K君と再会(ベスパGTS250ieにて)

大学時代のK君から年賀状をもらっていたので、
久しぶりにメールをして、久しぶりに飲もうという話になった。
彼は鳥取市にいるので、お互いの中間である湯郷温泉で落ち合うことにした。
DSC_0032.jpg
この日は雨…だったっけ?
ずいぶん前の話で忘れていたぞ。
本当ならVストロームで行く気でいたのだが、寒かったのでベスパで。
DSC_0034_20200322150120246.jpg
レッグカバーは雨も通さないので、下半身はカッパさえ全然ぬれず快適だった。
完全に冬はこいつ一択だね。

湯郷グランドホテルについて、
部屋に入ったら懐かしいK君。
何年ぶりかなあ?DSC_0036_20200322150147b50.jpg
実はもう20年ぶりです。すごっ。
お互い就職して結婚して、うちなんて子供二人いますぜ。
全然生活状況が変わってしまっていたが、
パチンコにドはまりしていて歯磨きが異常に長い鳥取弁のK君の本質はそのままだった

部屋で飲んで話して、楽しく過ごして一泊。

翌朝。
DSC_0042.jpg
かなり霧が強い朝。帰り道大丈夫かな?
DSC_0040_202003221502508ad.jpg
大学時代は車でキャンプしながら四国や北海道を回ったものだ。
またキャンプしようぜ、といって別れた。

翌日。
このまま帰るのも面白くないので、瀬戸大橋を渡って四国入り。
DSC_0044_20200322150412052.jpg
香川に来たらうどんでしょ。
と思って、たまたま通りがかったうどん屋に入る。
あったかいうどんではなくザルで、と思って冷やしうどんというものを頼んだら、
全力で冷やしてきた
DSC_0045_202003221505170ae.jpg
そうか ざるうどんと頼むべきだったのか。
まさかこんな氷漬けとかいう食い方があったとは知らなかった。さむいってからに。

その後は鳴門海峡大橋経由で淡路島、明石海峡大橋で本州入りして姫路まで帰った。

後日、
もうそろそろ暖かくなってきたし、レッグカバーを取ることにした。
DSC_0082.jpg
プラスネジを外すだけで、あとは簡単。
次女に手伝ってもらいました。

オサきゃん△演習

ずいぶん以前の記事ですが。

おっさんたちでただただキャンプをしようという集まりを企画した。
残念ながらコロナ騒動でいったん中止にしているが、
実行前の一人演習をしたので、その記事。

第一回おさキャン△作戦予定地の古法華キャンプ場。
ハイエースにたくさん野営道具をのっけて来た。
DSC_0012.jpg
世間ではコロナ騒動で外出を控える人がたくさんあるが、
キャンプ場は屋外なので比較的安全と考えられ、そのためかお客さんが多い
最近はたくさんのキャンプ道具が年々新しくなっていて、
この日はテンマクデザインのサーカステントが多かった。
なかなか良いつくりですね。
自分ももうそろそろテントの更新をしようかな。

今回は
DSC_0013.jpg
コンパクトなタープを使用することにした。
本当に快適なキャンプを楽しみたいならもっとしっかりしたテントがあるのだけど、
屋外との境界があいまいな状況の方がキャンプを楽しめるので
今回はタープ泊とする、寒いかな?
DSC_0015.jpg
昼間っから酒飲む。
ベロベロに良いながら焚火で暖を取る。

一人だと誰ともしゃべらないのだけど、
今の時代、スマホがあれば仲間との交信が普通にできるので、
ツイッターでキャンプの状況をつぶやいたりして連絡を取り合い楽しく過ごす。
DSC_0018_20200322144520c67.jpg
夜になると、3月初旬はかなり寒い。
タープ内に蚊帳を吊って、もう一つのタープで覆い、個室化する。
ガスストーブをつけていると非常に暖かいが、
残念ながらカセットガス1個だと2-3時間ほどしか持たず、夜に寒さで目が覚める。
DSC_0021.jpg
翌朝。
ああ、寒かった。
やはりタープ泊は夏にするべきだと思った。
DSC_0026.jpg
この日も何の予定があるわけではなくヒマなので、
ゆっくり野営グッズを干しつつ、朝食を準備。
持ってきた食材を全部消費してキャンプ作戦演習を終えた。

またいつか、おさキャン△作戦に挑戦したいと思います。
キャンプ趣味の隊員たち!装備の準備を進めておきましょう~!

燃料コック交換 CD125K5

CD125K5
たまに乗ろうと思ったら
DSC_0001_20200209175124f1b.jpg
燃料コックから燃料がにじんでたれている。
ガソリンだらけだ。

やぶらぶマラソン作戦でもコックからガソリンが垂れていて、
その時はコックとタンクのつなぎ目に耐ガソリン性のあるゴムパッキンを作成して挟み込むことで改善していたのだが、再発である。
パーツクリーナーで洗浄し、コンプレッサーで吹いて垂れる状況を確認してみると、
今回はどうやらコック回転部分の周りからにじんでいるようだった。
DSC_0002.jpgコックから垂れる量は少量なので、近所を走行するには問題ない。
さて、どう修理しようか?

分解して確認すると、コック回転部分の内部ゴムは4穴の丸ゴム。
これならサイズを測って同サイズのものを買ってくれば修理できそうなのだが、、
実はコックの内部に異物のつまりがあるようで燃料の出が悪いし、
内部フィルターの網部分にもやぶれがあるため、
このコックを完全に修理しようとしたらだいぶ費用がかかってしまう。

純正部品はまず出ないが、
ネットで検索すると、
どうやら同形状のコックが手に入るようなので
IMG_0774.jpg
UNIT ユニット UN-N0043 フューエルコック ストレーナー付き
CD50/CD125/CL125
という商品2357円を買ってみた。
IMG_0775.jpg
微妙に形状が違う。。
とくにメインタンク経路の金属ホース柱の長さが短いのが気になる。
CD125Kでは間にゴムスペーサーをかませる関係で、金属ホースが長くないといけないのだ。
新たに買ったコックでは短いのでスペーサーをかませることでメインタンクの取り出し水位が低くなるため、メインタンクの容量が多く、リザーブタンクの容量が少なくなってしまう。
リザーブになってからの走行距離がどれくらいになるかを、
いずれ測定してみなくてはならないな。
IMG_0776.jpg
ただ、問題なく装着できてガソリン漏れが全くなくなったのはありがたい。
IMG_0777.jpg
また試運転してみよう。

後日測定してみたところ
メインタンク8.2L
リザーブになってから1.1L
程度だった。
リザーブになってから35-40km走行可能。
まあこんなもんかな。

ベスパでバイクステーション倉敷へ行ったハナシ

ベスパのレッグカバーを買って、
その効果確認のために まずは淡路島に行ってみた。
DSC_0001.jpg
うどん工房淡屋さんまで。

確かに膝にぬくもりはあるが、
さすがに高速道路を走るとカバーが波打ってバタつき、80km/h以上は暖かさはあまりない。
しかも100km/hを超えてくるとカバーに内蔵されているウレタン棒が左右から足にバンバン当たってくるので、あたかもスポーツチャンバラで脚をシバかれているような状態になる。
足を開いてカバーを押さえつけながら走ると走れないことはないのだが、
やはりこのカバーの最適走行速度は60km/h前後かなあと思う。
DSC_0003.jpg
さらに淡路島作戦で行きそびれたタコせんべいの里まで走る。

一般道は快適そのものだ。
風が入ってこないので下半身は普通のカッコで全然問題ない。
なんなら下半身ハダカでも走れるかも(何をするつもりだ…)。

オーバーパンツもいらなければ、普通の革靴でもまったく支障なく走れる。
ここらへん、走り出しまで服装の準備に時間がかかるVストロームに比べて手軽感がすごい。

さて、帰宅してから次の旅の計画を練る。

去年の4月29日にVストロームを買った。
そのときにレッドバロンからツーリング施設利用券を5000円分もらっている。
これは琵琶湖のカイザーベルクなどの施設で使えるのだが、
カイザーベルクは家族で一度行ったことがあり、また行くほどではないし、
使う当てがないため、券がまだ残っている。
ほかに使える施設としてはバイクステーション倉敷があるのでここはどうだろう。

事前の情報ではただ泊まれるだけで何もない施設とのこと。
行ってもやることがないなら何しにいくんだ?
でももったいない、なんとか券を使いたいところだから、いろいろ考えて、
ここで、毎年 しなくてはならない超面倒くさい事務作業をすることにした。
IMG_0769.jpg
土曜日、ベスパに乗って倉敷へ出発。110km高速道路で走って到着した。
DSC_0007.jpg
となりのレッドバロン倉敷で受付を済ませる。
土曜日と日曜日の二泊分、4400円だ。
ここで5000円分の施設利用券をだして、おつりはなしでOKとしたので、すべての券を使い切ることができた。

二泊にしたのは事務作業が非常に多いので、
土曜を泊まり、日曜日はチェックアウト10:00だが、それよりも長くいて作業を続行し、
日曜の夕方に帰宅、もしくは遅くなるようなら日曜夜も作業をしようという魂胆なのだ。

内部の案内を受けてから部屋に入る。
DSC_0006.jpg
事前の情報通り泊まる最低限度のものしかない部屋。
部屋には二段ベッドと机、電源、エアコン、ハンガー、
くらいしかない。
トイレとシャワーは共同、
談話室には
IMG_0765.jpg
冷蔵庫 電子レンジ 湯沸し器 テレビなどがある。
土曜日だが、だーーれもいない。
本日は自分以外には、もうおひとり宿泊者がいるとのことだがまた着いていないらしい。

雰囲気的には守衛当直室とかいう感じだろうか。
IMG_0768.jpg
さっそくコンビニで買ってきた食事を食べながら作業を進めていく。
部屋にはテレビもないので全く誘惑がない。
パソコンみっぱなしの作業は精神的につらい、何度も、あー、休憩したいと思うが、やることがないので、すこしベッドに横になっただけでまた作業を始める。
作業ががぜん はかどりまくる。
なんだこれ、缶詰作業施設としては非常にいいところかもしれないぞ。
実は去年さぼっていた作業なので、2年分をこなさなくてはならない。
ああ、忙しいぜ。がんばれ俺。

近隣にはカッパ寿司やインドカレー屋さんもあるので、
食事だけでも外で食べてもいいのだが、作業優先でコンビニ食事で済ませた。

夜になり、さて、シャワーでも浴びて気分転換するか、
と思ったら、
あ、タオル持ってきてねえや。
見に行くと、タオルはもちろんシャンプーもない。
まあ、当たり前なのだが、準備の時に深く考えずに出てきてしまったので失敗したな。

深夜になり、さて、あとは明日にして歯みがいてねるか…
と思ったら、
あ、歯ブラシ忘れた。
もちろんここに歯ブラシの準備などない。
まあ、当たり前なのだが、準備の時に深く考えずに出てきてしまったので失敗したなパート2。
歯もみががず、こうなったらこのまま徹夜で作業したろうか。
とがんばる。はかどる。
そして深夜1時、なんと作業が終わってしまった。二年分。
すげえ。

せっかく終わった解放感があるのに、やることがないので、寝るしかない。なんだここは。
作業で疲れたのでしょうねえ、思いのほかよく寝て、翌朝9時に目覚める。
荷物をまとめたらAM 10:00
ううむ
二泊にした意味全くなかった(爆)!!

しかし、お金がもったいないからといって、ここにいてもやることがないのだ。
お金だけではなく時間も無駄にするわけにもいかないので、帰ることにした(なにやってんだ)
カギはボックスに返しておけばいいのだが、
かなりの早期退室なので心配されてはいけないと思い、
レッドバロンの店員さんに いまから帰る旨を伝えると
「そしたら一泊分 返金しますよ!」
DSC_0009.jpg
…券が帰ってきた、
おかえり… いうてる場合か?

ありがとうござます(困惑)。
なんともすごい御優しさ。レッドバロン倉敷さんの接客に感動すら覚えたのだが…
行く用事がない~
しかし2000円分あるんだから4/29までにもう一泊、何とか頑張っていこうかな(何でだ?)

ベスパ燃費 213.5km/6.87L=31km/L


ロードパルS スポーク修理

淡路島作戦を無事走り切ったロードパルSだが、
帰宅してから後輪周辺を確認していくと
IMG_0756.jpg
スポーク折れとるやないかーーい!
なんかふらふらすると思ったぜ。
この状態で200kmもの長距離旅をフルスロットルでかけぬけたロードパル。すごいな。

一本切れるとほかのスポークにも負担が来るので、
ほかにも折れてないか確認したら
やはり折れている
2本折れだね。

さすがにこのまま運用するわけにもいかないので、
パーツが手に入るかどうかチェックしてみたところ、
オークションで純正部品の出品があった。しかしながら一本600円ほどもする。
IMG_0754.jpg
ロードパルのスポークは1ホイールあたり28本あり、
今回はたまたま2本が折れたが、ほかのスポークも同じだけの経年劣化があるので、
いつ折れてもおかしくはない。
できたら全張替したいが…全張替にかかりますご予算は~
単純計算600×28本=16800円
ありえん。
そこで、さらに代替品がないか探したら、ロードパルに使用できるという社外品28本セットが3500円であった。こいつを買うことにしよう
IMG_0758.jpg
で、届きましたよ28本セット。
安く手に入ってよかった…
というのも束の間、
IMG_0759.jpg
いきなり長さが違うことが判明して膝から崩れ落ちる俺。
まじでか。
まあ、実はこのスポークは前輪用で後輪流用可能との記載だったので想定内ではある。
切ればいいんだから、何とかしよう。
短いよりはよかったぜ。
サンダーで少し切って長さを合わせてはめていくが、、、
実は頭の部分の曲がり元が短くて、少しきつい…あらあら。

本来なら28本全部を交換しようと思っていたのだけど、
なにやら装着にきつさがあるので、仕方なく折れた二本のみの交換とした
IMG_0761.jpg
張りなおしたホイール、これでぐらつき解消だ。
IMG_0760.jpg
車体に装着してホイールの振れを修正していく。
二本のみの入れ替えなので大きな修正なく微調整で完了。
IMG_0762.jpg
この機会にスポークを全張替して綺麗になるなと思っていたのに残念だ。
補修用スポークはあと26本もあるので、今後は前後ともにいつ折れても安心だね。
まだまだ走れそうだ。
しかし
IMG_0757.jpg
後輪タイヤは限界に近い、
ってか限界超えとるか。

2.00-14のタイヤがもう生産されていないのでこまりもの。
もしかしたらハマるかもしれない2.25-14とかいうタイヤがオークションに出ていたのだが、
ある時突然 出品停止になっていまだに買えない状態になっている。
これは中国のコロナウイルス肺炎で輸入が途絶えたのかな?
などと想像しているが、
また出品されたら買ってみることにしようっと。

ちなみに、
淡路作戦での周期的異音はキャブレタードレンホースが後輪に接触・干渉していた音でした。
また後輪アクスルシャフトのナットはしっかり締め付けるとコッタピンの差し込み穴がもう一つ先の穴に装着できることがわかり、どうやら締め込み不足のまま一つゆるい穴にコッタピンを入れていたためのゆるみだったようだ。
プロフィール

はちまる隊長

Author:はちまる隊長
バイクあそびの達人(自称)
CCJの大将してます
http://suzuki-choinori.com/index.html

訪問者カウンター
フリーエリア
バイク仲間を募集中!

チョイノリクラブジャパン→チョイノリで冒険をするチョイノリストの会

GRS林道部隊→原付で未舗装オフロードを走って野営する冒険部隊

GRS公道部隊→原付で長距離ツーリングを行う旅部隊

CCJオフロード部隊→エンデューロレースを楽しむレーサー部隊

CCJマラソン部隊→バイク仲間たちでマラソンを楽しむ部隊

参加希望ありましたら作戦告知記事にコメントください!
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

ムーミンの雑記帳&内緒のコメント用ブログ

埼玉の大ちゃん

santaの散歩

トモス・クラシック

フライングクロ

#88 新米感覚

イサチャンネル 13ch

ちょい乗り紀行

KSK@ばすのブログ

地平線

ちょいとチョイノリ(別館)

6畳間整備工場

さんちゃんとチョイノリ

セカンドライフを堪能
QRコード
QR