMG_1978.jpg
安物なので画像が粗くてすまんが、
タンク内部にはまだ錆?汚れが残っている。
これまで4晩ほどサンポール処理をおこなったのだけど、それでも残るので、
これ以上のサンポール処理はタンクに穴が開く可能性もあり、いったん休止することにした。
幸いにも剥がれて出てくる錆はなさそう、
しばらく運用しつつ、錆が出てきたらサンポール処理という波状攻撃で対応したい。

次にコック問題、
何点か対応案をいただいていたが、
古いコックはどうやっても再生が不可能だったので、
IMG_1969.jpg
うちにあった外径14mm程度のゴムチューブ(CRM80のオイルチューブだ)
これを適当に切って、やすりで表面を修正する。
IMG_1979.jpg
タンクの出口に付けるとこんな感じ。
これでタンクとコックの間を縮め、一般的なM14P1.0のコックでも、
最初の数回転でしっかり締めつけられるようにという狙いだ。
IMG_1970.jpg
これまたうちに合ったM14p1.0のコック。
これにゴムチューブを入れる。
IMG_1981.jpg
そして取り付けると。
M14 P1.5のオネジに対してM14 P1.0のメネジだから、
締め付けていくとピッチ違いで締め付け不可能になっていくが、それまでの数回転の間にしっかり密閉されるようになり、
なんともれなく取り付けられた。
すんばらし~!
タダで対応できたぜ!

しかし、このコック、自宅にあった不良コックで、実はコックのOFFでも若干燃料が流れてくる。
コックスイッチ部分のゴムがヘタっているのだろう。
せっかく取り付けられたし、
また違うコックで同じことしようとしてねじ山破損していたら再起不能だからこのまま使用するが、
いずれコック内部のゴムを交換しないといけない気がする。
ちゃんとM14P1.0新品コック買ってから交換するべきだったな。

コメントの投稿

非公開コメント

プリちゃん

いちおう付いたのだが
ねじ山をすこし壊しているかもしれないから、
着脱をするのが怖い。
根本修理について、何点か案があるのでいずれ試してみようと思うぞ

成功したようで良かったですね、実は私、社内でも常識に囚われない発想がウリですから笑
公道復帰楽しみにしています(^-^)
プロフィール

はちまる隊長

Author:はちまる隊長
バイクあそびの達人(自称)
CCJの大将してます
http://suzuki-choinori.com/index.html

訪問者カウンター
フリーエリア
バイク仲間を募集中!

チョイノリクラブジャパン→チョイノリで冒険をするチョイノリストの会

GRS林道部隊→原付で未舗装オフロードを走って野営する冒険部隊

GRS公道部隊→原付で長距離ツーリングを行う旅部隊

CCJオフロード部隊→エンデューロレースを楽しむレーサー部隊

CCJマラソン部隊→バイク仲間たちでマラソンを楽しむ部隊

参加希望ありましたら作戦告知記事にコメントください!
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

ムーミンの雑記帳&内緒のコメント用ブログ

埼玉の大ちゃん

santaの散歩

トモス・クラシック

フライングクロ

#88 新米感覚

イサチャンネル 13ch

ちょい乗り紀行

KSK@ばすのブログ

地平線

ちょいとチョイノリ(別館)

6畳間整備工場

さんちゃんとチョイノリ

セカンドライフを堪能
QRコード
QR