令和 神宮作戦 作戦成功

全員が合流した原付林道戦闘機隊。
伊勢神宮を目指す。

途中、さるさるさんから、
奥さんのお友達の家で休憩してはいかがでしょうとご提案をいただき、
お言葉に甘えて寄らせていただくことになった。
IMG_0355_20190722130947b22.jpg
駐車場にてトイレ休憩させてもらう。
なんと
IMG_0357.jpg
伊勢周辺の名物であるお茶の差し入れと、
わかめのお土産までいただいた。
ありがとうございます!
IMG_0356.jpg
飼っておられる犬も紀州犬という地元特産らしい。
奥さんと御友人の方としばらくお話しさせていただき、たのしく談笑して休憩させていただいた。

天候は小雨が降っていたが、徐々にやんできて改善傾向か?
さあ、もう少しで目的地だ。頑張っていこうと走っていたら、
伊勢市内、もう神宮までもう少しというところで
IMG_0358.jpg
チョイサンタさんの機体がガス欠に。
なんか伊勢市内にガソリンスタンドって少なくないですか?
なかなか巡り合えず、給油ができていなかった。
ポテさんの予備ガソリンを入れてもらって、神宮へ。
IMG_0365.jpg
伊勢神宮(内宮)は相変わらずの込みよう。
(外宮は前を通るときに少しお辞儀して参拝したことにしておきました)

バイクを停めようと場所を探していると、
なにやら豊中ナンバーのチョイノリが…
誰だこれは?
IMG_0360.jpg
神宮を参拝し、
おかげ横丁に向かう。
リサーチしておいた伊勢うどんの店で注文を行っていると
IMG_0361.jpg
豊中ナンバーチョイノリの主が現れた。
トリからケーちゃん。
大阪から同じ日にツーリングでここまで来たとのこと。
なんだい、一緒に来たらよかったのに、
帰りはどうするんだ? → 一人で、もう帰りますよ。
けーちゃんは自由人なのだ。
気をつけて帰れよ~
また作戦参加もしてね。

伊勢うどんはすぐにきた。
IMG_0362.jpg
前回の小豆島作戦の讃岐うどんとはまったくちがう食感。
同じうどんと言っても、こちらはコシがすくなく茹でおおめの柔らかいうどんだ。
松坂牛の牛肉を載せた贅沢うどんはうまかった!!

そして
IMG_0364.jpg
暑い日にはやはりこれ!
赤福氷で体を冷やす。
うまいねえ。

どちらの店もすごい観光客の多さだった。

神宮観光を楽しんだ一行は
行きとは違う南側の県道を乗り継ぎながら西へ帰っていく。
途中、スタンドでガソリンを補給し、
IMG_0367_20190722132522f87.jpg
道の駅で休憩しながら進行する。

走行中、左右をキョロキョロ何かをさがす はちまる。
そう、まつきちカフェによいところを探しているのだ。
しかしなかなかない。
この日はふったりやんだりの雨模様。
東屋のような 屋根のあるスペースじゃないとカフェができない…
そう思っていたら、なんとドンピシャのいいところ発見
IMG_0370.jpg
まさに我々のために建てておいてくれたのかと言わんばかりの好条件な物件。
すんばらしい。
IMG_0368.jpg
まつきちさん と はちまるが湯をわかし、コーヒーを淹れ、
クッキーとどら焼きでもてなした。
暖かい飲み物はやはりいいね。
IMG_0371.jpg
しましまさんとタカシさんはカブの話で盛り上がっている。
カブは話題が多いね。
今回は8台中 非チョイノリ3台というおおさ。

ここからさらに西へ走り、
さるさるさん タカシさんと別れて、
IMG_0372.jpg
最後の休憩を取ったら、
ラストランを楽しみ、
IMG_0373.jpg
道の駅 宇陀路大宇陀に到着して
作戦が成功した。
約200kmになるかなり長距離の旅。
伊勢神宮での観光・食事が時間を押したけれど、
それでもほぼ時間通りに全員無事で走り切ることができてよかった。

皆様ありがとうございました。
また旅に行きましょうね!

令和神宮作戦 作戦開始

集結場所の道の駅 宇陀路大宇陀に到着したら、機体を降ろす。
IMG_0343.jpg
キャブのつまりで不調だった機体なので、
心配したが、エンジンはしっかりかかった。
今日一日、頑張ってくれよ~

はちまるが到着したときにはすでに
しましまさん
まつきちさんが到着されていた。
IMG_0342.jpg
しましまさんのコダワリ軽トラと、
IMG_0345.jpg
この日、初お披露目のカブを拝見。

改造しまくって、もうもとのパーツの方が少ないということだが、
かなりきれいに整備されているのに感心した。
リアボックスはエッチボックスだった(なにそれ)

しばらくするとキタさん ポテさんが到着され、チョイサンタさんが来られたところで、
記念撮影してから出発する。
IMG_0346.jpg
6名で作戦開始。
IMG_0348.jpg
田舎の田園風景を眺めながらの旅。
のんびりしていて楽しい。
フォーゲルは前日のキャブ洗浄の効果で調子よく、
坂もグイグイ上るし下りも快適に走ってくれる。
チョイノリ勢は坂登りが辛そうだが、それでも止まることなく進行していった。
IMG_0349.jpg
道の駅で短時間の休憩を入れつつ進行すると、
平均進軍速度は25km/h前後で、予定通りに進行していけた。

道の駅「美杉」では、
今回初参加のさるさるさんと合流。
乗機はカゴチョイノリ、オレンジで、しっかり整備されている。
他にもノーマルチョイノリ チョイノリSSも所有されていて3台持ちだとか。
IMG_0351.jpg
しばらく走っていると、雨が降ってきた。
徐々に強くなってきたので、皆カッパを着ていく。
サンタさんはカッパをもってきていなかったらしく。
急遽レジャーシートを体に巻いての応急処置。それでカッパが手に入るところまで走っていくことにした。

山を越えたところでホームセンターに寄る。
IMG_0353_201907221258148d3.jpg
サンタさんがカッパを買い、これで万全の態勢!

このとき、近所の銀行で待ち合わせの予定だった今回初参加のタカシさんが、
われわれに気が付いてくれてここまで来てくれた。
IMG_0354.jpg
タカシさんの機体もカブ。
結構いじってあるらしい。
サイドバックも装備され旅も快適に行えそうですね。

これで8名 全員が揃った。
伊勢神宮までもう少し!

令和 神宮作戦 前泊

時代は令和になり、新天皇陛下になったことですし、神宮にお参りに行きましょう
とのことで、神宮作戦を立案した。

集合知が奈良。遠方なので、前泊することにし、
旅館は集結地近くの椿寿荘というところにした。
DSC_0166.jpg
かなり田舎で、
すごく狭い道に入っていくため、こんなところに旅館があるんかいな?
と不安に思いつつ入っていくと ありました。

お客さん歓迎の看板が出されていたが、
なんと自身をいれて二人だけ。
え、土曜日なのに、大丈夫なの?

受付をすませ、部屋へ。
ほぼすべての部屋が空室で、ドアは開けっ放しになっているので中がみえる。
明かりのついていない暗い部屋がたくさん並んでいて、
自分の部屋のみ扉が閉まっていた。
入ってみると
DSC_0167.jpg
畳敷の小さな部屋。
テレビと冷蔵庫と机。
必要なものはちゃんとあるので大丈夫。
さっそく
DSC_0168.jpg
窓の外の田園景色を眺めながら一杯。
ありがたいことにフリーWifiがあったので、you tubeや映画などみながら、
1人宴会を楽しむ。
ガンガンに飲んで気分よくなったところで
連絡掲示板を見つつ、他のメンバーの動向をチェックし、
コメントを書き込む。
DSC_0170.jpg
そののち、夕食になったので食堂に行くと、
なんと一人だけの御膳。
もう一人の宿泊の方は食事なしにしたのかな?

たった一人での懐石を食べる。
これがウマい!
かなり凝った料理を出してくれるので、民宿のような雰囲気とは違う、
ちゃんとした温泉旅館のような食事だった。
たった一人なので、テレビのチャンネルは自由に変えれる。
ニュースを見てみると、吉本が結構なブラック会社だったようでびっくりした。
そして九州の対馬・五島列島が豪雨で大変な量の雨になっているとのこと。
明日は大丈夫かな?

夜。
部屋に帰って一人でくつろぐ、
物音ひとつしない旅館。旅館には誰もいないようだ。
風呂に行ってもたった一人。すべて貸し切り状態になっている。
もう一人の宿泊者は全くみかけない。
すべての部屋があけ放たれているので、まるで廃旅館に泊まっているような気がする。
夜、トイレが共同なので、廊下を歩いていかなくてはならないのだが、
けっこう怖い。
急に手洗いの送風機がセンサーで自動動作し、その音に(;゚Д゚)びっくりした。
おばけやしき かよ!!

不思議な宿泊。
ただし、食事はうまいし酒も飲んで気分よく。
布団も良いのでぐっすり寝れた。

翌朝、6時に目覚めて出発しようとしたら、
隣の部屋の宿泊者が、この時間に到着したようで、
大きな荷物を抱えて部屋に入っていくのを見かける。
えーー?
昨日はやっぱり 宿泊者はじぶん一人だったのか!?
ってか、このひと今から来てどうするんだ?4時間もしたらチェックアウトなんじゃあ???

なにからなにまで不思議な宿泊でした。


令和 神宮作戦 連絡掲示板

令和 神宮作戦が決行されます。
連絡掲示板を上げますので、進行状況を共有しつつ、作戦を成功させましょう。
みなさま よろしくお願いいたします!

概要
R元年 7月21日 午前7:00  道の駅 宇陀路大宇陀 出撃
当日の天気予報は曇り 降水確率20%ですが、雨具を含めて長距離装備で集結すること。

経路につき検討したところ、
当初の作戦計画では 
(A案)
令和神宮作戦 拡大図
なんと行き100km  帰り170km 合計270kmという、とんでもない距離になることが判明!!
そこで、この経路は進軍速度が順調すぎて時間的にかなりの余裕ができた場合に挑戦することとし、

現実的な距離として
神宮作戦 no2
帰路を短縮した改訂B案
行き 100km  帰り100km  合計200km
でいくこととします。

休憩なども考慮し、平均進軍速度25km/hと考えて
行き 100km 7:00-11:00 
伊勢神宮 昼食&赤福氷 11:00-12:00
帰り 100km  12:00-PM16:00
くらいの予定

基本的に行き帰りの移動は道の駅での休憩程度で観光はありません。
伊勢神宮で参拝し、
昼食は
839837.jpg
おかげ横丁の「ふくすけ」で
伊勢うどんを食べ、赤福氷を食べましょう(^^)

神宮作戦 作戦参加将兵

はちまる  フォーゲル

まつきちさん  チョイノリ

ポテさん チョイノリ

さるさるさん チョイノリ 道の駅 美杉より合流

たかしくん カブ  飯南あたりより合流

しましまさん  カブ


第二次小豆島作戦

小豆島への遠征をおこなった。
姫路から出発するはちまるにとっては、集結地点が近くていい。
IMG_0288.jpg
姫路港に集結。
30分前くらいに着いたのだが、
みなさん遠方からの参加ということもあって、すでに全員集結していた。
京都府与謝郡からプリズマンさん
加古川からしましまさん
岡山からふくちゃん
そして秘密ゲストさん。

はちまると合わせて5人で予定通りのフェリーに乗り込む。
フェリーは100分もかかるので時間がもったいないところだが、
ゆっくり話ができる機会も良いものだ。
IMG_0289.jpg
ふくちゃんの持ってきてくれたお土産をつまみつつ、
これまたふくちゃんが持ってきていたチョイノリ整備マニュアルを見ながら、
チョイノリを車載する場合のガソリンの抜き方などの講義を行う。
あと、しましまさんとは旧車整備に関して、いずれCD125とXE75で走ろうなどといいつつ時間が過ぎる。

福田港に着いたら、チョイサンタさんが出迎えてくれた。
なんと前日はそこら辺の岩陰で露天野営したらしい。
何とも元気な!!
IMG_0296.jpg
総勢6台で小豆島へ乗り出す。

小豆島の道は適度なコーナーが多く、しかも信号がほとんどない。
IMG_0298.jpg
海沿いの道を走る。
天候は快晴で少し暑いくらいだ。やはり集団で走るほうが楽しいね。
島の南側まで出て、草壁港に到着。
ここで昼食にする。
IMG_0300.jpg
お店は以前にリサーチしていた、はちまるおすすめの三太郎。
ここで神戸から坂手港に到着したキタさんと合流。

きくとチョイノリ以外のバイクを全部うっぱらったとのことで、
思い切ったことするなあとびっくり。
自分がVストローム買ったので、キタさんのR1200GSとツーリング行こうと思っていたのに、
うっちゃったのか!
IMG_0299.jpg
いろんな話をしつつ、名物の生醤油うどんをいただく。

やはりウマい!
小豆島名物のしょうゆをガンガンにかけて一気に食らう。
小豆島は香川県、つまり讃岐うどんだね、コシがあって兵庫で食べるうどんよりしっかりしているぞ。しかも安い(^^)

ここで、本日、家庭の用事があるため、ゲストさんは福田港に帰っていった。
ただ昼食を一緒するだけのためにここまで来てくれたことに感謝。
また、遊びましょう。

のこったメンバーで次の目的地へ、
IMG_0302.jpg
小豆島観光では定番のしょうゆ蔵で、
IMG_0301.jpg
しょうゆソフトだ。
特別うまいわけではないが、ここまできたら、やはりこれ!
ということで、
生醤油うどんの味が残った口で、さらにしょうゆソフトを食う。
少々もたれるね。
食べた後は、海沿いの道を南下していく。
IMG_0305.jpg
この道は非常に走りやすく快適。
海が近くて、行きかう船を眺めつつ走っていく。
IMG_0304.jpg
そして、24に瞳映画村に着いた。

24に瞳 とかいう映画は見たことがあるのかもしれないが覚えちゃいないし、
この映画村が推している村の景観や古い学校も、
はちまるの世代ではない。
もっと古くて戦中戦後のあたりの話なんだろうね。
なので、懐かしさや感慨などはないなあ。
お土産屋で土産購入して、さらに進行していくことにする。

島の南側を西へ進行し、
道の駅 小豆島ふるさと村をでると、
ここからは小豆島中央の山登りコースだ。
IMG_0310.jpg
登るにつれて、坂道がどんどんきつくなってくる。
ロードパルSとトモスは難なく上っていくが、
チョイノリ勢がやばい。
おさるの国を越したあたりからは、登れず足漕ぎを併用するようになってきた。
IMG_0312.jpg
キタさんの機体が登れず、押して歩くようになり、
サンタさんの機体も…
IMG_0313.jpg
完全に苦行になってきている。

はちまるロードパルSで後ろから押しつつ登っていくが、
ロードパルS単体では登っていける坂も、チョイノリ一台を押しあがっていると止まってしまう。
援助もできない…
こりゃ無理だな。

引き返しを考えて、とりあえず先行していったプリズマンさんに、
引き返すことを伝えないといけないので、登っていくと、
いつまでたってもプリズマンさんがいない。。。
あれー、後ろにいたのかな?
そんなはずはない、いったいどこまで行ったのか?
と思っていたら、なんと
IMG_0315.jpg
なんと頂上近くまで来ていたので、ここまで来たのなら…
ということで二台だけで登頂しておいた。

しかし同じチョイノリなのに、この性能の差はすごいな。
体重の差もさることながら、
チョイノリはセルなしのほうが性能が良い!という仮説がもっともらしく感じた。

さて、これからは引き返そう。
下っていくと、しましまさん・ふくちゃん・チョイサンタさんに順に出会ったので、
引き連れて下山した。
キタさんは登攀をあきらめて帰宅の途に就いたらしい。
ご挨拶もできずお別れになってしまって申し訳ない。
連絡できていたらよかったんだけど。残念だった。

降りたところで、県道のわきの廃道で休憩とした。
IMG_0317_20190709204046d3c.jpg
まつきち店長不在のカフェだが、
はちまるのジェットボイルが火を噴いて、全員分を沸かせたぞ。

この日は暑かったが、
それでも温かい飲み物っていうのは気持ちを落ち着けゆったりとした休息がとれる。

休憩後は、それぞれのフェリー乗り場へ帰路を取ることにし、
サンタさん ふくちゃんと別れて、3人で福田港方面へ帰ることにした。

海沿いの道を東へ向かい、
IMG_0321.jpg
大阪城残石記念公園を観覧してから福田港へ。
今回は予定外の経路になったが、
フェリーの時間にしっかり間に合い木原食堂さんにお世話にならず帰れる(笑)
100分の船旅は疲れて眠っていたらすぐに姫路港に着き、
IMG_0323.jpg
旅が完結した。

小豆島中央部に位置する寒霞渓の登攀作戦は見事に失敗したが、
チョイノリの性能ならば仕方がなかったね。
Vストロームでは全然大した坂じゃない気がしていたが(あたりまえ)
いざ原付で走ると、キツカッタ!!みなさんお疲れさまでした!!!

つぎは神宮作戦だ。
これからも原付旅を楽しもう!!
プロフィール

はちまる隊長

Author:はちまる隊長
バイクあそびの達人(自称)

訪問者カウンター
フリーエリア
バイク仲間を募集中!

チョイノリクラブジャパン→チョイノリで冒険をするチョイノリストの会

GRS林道部隊→原付で未舗装オフロードを走って野営する冒険部隊

GRS公道部隊→原付で長距離ツーリングを行う旅部隊

CCJオフロード部隊→エンデューロレースを楽しむレーサー部隊

CCJマラソン部隊→バイク仲間たちでマラソンを楽しむ部隊

参加希望ありましたら作戦告知記事にコメントください!
カテゴリ
TOP (1)
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

ムーミンの雑記帳&内緒のコメント用ブログ

埼玉の大ちゃん

フライングクロ

#88 新米感覚

イサチャンネル 13ch

ちょい乗り紀行

KSK@ばすのブログ

地平線

ちょいとチョイノリ(別館)

6畳間整備工場

さんちゃんとチョイノリ

セカンドライフを堪能
QRコード
QR