Vストローム旅 蒜山方面へ

土曜日 祝日。
オッサンは一人でどこ行ってもいいよ、と家族に言われたので、
ありがたく旅に出させてもらう。
翌日の昼には超重要な用事があるため、すぐに帰宅できる軽二輪で出かけることにした。
DSC_0162.jpg
Vストローム250
久しぶりの出撃だ。
風防が大きくなり、リアケースもデカくして、シフトレバーもシーソー式にしたため、
非常に便利になった。
DSC_0163.jpg
高速道路を北上していく。
和田山から出石へ。
この日は朝から時間があったので遠回りするのだ。
DSC_0164.jpg
あっという間に出石に到着。
登城さんへ向かう。
DSC_0165.jpg
途中、こんなの発見。
出石を散策するための電動車のようだ。4人乗り。
面白そうだが、駐車スペースが少ない出石だから、歩いて散策の方が良い気がする。
DSC_0168_202103241307459fc.jpg
登城さんではいつものテラス席。
祝日のためお客さんはたくさんいたが、屋外なので安心だ。
DSC_0169.jpg
まずは15皿で食べ始める。
塩だけで食べるもよし、そばつゆでもウマい。
速攻食べきって5皿追加
DSC_0170_202103241307481ef.jpg
結果、20皿を瞬時に食べきって皿そば之証をゲット。
これを5枚集めたら1年間そば食べ放題になるらしい。
集めようかな。

出石を出たら、山間部の道を西へ西へ進み、国道29号線にはいる。
あれっ!!
DSC_0173_20210324130749554.jpg
ヤマメ茶屋のデカ看板がない!!

古くてボロボロだったけど、
氷ノ山林道への入り口として目印にしていた自分にしてみると
慣れ親しんだ看板が突然消えていて すごくびっくりした。
何時なくなったんだろうねえ。
DSC_0175_20210324131503b81.jpg
さらに西へ西へ進み、鳥取県から岡山県へ入っていく。
そして蒜山の南側、真庭市まで来て
DSC_0176_20210324131505e87.jpg
むさしや旅館さんに到着した。

ココは個室で食事できて、風呂も貸し切りになるそう。
こういうちゃんと対策してくれる旅館は応援しないとね!
DSC_0178.jpg
部屋は味のアル和室。
窓からは蒜山が見えるのだが、この日は曇っていてあまり見えない。
雨予報だったけど、結局降らなかったなあ、、、
と思ったら降ってきた。
ジャストタイミングで旅館に入れてよかったな。

少し休憩したら風呂へ。
大きめのふろを貸し切り。
しかも湯の調整が自分でできたので熱めの温度にしてしっかり温まる。
風呂をあがると食事タイム
DSC_0180.jpg
素晴らしくうまかった。
鳴門市の前泊で食べた刺身が生臭かったので、それ以来、刺身を警戒していたが、
こちらは生臭さ全くなくウマかった!
より内陸の真庭市のほうが刺身がウマいってなぜ。
カニもてんぷらもおいしく、すべてを完食した。ご飯は6杯くらいおかわりしたぜ。

夜もぐっすり眠って、翌朝。
DSC_0181.jpg
この日は予防通りの ガッツリ雨。
遠くに蒜山が見える。
DSC_0182.jpg
朝食もおいしくて、完食した。
またいきたいな。

帰りは早めに帰らなくてはならないので、雨の中だが順調に高速巡行。
米子道 中国自動車道 播但道 を乗り継いで10:30には帰宅した。はやっ!
さすがVストローム。
時間どおりの旅ができるのはいいところ、
おかげで最重要案件にも無事まにあった。

むさしや旅館さんにはまた行きたいが、結構遠かったな。
軽二輪ならいいが、原付旅で行くとなると片道150km/5時間くらいか。
また時間余裕があるときに行きたいと思う。

総走行距離430km  燃費26km/L

オサキャン△ 演習

コロナ禍でねえ、
いまだにキャンプ宴会が開催できていない(泣)

何時になるかはわからないが、いつか必ずするオッサンキャンプ、略してオサキャン△作戦。
そのための装備をちょこちょこ買ったりしているので、
使用感をチェックする目的もかねて演習に行ってきた。
DSC_0140_202103241249263f3.jpg
大きめのタープを一本ポールで設営する。
ポイントは南を背にして日陰を有効に利用すること。
そしてたき火を。
DSC_0146_20210324125020448.jpg
薪は廃材なので0円。
ってか処分に困っている木なので、燃やして減るのがありがたい。
今回の演習ではガス燃料なしシバリ で行うため、
燃やして残った炭を使って
DSC_0147.jpg
食材を焼いてみた。
炭台、また炭おこし火消しバケツがうまく機能した。
燃料代金ゼロ円で食事できるのだ。
火力調整が難しいけどね。
で、
この日は泊まる予定はないがワンポールテントの設営の研究をする。
DSC_0141_20210324125307c3d.jpg
今回 新たに取り入れた装備。
ポールを斜めに二本使える ジョイントだ。
これを使うと
DSC_0144_202103241254191c4.jpg
ホレこのように、ワンポールテントも室内にポールを立てることなく設営できる。
ワンポールテントってデカいテントならいいんだけど、
一人用の小さいヤツは狭い内部のど真ん中にポールがあって超邪魔になる。
しかし、これを使うことで室内快適。
次はこれで泊まろうと思う。

メンバーたちがワクチン接種完了するのをメドに、
オッサンキャンプ宴会ができたらいいなと考えているよ。
5-6月くらいかなあ?
皆も演習しておくように!(^^)

アルファードタイヤ交換

昨シーズンの冬はしっかり雪が降った。
自分の住んでいるところは全くふらない、山陰側の話だ。
毎年、山陰側へカニ征伐にいくのに、すばらしい雪景色を堪能し、
さらに娘らを一面雪の公園で存分に遊ばせることもできた。
それもこれもスタッドレスタイヤを装備したアルファードのおかげである。
DSC_0080_2021032412395230a.jpg
スタッドレスタイヤはもう10年ほど使っている。
世間一般的な常識から言うと耐用年数を大幅に超えているんだろうけどね、
毎年1-2か月しか使用しないタイヤのためか、いまだに雪道でちゃんと止まっているよ。

春になったので交換することにした。
DSC_0160_20210324124128f5e.jpgDSC_0161.jpg
前後 ともにフロアジャッキで左右一気に上げて交換。
車体下に入り込むようなことはないが、念のため、周り止めの三角とウマも使用して安全に施行。
外したスタッドレスタイヤは保管した。
まだ7割ほど山あるし、まだ使うぞ~。
ってかスタッドレスタイヤの捨て時がわからん(笑)

桂浜作戦 ~原付冒険旅の夜明けぜよ~

えー。
緊急事態宣言も終わりましたので、大々的に告知&参加将兵募集でゴザル。

桂浜作戦
日時 R3年3月28日 日曜日
0830 作戦行動開始
集結場所
四国中央市 新町駐車場
譯よオ應ス懈姶02
また四国での作戦だ。
作戦目標
1、四国横断 太平洋到達
2、カツオのたたき道場で昼食
3、坂本龍馬像 観覧
4、具定展望台にてカフェ
譯よオ應ス懈姶01
総走行距離は208km
四国の中央部の切り立った山々を縫うように走る経路は冒険感いっぱい。
作戦地域は遠方だけど、お時間空けれる方は是非ご参加ください!
参加表明はメールかこの記事のコメントにてお願いします。

参加将兵
はちまる ハンターカブ125  トランポ 前泊 
キタさん PCX125 自走 前泊
ろくさん クロスカブ110 トランポ 前泊
まつきちさん カブ50 or チョイノリ トランポ 前泊
しましま先生 カブ90 トランポ 前泊
ポテさん チョイノリ トランポ 前泊

おー、ハンターカブとクロスカブのそろい踏み!


今回もコロナ禍での作戦になります。
1、当日体温測定してからお越しください。体調不良の方は直前でも必ず参加キャンセルを。
2、会話中は必ずマスクを装着すること。(各自ご持参ください。)
3、食事時はしゃべらず黙々と食事を楽しみましょう。
マスク非装備状態での会話は必要最小限にしてください。
4、道の駅や土産物屋程度に寄りますが短時間にとどめる&手指消毒しましょう。
(消毒用アルコール提供あり)
以上に気を付けて、安全安心な旅を楽しみましょう。

Vストローム250 シーソーシフトペダル装着

Vストローム250は6速リターン式のギアチェンジだ。
つまり、ニュートラルから踏み込んでロー、
そこからつま先上げで2-6速に上げていく。

初めてバイクに乗ったころから、
このつま先上げシフトアップは何とかならないものかと思っていた。
どうしても靴の甲の部分がこすれて色あせるし、
足首をしっかり固定するブーツだとつま先上げしにくい。

その後、いろんなバイクを乗るようになり、
シーソー式のシフトペダルならこの問題が解決することを知った。
現在所有しているバイクでも、
ハンターカブ125、CD125K、フォーゲル、スズキ ミニ50とか
これらはシーソー式だ。

Vストロームのシフトレバーを溶接加工してシーソー式にしてやろうかと思っていたところ、
ネットで検索すると商品がある様で、これを買うことにした。
国内にはなく、中国からの取り寄せ。
IMG_2539.jpg
はるばる中国から届いた商品がこれ。
しっかりした作りだね。
IMG_2540.jpg
カカト側のレバーがひん曲がっているが、
これはステップ・サイドスタンド・センタースタンドを避けるための形状だ。

びっくりしたのは
IMG_2538.jpg
てっきり社外品かと思っていたのに、実はスズキ純正パーツのようで、
パーツナンバーらしきものがあった。
日本で純正パーツ注文して手に入るかどうか…まあ無理だろうなあ。
IMG_2542.jpg
Vストローム250をひっぱり出してくる。
ってか、相変わらずデカい。これで250ccってんだからすげえ。
IMG_2543.jpg
純正のシフトレバー。
つま先方向にしか操作桿がない。
10mmボルト1か所とスナップクリップを1か所外すだけで交換は簡単。
IMG_2545.jpg
付けてみるとこんな感じになった。
調整ロッドでよい位置にする。
IMG_2546.jpg
海外製品なので精度に不安があったが、幸いにも無加工。
他部位への干渉もなくポンつけできた。

試験走行してみると非常に便利になった。
シフトアップはカカトを少し後ろに動かして踏み込むとしっかりチェンジしていく。
シフトダウンは今まで通りつま先の踏み込み。
これまでのような
つま先レバーの下に足を入れ込んで甲を使う必要はない。
足首の動きを制限されるブーツでも大丈夫、もちろんブーツも損傷しない。
IMG_2547.jpg
これで靴とか気にせずに気軽に乗れるようになるね…
ってか、デカいなこのバイク。



プロフィール

はちまる隊長

Author:はちまる隊長
バイクあそびの達人(自称)
CCJの大将してます
http://suzuki-choinori.com/index.html

訪問者カウンター
フリーエリア
バイク仲間を募集中!

チョイノリクラブジャパン→チョイノリで冒険をするチョイノリストの会

GRS林道部隊→原付で未舗装オフロードを走って野営する冒険部隊

GRS公道部隊→原付で長距離ツーリングを行う旅部隊

CCJオフロード部隊→エンデューロレースを楽しむレーサー部隊

CCJマラソン部隊→バイク仲間たちでマラソンを楽しむ部隊

参加希望ありましたら作戦告知記事にコメントください!
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

ムーミンの雑記帳&内緒のコメント用ブログ

埼玉の大ちゃん

santaの散歩

トモス・クラシック

フライングクロ

#88 新米感覚

イサチャンネル 13ch

ちょい乗り紀行

KSK@ばすのブログ

地平線

ちょいとチョイノリ(別館)

6畳間整備工場

さんちゃんとチョイノリ

セカンドライフを堪能
QRコード
QR