ジョルノクレア 整備01

臨時雪だるま作戦の帰路で、ペーターさんがおもむろに
「ジョルノクレア いりますか?」
と御提案。
いるいるいる。

ジョルノクレアは以前に所有していたことがあるが、
あのかわいらしいデザインがすきで、
しかも4ストローク水冷50ccという、いまウチにはないエンジンタイプなので渡りに船。
ありがたくもらうことにした。
DSC_0071_2023031815173468a.jpg
ある夜、高砂市まで取りに行く。
いろんなところに不具合があり、欠品多数、錆多数。もちろん不動で
はちまるが大好きな状況だ。
ハイエースに積載して自宅に持って帰り、
これはしばらく楽しめそうだぞ…うっしっし。
DSC_0078_20230318151737770.jpg
CVT機構はケースが開けられたまま放置されていたようで内部に錆が。
これではキックスタートを試すことさえできないね。
DSC_0075_20230318151737bfd.jpg
バッテリーは完全に干上がっていて電圧ゼロ。もちろんセルは回らないし電装もつかない。
DSC_0081_202303181517407cc.jpg
とりあえずCVTケースの蓋を装着するが、このキックは他車種のものが無理やりつけられていてキックすると軸のスプラインがダダダッとずれたりケースに干渉したりする。
やばいね~
使い続けると取り返しのつかない損傷が起こりそうなヨカーンなのだが、
点火するかどうかだけは試させてくれ…と数回キックする
DSC_0082_20230318151740646.jpg
全然火花飛ばない。チーン。
DSC_0084_20230318151743d9c.jpg
外装を分解して点火にかかわる部分のチェックをしていく。
配線をたどって、カプラー外れや錆で導通が悪くなっているところがないかチェックしていくと、
DSC_0085_20230318151743be1.jpg
ラジエーターの奥にまで配線が。
この奥にジェネレーターがあるのだろう。
DSC_0086_202303181517468ba.jpg
冷却水を排出してラジエーターを外し、奥を見る。
DSC_0087_202303181517466fb.jpg
出てきたジェネレーター部分。
慣れ親しんだものとちょっと違う。
ジェネレーターとモーターが一体になったタイプだ。
さらに分解して内部を確認してもよいのだが、ここは密閉されていたためか非常にきれいで、
接点不良などなさそう。ここは違うかな?
と他部位をチェックすることにした。
DSC_0088_20230318151749c14.jpg
次はメインスイッチをチェックする。
底の接点部分を分解したところ
DSC_0090_20230318153243cb2.jpg
何かの液体で金属板が濡れていた。
メインキーは「キーON」で「点火プラグの電流をアースに落とす配線を切断する」機構なので、
導通してしまうと始動できない。
しっかり拭き取っておく。
DSC_0091_20230318153246907.jpg
で、うちのジョルカブから借りてきたバッテリーをつなげてみると
DSC_0092_2023031815324618a.jpg
メインキーONで電装に電流が流れ、プラグ配線のアース断線が確認できた。
メインキーの作動はOKだ。
DSC_0093_20230318153249914.jpg
で、
セルを回してみるとバチバチバチ。火花が飛んだ!
キックでもバチバチバチ 火花OK!!
ガソリンは入っているので、始動できるかどうか、
プラグを取り付けて始動チャレンジするが、全然エンジンはかからない。
キャブレター入口部にパーツクリーナーを噴きながらセルを回すと初爆は確認できた。
キャブの洗浄が必要ですね。

キャブレターを外す
DSC_0096_20230318153249cae.jpg
すごく複雑な構造。
DSC_0097_20230318153249da7.jpg
エアクリーナー側からみるとスロットルピストンが見える。
比較的きれいだけど…
DSC_0098_20230318153252291.jpg
この上下の管はなんと冷却水が流れる構造。
キャブまで冷やすの?
DSC_0099_2023031815325456d.jpg
ダイヤフラム式で吸気負圧の増大でスロットルピストンが上がる仕組み。
加速がソフトだろうね。
DSC_0101_20230318153255c21.jpg
ジェットだが、
スローもメインも、そしてチョークも、
ことごとく詰まりまくっていて、何度か洗浄してやっと開通した。
DSC_0104_20230318153257fbd.jpg
取り付ける。
白いものはオートチョーク。
で黒いサイドの構造物は…なんとアクセル開度の検知センサー。。。
え、
これってインジェクション車でしたっけ→そんなわけない。これはキャブですぞ。

何のためについているのかわからなかったが、
調べてみると、どうやらアクセル開度を検知して、それに合わせて点火時期を調整しているようだ。
すごいなあ。
DSC_0107_2023031815325813a.jpg
たしかにドデカイCPUが積んである。
コンピューター制御バイク!

この後、バッテリーを外してみると、キックしても全然火花が飛ばなかった。
つまりジョルノクレアはバッテリーが完全に上がってしまっているとキックしても点火しない
これは多分、CPUが点火時期を制御しているので、
CPUが動かなければ点火さえしないということではないかと思う。
ウチにある他の原付(ジョルカブ・ビーノなどなど)はどれもバッテリーが干上がっていても、
何ならバッテリー外していてもジェネレーターでの機械的な発電で火花が飛び、エンジンがかかるのだが、こういう電子制御バイクってバッテリーが完全アウトになるとエンジンかけられなくなってしまうのだね。
燃費や環境性能はよいのだろうが、緊急時のツブシが効かないのは不利な点だわ。
DSC_0105_202303181532578ac.jpg
車のバッテリーから直結してセルを回し、エンジンがかかった。
ふー 一段落だぜ。


コメントの投稿

非公開コメント

スターターモーターは・・

ホンダはジェネレーターと兼用の複雑なモノらしいです。
バッテリー死んでるとエンジン始動できないとは・・( ゚д゚)!?

ええと、ダテさんにキラーパスされてますが、カワユス系は某たねなし氏が受け持ち、まつきちはオゲレツ&迫力系だそうです(適_当)ゞ

電子制御

電子制御は、デジタルな論理で機能設計され構築されているので、機械的物理的調整だとか出来ないんですね。極めて優等生的で、かわいくない(笑)
これがジュニア小説的ノリだと、ガツンと強烈なショックで(例えばコペルニクス的転回の初恋とか)、優等生が一気に魅力的な存在に変容するんですが。つまり、かわいくない奴が自分にとって唯一無為の存在に昇華するのです。
いじってるうちに、謎が解けてかわいくなるってことですかね。
ハアハア、あとはマツキチ画伯に託します。

悪魔なクレアちゃん

あの気まぐれなジョルノクレア
電源が入らなくなったり数日放置プレイ
後に急に電源が入るようになったり
悪魔なクレアちゃん復活ですね😊
キャブレターは一度取り外し掃除して
エンジン始動してたのですが
1年3ヶ月 軒下に直キャブ状態で放置プレイしまた詰まりまくってるとは!


プロフィール

はちまる隊長

Author:はちまる隊長
バイクあそびの達人(自称)
CCJの大将してます
http://suzuki-choinori.com/index.html

訪問者カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

ムーミンの雑記帳&内緒のコメント用ブログ

埼玉の大ちゃん

santaの散歩

ダテ 暮らしの雑記帳

フライングクロ

#88 新米感覚

イサチャンネル 13ch

ちょい乗り紀行

KSK@ばすのブログ

地平線

ちょいとチョイノリ(別館)

6畳間整備工場

さんちゃんとチョイノリ

セカンドライフを堪能
QRコード
QR