チョイノリ 前期と後期 エンジンの違い

前期型と後期型のエンジンの違い

カムロッカーアームだが、左が後期型、右が前期型である
樹脂性カムにあたる部分が大きくなっている。これで削れを減らすのだろう
ちなみに後期型のパーツ番号(アーム・カムロッカ 12845-22G10 \480)

そしてプッシュロッドとその受け手側、バルブロッカーアームのクリアランス調整部分が形状変更されている
写真は後期型、前期型はプッシュロッドが細くただの棒状になっている。
後期型のパーツ番号(アーム・バルブロッカ 12840-22G10 \850 ロッド・プッシュ 12894-22G10 \460)

そしてドライブスプロケットが11丁から12丁に変更されている
写真は左から前期型エンジンの11T 後期型エンジンの12T、そしてオークションで購入したどこの馬の骨ともわからない13Tスプロケット なんと300円。
下にはチェーンが写っているが、これは11T 12Tはチョイノリ純正のチェーンコマ数でいけるのだが
13Tになるとチェーンの長さが足らなくて2コマ分継ぎ足さなくてはならない
純正で68コマのところを70コマで装着するのだ。
 
後期型12Tフロントスプロケット(\890)
パーツNo 27510-22G10 スプロケット NT:12
 
2011.02.08追記
後期型ではオイルフィルター(セパレーター)がなく、省略されているようです。

スプロケットとチェーンのこと

(2011.12.8追記:この記事には間違いがあります、最後の追記で訂正がありますので参照ください)
さて試運転で問題となった加速と減速を繰り返す妙な挙動。
原因はチェーンとスプロケのサイズ違いであった
はちまるのチョイノリは初期型K3である。チェーンは415というサイズのチェーン。
そして購入したリアスプロケ付きのリアホイール+タイヤだが、それが後期型だったのだ

左が初期型(K3)のリアスプロケ、ボルト4本で固定されていて415チェーン用。
右は後期型(K4以降)でボルト3本で固定され軽量化が施されている。歯数は36Tで同じ。
チェーンはDID41という汎用チェーンでサイズとしては420に相当するようだ。
この車体についていた415チェーンは後期スプロケにはピッチがぜんぜん合わず、そのためにチェーンが緩んだり張ったりして加速減速が繰り返されたようだった。
いまさら前期スプロケを買うのももったいないので。この機会に足回りを後期型に統一することにし、DID41チェーンを購入した。
純正取り寄せで1000円。やっすーい!
(ドライブチェーン パーツNo 27600-22G10-068 \1000)

左がDID41チェーン。右が初めから付いていたチェーン、おそらく415サイズだと思われる
明らかにピッチが違う
DID41チェーンは細く軽量で、チョイノリごときの2PSエンジンならこのチェーンで十分。
 
今度は初期型フロントスプロケとのピッチが問題になると思われたが、今のところそれほど異常な挙動は示さない。フロントは小さいので問題にはならないよう。
 
2011.12.8追記
後日判明しましたが、実は前期と後期でチェーンのピッチに違いはありません。
この記事の前期チェーンがノビノビに伸びてしまっていたことでピッチが変わっていただけです。
伸びがなければ前期・後期で互換性あります

プロフィール

はちまる隊長

Author:はちまる隊長
バイクあそびの達人(自称)

訪問者カウンター
フリーエリア
バイク仲間を募集中!

チョイノリクラブジャパン→チョイノリで冒険をするチョイノリストの会

GRS林道部隊→原付で未舗装オフロードを走って野営する冒険部隊

GRS公道部隊→原付で長距離ツーリングを行う旅部隊

CCJオフロード部隊→エンデューロレースを楽しむレーサー部隊

CCJマラソン部隊→バイク仲間たちでマラソンを楽しむ部隊

参加希望ありましたら作戦告知記事にコメントください!
カテゴリ
TOP (1)
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

ムーミンの雑記帳&内緒のコメント用ブログ

埼玉の大ちゃん

フライングクロ

#88 新米感覚

イサチャンネル 13ch

ちょい乗り紀行

KSK@ばすのブログ

地平線

ちょいとチョイノリ(別館)

6畳間整備工場

さんちゃんとチョイノリ

セカンドライフを堪能
QRコード
QR