諭鶴羽山攻略作戦

2021.1.13追記
兵庫県に緊急事態宣言が出されましたため、
下記の本作戦は一部変更されました。


R3年の年始作戦は淡路島だ。

諭鶴羽山攻略作戦 
集結場所 道の駅 淡路
0830作戦行動開始
諭鶴羽山攻略作戦
淡路島東岸を南下して南部の山地を激走。
諭鶴羽山を登り切って諭鶴羽神社に初詣を行う。
(初めての道なので登り切れるかどうか不明、登り切れない場合は迂回します)
山を下りたら淡路島ラーメン!(徳島ラーメンもいいなあ…)
ramen-main02.png
食後は南下して大鳴門記念館を見学してから西岸を北上し
タコせんべいの里を経て帰ります。

今回もコロナ禍での作戦です。
マスクの装備とアルコール消毒の協力をお願いいたします。
また飲食時は沈黙にて!

参加将兵
はちまる ミニ50 or フォーゲル50 トランポ 淡路島前泊  
プリちゃん K90 トランポ 淡路島前泊
しましま先生 トモス トランポ
まつきち画伯 チョイノリ トランポ
ペーターさん スーパードリーム110

ミニ50 ブレーキシュー新品購入 点火時期の確認

ミニ50のリアブレーキシューはエレメントが外れていたので、
G17ボンドで貼り付けて使用していた。
危険極まりない行為なのだが、試運転で問題なく、
急ブレーキテストでもはがれることなく使用できていた。
しかし、このまま使い続ける気はない。

長い下り坂でブレーキを使用し続けた場合など、シューの温度上昇で、
いつ何時、ボンドがはがれるかもしれない。
ブレーキの不具合なんて危険すぎるので、
新しいシューを探していた。

ネット検索やツイッターでの情報提供呼びかけで得た情報によると、
どうやら以前、記事にしたように
54410-04002と刻印された
ジェンマ50/チャンス50/ラブ50/JR50用のブレーキシューが使えるみたいだ。
そこでオークションに出ていた未使用デッドストックのシューを買ってみた。
IMG_2202.jpg
取り付けてみると、サイズがちゃんとあっていて、
問題なく装着できた。
オクにはもう一つ、出品があるようなので、
この機会に前ブレーキも交換しておく。
IMG_2203.jpg
ライニング貼り付け中古シューは20kmほどの使用だったが、
はがれることなく頑張ってくれてありがとう。
ライニングは劣化しすぎていてどんどん粉になっていってる。あぶなかったな。

次に。
以前、記事にした、
点火タイミングが刻印の部分より少し過ぎたところだった問題。
記事にしつつも、
圧縮上死点よりも後に点火っておかしくないかい?
と疑問に思っていたのだが、調子が良いのでそのままにしてた。
今回、
IMG_2207.jpg
点火プラグ穴から棒を突っ込んで圧縮上死点の位置を確認したら、
IMG_2206.jpg
圧縮上死点は刻印合わせの部分ではなく、
この位置だった。
つまり、黄色の刻印合わせ部位は点火タイミングの部位そのものを表していたみたい。
なので点火タイミングは圧縮上死点の数度進角している位置なのでオッケーってこと。

オイル交換 Vストローム250

Vストロームの走行距離が5000kmになった。
今後、5000kmでの交換となると(添付文書では6000km毎の交換でよいみたいだが)
ここで交換しておいたら区切りが良いので交換することにした
IMG_2211.jpg
整備小屋にはずっとスズキ ミニ50がいたのだが、
久しぶりにどいてもらって、Vストロームを入れる。
やはりデカい!
IMG_2212.jpg
確認すると、いつの間にかオイル量が少なくなっていたようで規定値よりも低い
あれあれまだ5000kmなのにオイル消費されている?
IMG_2213.jpg
古いオイルを排出する。
けっこう汚れているな。
IMG_2215.jpg
ドレンボルトのワッシャ、
今回は交換することにしたが、
ついているワッシャがつぶれて広がるやつだったので、全く取れない。
IMG_2216.jpg
かなり苦労したが、結局はニッパーで切って外した。
IMG_2217.jpg
オイルを2100ml入れて終了。
エンジン停止後3分、規定ラインのFullいっぱいまで入れておいた。
IMG_2218.jpg
クラッチレバーの調整もして終了。
しばらくはオイルが減ってこないか厳重にチェックしていこうと思う。

風防取り付けてみた mini50

mini50だが、
ヘッドライトがハンドルの上についている。そして前かごがある。
これって実は嫌いだったりする。

この形状はロードパルで経験済みなのだが、デザインがどうこうということではなく、
夜間にヘッドライトをつけると、
IMG_2192.jpg
前かごの黄色丸部分にヘッドライトがあたり、それが反射して前が見づらくなるのだ。
IMG_2193.jpg
ヘッドライトはそれほど明るいわけではないが、
それでも見えづらい。
前かごに荷物を入れていたりしたら、さらに反射量が増えて見えにくい。
太陽に向かって走っているときに目がくらむ、あれと同じような感覚。

そこで風防を取り付けることにした。
IMG_2194.jpg
アマゾンで買った風防。
なんと1450円送料なしという激安、注文翌日到着だった。
安いが、風防の大きさはちょうどで形状もよく、取り付けもストレスなく行え、
全然使える風防だった。いい買い物をしたぜ。

なぜ風防をつけたかというと。
IMG_2195.jpg
夜間走行時に風防下部分に何かを張り付けたり、挟み込んだりして
IMG_2196.jpg
前かごで反射する光を遮る作戦なのだ。
これで夜間走行もストレスなくなるぞ。

整備ミス ミニ50

mini50は普通に走れるくらいに整備できている。
ポイントの洗浄の結果、始動性もよくなり、
近所の試運転も安心してできるようになった。

しかしある日、
自宅から8kmほど出たところで坂道を走っているとき、急にパワーダウンしてエンジンが止まってしまった。
IMG_2176.jpg
待避所がない道路だったので車がビュンビュン走る中、気を付けて押し歩き、ここまで来た。
キックしてみると、何とかアイドリングするのだが、
アクセルをあけると途端にエンジンがとまる。
パイロットジェットは無事そう…
二次エア吸いかメインジェットの異常か、といったような症状だった。

これまでの状況から考えて、
タンクの錆がキャブに入り込みメインジェットを詰まらせたと思われた。
不覚にもこのとき整備工具を持参していなかったので、仕方なく家まで押して帰ることにした。
IMG_2177.jpg
8km、押し歩きにはだいぶ時間がかかる。
その間にこれからの整備計画を考える。
ここまでサンポールさび取り処置を繰り返し繰り返し行い、
しかもフューエルチューブ経路には2か所のフィルターが付けていた。
それでも錆がでてくるというのは、どうしたものか。強敵すぎる。
こうなったらさらにサンポール洗浄するか、しかし穴があきそう。
不本意ではあるがタンク内部をコーティングしてしまうか…
いろいろ考えながら、自宅までたどり着いた。
IMG_2179.jpg
フューエルラインには目で見てわかるような錆は見られなかった。
メインジェットの詰まりならば
IMG_2181.jpg
キャブレタートップを外してメインジェットの上からパーツクリーナーで噴いてつまりを取れば、
調子を取り戻すはず。

しかし、
全く症状に変わりなし。
あれー?
錆つまりなら、だいたいはこれで改善するのになぜだ?

どうせキャブレター全洗浄するので、分解しよう。
IMG_2183.jpg
キャブレター内部をみてみるが、ガソリンだまりには、錆がほとんどない。
錆つまりのときには、キャブレター内部に粉のような錆が沈殿していることが多いが、全然ない。
なぜだ…
あっ
IMG_2184.jpg
メインジェットが浮いている!?

前回、バルブの付け替えをしたときに外したメインジェットを手で回ししめただけで、
レンチでしっかり締め付けるのを忘れていたようだ。
てっきり錆が原因かと思っていたら、まさかの整備不良。
締め付けたら調子改善した。
IMG_2191.jpg
さらなるタンクの錆取りを覚悟していたのだけど、ちゃうかった。
よかった~
プロフィール

はちまる隊長

Author:はちまる隊長
バイクあそびの達人(自称)
CCJの大将してます
http://suzuki-choinori.com/index.html

訪問者カウンター
フリーエリア
バイク仲間を募集中!

チョイノリクラブジャパン→チョイノリで冒険をするチョイノリストの会

GRS林道部隊→原付で未舗装オフロードを走って野営する冒険部隊

GRS公道部隊→原付で長距離ツーリングを行う旅部隊

CCJオフロード部隊→エンデューロレースを楽しむレーサー部隊

CCJマラソン部隊→バイク仲間たちでマラソンを楽しむ部隊

参加希望ありましたら作戦告知記事にコメントください!
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

ムーミンの雑記帳&内緒のコメント用ブログ

埼玉の大ちゃん

santaの散歩

トモス・クラシック

フライングクロ

#88 新米感覚

イサチャンネル 13ch

ちょい乗り紀行

KSK@ばすのブログ

地平線

ちょいとチョイノリ(別館)

6畳間整備工場

さんちゃんとチョイノリ

セカンドライフを堪能
QRコード
QR